キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみーぐる!読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)の個人的な目線で語っちゃいます!

どうも、キタローです!
波平のコンパルビル(ご存知、あのビルね)の2Fに新しいお店が、またまたオープンしたようです。
bern01
調べてみると、9月8日にグランドオープンした模様。
個性的なお店が多い、このビル。
どんな、バーなのか!?
興味津々です。
近々、突入予定。
乞うご期待!

◆ Bar EREN yomitan
  所在地 読谷村波平1070番地1 2F
  電 話 未確認
  営 業 未確認
  定休日 未確認

どうも、キタローです!
夕陽がキレイな木曜日、久しぶりにあぶさんに行きました。
abs18092001
お店の前の坂から見える夕陽がキレイな、午後6時過ぎ。
abs18092002
とりあえず、のぼりと横断幕の隙間から、あぶさんを覗く。
あぶさんの営業(夜の部)は、午後5時からです。
abs18092005
まずは、ビールですな。
(というか、ほぼ自動的に出てきます。)
abs18092004
あぶさん、カウンター内部のメニュー板がキレイになっていました。
かなり見やすくなってます。
abs18092007
あぶさんといえば、まずは串揚げと串焼き。
おまかせで10本ずつが定番です。
abs18092009
こちらは、串焼きのほう。
いつもおまかせで頼んでいるので、種類は、良くわかってません…(笑)
しかし、美味い。
abs18092010
こちらは、新メニューの、馬刺し。
結構厚切りで、太っ腹です。
こちらも…美味い。
abs18092006
奥に小さく見えるのが、麻呂大将。
いつも美味しいヤツ、ありがとうございます。
木曜日、早い時間なんで、珍しくお客さん少なめ。
abs18092011
はい、でました!
生サンマの刺し身。
いよいよ旬ですね〜。もちろん美味し!
abs18092012
こちらも、定番、青菜のニンニク炒め。
あまりにウマすぎて我慢できずに、食べかけ…。
最初は、からし菜。
二回目の注文のときは、空芯菜でした。
これも、間違いなく食べたほうが良いやつです。
abs18092013
餃子、ですね。最後の一個だけど。
お店で手作りしてるやつです。
コレとシューマイも、外せない。
いや、実際、あぶさん、何でも美味いんですよ。
炭酸水も、強炭酸がいいなーって言ったら、すぐに用意してくれるし。
麻呂大将、さすがです。
abs18092014
そしてもちろん、シメにはこちら。
ステーキ!
ランチタイムも大人気ですが、夜もこの肉食べとかなきゃいけませんね。
いやぁ、満腹満腹。
abs18092003
あぶさんのもつ焼きに残波の黒(ボトル1,400円)の炭酸割りが、今のところ、最強かな。
個人的に。
(まぁ、いい店が目白押しの読谷なんで、悩むところではありますが…。)
あと,はなし好きな大将が、コワイのかカワイイのかわかんないところもいいですね。
一度行くとハマっちゃう店だと思います。
あぶさん、やっぱいいなぁ。

◆ もつ焼 あぶさん
 所在地 読谷村字波平1070番地1
 電 話 098-959-5649
 営 業 ランチタイム 11:30 〜 14:00
     居酒屋タイム 17:00 〜 24:00

どうも、キタローです!
10月の読谷は、ほんと賑やか。
毎週末のようにいろいろなイベントが開催されます。
こちらも楽しみにしている方が多いんじゃないでしょうか。
yyki1801
そうです、「読谷やちむんと工芸市」!
今回で、13回目なんですね。
と、いうことは…干支が一周しました。
もうすっかり10月の恒例行事として定着していますよね。
12月のやちむんの里の陶器市や2月の読谷やちむん市に比べると規模は小さいんですが、それが逆にアットホーム感があっていい感じです。
工房の方とゆっくりお話もできるような気もしますよ。
海の近にあるGalaのロケーションも最高だし。
秋の工芸市。
この時期は気候もいいので、のんびりお散歩気分で出かけてみてはいかがでしょうか。

◆ 第13回 読谷やちむんと工芸市
  開催日 2018年10月20日(土)、21日(日)10時~19時
  会 場 Gala青い海 読谷村高志保915番地
  問合せ 読谷やちむんと工芸市実行委員会 098-958-3940

どうも、キタローです!
ユンタンザミュージアムの気になるチラシをゲットしました。
mkst1801
「企画展 松田共司作陶展〜読谷山焼北窯・共同作業のものづくり〜」
ユンタンザミュージアムができて初のオリジナル企画展のようです。
トップバッターとして、松田共司を選ぶあたり…さすがですな。
いよ!待ってました、ってヤツですね。
今回の作陶展に向けて、共司さんもスゴく張り切っていたようで、聞くところによると、今回展示される作品の4分の3は新作(!)だそうです。
残りの4分の1についても、ミュージアムの所蔵品だけではなく個人の所蔵品もお借りしてきて展示するそうなんで、初めて観る作品も多いと思います。
北窯、共司ファンにとって(もちろんそれ以外の皆さんにとっても)これは、ホント楽しみな展覧会になるんじゃないでしょうか。
間違いなく、行くべし!ですね。

