キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみーぐる!読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)の個人的な目線で語っちゃいます!

どうも、キタローです!
読谷村では、ここ数年、いくつかの女子ソフト日本リーグに所属チームがキャンプを行っています。
日本の女子ソフトボールが、オリンピックで金メダルを獲ったくらいレベルが高いのは皆様ご承知の通りですが、今年はついに日本リーグの公式戦が、読谷で開催されるそうですよ!
sjwly01
こちら、今年の日本女子ソフトボールリーグ1部のポスター。
今年は、3月31日から11月18日までの間、日本各地で熱戦が繰り広げられるそうですが、このポスターの下のほうを見てください。
第1節の試合日程が表示されていて、その一番右側に沖縄大会のスケジュールが掲載されています。
sjwly02
拡大するとこんな感じ。
沖縄大会の開催地 は、イエーイ、読谷平和の森球場
なんと、沖縄県では、23年ぶり2回目の開催だそうです。
ホント、久しぶりなんですね。
今回、読谷にやってくるのは、シオノギ製薬 ポポンギャルズ 、 トヨタ自動車 レッドテリアーズ 、 ビッグカメラ高崎 BEE QUEEN 、HONDA Reverta の4チーム。
この4チームで、2日間に渡って4試合が開催されます。
ソフトボールの日本リーグ1部って言えば、サッカーの J1リーグ 、あるいはバスケットの B1リーグ みたいに日本のトップリーグです。
日本最高っていうことは、世界最高峰のリーグだと思います。(ポスターにも書かれてるけど)
ソフトボール界のイングランド・プレミアリーグといっても過言ではないッスね!(…逆にわかりにくい)
sjwly03
特にビッグカメラ高崎には、あの世界のエース、豪腕上野投手もいるので、マジで世界トップのプレーを目の当たりにすることができそうです。
あと、何気に ポポンギャルズ も気になります…。
これは、観に行かなくっちゃですね!
そして、そういうアナタのためにおトクな情報をゲットしました。
読谷村の商工観光課で、来週あたりから優待チケットを配布するという噂が…。
もしかしたら…無料?…気になる方は、商工観光課(下記)に問合せてみるといいかもよ!?

◆ 第51回 日本女子ソフトボールリーグ1部 第1節(沖縄大会)
  会 場 読谷村平和の森球場(読谷村字座喜味2901番地)
  日 程

  ・4月28日(土)
   第1試合 シオノギ製薬 ポポンギャルズ 対 トヨタ自動車 レッドテリアーズ 
   第2試合 ビックカメラ高崎 BEE QUEEN 対 HONDA Reverta 

  ・4月29日(日)
   第1試合 HONDA Reverta 対 シオノギ製薬 ポポンギャルズ
   第2試合 ビックカメラ高崎 BEE QUEEN 対 トヨタ自動車 レッドテリアーズ

  問合せ 読谷村 商工観光課 098-982-9216
      読谷村教育委員会 生涯学習課 098-982-9231

どうも、キタローです!
ふとテーブルの上を見てみると、ウシの頭がふたつ…。
jkuh202
ウシの頭のペーパーウェイト by 十鶴です。
オブジェとしても、ステキです。
実は、この2頭、同じように見えて制作時期によって大きな違いがあるのです。
さてどこでしょう?
ちなみに、左側のものが試作品というか最初期のもので、右側が新しい方のバージョンです。
角の色や耳の大きさと言ったものは…まぁ個体差ということで無視してください。
答えは…鼻の穴を覗けばわかるんですが、
jkuh203
それより、ひっくり返してみるとすぐにわかります。
じゃーん!
そうです、新しいバージョンは中がくり抜かれて軽量化(?)が図られています。
jkuh204
初期バージョンは、こちら。
jkuh205
そして、ニューバージョンが、こちら。
何故こうなったか?
わからなかったので、直接、十鶴のコウスケに聞いてみました。
コウスケによると、
①塊のままだと土の中に水分が残ってしまい、窯の中で爆発してしまうことがあるから。
②軽量化のため
とのことでした。
塊の場合だと、やっぱり乾燥しているように見えても中に水分が残ってしまい、その水分が窯で焼いている時に中で気化して、200度くらいで破裂してしまうそうです。
なので、確実に乾燥させるために空洞型にしたとのことでした。
聞いてみれば、なるほど!っていう理由ですね。
なので、現在、十鶴のウシの頭はこの空洞型となってます。
ちなみに空洞部分は、くり抜くのではなく石膏の型を使って成形しているそうです。
コレもなるほど!だよなぁ。
jkuh201
ところで、ペーパーウェイトなのに軽量化?って思う方もいるかもしれませんが…安心してください!ニューバージョンでもしっかりした重さがあるので、充分に役割を果たしてくれますよ。

