キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみーぐる!読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)の個人的な目線で語っちゃいます!

どうも、キタローです!
8月31日、ついに中華ラーメン醤(じゃん)が、リニューアルオープンしました。
njfv01
しかし、うっかりオープン日をチェックしていませんでしたー。
と、いうことで初日には行けず昨日の夜、リニューアル醤に初訪問してきましたよ。
リニューアルオープンということで、お店の前にはお花がたくさん。
njfv05
店の中ですが、入ってすぐの座敷席は、ほぼそのまんま。
真ん中のカウンターはちょっとだけ雰囲気変わった感じ。
仕切りの壁が高くなってます。
njfv04
壁のメニューは、ほぼ同じ感じだと思います。
こんな感じに、
njfv03
こんな感じ。
何にしようか…と、迷うはずもなく、もちろんアレにしました。
njfv07
そうです、四川担々麺(中辛)。
会いたかったよ、担々麺。
リニューアル、一発目は、コレにすると決めておりました。
njfv08
愛しの四川担々麺…。
色合いも、変わらず素晴らしい!
njfv09
アップにしても…いいですねー。
豚骨スープに、肉味噌、ラー油、白ネギ…たまりませんな。
njfv11
あっという間に、完食。
お店はリニューアルしても、やっぱり四川担々麺は、変わらず美味かったです。
もちろん、もれなくついてくる白飯も、スープにぶち込んでやっつけました。
njfv10
餃子も注文しました。
醤、餃子も美味いんですよね。
いい感じで焼けてます。
コレにウマ辛ねぎトッピング…サイコーです。
njfv13
落ち着いたところで、店内の様子を。
少し広くなって、ゆったりした感じです。
入り口、入ってすぐの座敷席。
畳は、新調でしょうか?
njfv12
こちら奥の方の席。
これまでこのあたりは小上がりがありましたが、それが無くなって、円卓席になってます。
なんとなく高級感が…。
左側に見えるドアは、お手洗いへ。
njfv14
円卓席の方から、キッチンを望む。
冷水機の設置ポジションは、ほぼ変わりませんが、設置されたところがカウンターっぽくなってます。
そして、何より、キッチンがオープンな感じになってます。
njfv15
奥行きも幅も広くなって、広々スッキリ!
調理環境が向上してますね。
醤(じゃん)のテーマカラー(?)の赤も効いてます。
これは、ますます美味しい中華が食べられそうです。
njfv16
リニューアルオープンした、中華ラーメン 醤(じゃん)。
この日も、20時を過ぎたというのに超満員。
順番待ちのお客さんもいました。
22時まで空いてて、美味しい中華が食える…やっぱり、貴重なお店ですな。
お店は、新しくなっても、味は変わらず。
ますます大人気の醤。
これからもお世話になりますよ!
あ、看板も大きくなってました。

◆ 中華ラーメン 醤(じゃん)
  所在地 読谷村字都屋275番地1
  電 話 098−956−8851
  営 業 11:00〜15:00、17:00〜22:00 年中無休

どうも、キタローです!
夕暮れ時、空を見上げてみるとこんな光景が。
mhisnh01
ブルーのグラレーションに夕焼け雲。
建物の形や灯りの様子…見慣れた風景なのにヤケに素敵でした。
なんとなく都会的な雰囲気も、しないでもない…。
さすが、マジックアワー。(笑)

読谷村、夕陽がすごくキレイです。
なので、夕焼けもステキ。

どうも、キタローです!
先日、突然 十鶴 のコウスケからLINEがきました。
「今日、ローリーがライブやるらしいですよ!」
crrl1801
な、な、なぬー?
ローリーって、あのローリーなの?
あのローリーっていうのは、もちろん寺西のほうのローリーではなく(寺西さんのファンの方、すみません…)沖縄のボク世代では、伝説のバンドとも言える、The Waltz のローリーのことです。
crrl1802
と、いうことで、行ってきました。
楚辺のLIVE & BAR CROSS ROADS(クロスロード)
県道6号線沿い、古堅小学校入口バス停(読谷バスターミナル向け)近くのビルの2階にあります。
crrl1804
お!入口前のライブスケジュールに張り出されていましたよ。
ローリー Solo LIVE(わくわく)
ライブチャージ、2,000円に1,000円のドリンク代(飲み放題!)。
3,000円で、ローリーのライブが聴けて、お酒も飲めるなんて、サイコーですな!
crrl1805
8時前について、ベストポジションでスタンバイ。
泡盛の炭酸割りを飲みつつスタートを待ちます。
おつまみは、ピーナッツ。
ビールや炭酸水は、冷蔵庫から自分で出してくるシステムです。
crrl1806
と、8時を少し過ぎたところで、ローリー氏、さりげなく登場。
ライブ、スタート!
crrl1808
総勢10名程度の観客…ちょっと少ない感じもしますが、これはある意味贅沢なライブですね。
シークレット・ギグ的な雰囲気で…。
十鶴コウスケも、最前列で飲みながらノリノリですな。
crrl1807
しかし、ローリー氏、ギター上手いなぁ。(当たりまえか…)
そして、やっぱり声がいい…シビれます。
健在というか、渋さが加わってカッコ良さが増してます。
円熟の境地ですね。
crrl1809
そして、ローリーの歌につられて、オヂサンたちが踊りだす!の図。
ある意味、カチャーシー感満載のダンス。
サイコーです!
CROSS ROADS。
小さなライブハウスですが、それだけにアットホームな雰囲気でアーティストとの距離も近く臨場感満載のライブが体感できます。
ローリーライブ…いやぁ、満喫しました。
crrl1810
LIVE & BAR CROSS ROADS(クロスロード)
小さなライブハウスですが、それだけにアットホームな雰囲気でアーティストとの距離も近く臨場感満載のライブが体感できます。
普段は、音楽好きな皆さんが自由にステージに登って演奏できたりするみたいです。
しかし、ローリーライブ…いやぁ、満喫しました。
で…
crrl1803
こちらに再度注目です。
ローリーライブの告知の右横をごらんください。
rrl1811
拡大してみると、こんな感じ。
ハイサイセット。
Vo&Gt ひがあゆみ 、Vo&Bassローリー、Vo&Per喜友名朝男の3人からなるバンドだそうです。
(ひがあゆみさんが紹介されたページ→ こちら )
コレは、行かなくちゃイケないやつかもしれませんよ。
コリャ、9月14日もクロスロードへGO!ですな!

