キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみーぐる!読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)の個人的な目線で語っちゃいます!

どうも、キタローです!
今年も、100万人の平和コンサートの開催が決定しましたよ。
hc2017copy
読谷まつりの前夜祭的な位置づけで開催されてきた平和コンサートですが、3回目の今回も、読谷まつりの前日に開催されまーす。
今年は、THE SAKISHIMA meetingやディアマンティスをはじめ6組が出演するそうです。
なかなか粒ぞろいのラインナップですが、でもでも、やっぱりボクが注目するのは、知花竜海くん
いよいよたつみーが満を持して(?)平和コンサートに登場!って感じです。
新しい世界 や 海鳴りの島 をあの大きなステージでぶちかまして盛り上げて欲しいなぁ。
ついにたつみーが!こうなったら次は、ナオキーも…ちょっと、期待?
あと、司会のよしきーのハイテンションぶりにも期待したいです。
ついでに、ロマーシアのポッチャリぶりのも…!?

◆ 第3回 100万人の平和コンサート
  会 場 読谷村運動公園(読谷まつりの会場です。)
  日 時 平成29年10月27日 17:30〜21:00(開場 17:00)
  
※平和コンサート詳しい情報は、いまのところ読谷村観光協会のHPが一番詳しいかな。
 気になるかたは、そちらもご覧ください。

どうも、キタローです!
陶器工房壹の 壱岐さんのFB を見てたら、沖縄市のギャラリーで読谷山焼の御大 大嶺實清さんの個展をやってるという情報が!コリャ行かなきゃマズイでしょー、ということでさっそく行ってきました。
groj103
会場は、沖縄市の中央パークアベニューにあるgallery ラファイエット 。
groj102
ラファイエットは、パークアベニューの真ん中あたりにある小さなギャラリー。
入り口、ちょっと目立たない感じですが…この階段を登った2階にあります。
groj119
階段を登ると、こんな感じ。
そっけないくらいに感じる白い壁にコンクリートの床のワンフロアー。
作品は、直接床に置かれてました。
大嶺實清さんの作品だからこそ、こんな感じの展示でも充分に存在感を発揮して…というか、むき出しの感じが逆に作品のカッコ良さを引きたてているような気がしましたよ。
groj118
む!
groj116
むむっ!
groj117
コレは、家シリーズ!
groj115
大嶺實清さんのペルシャブルーは、なんていうか独特の深さがあっててすごく上品…神秘的な感じさえします。
groj113
むむむっ!
roj112
角皿…欲しい。
もちろん物欲もビンビン刺激されます。
groj111
むむむーっ!
groj110

groj109

groj107

groj108

groj114
個展のタイトル - shima - は、”島”のことなんでしょうか?
そうだとすると、作品の配置は、島々が点在する様子を表しているのでしょうか?
あるいは、全体で何か”島”的なものを表現しているのか。
それとも全然違う意味があるのか…ボクには、ちょっとわからなかったけど。
ただ、もう純粋に、カッチョ良かったっす。
groj106
いろいろ踏まえた上で(歴史とか伝統とか文化とか…)ここに至っている御大が、いまだにアグレッシブに、しかも遊びゴコロ満載で陶芸を楽しんでいるところに感服いたしました。(…エラそうで、すみません。)
groj105
会場の一角には、壱岐さんから師匠へのお花が!
壱岐さんにとって大嶺實清さんは、大学での恩師でもあるし、工房時代の師匠でもあるんですよね。
そういうところさすがです。
groj120
中央パークアベニュー、 gallery ラファイエット で開催中の大嶺實清 - shima - 展。
堪能させていただきました。
会期は、今度の日曜日24日まで。
必見です。
気になる方は、お見逃しの無いように!

