キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみたんをみーぐるぐる。読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)が勝手にウキウキウォッチング!?

どうも、キタローです!
「よみとん」といえば、読谷ブランドパワーアップキャラクター(長い…)ですね。
かわいいと大評判です。
かくいう私も、大好き。
愛してるといっていいぐらい。
ytpb1
その、よみとん。
グッズが、着々と増えています。
中でもボクのお気に入りは、こちらのピンバッジ。
…かわいい。
サイズは縦2.5cm✕横1.6cmくらい。
色合いといい、コロンとしつつちょっといびつな感じといい…かわいらしいです。
今後どんなグッズが発売されるのか、楽しみだなぁ!
よみとんグッズ、見つけたらまたご紹介しまーす。

ちなみに、よみとんグッズは、地域振興センターの中にある読谷村観光協会で買えますよ。

どうも、キタローです!
前から気になっていたんですけど、
波平大当(うふどう)の県道6線沿いにたなびくこのノボリ。
hs1
黒いてんぷらって…何?
ということで、勇気を出して行ってみました。
hs5
お店の名前は、「島てんぷら平助」。
hs4
はい、こちら入り口。
はたらくお母さん応援隊(!)だそうです。
何故か?それは、後ほど…。
とりあえず、入ってみました。
hs7
店内には4人掛けくらいのテーブルが2つあって、イートイン可能です。
そして壁には、このようにお品書きが貼られていましたよ。
そばや定食系もラインナップされているんですねぇ。
hs8
そして、オーソドックスなてんぷら屋のメニュー…の中に、ありました、黒い天ぷら。(ここは、天なんですね…。)
1個70円!
イカやさかなの天ぷらと同じ値段です。
hs9
こちら、店主の津波さん。
実は、津波さん、製麺技能士と給食用特殊料理専門調理士・調理技能士の資格をWで取得されているそうです。なんか、スゴい。
日々、料理の研究に励みつつ平助を経営してるそうです。
良くお話を伺ったら、地元の後輩でした…いつの間にか立派になって。
製麺技能士と聞いて、がぜんそばも食べてみたくなりましたが、今回の目的はアレです。
hs10
そう、こちらがウワサの黒いてんぷら。
…見事に黒い。
見た目は、黒なまこというか、何というか…その…インパクトあります。
hs11
しかし、かじってみると、中からホワイトなやつができてきました。
これは、イカ?ですね。
イカ墨で黒くしたころもをまとったイカです。
この黒いころも、サクッとして軽くてほのかに甘いような…
しかも、具のイカはやわらかい!
なかなか美味です。
見た目のインパクトに比べ、ソフトで優しい味でした。
hs14
ところで、平助では、このように天丼セットを販売してて、しかも電話で注文できるそうです。
(抽選でお米のプレゼントあり!)
そのへんが、はたらくお母さん応援隊の所以なんですね。
天丼セットだけではなくて、お店のほとんどのメニューは電話で注文してテイクアウトできるそうですよ。もちろんてんぷら2千円分!とかの注文も大丈夫。
ころもが美味しいてんぷらなんで、差し入れとかにも喜ばれそうですね。

今度は、そばを食べに行ってみようっと。
 

◆ 島てんぷら平助(へいすけ)
  住所 読谷村字波平2136番地
  電話 098−958−6198

どうも、キタローです!
金曜日の新聞(沖縄タイムス)に、今年のサッカーキャンプの記事が大きく載ってました。
ちょっと拝借しちゃいますが…。
sc1 
今年は、J1,J2だけじゃなく中国スーパーリーグのチームも結構やってくるんですね。
おー!上海申花といえば、あの世界最高給で話題になった(?)テベスがいるチームじゃないですか!
でも、注目はするのは、そこではなくて…
sc2
こちらですよ!
なんと、今年も読谷にはJ1の2チームがやってきます。
サガン鳥栖とヴィッセル神戸。
昨年は、ヴィッセル神戸はなかなか好調で2nd ステージは、浦和に継いで2位。
年間順位も7位でした。
今年もなかなかいい補強をしたようで、2017シーズンは上位を狙ってますよ。
サガンは、昨年の1stステージは、いい試合をしながらなかなか勝てずに苦戦していましたが、
後半は、持ちなおして年間11位でフィニッシュ。
今年は、監督の戦術にも馴染んだきたと思うので、やってくれるんじゃないでしょうか!
両チームで優勝争いしてくれるといいなぁ。
今年は、トレーニングマッチも何試合か組まれるんじゃないかなぁ。
楽しみです。

ご存知だと思いますが、この季節の読谷は、スポーツキャンプ真っ盛り!
サッカーをはじめ、ラグビー、陸上、ソフトボール、そして野球とてんこ盛りです。
スポーツ好きには、たまりませんなぁ。

読谷村観光協会のサイトには、キャンプ情報掲載されていますよ。
要チェック! 

