キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみーぐる!読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)の個人的な目線で語っちゃいます!

どうも、キタローです!
読谷村内でも結構、イカした車を見かけますよねー。
ということで、個人的な趣味(そもそも全部そうなんですが…)丸出しで、イカした車を見かけたよ!シリーズを始めちゃいますよ。
lc01
第1回目は、某オシャレなカフェ付近で見かけたこの車!
質実剛健なスタイルながら、こうして見るとレトロモダンってゆーか今の車よりよっぽど魅力的。
フロントから見ても(写真撮ってないけど)、バックスタイルもイカしてます。
コレは、ピカピカにレストアされたトヨタ ランドクルーザー の40系…たぶん、ミドルホールベースのBJ46Vではないでしょうか?(間違えてたらすみません…)
しかしまぁ、カッちょい−!
一度乗ってみたいなぁ…。

どうも、キタローです!
正式名「よみたんブランドパワーアップキャラクターよみとん」のよみとん。
…長いので、まぁ、よみとんだけでいいかな。
そのよみとんの関連グッズの写真をいくつか撮りためてたんでご紹介しまーす。
ytm01
よみとんのハードタイプのフィギュア。
体長20cmくらいでしょうか。
やたらと可愛いくて、欲しいなぁ…ってなるやつです。
しかし、超限定版でどうも1体しか存在しないらしいんです。
byto1
こちらは、そのビッグタイプたち。
役場のロビーにいる1号
bytn3
残波岬いこいの広場 Ti-da33 の2号。
bytn2
地域振興センター の3号。
tgknb16
そして、読谷漁協新しい建物にいる4号。
現在、大きいやつは、4体確認されています。
ただし、かわいらしさって点からいうと…まぁ、小さいほうがキュートですね、やっぱ。
ytm02
こちらは、よみとんのビッグサイズのぬいぐるみ。
ふわふわしてて抱き心地(♡)よさそうなやつです。
よみたんブランドの認定証を抱えてるやつより少し大き目。
gjs4
こちらは、少し小さめのタイプ。
村内に何体か存在しています。
泊城とか、残波岬とか…気になる方は、探してみてください。
ytk01
そして、こんなものまでも…。
よみとん瓦!
読谷村内のどこかの公共施設でこっそり数個だけ使われているというウワサが…。
これは、捜索するにしても結構難度が高そうだなぁ。
では、また何か見つけたら報告しますね。
次は、2次元編にしようかな。

どうも、キタローです!
ゆんた市場 付近でみつけた、立て看板。
mgyi01
マンゴー のイラストともにマンゴー色のマンゴーの文字。(…ややこしい)
「ゆんた市場 マンゴー 入荷」
シンプルで大変好ましい立て看板です。
7月、8月が沖縄産のマンゴーの旬のようですね。
昨年から、読谷補助飛行場跡地で作られたマンゴーの出荷が始まったようだし、もしかすると読谷産のマンゴーかも?
ところで、その跡地で実ったマンゴー。個人的に、”飛行場マンゴー”って名前にするにはどう?って思っているんですが、いかがでしょう…。

◆ JA沖縄読谷ファーマーズマーケット ゆんた市場
  所在地 読谷村字喜名2346番地11
  TEL 098-958−1124
  営業時間 9:00〜19:00

どうも、キタローです!
突然ですが、こちら読谷村コミュニティバス、
ご存知、 鳳(おおとり)バス
ある意味、読谷村のアイコンですね。
otb01
鳳バスと言えば、この色。
夏空をバックにピンクの車体が映えてます!
鳳バスがスタートした当時、役場の担当の方は、この色はむらさき(!)だと言い張っていたような…。
まぁ、今となってはどうでもいい話ですね。
結果的に、すごくかわいらしい色合いだと思います。
ちなみに、今をときめくあのよみとんのボディカラーは、鳳バスがルーツという話もあるとかないとか…。
まぁ、そんなことは置いといても、こんな天気がいいとピンクのバスに乗ってどこまでも!っていう気分になりますね。クーラー効いてるし…たぶん。

