キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみたんをみーぐるぐる。読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)が勝手にウキウキウォッチング!?

どうも、キタローです!
サガン鳥栖、8年目の読谷キャンプ。
トーレス効果でいつも以上の人出となっております。
天気にも恵まれ、スケジュールも順調に消化しているようだし、良かった良かった。
sgcg1901
ここ数年、限定で 読谷キャンプ記念のサガン☓よみたんコラボグッズ が販売されているんですが、今年もタオルの他に缶バッチがリリースされてますよ!
ということで、早速ゲット。
直径5.4cm(キタロー調べ)。
ウィントスとよみとんの他に村魚ジンベエザメも登場しています。
よみとんがアクアラング姿なのに対して、ウィントスが大口開いているところが気になりますが…まぁ、細かいことは気にせずに!(笑)ですね。
沖縄っぽい図柄が、ステキです。
ちなみに、缶バッジは、1個500円。
限定100個だそうですよ。


◆ 販売場所
 ①ロイヤルホテル沖縄残波岬 1階ショッピングプラザ(沖縄県中頭群読谷村宇座1575)
  販売期間 1月20日(日)~2月3日(日)
  販売時間 7:30~23:00

 ②読谷村陸上競技場 特設ブース(沖縄県中頭郡読谷村字座喜味2079番地1)
  販売期間 1月23日(水) 13:00~17:00
       1月26日(土) 12:00~17:00
       1月30日(水) 13:00~17:00
       2月2日(土)  13:00~17:00
  
  ※競技場での販売は急遽、変更となる場合がございます。


どうも、キタローです!
工房十鶴の個展、「工房十鶴展 十✕十」に行ってきました。
オープン予定時間(12時)の少し前に行ったのですが、びっくりするぐらいの大行列ができてて、ビックリして腰を抜かしてしまいました。(ちょっと大げさですが、びっくりしすぎて写真撮り忘れ…)
jktt1903
コリャだめだ!というぐらいの行列だったので、一旦退散した後、ほとぼり(?)が冷めた頃合いを見計らって再度 ten さんを訪問しましたよ。
15時くらいだってでしょうか?
その時には、こんな感じで落ち着いていました。
jktt1904
入り口を入ると正面にポスターがどどーんと。
jktt1908
お花もたくさん届いていました。
山口のヒヅミ峠舎の三浦くんとアリサ からも届いていました。
jktt1907
さっそく店内へ。
さすがに、マカイや皿なんかの商品。特にドクロやコーヒ柄の商品はほとんど、なくなっていましたが、まだまだ面白い商品が並んでいましたよ。
jktt1906
白黒の牛の陶製フィギュアの背中。
jktt1905
十文字柄のランプシェード。
…コレ欲しいなぁ。
jktt1909
十鶴のふたりは北窯で修行しただけあって、こういったスタンダードな紋様の器も作っています。でも伝統的な柄もふたりにかかるとしっかり十鶴的な雰囲気になってますけどね。
人気のコーヒー豆柄とかから売れていってしまうの仕方ないけど、こういったものもスゴくい良いと思うんですけど…。
jktt1910
マカイもまだまだ残っていました。
しかし、この状態で個展が始まったばっかりのなんで…。
ただし、2日目以降も少しづつ商品は追加するそうです。
jktt1912
吊るすタイプの鉢。
エアープランツ とかぴったりですね。
コレがあるだけで、オシャレな空間になっちゃいそうです。
jktt1916
十鶴的なマカイや、
jktt1917
カップとかコーヒードリッパー。
下の白いいっちんのお皿なんか、ステキですね。
jktt1920
十文字柄の豆皿。
色違いで二種類。
かわいいなぁ。
jktt1918
お!こちらは、フライヤーでふたりが持っていた大皿ですね。
なんと、一つはオープン早々売れちゃったそうです。
jktt1901
まだまだ接客で忙しそうだったけど、康助お願いしてとりあえず撮らしてもらいました。(笑)
jktt1902
工房十鶴の個展初日。
十鶴人気の盛り上がり具合を再認識しちゃいました。
工房十鶴展「十✕十」は、北中城村の ten にて2月3日までやってます。

◆ 工房十鶴 展「十✕十」
  会 場 ten
  所在地 北中城村字島袋1497番地
  会 期 2019年 1月25日(金)〜 2月 3日(日)
  時 間 12:00 〜 18:00 ※会期中、月火水休み