◆ LIVE & BAR CROSS ROADS(クロスロード)
  所在地 読谷村字楚辺1049番地3
  電 話 098-956-7040

どうも、キタローです!
いつものジョギングコースに立っている看板。
前から気になっていました。
何故か?
それは、読谷なのに粟國の塩…だから。
agsk02
読谷なのに、粟國の塩って…なんでだろ〜と思っちゃいますよね?
と、思ってよくよく見てみると、粟國の塩…県内販売元ってあります。
ネットで調べてみると、HPがあって(有)沖縄ミネラル研究所 は、たしかに「粟國の塩」と「粟國のにがり」の県内販売元になっています。
そして塩自体は、粟国島にある(株)沖縄海塩研究所というところで作られているそうです。
あー、なんか、スーッとした気分です。
agsk01
そんあ気分で見た、粟國の塩の看板全景。
この400(m)先に牛苑があって、そこを右折すると、沖縄ミネラル研究所があります。
読谷ですが、粟国の塩と粟國のにがりが購入できるようですよ。
(問合せしてみたら、「不在の場合もあるので、事前に電話連絡したほうがいいです」とのことでした。)

 有限会社 沖縄ミネラル研究所
  所在地 読谷村字瀬名波926-5
  電 話 098-958-0063

どうも、キタローです!
この間、桜坂劇場に行った時にこんなフライヤーをゲットしました。
これは、特報ですよ!
fmk1801
特集 宮城工房。
桜坂劇場にあるふくら舎で、北窯の宮城正享(みやぎ・まさたか)工房の特集を開催するそうです。
宮城さんって、個展とかをそうそう開催するタイプではないので、これは、実に貴重なイベントなんじゃないでしょうか!
フライヤーの真ん中で縁だけコバルトがかけられた飛び鉋のお皿が、しっかり存在感を示しています。
「ずっしり、安心感。」っていうコピーが言い得て妙、って感じですね。
fmk1802
裏面は、こんな感じ。
飾り気のないシンプルで質実剛健な感じが、なんだか宮城工房らしいです。
fmk1803
「読谷山焼北窯の〜」っていうメッセージに、ホントそのとおりだなぁって思います。
宮城さんは、読谷山焼の山田真萬さんの工房の出身なんですよね。
(他の3人の北窯の親方たちは、大嶺実清さんの工房出身)
山田工房的なものとも少し違うかもしれませんが、現在の宮城工房の器が持つ雰囲気は、北窯での作陶の中で宮城さんが築き上げてきたものだと思います。
4つの個性が共存している北窯の中で、独自の個性を放っている宮城工房。
桜坂劇場のふくら舎で開催される、宮城工房特集。
那覇(だけじゃなく全国の)の皆さん、コレは注目の企画ですよ。
 
◆ ふくら舎 「特集 宮城工房」
     期 間 2018年 9月 5日(水)〜 25日(火)
  会 場 ふくら舎2F 那覇市牧志3−6−10(桜坂劇場内)
  問合せ 098−860−9555

どうも、キタローです!
菊地穣さんの器を紹介するシリーズの第2弾、いきまーす。
kkkky09
今回は、お皿編。
こちらは、菊地さん風の唐草紋が描かれた、6寸皿(約18cm)と5寸皿(約15cm)。
kkkky10
6寸の方は、蛇の目がありません。
結構使い込んでいるので油染みもありますが、いい感じで味がでています。
kkkky11
5寸のほうは、蛇の目あり。
kkkky15
次に三彩のお皿。
7寸、5寸、3.5寸の3サイズ。
kkkky16
こちらも、結構気にって普段から使っているお皿なので、結構使い込んでいる感がでていますね。
シンプルだけど華やかな感じもするお皿なので、サイズも含めて使い勝手がいいです。
kkkky17
そして、こちらは、同じデザインの5寸皿。
このサイズは、取り分け用の皿として重宝します。
kkkky18
3.5寸は、醤油皿とかに使ってます。
kkkky19
こちら、線彫りの繊細なイメージの7寸皿。
コレです、コレですよ。
コレは、改めて見ても、美しいなぁ。
緑釉の点打ちと線彫りの感じが、主張しすぎてないところが、菊地さんの真骨頂でしょうか。
今見ると、緑の点打ちが(色は違いますが)、サクランボ的にも見えます。
kkkky20
最後は、刷毛目に点打ち。
螺旋状の刷毛目に緑色の大きめのドットが散りばめられている…キュートですが、甘くなりすぎていないのは、色目が抑えられているからでしょうか?
こうしてみると、かねき陶房は、緑釉がポイントかもしれませんね。
あと、どの器も形が美しい。
こういうところは、作りてのパーソナリティが、出てくると思います。
どうしても、出番の多くなるお皿なんだよなぁ。

↑このページのトップヘ