キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみーぐる!読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)の個人的な目線で語っちゃいます!

どうも、キタローです!
中央残波線沿いでかわいいピンクの花を見つけました。
ちょっと花火みたいなまあるい花。
ギンネムの花に似ていたんだけど、
白くなく、ギンネムほど大きな植物じゃなかったんで、
何だろう…って思って調べたら、オジギソウでした。
ojscz2
オジギソウといえば、触れると葉っぱが閉じてくる可愛いヤツ。
子どもの頃は、触って遊んだ記憶があるなぁ。
こんなキュートな花が咲くんですね。
写真撮った時は、葉っぱ触らなかったから、分からなかったな…。

どうも、キタローです!
この間、気になる横断幕を発見しました。
それが、こちら。
sksi1
ちょ、ちょっと待ってください!
ソーキそば専門店 田舎と言えば、あの田舎のことですか?
そうなのよ、あなた、調べてみたらその田舎が実際にオープンするようですわよ!
(何だかオネェ風になっちゃうくらい)びっくりです。
でも、田舎に田舎なんて…ぴったりかも。
横断幕では、読谷ファミマ座喜味店裏通りとありますが、
ちょっと(どころかすごく)わかりにくいところです。
裏の奥の奥ってとこでなんで、下の方に地図を貼り付けておきました。
いやぁ、今から楽しみです。
本店も牧志公設市場のとこのお店も行ったことがありますが、
オーソドックスで懐かしい味で、美味しかったです。
しかも、安い!
読谷店の詳細は、まだちょっとわかりませんが、今から楽しみです。
15日には、いってみよーっと。

◆ ソーキそば専門店 田舎 読谷店 地図

どうも、キタローです!
昨日(5日)は、北窯の窯出しでした。
これは、行かなくちゃ!ということで、
58worksの社長Mと一緒にお邪魔してきましたよ。
いきなりですが、最初の写真は、恒例の與那原工房の宴会場面。 
kgk16102
いつもながら、與那原さんのホスピタリティ(お酒好き)は、さすがです。
で、その前に、各工房にお邪魔して、できたてのヤチムンを見せてもらいました。
まずは、宮城工房。
kgk161010
宮城工房。今回の出来は、すごく良かったです。
社長Mも見とれて(?)いました。
親方がかなり頑張ったということで、たくさんいいものがありました。 
kgk16109
共司工房も、中々の充実ぶり!
たくさんのお皿やマカイ が並んでいました。
でも、これもあっと言う間に、引き取っていかれるんだろうなぁ。 
kgk16107
米司工房。
親方が少し体調を崩されて心配したんですが、
工房スタッフの皆さんが頑張っていい感じに焼きあがっていました。
kgk16104
そして、與那原工房…なんか少ない。
でも、大丈夫 。
たぶん、行き先が決まってて、もう梱包しちゃったんですよ、うん。
業者販売は、金曜日らしいけど、すごい争奪戦になるんだろうな、今回も。 
kgk16101
ということで、
今回も最終的には(やっぱり)、與那原工房でいろんな皆さんと
美味しい料理とお酒をいただいて、楽しい夜を過ごしました。
與那原さん、ありがとうございました!

どうも、キタローです!
瀬名波で見つけた、名前も知らない黄色い花(?)です。
yfis1
多分、マメ科の花。
名前、何て言うのかなぁ。
yfis2
名前も知らない花ですが、残波岬に行く途中の瀬名波の古い民家の庭に咲いていました。
台風18号が来る前に撮った写真ですが、まだ咲いてるかな。 

どうも、キタローです!
皆様、ご存知でしょうか?
実は、ただいま「秋の交通安全運動」真っ最中です!(9月21日〜30日)
安全運転よろしくお願いいたします。
ということで、今日は、読谷小学校(幼稚園)と読谷消防署の境界付近にいらしゃる、探検帽を被り、微妙なグリーンの服をまとった粋なヤツをご紹介します。
kazm13
その名も、交通安全マン(仮称・人形)!
この手の類では、宮古島まもる君が有名ですが、
微妙なところで差別化されているところがいいです。
探検帽にグリーン(ミントグリーン?)の服。交通安全のタスキをかけ、
「徐行子供に注意」と書かれたとこは、一見ふんどしにも見るところがちょっとおちゃめ。
体型は、どちらかというと…平たいです。 
kazm12
ポーズは、まぁ、ひとつヨロシク!って手を上げているふうにも見えるし、
横断歩道を渡るために手を上げているようにも見える。
(でも、その目の前には横断歩道は無いんですけどね…。)|
肘が、ほぼ90度なとこに律義な性格が見て取れます。
あと、耳がでかくて眉が太い。
顔色は…多分、日焼け止めクリーム色。
kazm1
誰が、いつ、何のために彼をソコに彼を派遣したのか、詳細は不明ですが、
ちょっと目立たないその場所で、今日もひっそり、黙々と地道に(…地味な表現ばかりですみません)交通安全活動に取り組んでいるのであります。
ほんと、お疲れ様です!

