キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみーぐる!読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)の個人的な目線で語っちゃいます!

どうも、キタローです!
この間、工房 十鶴(じゅっかく)のコウスケのところに遊びに行ってきました。
jk1701
工房に行ってみると、「注文がたくさんあって…」ということで、
コウスケもショウコさんも忙しそうに制作に取り組んでいましたよ。
相変わらず、大人気だなぁ。
jk1702
コウスケはマグカップに
jk1703
ショウコさんは、陶板にせっせと絵付け中。
jk1711
こちら、窯に詰める前のやつ。
十鶴と言えば、コーヒー豆が大人気ですが、他にもいろいろありましたよ。
マンドリル?ジャガーの青と黄色?
ドクロ皿も…さすがにユニークなラインナップ。
jk1710
マンドリル…実にファンキーな色合いです。
コレ、北中城のten で1月29日(日)まで開催中の「ポストカード展」にも出品されていました!
やちむんなのにポストカード…それは、見に行くとわかります。 
jk1704
そして、ドクロ皿。
ボクが言うのもなんですが、ずいぶんこなれた絵付けになってきたなー。
大きめのやつが一つ欲しいッス。
jk1706
こちらは窯詰め準備完了!スタンバイ中のヤツですね。
もう作っては焼き、作っては焼きってって感じなんでしょうね。
それだけ彼らの器を待っている人が多いってことなんだろうなぁ。 
jk1707
ふと見ると、工房の一角にあるギャラリースペースのライトのシェードが十鶴のやちむんでできてます。
これいいなぁ。コーヒー豆をはじめ幾つかの絵付けのやつがあります。
これはショウコさんが試作で作ったものだそうです。
たぶん注文すると作ってくれるんじゃないか。 
jk1709
今日も、仲良く頑張ってる十鶴のお二人でした。
忙しいところ、じゃましてゴメンね。
また今度、飲みましょう。

ということで十鶴は、不定期でギャラリーもオープンしているようです。
十鶴インスタグラムをチェック!してください。(by ショーコ)

工房 十鶴
  住所 読谷村字伊良皆356番地
  電話 098‐956‐8481

どうも、キタローです!
沖縄でもさすがに寒い日が続いてますが、もう暖かくなってもいいなぁと思うこの頃です。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
httk01
さて、新しいお店がオープンしたというので
またまたまーさむん小路にいってきましたよ。
httk09
お店の名前は「ひととき」
お店はこんな感じ。
これからバージョンアップしていく感じでしょうか?
まーさむん小路、東のいちばん端(旧滑走路側)にあります。
httk05
このお店、もともとは別の場所にありましたが、ここまーさむん小路でリニューアルオープンです!
(楚辺)ポーポーの店、なんです。
httk04
ポーポーの店ですが、他にもいろいろ麺ヒューがあります。
本日のおすすめ、ホット黒みつぜんざいや、多幸巻き250円も気になりますが…
httk03
今回は、コレにしてみました。
ランチメニューの①グリーンカレー。
httk08
注文して、しばらくお店の前のベンチで待っていると…
オーナーのまちこさんが、持ってきてくれました。
httk07
で、こちらがグリーンカレー!
見た目、なかなか本格的。
そして、味は…ウマい!
思ってたより辛さは控えめでしたが、
味もタイ料理店で食べるのと遜色なかったです。
赤っぽい丸いのは、金柑の甘く煮たやつでした。

これは、他のメニューも期待できますねぇ。
次は、②フェイジョアーダにしょうか、多幸巻きにしようか悩みが増えちゃいました。

あ、ところで、
ひとときのポーポーは、読谷ですから、もちろん楚辺ポーポーです。
味噌とか入っていません。
(沖縄クリップさんの記事でご確認ください こちら

ちなみに、ひとときさんでは、ぽーぽーの注文もできるそうです。
電話でもOKだって。
実は、ボクは食べたことがあるんですが
ふわふわで、ほんと美味しいポーポーです。 
httk10
時には、一度に大量の注文があったりするそうですが、100本がMAXだそうです。
それ以上受けると寝る時間がないのよ!って言ってました。
httk02
営業時間や定休日は、こちらのようになってるようです。
読谷土産に楚辺ポーポー、おすすめです!