どうも、キタローです!
面白そうなイベントのチラシをゲットしました。
szoty01
年々盛り上がってきている、よしもとの島ぜんぶでお〜きな祭 。
今年で10周年なんですね。
すっかり定着した感があります。
そして今年は、10週年を記念して 41市町村!島ぜんぶでおーきなツアー という企画が展開されているようです。
そして、な、なんと、4月18日の水曜日 「41市町村!島ぜんぶでおーきなツアー in 読谷村」が開催されるのじゃー!
内容は、読谷村地域発信型映画「焼物YACHIMUN」上映会&読谷芸人トークライブ。
「焼物YACHIMUN」は、やちむんの里の近くにヒメハブ窯を開いていた今は亡き 國吉清尚 さんの物語だそうです。しかも、全編セリフ無し…気になる。
出演は、村上淳 とか 尾野真千子 というなかなかのビッグネームが出演する映画。
読谷が舞台なんですよね。
コレは、是非観てみたい! 
そして、読谷芸人トークライブには、空馬良樹、初恋クロマニヨン、ニッキー、モコモコもとしの面々が登場するそうです。
こうして見ると、読谷芸人って結構いるんですね。
初恋、サイコーです!

日 時 2018(平成30)年 4月18日(水) 19:00 〜 20:30
会 場 読谷村読谷村地域振興センター2階大会議室
出 演 高山創一(焼物YACHIMUN 監督)、空馬良樹、初恋クロマニヨン、ニッキー、モコモコもとし

どうも、キタローです!
広報よみたん4月号をふと見ると、表紙が 鳳バス 。
otbzb01
なんだなんだ?と、良く見てみると、鳳バスにジンベエザメがいるじゃありませんか!
ジンベエザメと言えば、昨年の7月に読谷村の村魚(ギョギョ!)に就任(?)したんですよね。
鳳バス✕ジンベエザメ(村魚)。
これは、我が村の人気者がタッグを組んだ、ゴールデンコラボですな。
otbzb02
しかも、ジンベエ鳳バス。
よくよくみてみると3パターンあるじゃないですか。
す、スゴいな!
ということで、走っている姿を激写!(ふるっ)してきました。
otbzb04
こちら、青いジンベエが大きく描かれたバス。
ジンベエは、バスの右側に描かれています。
左側はこれまで通りでした。
otbzb05
こちらは、青とピンクのジンベエが同じ向きに泳いでいるタイプ。
これは、なかなかかわいらしい!
otbzb07
そして、ちょっと遠目の写真になっちゃいましたが、青いジンベエとピンクジンベエが向かいあっているタイプ。
まるでチュ~する(きゃー!)みたいな感じで、微笑ましいです。
otbzb06
という、ジンベエ鳳バス。
ただでさえキュートな鳳バスが、ますます可愛らしくなってます。
コレはぜひ乗ってみなくちゃ!(まだ、1回しか乗ったこと無いけど…)

◎ 鳳バスルートマップ・時刻表

どうも、キタローです!
シナジースクエアの人気店 鳥と卵の専門店 鳥玉 読谷店 に行ってきました。 
今回で2回目の訪問です。
trt202
前回は、塩水漬け鶏もも肉のチキン南蛮定食 を食べましたが…コレは美味かった&ボリュームもあって大満足でした!
で、今回は、何を食べようかと、少し迷いましたが、やっぱり鳥と卵って言ったらコレでしょう!と、いうことで決めました。
trt203
はい、鳥もも肉の柚子親子丼。
でも…出てきたものを見ると、ちょっと思ってたのと違うような…。
trt204
き、気を取り直して…付け合せに唐揚げが2個ついてるとこなんか、嬉しいですねー。
実は、唐揚げも美味そうだなー、唐揚げ定食にしようかなーって思っていたのでした。
うん、この唐揚げは美味い!
trt205
はい、そして肝心の親子丼。
柚子の香りが確かにします。
でも…思いのほか卵が固めな感じで仕上がっています。
何となく卵焼き化しているような…。
個人的には、ふわとろなイメージだったんで、ちょっと残念。
上の玉子の黄身もほぼ固体でした。
卵を炊きすぎたのか?それともこういうものなのか?
うーむ…。
ネットで検索してみると、別のブログでいい感じ親子丼の写真が ありました。
そうそう、こういうヤツをイメージしてたんだよなぁ…。
今度、確認のためにもう一回食べに行ってみよう。
trt206
そして小振りな酒器のようなものに入っていた、鳥スープ。
おちょこに入れていただきます。
コレが、美味かった!
鳥の旨みが絶妙なスープです。
trt207
なんだかんだと言いましたが、あっという間に完食。
食べてみると…まぁ、美味しかったです。
鶏肉の食感もいい感じでした。
でももう少しとろふわ感が…。(しつこい)
trt201
この日の鳥玉。最初、お客さん思ったより少ないじゃんって思ってたら、いつの間にか満席になっていました。
やっぱり人気ありますね。
また、こよーっと。