読谷村HP

どうも、キタローです!
毎日、暑いですねぇ。
というところで、ヒジョーに気なるこんなカンバンを発見しました!
sg101
みなさん、FROZEN Cocktail ですよ。
カタカナで書くと、フローズンカクテル(!)
緑に白抜きのシンプルかつシックなデザインがクールです。(カタカナが多い…)
こう暑いとやっぱりフローズンタイプのカクテルですよねぇ。
そうだなぁ…今の気分は、なんだかヘミングウェイ(?)なんで、フローズンダイキリ をガンガンいっちゃいましょうか!オレの欲望、The sky is the limit. (なーんちゃって)

県道6号線下り(読谷バスターミナル向け)宇座公民館前バス亭の向かいのある Bar Stay Gold の前にある看板でした。まだ、一度も行ったことないけど、この夏一度チャレンジしてみたいです。

Bar Stay Gold
  所在地 読谷村字長浜1818番地4
  TEL 098−911−5734
   営業時間 20:00〜5:00(月〜日) 

どうも、キタローです!
先日、ロバのわらのことを書きました が、最近、パンのほうは買えてなかったので、久々に買いに行きました。
pse106
そう。座喜味城跡の近くの木陰に佇む、パン屋 水円へ。
こちらが、いやでも目を引く木彫りの看板。
お店の顔みたいなものですね。
一瞬、あの有名な童話の!と思って改めてよく見ると、ロバとアヒルとウサギとニワトリ…ブレーメンの音楽隊ではない!ですな。

pse101
ガラスの引き戸を引いて中に入ると、こんな感じで今日焼かれたパンが並んでます。
なんだかそこはかとなく異国感が…でも、すごくいい雰囲気です。
pse104
パンの横には、水円のパンの説明書きが。
卵やバターやクリームなどの乳製品は使ってないんですね。
なるほどー。
卵アレルギーや乳製品がダメな子でも食べることができますね。
pse109
選んだパンは、こちらのカウンターでお支払をします。
カウンターの向こう側は、キッチンです。
水円のパンは、どっちかっていうとしっかりどっしりとした感じのパンが多いですよね。
購入したパンは、テイクアウトはもちろん、スープや飲み物と一緒に店内でたべることもできるみたいです。
さらに、なんと、今ならかき氷もあるみたいですよ!
pse108
お店の奥には工房があって、そこでパンを焼いてます。
タイミングがあえば、作ってるところをガラス越しに見ることができるんじゃないでしょうか。
窯は、手作りのレンガの窯のようなんだけど、焼いているところを一度見てみたいなぁ。
pse103
店内をぐるりろ見渡すとこんな感じ。
壁の漆喰(?)の感じも天井から吊るされたランプもいい感じ。
pse102
窓の木枠やテーブルやベンチ…光の感じも含めて水円の世界観が表現されているんでしょうね。
pse111
窓際の席では、外を見ながらパンと飲み物を楽しむお客さんが…いいですねぇ。
pse105
人気店がゆえに、いつもは多くのお客さんで賑わっている水円。
この日は、少し時間が遅かったせいか、本来のゆったりとした時間が流れていました。
この雰囲気、いいなぁ。
パンも美味い。
pse110
わらも元気そうでした。