どうも、キタローです!
今年一発目のネタでピックアップした、たがじろう飯店さん。
その開店を心待ちにしている皆さんも多いことでしょう。
で、先日、お店の前を通りかかると、なんと看板ができてました!
グリーンの四角に大きく「が」って。
ghk1
なかなかアグレッシブな看板です。
で、そろそろオープンかなとお店を覗いてみると、内装はほぼ出来上がっている様子でしたが…このような、お知らせがでてました。
ghk2
ほろよい食堂 がじろう飯店
2017年2月OPEN
営業時間 18:00から23:00。

なるほど。
わかりました。
まってます。
待ったマスよ、がじろうさん!
仕方ないので、今夜も家で一杯やっときます。


※追記(1月24日)
 2月1日オープンするそうです!やったね。

どうも、キタローです!
1月19日木曜日、ついにサガン鳥栖がキャンプインしましたよ。
午後からの読谷入りだったので20日の朝、歓迎セレモニーが行われました。
sgt171
今年で6回目のキャンプだそうです。
毎年、キャンプインの時には歓迎セレモニーを開催して、読谷村の特産品をプレゼントしているんですね。
sgt172
マッシモ・フィッカデンティ監督以下、勢揃いした選手の皆さん。
今年は、キム・ミヌ選手や林選手がいなくなったしまいましたが、豊田、鎌田、吉田の3田(?)は健在だし、新しい選手も何人か加わっているので楽しみです。
そういえば、鎌田選手の背番号は、24から7に変わったんですね。
sgt175
挨拶するフィッカデンティ監督。
イタリア人!だけにスマートでオシャレ。
昨年のセカンドステージは、戦術もフィットしてきたのかなかなか好成績でした。
読谷デイの鹿島戦は、1−0で勝ったしね!
sgt173
監督と吉田選手から今年のサガンのスローガン「Power+One」のボードが、石嶺村長とサッカー協会の玉城会長にプレゼントされました。
情熱をもってひとつひとつ…イイっっすね!
この日の様子は、さっそくサガン鳥栖の公式ブログにもUPされていました!
sgt174
おまけ。
サガン鳥栖のキャラクターのウィントス君くんとよみとん、読谷村の石嶺村長。
そして、ロバート・デニーロ(ゴットファーザー)風の謎の男の4ショット。(うそです、サガンのスペシャルユニフォームの方は、サガン鳥栖読谷サポ−ターズクラブの会長の伊波さんです。)

サガン鳥栖の読谷キャンプは、1月19日(木)から2月3日(金)まで。
読谷村陸上競技場にて。
詳細は、サッカーキャンプ沖縄にてチェック!

どうも、キタローです!
「よみとん」といえば、読谷ブランドパワーアップキャラクター(長い…)ですね。
かわいいと大評判です。
かくいう私も、大好き。
愛してるといっていいぐらい。
ytpb1
その、よみとん。
グッズが、着々と増えています。
中でもボクのお気に入りは、こちらのピンバッジ。
…かわいい。
サイズは縦2.5cm✕横1.6cmくらい。
色合いといい、コロンとしつつちょっといびつな感じといい…かわいらしいです。
今後どんなグッズが発売されるのか、楽しみだなぁ!
よみとんグッズ、見つけたらまたご紹介しまーす。