鳥と卵の専門店 鳥玉 読谷店
  所在地 読谷村字大湾34 シナジースクエアⅡ 1F
  電 話 098-989-3288
  営 業 昼の部 11:00〜15:00 夜の部 18:00〜21:00
  定休日 なし

どうも、キタローです!
昨日(4月4日)の北窯は、今年最初の窯出しでした。
kgkd180401
與那原工房は、13番窯の割り当てがあって、久しぶりにシーサーを作ったそうです。
與那原さんのシーサーは、かなり個性的。
今回、大・中・小と揃ってました。
こちら、大。
kgkd180431
そしてこちらは、中と小。
上が、中で、右下のほうが、小ですね。
小は、さすがに小さいです。(当たり前)
kgkd180402
カップも各種、いい感じで、焼き上がってました。
kgkd180403
小物も、いい感じ。
kgkd180405
こちらは、角皿。
ペルシャの発色いいですね。
kgkd180412
こちらは、宮城工房。
宮城さんのところも、いい感じで焼けてました。
kgkd180408
4寸皿各種。
kgkd180409
三寸皿や、蓋物。
小振りなチューカーや醤油差しもピカピカです。
kgkd180410
このあたりは5寸皿。
使いがってがよさそうです。
kgkd180411
イッチンのマカイがステキです。
kgkd180416
共司工房では、共司さんが、焼き上がりをチェック中。
kgkd180415
ご覧のとおり、こちらもやっぱりいい感じ。
数もたっぷり焼けていました。
kgkd180417
つやつやです。
kgkd180418
こちらは、通常の商品とは違って、さるところからの依頼で、沖縄の古い焼物を復刻したもの。
丁子風炉 というものだそうです。
いわゆる香炉みたいなもので、 丁子(グローブ)を焚くものだそうです。
細かいところの細工がスゴい!
いろいろ試行錯誤していて、ちょっとずつイメージに近づいているそうです。
kgkd180419
注文品のよりわけや、業者販売に向けて、日が暮れても作業は続きます。
kgkd180424
そして、米司工房へ。
ちょうど腹ごしらえが終わったところでした。
米司さんも、完全復活ですね。
kgkd180422
マカイ、各種。
米司工房は、少しだけ焼きが甘いものが出たようですが、概ねご覧のようにいい感じ。
kgkd180425
酒器や茶器。
ポットの蓋は、このあいだ米司さんが作っていたやつ です。
kgkd180426
工場長と tou の店長さんが物色中(?)。
ポットやチューカー、ピッチャー。
米司工房らしい色使いの素敵な器が焼き上がっています。
kgkd180421
どのこうぼうも、今回の窯から無事いいものが産まれてきたようで、なんだかほっとしたような、嬉しそうな優しい雰囲気が漂っていました。
良かった良かった。
kgkd180428
そして、與那原工房に戻ると、楽しい宴会が始まってました。
常秀工房の島袋常秀さんや金月そばのタッキーも来てました!
近隣の工房や県内外からたくさんのお客さんが集まって、いつものことながら、與那原工房の窯出しは、賑やかで楽しいです。
kgkd180429
そして、今回の窯で與那原工房を卒業するちーちゃんこと千里さんへの、與那原さんのはなむけの言葉。
師匠の顔の與那原さんもステキです。
kgkd180430
千里さん、お疲れ様でした。
これからの活躍を期待しています!
となりで、最近自分の店をオープンしたばかりのカリスマ理容師が楽しそうに笑ってました。
kgkd180432
そして、與那原工房の宴は、その後も続くのであった。
(ボクは、早々にダウン)

どうも、キタローです!
店舗改装のため閉店していた、金月そば読谷本店。
この間、お店の前を通りかかると…、
ktyno01
ん?
何か、貼り紙が!
ktyno02
4月14日(土)リニューアルオープン!
ついに、決まったんですね。
いやぁ、首を長くして待っていましたが、いよいよです。
ktyno03
が、まだ店内はご覧の様子。
本格的な製麺用の部屋ができるということですが…どんな風に変わるのか、楽しみです。
連日の追い込み作業が、続きそうですね。
タッキーも職人さんも頑張ってください。
ktyno04
季節は、冬から春(…夏みたいだけど)に変わりって、金月そばもいよいよ始動ですね。
早く、坦々そばが食べたいゾ!
あと、新メニューもあるのかな?
いろいろ楽しみです。
14日は、金月チェーック!ですね。