どうも、キタローです!
今日は、残波岬方面に用事があったので、
お昼は、残波岬憩いの広場にあるTi−da33に行ってみました。
tds1
この大きな看板が目を引きます。
9時〜夜の10時までやってるんですねぇ。
ちなみにこの看板のすぐ横には、山羊エリアがあって、子どもたちに大人気です。
tds2
こちら、以前はマンタハウスと呼ばれていた建物です。
マンタが翼(?)を広げている格好に見えるから…たしかに、見える…ような気がする。
こちらにが現在、Ti-da33のセンターハウスとなっています。
tds3
中に入ると、右手がレストランになっています。
現在、プチリニューアル中だそうで、
営業はしていますが、限定メニューとなっているそうです。
tds4
バーカウンターなんかもあってなかなかオシャレな感じ。
ちょっとウロウロしてると、なんとR6の元気店長がいるじゃないですか!
そういえば、Ti-da33もR6もローヤルホテルグループでした。
いつの間にか、人事異動(?)ですか。
tds6
その元気店長が、2月からスタートする新グランドメニューを準備中ということで、
試作品のサーロインステーキのベーコンを巻いたやつ(スミマセン、ホントの名前忘れました…)を出してくれました。
テストメニューだということで、格安で…。
ちょっとラッキー!
tds5
こちらがそれ。
赤ワインソースの本格的なやつでしたよ!
さすが、肉バーR6仕込み。
普通に美味くて、ペロリといっちゃいました。
これからブラッシュアップするということで楽しみです。
日本酒も、置きますよー!って言ってたし、
2月からのTi-da33は、注目ですね。
tds7
そそいて、こちらがチョリパン。
今帰仁でつくったジューシーなチョリソーをミニフランスパンに挟んだやつですが、
こいつが絶品!
バジルソースも効いています。
コレだけでも通いたくなっちゃう。

◆ Ti-da33
  住所 読谷村字宇座1861番地
  電話 098−958−0038

どうも、キタローです!
今回は、キタコレです。
さて、こちら、北窯の與那原工房の與那原さん作の蓋物となっております。
かぼちゃの形をしています。
ykf1
リアルな造形で、なかなかキュートです。
何年か前に與那原工房に遊びに行った時にでゲットしました。
サイズは、縦約14センチ、横約12センチ。 
與那原さんに、なんでかぼちゃなんですか?って聞いたら、
「そりゃ、まぁ、あの…もごもご…へへへ」 と笑ってました。
その後、かぼちゃの他にヘチマ?とかシリーズ化しそうな感じでしたが
残念ながら、最近はあんまり作ってないみたいです。
あ、蓋をとると内側は、きれいなペルシャブルーです。
写真…すみません、撮ってません。 

どうも、キタローです!
今日は、美味しいパンが食べたくて、おとなりやに行ってきました。 
otnry13
読谷にもパン屋は何軒かありますが、
おとなりやは、その中でも1,2を争うくらい人気のパン屋なんだよなぁ。
油断してると、早々と売り切れてしまいます。
なので、午前中に行ってきましたよ。
otnry3
こうして見ると、なかなかファンキーな看板。
気分は、南国ですねぇ。
ちなみ基本的に、木曜日と日曜日がお休みで、10時オープン、売切れ次第終了(!)です。
otnry4
ドアの前の黒板に「冬季限定ゆずあんぱん」の文字が!
おーこれは、楽しみ!
otnry6
ドアを開け、お店に入ると、
ジャーン!いい香りとともに美味しそうなパンが目の前に!
そしてそのパンの向こう側では、店主の斎藤さんが何やら作業をしていました。
この時間、まだまだパンも焼いてます。
otnry7
しかし、さすがに人気店。
今日も早くからお客さんがたくさん来てたみたいで、
11時頃に行ったというのにもうすでに残り少なくなっているパンもあったりして…。
ボクがお店に行った時間帯にも、ひっきり無しにお客さんがやってきていました。
otnry8
何とか、ゆずあんぱん(自家製ゆずピール入り)151円を、ゲット!
その他にも美味しそうなパンがいろいろあって目移りしちゃうんだな…。
otnry9
こちら、お気に入りのくるみといちじく入りのライ麦パン。
ずっしり重くてとても美味しい!(ポップに書かれているまんま…すみません)
今日も、案の定、しっかりたくさん買い込んじゃいました。
otnry11
で、話題のゆずあんぱんを、うちまでガマンできずに食す…。
がーん!うまーい!これは…あんぱんのイメージを覆す逸品です。
ヤミツキになりそう。
斎藤さんは、「2月くらいまでは、作るってるかなぁ…」って 言ってました。
来週も買いに行こうっと。
otnry12
そういえば、こんなお知らせが張り出されていましたよ。
おとなりやは、1月19日(木)から26日(木)までお休みのようです。
おとなりやのパンが食べたくなった皆さん、ご注意ください!