ちなみに、よみとんグッズは、地域振興センターの中にある読谷村観光協会で買えますよ。

どうも、キタローです!
前から気になっていたんですけど、
波平大当(うふどう)の県道6線沿いにたなびくこのノボリ。
hs1
黒いてんぷらって…何?
ということで、勇気を出して行ってみました。
hs5
お店の名前は、「島てんぷら平助」。
hs4
はい、こちら入り口。
はたらくお母さん応援隊(!)だそうです。
何故か?それは、後ほど…。
とりあえず、入ってみました。
hs7
店内には4人掛けくらいのテーブルが2つあって、イートイン可能です。
そして壁には、このようにお品書きが貼られていましたよ。
そばや定食系もラインナップされているんですねぇ。
hs8
そして、オーソドックスなてんぷら屋のメニュー…の中に、ありました、黒い天ぷら。(ここは、天なんですね…。)
1個70円!
イカやさかなの天ぷらと同じ値段です。
hs9
こちら、店主の津波さん。
実は、津波さん、製麺技能士と給食用特殊料理専門調理士・調理技能士の資格をWで取得されているそうです。なんか、スゴい。
日々、料理の研究に励みつつ平助を経営してるそうです。
良くお話を伺ったら、地元の後輩でした…いつの間にか立派になって。
製麺技能士と聞いて、がぜんそばも食べてみたくなりましたが、今回の目的はアレです。
hs10
そう、こちらがウワサの黒いてんぷら。
…見事に黒い。
見た目は、黒なまこというか、何というか…その…インパクトあります。
hs11
しかし、かじってみると、中からホワイトなやつができてきました。
これは、イカ?ですね。
イカ墨で黒くしたころもをまとったイカです。
この黒いころも、サクッとして軽くてほのかに甘いような…
しかも、具のイカはやわらかい!
なかなか美味です。
見た目のインパクトに比べ、ソフトで優しい味でした。
hs14
ところで、平助では、このように天丼セットを販売してて、しかも電話で注文できるそうです。
(抽選でお米のプレゼントあり!)
そのへんが、はたらくお母さん応援隊の所以なんですね。
天丼セットだけではなくて、お店のほとんどのメニューは電話で注文してテイクアウトできるそうですよ。もちろんてんぷら2千円分!とかの注文も大丈夫。
ころもが美味しいてんぷらなんで、差し入れとかにも喜ばれそうですね。

今度は、そばを食べに行ってみようっと。
 

◆ 島てんぷら平助(へいすけ)
  住所 読谷村字波平2136番地
  電話 098−958−6198

どうも、キタローです!
金曜日の新聞(沖縄タイムス)に、今年のサッカーキャンプの記事が大きく載ってました。
ちょっと拝借しちゃいますが…。
sc1 
今年は、J1,J2だけじゃなく中国スーパーリーグのチームも結構やってくるんですね。
おー!上海申花といえば、あの世界最高給で話題になった(?)テベスがいるチームじゃないですか!
でも、注目はするのは、そこではなくて…
sc2
こちらですよ!
なんと、今年も読谷にはJ1の2チームがやってきます。
サガン鳥栖とヴィッセル神戸。
昨年は、ヴィッセル神戸はなかなか好調で2nd ステージは、浦和に継いで2位。
年間順位も7位でした。
今年もなかなかいい補強をしたようで、2017シーズンは上位を狙ってますよ。
サガンは、昨年の1stステージは、いい試合をしながらなかなか勝てずに苦戦していましたが、
後半は、持ちなおして年間11位でフィニッシュ。
今年は、監督の戦術にも馴染んだきたと思うので、やってくれるんじゃないでしょうか!
両チームで優勝争いしてくれるといいなぁ。
今年は、トレーニングマッチも何試合か組まれるんじゃないかなぁ。
楽しみです。

ご存知だと思いますが、この季節の読谷は、スポーツキャンプ真っ盛り!
サッカーをはじめ、ラグビー、陸上、ソフトボール、そして野球とてんこ盛りです。
スポーツ好きには、たまりませんなぁ。

読谷村観光協会のサイトには、キャンプ情報掲載されていますよ。
要チェック! 