松田共司作陶展〜読谷山焼北窯・共同作業のものづくり〜
  会 期 平成30年9月29日(土)~11月11日(日)
      ※休館:毎週水曜
  会 場 世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアム 新館2階「企画展示室」
  入館料 企画展のみ観覧の場合は無料
      その他展示室を観覧の場合は大人500円、小中学生300円

どうも、キタローです!
前から気になっていた、焼肉屋が、いよいよオープンしたみたいです。
yye01
お店の名前は、読谷焼肉 縁(えん)。
美味い焼肉食って、縁を深めましょう的な意味がありそうです。
確かに、焼肉には、そんなパワーありますもんね。
ところで、以前、嘉手納に同じ名前のお店があったんですが、何か関係あるのでしょうか?
そっちのほうも、何げに気になります…。
場所は、最近話題の波平ビルの1階。(思い出しました!以前は、コンパルビルって呼んでました)
8月23日にオープンしたそうです。
ネットをチェックすると、FMよみたんのYOUTVの人気番組「 琉球泡盛残波Presents 読谷大好き!飲み歩き! 」でも、早速紹介されていました。
いい感じじゃないですかー。
yye02
現在、期間限定で、17:00〜18:30までに来店すると、ドリンク(生ビール含む!)1杯0円キャンペーン実施中のようです。
「厳選した和牛でチョイと一杯」っていうコピーが誘ってますな!

しかし、コンパルビル、肉戦争の様相を呈してきましたね〜。
肉バル、串焼屋のステーキ、和牛の焼肉…うーん、どれも魅力的でキーちゃん迷っちゃう♡

◆ 読谷焼肉 縁(えん)
  所在地 読谷村字波平1070番地1 波平ビル1階
  電 話 098-923-2984
  営 業 17:00〜23:00
  定休日 水曜日

どうも、キタローです!
この間、ローリーがライブをしたクロスロードで、ハイサイセットというバンドのライブがあるということで、またまた行ってきました。
cr18091401
こちらが、クロスロードの入っている建物。
2階の手前がクロスロードです。
hssl1801
お店の前に、今月の主な予定が張り出されます。
でっかいので、分かりやすい。(笑)
ちなみに、クロスロードの下は、スナックらっきー。
hssl1802
クロスロードのステージ。
このこじんまり感がいいですね〜。
客席と近くて、アットホーム感満載です。
なんならボクも立てそうなくらいの雰囲気です。(弾けなし、立たないけど)
hssl1803
ということで、始まりました、ハイサイセットライブ。
ハイサイセットというと、似たような名前のあのコーラスグループ(まぁ…Hi-Fi SET ね。)のカバーバンド?と思っちゃいますが、名前がなんとなく(?)似ているだけであのグループの曲は、1曲もやらないそうです。(ローリー氏のブログにその成り立ちのさわりが…)
へー。
メンバーは、Vo&Bassのローリーの他にVo&Gtひがあゆみ、Vo&Per喜友名朝男の3人。
ひがあゆみさんは、読谷出身で、あの でいご娘 とも縁が深いそうです。
hssl1804
いやぁ、ハイサイセットのライブ初参戦でしたが、結論から言うと…サイコーでした!
ローリー氏やひがあゆみさんのオリジナル曲はもちろん、シンディ・ローパーやキャロル・キングにユーミン、はたまた はっぴいえんど からポップトーンズの曲まで、和洋問わず守備範囲広すぎるしアレンジ具合も実にカッコ良かった!
パーカッションの喜友名氏の歌った ヘイ!二才達 も絶品だったな。
見逃した方は、ホントもったいないな!と思うくらい良いライブでした。
次回は、全村民(!)を誘って参戦したいなー。
あー、読谷まつり前日に開催される、音楽祭にも出て欲しいくらいです。
またの開催を期待しちゃいますよ!

◆ LIVE & BAR CROSS ROADS(クロスロード)
  所在地 読谷村字楚辺1049番地3
  電 話 098-956-7040

どうも、キタローです!
先日の北窯の窯出しに遊びにいったら、虫の音のユキちゃんからもフライヤーをいただきました。
昨日は「日々の器」展を紹介しましたが、やちむんのイベントが目白押しですねー。
mny1801
こちらのイベントは、那覇市松尾にある miyagiya ON THE CORNERで開催です。
室生窯、田村窯、虫の音と、人気の3工房の組み合わせ。
そして、どれも読谷ゆかりの工房ですね。
「日々の器」展とほぼ同時期に開催されるので、はしごもあり…っていうか、はしごするべきですね!
ちなみに、室生窯は、どっちも参加。
室生くん、ホント、頑張り屋さん(笑)ですね!
mny1803
「毎日のやちむん」と「日々の器」展。
ほぼ同時期によく似テーマの企画展が開催されるのは、スゴく興味深いなぁ。
行ってみると、違いが見えてますます面白いかも。

