キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみーぐる!読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)の個人的な目線で語っちゃいます!

どうも、キタローです!
今、読谷で話題のあのお店に行ってきました。
tgknb20
そう、読谷漁協の直売店。
都屋漁港内にある、海人(うみんちゅ)食堂でーす。
tgknb17
かなり老朽化が進んでいた、都屋漁港のセリ市場ですが、ご覧のようにキレイな複合施設として生まれ変わっております。
海人食堂は、こちらの2階に入っております。
tgknb14
海人食堂には、建物に向かって左側にあるこの入口から入ります。
tgknb15
中に入ると、
まず、すっかり明るく近代的(!)になった漁協の直売店が、でーんと。
tgknb18
お魚のディスプレイもこんな感じに。
ライトも完備されているので、より新鮮で美味しそうに見えます。
でも、お刺身のお値段は据え置きでしたよ!
さすがです。
tgknb16
あ!こいつもいました。
4体目発見。(CSCにもいました!)
そうそう、現在この、正式名称「水産物展示販売等施設」(漢字多め)は、現在プレオープン中。
正式オープンは、4月29日(土)だそうです。
tgknb13
直売所を抜け、階段(エレベーターも有り)を登ると…
※階段途中の大きな時計は、ただいま調整中だそうです。
tgknb2
ジャーン!
明るくオープンな感じのお店が!
こちらが、新装開店の海人食堂です。
早くも、大勢のお客さんが。
インバウンドの方々も結構いらっしゃいますな。
tgknb3
写真付きのメニューなので、外国の方でも大丈夫。
皆さん真剣に品定め中。
tgknb4
メニューは、こんな感じ。
イカスミカレーが気になるなぁ…でも、うーん。
悩みます。
tgknb1
注文が決まったら、この券売機でチケットを購入し,
tgknb19
こちらのカウンターに提出して、
tgknb10
番号札をもらいます。
結局、ボクは、マグロカツ丼。
tgknb21
しばらくすると、番号が呼び出されるので、注文した料理を受け取りに行きます。
呼び出しは、日本語と英語です。
インターナショナルな感じですなぁ。
tgknb7
こちらが、マグロカツ丼。
見た目、ソースかつ丼風ですが、マグロの赤身に衣を付けて揚げたやつです。
チキンカツよりさらにヘルシーな感じです。
衣はさくさくでしたよ。
tgknb8
恒例の食べかけ写真。
ボクは、もう少しソースが欲しい感じがしましたが、なかなか美味い。
追加でかけられるといいな。
量は、十分です。
tgknb11
基本セルフサービスなので、食べ終わったらこちらへ自分で返却します。
ごちそうさまでした。
tgknb9
海人食堂は、広々としたオープンテラス席もあります。
今の季節は、東支那海をみながらランチっていうのもいいですね。
(真夏は、キツイけどね。たぶん)
tgknb6
立派になった、海人食堂。
立派にキレイになりましたが、以前と変わらず気取らない雰囲気と味でした。
以前の海人食堂に行ったことのある方も、まだ行ったことがない方も、ぜひ足を運んでみてください。

◆ 海人食堂(うみんちゅしょくどう)
  住所 読谷村字都屋33番地 水産物展示販売等施設2階
  電話 098ー956ー1640
  営業時間 10:00〜16:00 
  定休日 不定休

 

どうも、キタローです!
昨日の北窯は、先週火を入れた窯の窯出しだったので、
遊びにいってきました。
もちろん目的は、アレ(!)なんですけど…。
kk170401
着いたのが午後8時くらいだったので、焼き上がった器たちは、すでに窯から各工房に運び出されていました。
まずは、與那原工房へ。
kk170404
かわいらしい器がたくさん出来上がってましたよ。
與那原工房の代名詞とも言えるペルシャの器もたくさんありました。 
kk170405
いかにも與那原工房らしい器たち。
アフリカ、アジア、オリエンタル、エスニック…いろいろなイメージが湧いてきます。
いい感じだなぁ。
kk170409
こちらは、宮城工房。
右側にちらっと写っているコバルトのラインのカップ。
個人的に気になっているシリーズです。
このカップも欲しい…。
kk170411
なかなかの発色。
いい感じで焼けてますねぇ。
kk170408
マカイもお皿も湯呑も、たっぷり出来上がってました。
kk170412
共司工房。
器で溢れかえってます。
kk170414
いい感じのカラカラがあったので、真上から。
キレイな円が3つ重なって見えます。
kk170415
早くも注文分の仕分けも始まってました。
高台の処理をしながら注文分の振り分け、梱包、業者の皆さんへの対応…。
また数日は、忙しい日がつ続きそうです。
kk170417
米司工房。
かなり良い出来だったみたいです。
ケンゴもゴキゲンゴ(?)でした。
kk170416
こちらにも、大量のお皿やマカイが!
さすがに 前回の窯 から4ヶ月近く間が空いたので、たっぷり準備ができたようです。
どの工房もホントにたくさんの器が並んでいました。
kk170418
いかにも米司工房って感じの絵付けのお皿。
いいですな。
kk170413
検品作業や明日の準備もそろそろ終わり。
3つの工房は、そろそろ本日の業務終了となりそうです。
kk170402
一方、こちら。
與那原工房では、窯出し恒例の宴会が始まっておりました!
アレっていうのは、コレです。
コレに毎回参加(自主的に)するこのが楽しみなんです。
…もちろん、窯出しされたばかりの器を見るのも楽しみですけどね。
kk170403
ちょっと、淋しがり屋の與那原さん。
たくさん人が集まってくると嬉しそうです。
恒例の與那原さんの口上が始まりましたが、すでにホロ酔いです。
この後、卒業した元お弟子さんや、知り合いや、知り合いの知り合いや…いろんな人が集まってきてさらに賑やかになりました。(たぶん)
楽しく飲んで食べて…酔って…最後は、よく覚えていません。(…トホホ)
そんなこんなで今回も、北窯の夜は更けていくのでした。

