どうも、キタローです!
気になっていた、ひまわりを観に、北谷に行ってきましたよ
bh01
ボクネン美術館で開催されている名嘉睦稔さんの、向日葵〜太陽の使者〜展。
bh03
北谷美浜のデポアイランドの、AKARA の2階にボクネン美術館はあります。
階段を登ると、そこはひまわりだらけでした。
bh02
まず、この展覧会の説明分が。
なるほど、なるほど。
bh05
入り口で配布されていた展示作品リストを手に、作品を観ます。
55点ものひまわりを題材にした作品が、展示されていましたよ。
bh11
入口側から奥の方をみたところ。
bh09
「ひとかかえ」(2013)
bh06
「オメデトウのひまわり」(2000)とその版木。
睦稔さんの版画は、版木を彫って黒色で刷ったあとに紙を裏返して裏から色を付ける、裏手彩色(裏彩色)法という手法で制作されています。
有名なゴッホのひまわりの絵にインスパイアされて、版画でそれを表現しようとしているように思えるシリーズもありました。
bh12
「藹藹華華(あいあいかか)」(1992)
bh04
一番奥には、ひときわ大きな作品。
さすがに迫力があります。
ボクは、この絵が一番好きだなぁって思いましたよ。
遠くまで続くひまわり畑と、空を飛ぶ鳥の群れ。
空間と時間の広がりを感じるともに、何というか…ちょっと切なくなります。
bh10
「真南風の向日葵畠」(1998)
この絵は、この展覧会のチラシにも使用されていました。
bh08
奥から入口側を見たところ。
ほんとたくさんのひまわりの絵が展示されていて、ひまわり好きにはたまらない展示会だと思いますよ。
ひまわりって明るいイメージだけど、ボクネンさんのひまわりの絵にかこまれていると、明るさの中に寂しさや儚さや切なさも内包しているように思えてきます。
絵の放つエネルギーが、強烈なせいかもしれませんね。
11月までやっているようですから、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。
…もう1回くらい、いこうかなぁ。

◆ ボクネン展vol.21 向日葵(ひまわり)〜太陽の使者〜
  会場 ボクネン美術館 北谷町美浜9-20 AKARA 2F
  期間 2017年7月14日(金)〜11月12日(日)