  会 場 miyagiya  ON THE CORNER
  所在地 沖縄県那覇市松尾2-19-39
  会 期 2018年9月15日(土)〜24日(月) ※水曜日お休み
  時 間 12:00〜9:00
  電 話 098-869-1426

どうも、キタローです!
この間、北窯の窯出しに行ったときに、コキュのユッコから、イベントのフライヤーをいただきました。
hbu1801
それが、こちら「日々の器 Everyday Vessel」。
那覇の壺屋にある、craft house Sprout(クラフトハウス スプラウト)で開催されるそうです。
hbu1803
参加工房は、コキュの他、工房十鶴工房ことりの、室生窯、宮城陶器陶房火風水、陶房眞喜屋の7工房。どれも人気工房ばかり!
この企画展は、その人気工房の『造り手が、普段使いしている器の中で特に「お気に入り」を提案して』もらっているようなんで、まさに造り手たちの日々の器をゲットできるチャンスですね!
なかなか無い機会かも。
コリャ、大賑わいしちゃいそうですね。

◆ 日々の器 Everyday Vessel 
  会 場 craft house Sprout(クラフトハウス スプラウト)
  所在地 那覇市壺屋1丁目17−3 ジョトール壺屋102 
  期 間 2018年9月15(土)〜20(木)
  時 間 10:00〜19:00
  参加工房 工房コキュ 、工房十鶴 、工房ことりの 、室生窯 、宮城陶器、陶房火風水 、陶房眞喜屋

どうも、キタローです!
読谷山焼北窯、9月の窯出しに行ってきました。
kgkd180901
工房の上には、三日月が浮かんでいました。
焼き上がった器は、すでに窯から各工房に運ばれています。
kgkd180906
まずは、與那原工房。
やはり、ペルシャブルーの器に目が行きますね。
kgkd180902
若干、発色にムラがあるように見えますが、概ねいい感じに焼けているようです。
kgkd180904
これは、湯呑やロックグラスにしては少し形が…そば猪口でしょうか?
いい感じですね。
kgkd180905
おなじみ定番のペルシャのマグカップもたくさん焼き上がっていました。
kgkd180903
工房の皆さんは、夕食のお食事中でした。
窯出しのときは、いつもごちそうです。
そして与那原さんは、早くも泡盛をお楽しみ中。
kgkd180907
与那原さんと一緒に、一杯やりたいところをガマンして、他の工房の見学に。
こちら、宮城工房。
kgkd180908
キレイに並べられた大量の湯呑。
kgkd180909
こちらは、小さめのマカイ。
宮城工房お得意のイッチンもいい感じに焼き上がっていました。
kgkd180910
お皿も、ステキなものがたくさん焼き上がっていましたよ。
kgkd180913
次に、共司工房へ。
見てわかるように、ピカピカです。
発色がいいのは、キレイに焼けている証拠ですね。
工房の皆さんが、焼き上がった器の手入れをして、注文分を振り分けています。
kgkd180912
こちらは、5寸皿。
取り分け皿に最適です。
kgkd180911
マカイもたくさん焼けてました。
kgkd180914
チューカーや抱瓶もたっぷり。
見ているだけで楽しいなぁ。
kgkd180915
醤油差しと醤油皿。
こぶりな蓋物たちも。
kgkd180916
傘立てに使える大きめの切立を前に、いい笑顔の共司さん。
この日も、絶好調でした。
KGKD180918
続いて、米司工房へ。
カッコいいお皿がまず目に入りましたよ。
ステキなやつが何枚も焼き上がっていました。
KGKD180917
小ぶり(5寸?6寸?)のお皿も、いかにも米司工房といったものが焼き上がっていました。
共司工房に比べるちょっと少ないような気もしますが、生産量は徐々に増えてきたいるようです。
kgkd180919
湯呑もいいですねー。
こちらも色合いの優しさが、米司工房的です。
kgkd180920
しかっり、しっとりと焼き上がったチューカー。
奥の水差しもすごくいい感じです。
kgkd180922
これ、いいなーと思った、マカイ。
飛び鉋にコバルトのラインがカッコいいです。
ちょっとクールな感じ。
kgkd180921
いい感じの焼き上がりで、米司さんを始め工房の皆さんもホッとした感じでした。
米司さんの後ろ姿。
kgkd180925
と、一通り見回ったところで、再び與那原工房へ。
與那原工房には、様々な差し入れが集まってきます。
こちら、生ハムとキウイフルーツ。
オリーブオイルをかけていただきます。
ワインに合いそう。
kgkd180923
ということで、ワインもありました。
長野産の赤ワイン。
コレ、まじ美味かったです。
kgkd180924
そして、今年の6月に喜名にオープンした りこね鍼灸整骨院 の院長さんが、手にしているのはスパークリングワイン。
この日の與那原工房の宴会は、そこはかとなくシャレオツな雰囲気も醸し出していました。
そして、相変わらず愉快で楽しい、窯出しナイトでした。

↑このページのトップヘ