◆ ぱん工房 おとなりや
  住所 読谷村字瀬名波633番地2
  電話 098−958−6260

どうも、キタローです!
先日、居食家しむに行ってまいりました。
sim6
「しむ」って、沖縄の言葉で「台所」っていう意味です。(たぶん)
読谷には、ほんとにたくさんの居酒屋があるわけですが、
しむは、中に入ると一見ご覧のようにバーかスナックのよう雰囲気です。 
sim2
そのしむのオススメ(というかボクのお気に入り)のメニューは、なんといってもこちら。
手羽先唐揚げ(!)です。
1本80円ですが、頼む時は10本単位で注文したほうがいいです。
あっとうまに無くなっちゃうから。
sim3
手羽先というと、やっぱり名古屋風?って思っちゃうかもしれませんが、
こちらのやつはちょっと違いますよ。
sim4
じゃーん!
なんと串にささった、真っ直ぐスタイルです。
sim5
ちょっとピンぼけで申し訳ありませんが、こんな感じ。
塩とタレがあるみたいですが、ボクは断然塩コショウ派です。
何本でもいけます。
メガハイボール(600円)に、手羽先…たまりませんなぁ。
この日は、県外の友達を連れてったので、残波との組み合わせでしたが、
コレもよく合います。
sim8
ところでこのお店、カウンター周りはスナック風ですが、テーブル席はどっしりとした木のテーブルにしっかりした椅子。まるで、おしゃれなカフェかレストラン風。
なかなか居心地がよろしいんです。
うーん、ミックススタイル! 
sim7
そーめんちゃんぷるーもうまかったな。
場所は、大木の県道6号線沿い。古堅小学校入口バス停の近くです。
1枚目の写真でもちらっと写っちゃってますが、かの有名店じゃりん子ちえリの真下です。
sim1
あー、今日もうまかったなぁ、と店をでる某カリスマ理容師。
この後、階段を登ることに…読谷の夜は長いな。 

◆ 居食家 しむ 
  住所 読谷村字大木416番地3
  電話 098−956−970

どうも、キタローです!
新年早々、役場に行くと、獅子舞(沖縄風)が来てましたよ!
sisimi2017
沖縄の獅子は、県外の(TVでしか観たことがないけど…)風呂敷みたいなやつと違って結構剛毛です。
動きもダイナミックで、 迫力あったなぁ。
商工会青年部の皆さんが、毎年仕事始めの日に行っている恒例行事だそうです。
なんと村内、数十箇所で披露してるんだって!
頑張ってますねぇ。
しかし、こいつは春から縁起がいい。
今年も いい年になりそうです。

どうも、キタローです!
正月三が日も穏やかな日和で、平和な読谷村。
何よりです。
ftbbs2
ところで、この間、県道6号線の瀬名波から長浜に向かう坂の途中で、ひっそりとたたずむバス停を発見しました。
「船地原」。
調べてみると「ふなちばる」と読むそうです。
このへんに昔、港か船着き場があったんでしょうか…。
ftbbs1
ここを通る路線は、読谷バスターミナル発の石川〜読谷線のみ。
乗ったことが無いとはいえ、何度もこの前を通過していたはずなのに…恥ずかしながら、正式には初対面です。
ごめんなさい。
ftbbs3
バス停の先には、長浜の慰霊の塔「真砂之塔」が建っていました。
その裏手は海がすぐそこになっていて、残波岬に続く断崖や本部半島あたりが一望でき、なかなかの眺望でしたよ。

船地原は、読谷バスターミナルから3つ目のバス停になります。
次のバス停は、長浜バス停になるんですけど、
バスターミナルから長浜までのおよそ1,500mの間に、4つもバス停があります。
1日の乗降者は、何人くらいなんでしょう…気になります。
余計なお世話かもしれないけど。
村民なら、一度は見に行ってもいいかもしれません。

平和なお正月にふさわしい(?)、レアなバス停発見のお話でした。

どうも、キタローです!
明けましておめでとうございます!
暖かいお正月、いかがお過ごしでしょうか?
今年も、ひとつ、よろしくお願いいたします。
さて、大晦日の金月そばの年越しそば。
美味しかったですねぇ。
見事完売だったそうです。
昨日だけど昨年(もう)、ありつけなかった方は今年の大晦日をお楽しみに!
で、その金月そばでたまたま遭遇したがじろうさんから、一枚のチラシをいただきました。
gjrh1
たきろーの店でキタローががじろうからチラシをもらう、読谷のさんろー大集結とは、実に奇遇…と、まぁそんなことはさておき。
なんと、あの、まぼろしと呼ばれていたがじろう飯店さんが、ついに実店舗をオープンするそうです。FBでは、ちょこちょこ情報がリーク(?)されていましたが、ホントだったんですねぇ。
がじろう飯店といえば、幻食堂の企画やイベント等への出店で、地元食材を使ったアジアンテイストな料理を提供してくれていましたが、実店舗となれば、いつでもあの料理が食べられるんですねぇ。
うわぁ、コレは楽しみ。
お酒も、ビールをはじめ日本酒やワインなんかも準備する予定だそうです。
がじろうさんのお話では、「中旬…18日、くらいかなぁ 」なんとおっしゃってましたが、一日も早いオープンを期待してしまいますよ!

↑このページのトップヘ