◆ 大嶺實清 - shima - 展
  会 場 gallery ラファイエット
  所在地 沖縄市中央4−1−3 2F 
  会 期 2017年9月16日(土)〜24日(日)11:00〜18:00
  問合せ先 070−5691−9008 

どうも、キタローです!
中央残波線沿いで、ゴキゲンなイベントの立て看板を見つけました。
yyk1702
やちむんと工芸市!
今年も、この季節がやってきたんですね。
毎年 Gala青い海 で行われる、このイベント。
読谷3大やちむんイベント、トップバッターの登場です。
今年で何回目だっけ…?と、思ったら役場の近くで横断幕も発見しました。
yyk1701
それが、こちら。
そっかー、もう12回目なんですねぇ。
12年といえば、あと1年で干支が一回り!来年は、トゥシビーですな。
すっかり定着しました。
若手の方が参加してたり、やちむん以外の工房も参加するので、毎年何かと発見のあるイベントで、ボクも楽しみにしています。
チェックしてみると、今年の出店工房が、Gala青い海のFACEBOOK にUPされていました。
Galaのこのイベントの次は、12月の読谷山焼の陶器市、2月のやちむん市と2ヶ月間隔でやちむんイベントが開催されます。やちむん好きにはたまらない季節がやってきますね。

◆ 第12回 読谷やちむんと工芸市
  開催日時 平成29年10月21日(土)〜22日(日) 10:00〜19:00
  開催場所 Gala青い海 特設会場
  問合せ先 098−958−3940 

どうも、キタローです!
最近、県道6号線沿い読谷小学校前の食堂のことが激しく気になってます。
wr101
その食堂とは、こちら「わ琉」(わりゅう)。

wr102
店構えは、こんな感じ。
この日はあいにく定休日でしたが、入り口の様子なんかは…どう見ても居酒屋です。
(電話番号が、ちょっと怪しい…)
wr104
提灯をはじめ、このウッディな感じとかザ・モルツ《生》の立看も。
しかも、窓が少なくてちょっと隠れ家感のあるところなんか、もう絶対、夕方からのお店みたいです。(…思い込み激しすぎ。)
wr103
が、入口横のテイクアウト(?)コーナーらしきところには、こらまたスタンダードな食堂メニューが!
しかも、結構リーズナブル。
ますます気になります。
wr105
食堂わ琉…なんか、あなどれない雰囲気。
食堂みたいな居酒屋なのか?居酒屋みたいな食堂なのか?はたまた、食堂&居酒屋なのか?
ネット上では、営業時間が11時から15時までという情報もあるようですが…。
近々、潜入(?)捜査を敢行しちゃいますよ!

どうも、キタローです!
県道6号線沿いの波平バス停(下り)付近で、なにやら工事をしているので、ちょっと覗いてみると…
matsug101
なんと、眼科(病院)を作っているではありませんか。
眼科と言えば、今年、ココもオープンしたばかり。
いやぁ、なんかビックリです。
眼科ブームなんでしょうか?
matsug103
高低差のある土地で工事も大変そうですが、工期は来年の2月末日となってます。
来年の4月頃にはオープンしそうですね。
村内の眼科は、これで3件目。
もう眼科の心配(?)は、必要なさそうですね!