金月そば 読谷本店
  所在地 読谷村字喜名201番地
  電 話 098-958−5896
  営 業 火曜日から土曜日 11:00〜15:00
      日曜日 11:00〜16:00
  定休日 月曜日

どうも、キタローです!
4月1日は、村営 残波ビーチの海開きでした。
この日、海開きに併せてビーチフェスが開催される ということで、行ってきましたよ!
ubz1801
ビーチに着くと、ちょうど東京ベルディと地元沖縄の琉球エリスリナのビーチサッカーの試合の真っ最中でした。
ビーチサッカーって、砂の上で裸足でやるんですね。(…あたりまえか。)
緑がベルディ、赤がエリスリナ。
ubz1803
天気良すぎて、砂も焼けるし肌も焼ける。
すっかり夏ですな!
ubz1806
試合の方は、ヴェルディが3−0で勝利。
ビーチサッカーって、面白いな。
残波ビーチって、ビーチサッカーのコートが作れるくらい広いってことを今更ながら知りました。
なんかスゴいね!
ubz1804
しかし、ビーチサッカー終了後は、あまりに暑すぎて、中央ステージ前は、ご覧のとおり…。
皆さん、遠巻きに(比較的涼しいところで)観てました。
海開き初日からいきなり夏のような日差しが降り注いでいたのでしょうがないですね…。
ubz1805
こちら、Human Beatboker T.K 氏。
なかなかカッコイイパフォーマンスでした!
今度、サンセットタイムにビール片手に聴きたいと思いましたよ。
ubz1808
気を取り直して、飲食の出店の方をチェック!
こちら、あの北谷の有名焼肉店金城のブース。
ubz1811
魅力的なラインナップ。
ビールにも合いそう。
ubz1809
アイス、ドリップコーヒー、マンゴースイーツ…これまた魅力的。
ubz1810
そして、極めつけはこちら。
やっぱり夏は、かき氷ですね!
いろんなフレーバーがあって、大人からこどもまで、大人気。
(でも、写真には、誰も写っていない…タイミング悪くてすみません。)
ubz1814
でも、まぁ、こんなイベント、定着してくれたらいいなぁ。
やっぱりみんなで海開きを楽しむイベントって、いいと思いますよ。
来年の開催も期待したいです。
ともかく、読谷はいきなり夏突入って感じの日曜日でした!
ubz1802
そして、やっぱりビールですな。
…何故か、サッポロ。

どうも、キタローです!
皆様御存知のとおり、昨日は、4月1日でした。
なので、(皆様、すでにご承知だと思いますが…)昨日UPした記事 は、下の写真のとおりであります。
yaf1
すみません。
四月ばか(エイプリルフール)でした…。
どの部分が、ウソなのか?
アイデアにんべんさんの情報は、ホントで、我が社が関与するという部分がウソなのか?
そもそも我が社って何?
推薦文のくだり?
…全部です。
読んでくださった皆さん、ごめんなさい。
黒川さんも便乗しちゃって、ごめんなさい。
コレに懲りずの、今年度もよろしくお願いしまーす。
(でも、アイデアにんべんの全仕事、ほんと出版して欲しいな。)

どうも、キタローです!
あのアイデアにんべんさんが、本日4月1日 公式FBで、ビッグニュースを発表しました。
以下、そのFBからの引用。
idnaf01
アイデアにんべんさんと言えば、我が読谷村を拠点に、デザイン・広告分野で八面六臂の大活躍で全国的に注目されるユニット。
ホント、面白いそして興味深い仕事を沢山やっているんです。
そのお仕事を、ボツになったものも含めて一冊にまとめちゃうっていうんだからスゴいですね!
きっと、これを見た皆さんは、本を本気で心待ちしちゃうことでしょう。
まるで、糸井重里全仕事 を髣髴とさせるような展開です。
実は、内緒にしていましたが、この企画、我が社(株式会社ヨミタンミーグル)も、微力ではありますが関わらせていただくことになりましたー!
また、社主(ボク)にも、何故か推薦文の依頼が来ております。
詳細は、まだまだお知らせできませんが…目が離せませんね。
果報は寝て待て!詳細は…たぶん明日。

↑このページのトップヘ