◆ ニライ消防読谷署
読谷小学校・幼稚園 

※追加情報 ポケストップになってた! 
 修正 ポケストップじゃなくて、ジムでした。 

どうも、キタローです!
恒例の「読谷やちむんと工芸市」が、今年も開催されます!
ykt2016
毎年Gala青い海で開催されるこのイベントも、今年で11回目。
今や、12月の読谷山焼陶器市、2月のやちむん市 と併せて、
読谷3大やちむんイベントの一つといっても過言ではないですね。
ガラス工房の出店も結構あって、そのへんも気になります!
うーむ、今から楽しみ。

Gala青い海イベント情報

どうも、キタローです!
既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、
診療所に、よみとんがいるんですよ。
ほら。
syjh1
じゃーん。
じつは、診療所に設置されている自動販売機のラッピングが、
よみとんなんです。
実によくできてますねぇ。
この自動販売機、ラインナップから言って、コ◯コーラさんのものですね。
さすがです!
左側は空き缶(空きペット入れ)になってて、
鼻の穴が投入口になっています。
syjh13
後ろ。
ピンクのドットがイカしてます!
そしてしっかり、「読谷村診療所」をPR。
syjh2
今どき、よみとんを知らない方はいない!と信じたいところですが、
世間は広いので、少し説明いたしますと読谷村のマスコットキャラクターです。(大雑把)
(村のHPによると、よみたんブランド パワーアップキャラクターっていうらしいけど…)

syjh14
ということで、読谷村診療所にいけば、よみとんに会えます。
是非一度、足を運んでみてはいかがでしょう?
ちなみに、読谷村診療所のFBのカバー写真の自動販売機は、まだ赤い販売機です。

◆ 読谷村診療所FB 

どうも、キタローです!
さっそくですが、高志保交差点付近で見つけたピョンちゃんです。
しかも…生首?
最初、発見したとき、ビビって、2度見しました。
コワイ…生首…ちょっとちょっと…
でも、そんなこと構わず、彼は明るい笑顔を振りまいてます。
ypnk13
さすが…さすがです、ピョンちゃん。
ところで、皆さん、ピョンちゃんってご存知ですか?
エスエス製薬のマスコットキャラクターです。
昔の薬局の前にはだいたいいた、あの赤いうさぎです。
ypnk12
エスエス製薬のHPによると、これは1979(昭和54)年に登場した7代目のピョンちゃん、
通称スーパーピョンちゃん(生首)のようです。
高志保のやまびこ薬局の前には、その彼の他に、もう一体のピョンちゃん(完全体)と、
サトちゃん(黄色いゾウ。佐藤製薬のマスコットキャラ) もいますよ!
興味のある方は、是非一度、足を運んでみてはいかがでしょう?
ちなみにやまびこ薬局は、50年以上(たぶん)続く地元の老舗の薬局です。
ドラッグストアもいいですが、昔ながらの薬局も味があっていいな。

◆ やまびこ薬局 高志保店
◆ ピョンちゃんのあゆみ(エスエス製薬HP) 

どうも、キタローです!
今日は、読谷の一部で中々カルトな人気を博しているバーをご紹介しますよ。
その名も、Route6(るーとしっくす)! 
R61
肉バーとありますが、そのへんは、店長の趣味かな。(たぶん)
肉好きな店長と、肉付きのいいオーナー。そんな店です。
店長は、北海道出身なんで、
注文すれば、本格的なジンギスカンや、四種の肉盛り(牛、豚、鶏そして鹿!)とかも
楽しめます。もちろん、看板のTボーンステーキもありますよ。
あと、今帰仁チョリソーのホットドックも旨い!
でも、お肉を食べなくても気軽に飲むことができます。
店頭はこんな感じ。
R617
で、中はこんな感じ。
左手に隣の酒屋への抜け道があります。
R612
 一応、これがお店のシステム。(え、英語…)
米軍基地のトリイ・ステーションが目の前ということもありますかね…。
そういえば、米軍関係者も結構来てるみたいです。
R614
英語は良くわかりませんが、「何か食べ物を一品取ってテーブルチャージを払えば何でも飲めます、あと、隣の酒屋で買った酒が飲めますよ」的なことが書かれているようです。
間違ってたら、ゴメンなさい…。
でも、だいたいそんなシステム。
テーブルチャージは300円。
お酒は、お隣のお店で、日本酒をはじめ各種豊富に揃ってます。
その分には、持ち込み料もかからないから助かります。
ちなみに、お隣は、酒屋の730(ななさんまる)。
R613
で、こんな風にして、夜な夜なおぢさんたち(たまには、若者も)が集まって
楽しい夜が更けていくのでした。
ちなみにこの日は、日本酒好きなオーナープレゼンツの日本酒会でした。
R615
県道6号線沿い、トリイステーションの向かい。 
気楽な店です。まだの方は、是非1度行ってみてください。
では、また!

◆ ROUTE 6

どうも、キタローです!
先日は、読谷村役場の山田真萬さんの壁画作品をご紹介しましたが、
実は、村内には大嶺實清さんの壁画作品もあるんです。
それが、こちら!
fcojm1
読谷村総合福祉センターのロビーにある、この作品。
1980年、この建物ができた時に大嶺實清さんを中心に工房のお弟子さんや
福祉センターの職員、関係者の皆さんで制作したものだそうです。
fcojm1u
琉球石灰岩と漆喰(…たぶん)で作られています。
36年の年月を経て、しっかりとそこに馴染んで佇んでて、
ついつい見落としまいそうになりますが、
よくよく見るとすごく素敵なんです。
太陽が熱や光を放射するような、
あるいは、村人(!)が、円になって楽しく踊るような…
まるでマティスのダンスみたいな印象をうける作品です。
fcojm1n
作品のタイトルは、「祭」。
なるほど!って思うタイトルですね。
是非、皆さんに観て欲しい作品だと思います。
では、また!

↑このページのトップヘ