どうも、キタローです!
今年のやちむん市のチラシ、ゲットしました。
yyi201901
いやぁ、いよいよやちむん市がやってきますね!
今年は、34の工房が参加するようですよ。
初参加の工房も、いくつかあるみたいだから、そこんとこ注目ですな。

◆ 第26回 読谷やちむん市
  日 時 2019年2月23日(土)~24日(日)  10:00~19:00
  場 所 読谷村JAファーマーズゆんた市場横広場(読谷村喜名2346-11)
  主 催 読谷やちむん市実行委員会
  問合せ 読谷村社会福祉業議会:098 -958-2939
      読谷村共同販売センター:098-958-1020

どうも、キタローです!
中央残波線のを車で走っていたら朝陽がキレイに見えました。
ashyh01
こんな感じ!
場所は、中央残波線と国道バイバスの交差点。
CSC(地域振興センター)のところです。
ちょうど信号待ちしていたとき、オレンジ色の朝焼けがすごくキレイだなぁと思っていたら朝陽が昇ってきました。
読谷は、夕陽が美しい村なんですが、朝陽も美しいですね。(自画自賛)
この交差点のポイントは、結構な穴場かもしれません。
でも、信号待ちのときに、朝陽が昇ってくるっていうのなかなかレアなタイミングだから難しいかなー…あ、CSC(地域振興センター)で観ればいいじゃん!
もしかしたら、CSCが初日の出見物の穴場になる日が来るのも近いかも…。

どうも、キタローです!
恒例「まなびフェスタ読谷」の横断幕を発見しました。
mnf1905
ということは…ということで、捜索してみると案の定、パンフレットも発見しました!
mnf1901
こちらです!
今年の まなびフェスタ は、2月2日土曜日と3日日曜日の2日間。
mnf1906
四つ折りにされたパンフレットをフルオープンするとこんな感じ。
2日間にわたり体験コーナーがてんこ盛り!
タイムスケジュールも掲載されています。
しっかり確認したい場合は、こちら をどうぞ。大きなサイズで見れます。
mnf1902
同時開催の、グッジョブよみたんわくわくワーク。
お仕事体験イベントは、こどもたちに大人気のイベント。
今年も、いろいろメニューが用意されていますねー!
毎年、たくさんのこどもたちが参加しているそうですが、大人でも大丈夫なようですよ。(たぶん)
嘉手納警察署の体験メニューが「都合により中止」なのが残念ですが…。
しかし、こうしてみると「まなびフェスタ」って、体験コーナーがホントたくさんあって、体験することによって自らいろいろと学ぶことのできるお祭り…まなぶフェスタ、なんですね!
mnf1903
それからそれからミニミニ子ども芸能祭やサークル&各種団体の活動展示、消防体験なんかも同時開催されるそうですよ。
いやぁ、ホント盛りだくさんですなー!
mnf1904
こちら、折り曲げたパンフレットの裏面になります。
読谷村って、幼稚園、小学校、中学校、それぞれ目標があるんですね。
大人のボクも、見習わなきゃ…。
ぜひ、それぞれの目標で日本一になって欲しいものです。
あ、アクセスマップや問い合わせ先も掲載されていますよ。
これは、行ってみたほうがいいかもね!

まなびフェスタ読谷 2019
  会 場 読谷村文化センター
  日 時 2019年2月2日(土)、3日(日)9:30〜
  問合せ 098−982−9231(読谷村教育委員会 生涯学習課)
      098−982−9292(読谷村文化センター)