どうも、キタローです!
移転オープン記念ラーメン無料提供という、太っ腹企画を敢行した麺屋はちれんさん。
mhro1

このブログでも取り上げて
当日、行く気満々でしたが、いろんな方がSNSで入店待ちの長蛇の列をアップしているのを見て、一般営業を開始してから行こうと、あっさり方針転換。
そんなこんなで、本日、移転後初のはちれん訪問を予定しておりました。
ところが、Facebookをのぞいたところ、なんと、しばらく休業の記事が!
厨房の改善工事が必要って…ガーン!
聞き込みをおこなったところ、ゴールデンウィーク前まで…21日くらいまでの再開を目指しているようですが、今のところ詳細は未定とのこと。
うーむ…。
コレは残念ですが、待つしか無いですね。
私、待つわ。
いつまでも(は辛いけど、少しくらいなら)待つわ!
ということで、再開情報は、Facebookで発信するそうです。
気になる方は、要チェックチェックですね。

どうも、キタローです。
突然ですが、いつの間にか読谷村でも無料Wi-Fiが始まってました!
yfwf1
読谷村が無料Wi-Fiサービスを開始 したようなんです!
その名も、Yomitan_Free_Wi-Fi(…ってそのまんま)
現在、残波岬方面と平和の森球場周辺でサービスが始まっているようです。
(イラストは、読谷村のHPから拝借してきました。サンキュー、読谷村)
yfwf2
ためしに繋いでみると、あっさり繋がりました。
でも、「セキュリティに関する勧告」が、出てちょっとビビりました。
村のHPを詳しくにも、次のような注意事項が掲載されています。

注意事項

  • 当サービスは国内および海外からの観光客をはじめ、誰でも簡単にご利用いただける様に、WEP等を用いた無線の暗号化を行っておりません。そのため、無線区間の通信内容が傍受され、入力したIDやパスワード、クレジットカード番号等の個人情報を盗み見される可能性があります。その旨をご理解いただき、利用者自身の責任において当サービスをご利用いただくよう、よろしくお願いします。

なるほど…。
細かいところはアレなんですけど、大切な情報は、このWi-Fi経由でやり取りしないほうが無難ってことですよね。
これで銀行やクレジットカード情報のやり取りする人は、たぶんいないと思うけど…。
注意、注意。
でも、情報を検索する分には全然(たぶん)問題ないはずなんで、使い方を間違いなければ、すごく便利だな!
今後、座喜味城跡ややちむんの里等の観光地や役場やCSC(地域振興センター)といった公共施設なんかにもフリーWi-Fiが整備される予定があるとかないとか…もし実現したら、観光客の皆さんだけじゃなく、村民にとってもすごく便利になるよなぁ。
これは、期待しちゃうゾ!

