どうも、キタローです!
台風襲来…のはずが、思ったより影響の無かった土曜日。
ふと思い立って、久しぶりに行ってきました。
ysy101
読谷食堂 ゆいまーる
共販センターと言ったほうが、村民の皆さんには、ピン!とくるかもしれません。
座喜味の国道58号沿い、アロハゴルフ場の手前にあるあのお店です。
ysy103
こちらが、共販(読谷村共同販売)センターのエントランス。
かなり、年季が入ってます。
…昭和の香り、ぷんぷん。
共販センターは、中央にちょっとしたピロティ状のスペースがあって、そこから左右に対称な形で建物が建っています。
向かって左側の建物が、村内のやちむん工房や伝統工芸を網羅した売店。
右側が、ゆいまーるです。
ysy116
こちらが、ゆいまーるの入り口。
どっちかっていうと、まぁ、そっけない感じ…かな。
ysy115
ですが、中に入るとこんな感じ。
結構広いし、明るい!
手前に、どっしりとしたテーブル席。
奥のほうには、20名はゆうに座れる座敷があります。
お昼時にもなると、村内外からのお客さんで一杯になる隠れた(?)人気店なんですねー、これが。
案の定、週末の店内は、ほぼ満員状態でした。
ysy105
テーブル席に陣取って、早速メニューチェック。
こちらが、表側。
人気メニューの写真が…どれも、美味そう!
ysy106
裏面に実際のメニューが写真付きで載ってています。
写真付きは、県外や外国の方にもわかりやすくて、いいですよね。
しかし、こうして改めて見ると結構どれもリーズナブルだなぁ。
一番高いもので、800円!
定食類も充実しています。
しかもボリュームたっぷりなんで、コストパフォーマンが高い。
うーん、何にしようか…?
カレーもいいなぁ。
などと迷いましたが、結局、軟骨ソーキそばに決定。
ysy109
はい、きました。
こちらが、軟骨ソーキそば、600円也。
見た目も正しい感じの沖縄そばです。
器は、もちろん読谷のやちむん。
たぶん、北窯…共司さんかな。
使い込んだ感じがステキです。
ysy111
さっそく、いただきます!
しっかりとした感じの中太ストレート麺がたっぷり入っているし、軟骨ソーキもどっしり乗っているので、やはりかなりボリューミーです。
ysy112
こちらが、軟骨ソーキ。
かなりデッカイくて嬉しいなぁ!
味も染みてて、美味かったんだよね、コレが。
ysy113
ちなみに、おそばにはセットでジューシーが付いてきます。
この日は、フーチバージューシーでした。(いつもかな?)
ジューシーは、フーチバー(よもぎ)の香りが気になるかなぁと思ったんですが、全然嫌な感じではなく、むしろ爽やかな感じで美味かった!
あまり炊き込みごはん系は、好きじゃないんですがコレは、完食。
ysy114
もちろん、そばも完食!
出汁も、優しい穏やかな感じの味わいで、自然に最後まで飲み干せます。
(いつもどこでも飲み干しちゃうけど)
ysy104
そば以外のメニューは、15時まで。
15時からは、そばのみ注文できるそうです。
営業時間は、16時までなんですが、ラストオーダーが15時30分なんで、遅い時間に行く場合には、注意が必要ですね。
ysy102
赤瓦が使われた外観も、歳を経て古民家風の味わいが出てます。
あと、内外に昔電柱として使われていた丸太が再利用されているのも、見どころの一つかな。
ysy108
こちら、昔、実際に使われていた電柱(木柱)を再利用した梁。
こーゆーところも気にしてみると面白いですね。(木だけに…ははは…)
あ、あと、お食事の後は、腹ごなしにお隣の共販センターでやちむんの品定めをするってゆーのもおすすめですよ!

◆ 読谷食堂ゆいまーる(読谷共同販売センター)
  所 在 地 読谷村字喜名2723番地1
  電   話 098-958−6719
  営業時間 11:00〜16:00
  定 休 日 木曜日