どうも、キタローです!
昨日は、北窯の9月窯の窯出し(窯が多い)だったので、張り切って行ってきました。
kk170903
目的は與那原工房での宴会参加(?)ですが、その前に気になる各工房の様子をチェックしてきましたよ。
まずは、與那原工房。
このカップ、色合いといいカタチといい、なかなかいい感じ。
最近は、このタイプって無かったのでは?
はい、気に入りました。
kk170904
お、またこれはボク的にはあまり見たことのないお皿が。
リム幅が広くて、真ん中のくぼんでいる方は、ペルシャの釉薬。
カッコイイな。
kk170905
ポットとカップ。
ポットのデザインのバリエーションが豊富です。
kk170908
定番のカップ。
右側のやつは、取っ手有りと無しがありました。
kk170910
次は、共司工房
たくさん焼きあがってます。
お弟子さんたちが、注文分を取り分けながら高台の手入れをしていました。
kk170911
高台の高い鉢。
共司さんいわく、お雑煮とかぜんざいとかにいいかも!って。
たしかに。
kk170912
共司さん。
試作品を手に、ちょっと変顔…。
kk170914
こちらは、商品じゃなくて、喜名のある場所で見つけた土で焼いた器。
いい感じすねー、何だか趣があります。
喜名といえば古窯跡があるところ…喜名焼きの再現?夢が広がります。
kk170919
こちら、宮城工房。
何だか数は少ないような気がしますが…
kk170921
発色も良く、いい感じで焼きあがったように見えました。
kk170925
コバルトのカップなんか、いいですね~。
イッチンもいいし、右端のやつもダイナミックな絵付けでステキです。
kk170923
マカイがずらーっと。
最近の宮城工房の器は、以前より若干軽量化したような気が…気のせいかな?
kk170927
最後に、米司工房。
いろんなバリエーションの器が焼きあがっていました。
kk170928
花器、ピッチャー、蓋物、按瓶、いろいろあります。
そして、いろいろ欲しいモノが…。
kk170931
湯呑み。
どれもいい感じじゃないですか!
じーっと見てたら、米司さんが、湯呑みを1個くれました。
…なんかすみません。
kk170933
皿もキレイに焼きあがってます。
どの工房も、まぁまぁいい感じで焼きあがってたので、良かったです。
今回の焼き物も、県内だけではなく全国に旅立って行きます。
週明けには、北窯の売店も今回の窯出しの品が並ぶと思いますよ。
と、ひととおり各工房の様子をのぞいてら、與那原工房に戻って宴会に参加。
kk170934
與那原さんの大皿に盛られた、伊勢海老のパスタ!
kk170935
コレは、小アジの南蛮漬け?
美味かった。
kk170936
そして、たっぷりのおにぎり。
他にもごちそうがいろいろありました。
與那原さんありがとう!
いつもごちそうさまです。
kk170937
工房のコキュのゆっこ姉妹。
ゆっこは、與那原工房のOBですね。
美味しいお酒とごちそうで、ごきげんですね。
kk170938
はい、そして與那原さん。
今回もいい感じの窯出しだったようで、楽しそうです。(いつもか)
次に北窯の登り窯に火が入るのは、12月ですね。
陶器市用の窯になります。
気づけば今年ももう後半戦だ…でも、楽しみだな、陶器市。

どうも、キタローです!
ジョギングの途中、ヤンの前を通りかかりました。
あの赤白の看板も、ピンクの建物もそのままでしたが、シャッターが閉じてました。
yanlm02
シャッターの横には、一枚の貼り紙が…。
yanlm01
そっか、ヤン、閉店したんだったな…もう1ヶ月か。
なんか、いろんな思い出がよみがえります。
散々歌って、さんざん騒いだな。
さんざん酔っ払って、失敗もしたし…でも、楽しい事しか思い出せない。
読谷のカラオケの聖地が失くなっちゃって、これからどこに行けばいいんでしょう?
こうしてお店の前に立つと、今にもシャッターが開きそうな気がするけど…。
ちょっとヤンロス気分。

ありがとう、ヤン。
こちらこそ、心から御礼申し上げます。
できれば…また、いつか!

どうも、キタローです!
台風、近づいて来そうですね。なんだか心配…。
ところで、みんな大好きよみとん。
そのよみとんは、2014年に行われた、読谷村イメージキャラクター総選挙 で見事トップとなり現在の地位についたわけですが、当時その総選挙候補者を網羅した記念Tシャツが作られていたことが判明しました!というか、偶然、ハッケーンしちゃいました。
ytt001
それがこちら。
当時の候補6キャラ…ん?多いね。
ytt002
こちらとか、
ytt003
こちらとか。
目玉が大きくて飴?もってたり、茶色の逆三角形のやつとか、よっぱらった山羊?とか…なんか濃い目のキャラ。茶色の三角とか、もう地味すぎて逆に濃い始末。
なんと、よくよく見てみるとよみとんのFACEBOOK カバーイラストにもこのメンバー写ってます。
しかし、具体的な説明は一切なし…うーむ。
よみとんマニア(?)としては、ちょっと調べてみなくちゃいけませんな…。