どうも、キタローです!
この間、役場のロビーで(だいたい)等身大のよみとんを見かけました。
byto1
この間の記事で写真をちょっと使ってますが、
台座をいれると、2mくらい、よみとんだけでも160cmくらいあってかなり大きなオブジェです。
byto2
調子にのって接写(ボケてます)
byto3
さらに接写。
かなり可愛い感じにできてるな!
byto4
勢いにのってサイドに回り込んだら…見事にピンぼけ。(すみません)
このよみとん、てっきり役場のロビーだけにいるんだとばかり思ってました。
ところが…、
byto6
なんと、この間、残波岬のTi-da33に行ったら、そこにもいるじゃありませんか!
なんてフットワークが軽いヤツだ!なんて思ってよくよく見てみると、
台座の色が違ってます。
役場のやつは、黒で、こっちはグレー。
あと、役場のは(ドッキリのヤツみたいな)プラカードを持っていましたが、
残波のは、体の前に表示版があります…ま、まさか、
そうなんです!
こいつは、役場のやつとは違うやつだったんです。
匿名の情報提供者によると、なんとこのよみとんオブジェ、複数体制作されたようで、
今後、他のところにも出現する可能性があるということなんです。
ボクが予想するに、CSC(地域振興センター)に出現するのは、まず間違いないな…。
あとは…どこだ?
どこなんだ、気になる。
皆さん、もしよみとんオブジェを発見したら、情報の提供をお願いします!

どうも、キタローです!
またまた、この季節がやって来ました。
nmf71
そうです、にーびち映画祭
もう第7回目なんですね。
にーびち ってゆーのは、沖縄の言葉で結婚(式)のことです。
沖縄の結婚式(にーびち)は、一般的に大人数が参加して盛大に行われるのが常で、余興もてんこ盛りです。
その中で、近年、同級生とか職場の同僚の皆さんの定番余興が、事前に映像を撮影して披露宴で上映するという、いわゆる映像余興です。
事前に撮ってるんで、当日は、ゆっくり飲みながら盛り上がれますしね。
内容もドラマ仕立てだったり、ドキュメンタリー風だったり、映画のパクリだったり、ホント、皆さん力の入れ具合が、ハンパないです。
最近は、機材も編集ソフトも充実しているので、ほんとプロ顔負け(!)な作品となってますよね。
その映像余興を、作品=映画として募集して、「オメデタイカラコソメダチタイ」を合言葉に、コンテスト形式で行われるのがこのにーびち映画祭です。(説明ながっ…)

FMよみたんを中心に、実行委員会形式で行われるこの映画祭。
3月4日に公開予選会が既に開催されていて、観客投票で選ばれた10作品が本選進出を決めたそうです。
本選は、4月29日に残波岬ロイヤルホテルで開催。
表彰作品5作品が、当日発表されるそうです。
うーむ、どんな作品が選ばれるのか気になりますね!

◆ 第7回にーびち映画祭(本選)
  場所 残波岬ローヤルホテル
  時間 12:30〜
  料金 2,500円(食事代込)
   ※ちなみに、ご祝儀は不要だそうです。
  問い合わせ にーびち映画祭実行委員会 098-958-7862(FMよみたん)

※第6回にーびち映画祭(本選)の様子は、コチラ をどうぞ。

どうも、キタローです!
この間、残波岬にあるTi-da33(ティーダサンサン)に行ってみたら、なにやら少し様変わりしていました。
zt331
ちょっと、ネイティブ・アメリカン風なテントができてたりして…。
これ、ティピとかティーピーっていうんですね。
白いテントが青空に映えてます。
ゲンキ店長になってから、ちょっと攻めに出ているTida33ですが、
ゴールデンウィークを前に、施設面もいろいろ強化しているようです。
zt336
前に作ってたコレ が、完成してました。
真ん中の六角形の中央で焚き火を焚いて、そのまわりの四角いスペースには角型の七輪をセットしてBBQを楽しみスペースだそうです。
名前は…今度、聞いときます。
でも、何だか楽しそう。
zt333
レストランのテラス席の前には、もう一つのウッドデッキを製作中。
もうすぐ完成って感じです。
これは、これからのシーズンちょっといいんじゃないの?
サンセットタイムとか、ここでビールを飲むと、美味そうです。
zt332
レストラン前広場にあるステージ後ろの進貢船もお色直しされてました。
キレイになっててビックリ!
コレ、中の方から階段で船上に登れるんで、子どもたちに結構人気です。
zt335
海沿いのBBQ用の東屋には、花ブロックの目隠しもできてたし…なるほどなるほど。
レストランのメニューもいろいろ工夫してたし、
楽しそうな施設もできてるんで、
今年は、Ti-da33に遊びに行く頻度が増えそうです。
まずは、焚き火のピット(名前確認中)で、「肉と日本酒」とかいうイベントをゲンキ店長に提案しちゃおうかなぁ…いかがでしょう?ゲンキ店長。
zt334
ところで、知らない方も多いと思いますが、
Ti-da33のトイレ、実は、洗浄式便座となっております!
キレイに掃除もされてるし(当たり前か)
これは、結構な穴場ではないでしょうか?
ドライブの途中での休憩タイム・トイレタイムに
Ti-da33を活用するのもオススメですよ!