どうも、キタローです!
今日は、残波岬方面に用事があったので、
お昼は、残波岬憩いの広場にあるTi−da33に行ってみました。
tds1
この大きな看板が目を引きます。
9時〜夜の10時までやってるんですねぇ。
ちなみにこの看板のすぐ横には、山羊エリアがあって、子どもたちに大人気です。
tds2
こちら、以前はマンタハウスと呼ばれていた建物です。
マンタが翼(?)を広げている格好に見えるから…たしかに、見える…ような気がする。
こちらにが現在、Ti-da33のセンターハウスとなっています。
tds3
中に入ると、右手がレストランになっています。
現在、プチリニューアル中だそうで、
営業はしていますが、限定メニューとなっているそうです。
tds4
バーカウンターなんかもあってなかなかオシャレな感じ。
ちょっとウロウロしてると、なんとR6の元気店長がいるじゃないですか!
そういえば、Ti-da33もR6もローヤルホテルグループでした。
いつの間にか、人事異動(?)ですか。
tds6
その元気店長が、2月からスタートする新グランドメニューを準備中ということで、
試作品のサーロインステーキのベーコンを巻いたやつ(スミマセン、ホントの名前忘れました…)を出してくれました。
テストメニューだということで、格安で…。
ちょっとラッキー!
tds5
こちらがそれ。
赤ワインソースの本格的なやつでしたよ!
さすが、肉バーR6仕込み。
普通に美味くて、ペロリといっちゃいました。
これからブラッシュアップするということで楽しみです。
日本酒も、置きますよー!って言ってたし、
2月からのTi-da33は、注目ですね。
tds7
そそいて、こちらがチョリパン。
今帰仁でつくったジューシーなチョリソーをミニフランスパンに挟んだやつですが、
こいつが絶品!
バジルソースも効いています。
コレだけでも通いたくなっちゃう。

◆ Ti-da33
  住所 読谷村字宇座1861番地
  電話 098−958−0038

どうも、キタローです!
今回は、キタコレです。
さて、こちら、北窯の與那原工房の與那原さん作の蓋物となっております。
かぼちゃの形をしています。
ykf1
リアルな造形で、なかなかキュートです。
何年か前に與那原工房に遊びに行った時にでゲットしました。
サイズは、縦約14センチ、横約12センチ。 
與那原さんに、なんでかぼちゃなんですか?って聞いたら、
「そりゃ、まぁ、あの…もごもご…へへへ」 と笑ってました。
その後、かぼちゃの他にヘチマ?とかシリーズ化しそうな感じでしたが
残念ながら、最近はあんまり作ってないみたいです。
あ、蓋をとると内側は、きれいなペルシャブルーです。
写真…すみません、撮ってません。 

どうも、キタローです!
今日は、美味しいパンが食べたくて、おとなりやに行ってきました。 
otnry13
読谷にもパン屋は何軒かありますが、
おとなりやは、その中でも1,2を争うくらい人気のパン屋なんだよなぁ。
油断してると、早々と売り切れてしまいます。
なので、午前中に行ってきましたよ。
otnry3
こうして見ると、なかなかファンキーな看板。
気分は、南国ですねぇ。
ちなみ基本的に、木曜日と日曜日がお休みで、10時オープン、売切れ次第終了(!)です。
otnry4
ドアの前の黒板に「冬季限定ゆずあんぱん」の文字が!
おーこれは、楽しみ!
otnry6
ドアを開け、お店に入ると、
ジャーン!いい香りとともに美味しそうなパンが目の前に!
そしてそのパンの向こう側では、店主の斎藤さんが何やら作業をしていました。
この時間、まだまだパンも焼いてます。
otnry7
しかし、さすがに人気店。
今日も早くからお客さんがたくさん来てたみたいで、
11時頃に行ったというのにもうすでに残り少なくなっているパンもあったりして…。
ボクがお店に行った時間帯にも、ひっきり無しにお客さんがやってきていました。
otnry8
何とか、ゆずあんぱん(自家製ゆずピール入り)151円を、ゲット!
その他にも美味しそうなパンがいろいろあって目移りしちゃうんだな…。
otnry9
こちら、お気に入りのくるみといちじく入りのライ麦パン。
ずっしり重くてとても美味しい!(ポップに書かれているまんま…すみません)
今日も、案の定、しっかりたくさん買い込んじゃいました。
otnry11
で、話題のゆずあんぱんを、うちまでガマンできずに食す…。
がーん!うまーい!これは…あんぱんのイメージを覆す逸品です。
ヤミツキになりそう。
斎藤さんは、「2月くらいまでは、作るってるかなぁ…」って 言ってました。
来週も買いに行こうっと。
otnry12
そういえば、こんなお知らせが張り出されていましたよ。
おとなりやは、1月19日(木)から26日(木)までお休みのようです。
おとなりやのパンが食べたくなった皆さん、ご注意ください!

◆ ぱん工房 おとなりや
  住所 読谷村字瀬名波633番地2
  電話 098−958−6260

↑このページのトップヘ