何か分かり次第、またお知らせしますね。

どうも、キタローです!
久しぶりに沖縄そばだよなぁ、という気分になったのでそば処根夢(ごん)読谷店に行ってきました。
gon101
根夢といえば三代目そば王に輝いたお店として有名ですが、沖縄市の本店、宜野湾の伊佐店に次いで3番目のお店として読谷店がオープンしました。
もう何年たつんだろう?確か2013年?4年くらいたちますかね。
伊良皆交差点近くの国道58号沿い。
以前は、豚豚家(…大好きだった)だったところです。
gon102
はい、こちらがエントランス。
GONと英語(ローマ字)の表記がされているところが、インターナショナル感を醸し出してます。
gon112
店内はかなり広いですよ。
テーブル席に座敷もあります。
掘りごたつのエリアもあるんでので大人数でも大丈夫ですね。
gon104
こちらがメニューです。
基本そばのみのメニュー構成。
ここは、やっぱりおすすめ!のミックスそばかな。
gon105
ナンコツ、本ソーキ、三枚肉が同時に楽しめます。
悩んだ末に、大780円で。(悩むとこソコね)
ちなみにソーキそばは、本ソーキとナンコツ2種類入ってるそうです。
gon111
テーブルの上には、七味、紅しょうが、コーレーグースーがセットされています。
ボクは以前は、紅しょうがいらない派でしたが、最近はある派かな。
gon107
来ました、ミックスそば!
青ネギが結構大量にのってます。
コレは嬉しい!
ネギ抜きもできるようだけど、やっぱりある方がいいよなー。
お出汁もいい感じ。
澄んでいますが、たぶん豚出汁メインですね。
最近はカツオ出汁の効いたお店が多いような気がしますが、このお出汁もかなりイケます。
gon108
麺は、白いストレート麺。
やや太めといった感じでしょうか。
なかなかコシもあって、たっぷり感がある(?)麺です。
紅しょうがも、もちろん載せます。
gon109
こちら、三枚肉。
味、染みてます。
gon110
そして、ナンコツソーキ。
よく煮込まれてます。
ナンコツのコリコリ感結構好きなんです。
本ソーキは、美味すぎて撮り忘れ。(すみません)
gon113
久しぶりに根夢の沖縄そば、堪能しました。
オーソドックスなそばだと思いますが、こういうのもやっぱいいですね。
最初に伊佐店で食べた時のような鮮烈な印象はなかったけど、安定の味です。
観光でお友達が来たときなんかは、案内したいお店ですね。
※お持ち帰りもできるみたいですよ。

◆ そば処 根夢(ごん)読谷店
  所在地 読谷村字伊良皆230番地2
  TEL 098−956−1085
  営業時間 11:00〜15:00(売切れ次第終了)

どうも、キタローです!
本日開催された読谷村陸上競技大会は、天気にも大に恵まれました!
sonriku1701
いや、恵まれすぎて…逆に(?)暑過ぎ。
日差しもかなりキョーレツ!
選手の皆さんをはじめ、競技役員の皆さんホントにお疲れ様でした。
sonriku1702
そして、読谷村陸上競技大会のすごいところは、観客が多いところ!
読谷の陸上競技大会は、各自治会対抗になっているので盛り上がり方が半端じゃありません。
ご覧の通り、メインスタンドだけではなく周りの芝生スタンドにも各自治会のテント(いわゆる運動会テント!)がズラッと立ち並んでました。
会場の雰囲気も、気温に負けずおとらず熱く盛り上がってたな。
応援の皆さんも、お疲れ様でした!

朝9時から18時頃まで続いた熱戦は、最終種目の興奮の400m✕4リレーで終了。
いったい何種目あったんだろうってくらいてんこ盛りでした。
気になる最終順位は、次のとおりとなったようです。

・一般男子の部 1位 波平自治会 2位 楚辺自治会 3位 喜名自治会
・一般女子の部 1位 波平自治会と楚辺自治会(同点)3位 喜名自治会
・壮年の部   1位 波平自治会 2位 渡慶次自治会 3位 喜名自治会
・児童生徒の部 1位 波平自治会 2位 喜名自治会 3位 楚辺自治会  

各自治会の皆さん、順位に関わらずお疲れさまでした。
きっと、反省会というか慰労会というか…夜も大いに盛り上がるんでしょうね!?
ほどほどにー。

↑このページのトップヘ