どうも、キタローです!
先日、Facebook をチェックしてたら「まるき5周年ということで、マルゲリータ500円やりますよ!」という投稿が。
ipm119
「コレは行かなばなるまーい!」ということで、さっそく予約して行ってきました。
ipm101
こちらです。
石窯ピザ屋 まるき。
ipm104
外から見ると、こんな感じ。
雨にけぶる夜のまるき。
ipm107
そして、中に入るとこんな感じ。
長いテーブルが2つにカウンター席。
そして小部屋(個室)がひとつありました。
ipm106
オープンキッチンです。
ipm105
こちらが店の心臓部とも言える、石窯。
もちろん薪窯です。
薪を燃やして温度を上げて、適温になったら、燃えている薪を横に寄せてピザを入れて焼くアレです。
ipm109
マルゲリータは、通常950円。
しかし、今日は、500円!
ipm110
サラダビザやカルツォーネやブルーチーズとはちみつのピザ(!)もありますね。
ビスマルクが気になります。
ipm108
まずは、ビールを注文してピザを待つ。
プレミアム・モルツですな。
ipm102
ジャーン、来ました!マルゲリータ。
コレってナポリ風ピザ(ピッツァか)ですよね。(すみません、詳しくなくて)
両手を広げたより大きいサイズです。
パリッと焼かれてて、美味しそー!
ipm103
縁の方は、パリッと盛り上がって、中の方はモチモチ感があります。
もちろん、美味い。
結構なサイズですが、ペロリといけちゃいます。
ipm113
コーレーグースー(唐辛子)を漬けこんだオリーブオイル。
コレをかけると、ますます美味しい!
ipm114
店内の黒板には、ピザ以外の魅力的なメニューが掲載されています。
生パスタや鹿肉の赤ワイン煮込みとか。
あ、横の小さな黒板には、鹿のテンダーロインステーキなんていうのも!
ipm115
ビールからワインへチェンジ…アメリカンなピザには、ビールかコーラですが、ナポリピッツァには、やっぱりワインが合いますな。(知ったかぶりで、すみません。)
ワインは、お手頃のお値段のものからそれなりのお値段のものまで揃っていますよ。
しかし、マルゲリータが美味い。
いったい何枚食べただろう(笑)
ipm116
誕生日が近かった同行者がいたので、サプライズでバースデーケーキならぬバースデーピザ!
ロウソクの代わりにパチパチ花火。( ケーキ用の花火 があるみたいです)
こういう対応してくれるところが、イキですな。
なんというか、なかなかのイベント感。
ステキです。
ipm117
温野菜のラクレットチーズがけ。(黒板にはラレットチーズってあったけど…)
温野菜に、溶けたチーズをどどーんとかけちゃいます。
コレまた美味かった!
ipm118
そしてラストにもう一枚。
実は気になっていたハラペーニョピザ。
コレまた美味かった。
ipm112
宴会コース&飲み放題も用意されているようです。
次回は、こちらにしてみようかな。
ipm111
よみたん夜あかりスタンプラリー にも参加していましたよ。(103番)
もちろん、スタンプゲット!
いやぁ、まるきでマルゲリータは、さすがの二重丸!(まるとマルだけに…)
最高でしたー。
石窯ピザまるきのお得情報は、お店のインスタ で発信されるみたいなんで、要チェックですよ!

◆ 石窯ピザ屋 まるき( instagram )
  所在地 読谷村瀬名波230番地
  電 話 098-923-2826
  営 業 18:00 〜 22:30 (ラストオーダー 21:30) 
  定休日 火曜日、日曜日

どうも、キタローです!
先日までガーブドミンゴで開催されていた、ヒヅミ峠舎個展「東方見聞録」でゲットした器をご紹介(自慢)しまーす。
hts1901
まず、こちらの七寸(約22cm弱)皿。
古い有田や伊万里の染め付け風にも見えますが、中東のほうのもののような雰囲気もあります。
しかし、良く良く見てみるとシンメトリーでかなりモダンなデザイン。
北欧デザインに通じるところもあるような…。
しかし、描き込み具合がハンパないです。
hts1902
裏には、ヒヅミ峠舎の文字が。
hts1903
こんな風にかわいらしく書かれてます。
hts1904
こちらは、二寸(約6cm)の箸置き(?)。
写真でいうと、左側のほうにくぼみがあって、そこにお箸を載せることができます。
小さいけれど、羅針盤のようなデザインがイカしてます。
豆皿として使ってもいいですね。
hts1905
裏は、こんな感じです。
高台はありますが、フラットな感じです。
hts1906
七寸のお皿に乗っけてみました。
hts1907
よく似たイメージのせいか、違和感ないです。
しかし、北窯で修行したふたりのが、沖縄のやちむんづくりの伝統を踏襲しながら、北窯とはまた違う世界観を表現するあたりが、ステキですね!
山口の工房にも行ってみたいです。

どうも、キタローです!
先日は「 あぶラン2019 」で盛り上がった もつ焼きあぶさん 。
ある筋からの情報によると2月にも何かたくらんでいるようです…。
abs29
あぶさんといえばもつ焼き屋なんですが、実はステーキが絶品&大人気。
ランチタイムのステーキは、売り切れになることも珍しくありません。
abs291
このシュウマイもビックサイズで肉たっぷり…たまりませんな。
安いし。
と、肉が美味しいあぶさんで、2月9日(ニクの日)に「ニクにまつわる何かが起こる説」がただいま密かに盛り上がっているようなんです。
こ、これは、目が離せませんな。
引き続き調査を行い、情報を入手次第、即刻ご報告いたします。
しばしお待ちを!

↑このページのトップヘ