Ti-da33 
  住所 読谷村字1861番地
  電話 098-958-0038

どうも、キタローです!
CSC(地域振興センター)の3階に移転準備をしていた麺屋はちれん
mhro1
近日オープンということで、ワクワクしながら待っていた方も多いと思います。
3月上旬オープン予定 の告知もありましたが、
いろいろあったようで新装開店が伸び伸びになっておりました。
ボクを含めて、やきもきしていた方も多かったと思います。
が…、
mhro3
いよいよ準備が整ったようだと、噂を聞きつけ覗きに行ってみました。
おー!厨房もバッチリ完成しています。
いやぁ、スペースも広くて、明るい感じの店内じゃないですか!
mhro2
ということで、麺屋はちれん。
いよいよ本日、4月7日(金)オープンだそうです!
パチパチパチ。
よ、待ってました!
そして、なんと7日、8日の両日は、ラーメンを無料で提供するそうですよ!
なんと太っ腹。
開店時間は、11時30分…。
これは、もう行くしか無いですね。

※店舗は、1階のまーさむん小路ではなくて、3階のFMよみたんの隣です。
 お間違いなく!

◆ 麺屋 はちれん
  住所 読谷村字喜名2346番地11 地域振興センター3階
  電話 098-958-6471


 

どうも、キタローです!
火曜日、北窯の火入だというので行ってきました。
kkd17048
夕方、6時過ぎに行ってみたのですが、共司工房がまだまだ窯詰めの最中でした。
その様子をアマチュアカメラマンのおじさんたちが撮影していましたよ。 
kkd17045
せっせと窯詰めしていた、共司工房の皆さん。
今回は、今年(2017年)初めての窯焚きなんで、たくさん作ったものがあるんだろうな。
ところで、登窯の連なっているそれぞれの部屋のことを、袋というそうです。
kkd17042
その袋の中には棚があって、たくさんのマカイや皿が詰められていました。
 kkd17041
手前の方にスペースは、火の勢いが強いので比較的大きなものを詰めていくようです。 
kkd17046
袋の中に積み上げられた(まだ未完成な)器たち。
この状態だとちょっと地味めな色合いに見えますが…、
だけど、窯が焚かれると、火で焼き締められ釉薬が溶け、いろんな色が現れてくるんだよなぁ。
ほんと不思議。
どんなふうな焼きあがってくるのか、考えただけでワクワクどきどきします。 
kkd17047
今回の焚口の当番は、宮城工房。
こちらのほうは、準備万端!って感じでした。 
kkg17043
読谷山北窯の登り窯は、13連房。
全国的に見ても、最大級の登り窯だそうです。
こうして上から見ても大きくてすごく立派だな。

窯詰めが終わると、手前の方にあるレンガと土で蓋をして、
全工房の皆んなで協力してそれぞれの袋の前に薪を運んでから、火が焚かれます。
この日は、結局、9時過ぎに火が入ったようです。
しっかり焼いて、ゆっくり冷まして、窯出しは来週。 

どうも、キタローです!
昨日(4日)の午前10時に、村道波平〜都屋線の一部が暫定開通したということで
さっそく行ってきました!
nts4
村道波平〜都屋線は、字波平の東門から都屋の県道6号線を結ぶ道のようですが、
今回は、中央残波線から西側が開通したそうです。
こちら( ↑ )波平側から中央残波線を越しに開通部分を見たところ。
これまでは、T字路になってて直進できませんでした。
nts2
先ほどの中央残波線の交差点から、県道6号線に向かって下っていくとこんな感じ。
前方に東支那海。
あいにく雲が多くてちょっと暗い雰囲気の写真になっていますが、
天気のいい日には、海に向かって下っていく感じで、走っていても気持ちいい眺めのいい道路です。
季節によっては、沈む夕陽に向かって進んで行く感じにもなるんだろうな。
nts3
下っていくと、右手にクリスチャン・スクール。
さらに、セーラ苑。
そして、セーラの森公園。
nts1
セーラ苑の入り口付近から波平側を見ると、こんな感じです。
中央残波線に向けて、登りとなります。(当たりまえか…)
セーラ苑から県道6号線までは、以前から開通していたんですが、
今回の開通で、村民センター地区から都屋方面(逆も)へのアクセスが格段にスムーズになりますね。
セーラ苑に行くのも便利になるな。
 ntsz1
図面でみるとこんな感じ。
赤で塗られた部分が、今回の開通部分です。 
現在は、都屋の県道6号線側の交差点が変則な十字路になっていますが、
来年の3月までには、キレイな十字路にするための工事を行うそうです。
ますます便利になりますねぇ。
 


 

↑このページのトップヘ