◆ パン屋 水円
  所在地 読谷村字座喜味367番地
  TEL 098-958−3239

どうも、キタローです!
気になっていた、ひまわりを観に、北谷に行ってきましたよ
bh01
ボクネン美術館で開催されている名嘉睦稔さんの、向日葵〜太陽の使者〜展。
bh03
北谷美浜のデポアイランドの、AKARA の2階にボクネン美術館はあります。
階段を登ると、そこはひまわりだらけでした。
bh02
まず、この展覧会の説明分が。
なるほど、なるほど。
bh05
入り口で配布されていた展示作品リストを手に、作品を観ます。
55点ものひまわりを題材にした作品が、展示されていましたよ。
bh11
入口側から奥の方をみたところ。
bh09
「ひとかかえ」(2013)
bh06
「オメデトウのひまわり」(2000)とその版木。
睦稔さんの版画は、版木を彫って黒色で刷ったあとに紙を裏返して裏から色を付ける、裏手彩色(裏彩色)法という手法で制作されています。
有名なゴッホのひまわりの絵にインスパイアされて、版画でそれを表現しようとしているように思えるシリーズもありました。
bh12
「藹藹華華(あいあいかか)」(1992)
bh04
一番奥には、ひときわ大きな作品。
さすがに迫力があります。
ボクは、この絵が一番好きだなぁって思いましたよ。
遠くまで続くひまわり畑と、空を飛ぶ鳥の群れ。
空間と時間の広がりを感じるともに、何というか…ちょっと切なくなります。
bh10
「真南風の向日葵畠」(1998)
この絵は、この展覧会のチラシにも使用されていました。
bh08
奥から入口側を見たところ。
ほんとたくさんのひまわりの絵が展示されていて、ひまわり好きにはたまらない展示会だと思いますよ。
ひまわりって明るいイメージだけど、ボクネンさんのひまわりの絵にかこまれていると、明るさの中に寂しさや儚さや切なさも内包しているように思えてきます。
絵の放つエネルギーが、強烈なせいかもしれませんね。
11月までやっているようですから、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。
…もう1回くらい、いこうかなぁ。

◆ ボクネン展vol.21 向日葵(ひまわり)〜太陽の使者〜
  会場 ボクネン美術館 北谷町美浜9-20 AKARA 2F
  期間 2017年7月14日(金)〜11月12日(日)

どうも、キタローです!
そういえば、バインミー(ベトナム風サンドイッチ)、最近食べてないなぁ…。
コレは、行くしかない。
ということで、行ってきました。
cny17081002
読谷でバインミーといえば、当然、県道6号線沿い 長浜バス停の近くの例のお店 です。
そうです、CAFE NY
cny17081003
メニューは、こんな感じ。
缶ビールや生ビールもありますね。
バインミー、この日は、定番2種類のラインナップされてました。
cny17081005
今回は、自家製ハムとクリームチーズをチョイス!
パクチーもたっぷり載ってるし、もう見ただけで美味しそうです。
ちなみに、パンはおとなりやのパンのようですよ。なるほどね〜。
それがちょっとトースターで焼かれてパリパリ感がありつつ
にんじんと大根のなます(酢で和えたやつ)、自家製ハム、クリームチーズ、トマトなんかを上手い具合に挟んだヤツです。
間違いないです。
cny17081001
お店は、県道6号線沿い。道を挟んだ向かい側は防波堤で、その先は海です。
基本テイクアウトですが、イートインスペースもありますよ。
涼しくなったら、向かいの防波堤に座って食べるのサイコーです。

CAFE NY
  所在地 読谷村字長浜135番地3
  営業日 木、金、土 11:30〜 売り切れまで

どうも、キタローです!
ロバです。
senw1
ちょっと前になりますが、座喜味でロバに会いました。
パン屋 水円(すいえん) の看板娘(?)で、名前は”わら”。
ロバって、すごく有名なのに実際に会える機会ってなかなか無いよなぁ。
なので、結構感動!
で、パンを買うのは忘れました。
次回は、パンを…。

パン屋 水円
  所在地 読谷村字座喜味367番地
  TEL 098-958−3239

※わらは、お店の裏手の上のほうにいます。

どうも、キタローです!
いやぁ、毎日ホントに暑いですねー。
こう暑いと、いやでも気になっちゃう横断幕(縦なので縦断幕?)
yuntaku1-1
宇座公民館前の 居酒屋ゆんたく で見つけましたよ。
乾杯企画。
最初の1杯100円!
水曜日除く17時〜20時まで。
2杯目からは、190円。
サッポロ 麦とホップ The gold の樽詰。
いや、いいじゃないですか、この企画!
麦とホップ The gold ってとこがレアな感じで、また素敵。
フラフラと行っちゃいそうです。
ヤバいね、ゆんたく。

居酒屋 ゆんたく
  所在地 読谷村字長浜1841番地
  TEL 098−958−6666

↑このページのトップヘ