どうも、キタローです!
この間、読谷村総合福祉センター(通称:福祉センター)に行ったら…
fkc101
何気に視線を感じたので、よくよく見てみると…。
fkc103
ん?
何かいる!
fkc109
おそるおそる近づいてみると…おー!
コレは、なんだかヤバそうなやつ発見!!
fkc105
見るからに獰猛そうです…頭から鉄筋飛び出てるし。
fkc107
虎?ライオン?
牙が猛々しくて、かなり強そうな感じです…仮に、福祉センタイガーと名付けましょう。(あくまで仮に)
fkc106
こちらは、バックショット。
筋骨隆々(お尻の筋肉が盛り上がってる)ですが、尻尾も見逃せない感じです。
fkc108
近づいてみると、こんな感じ。
トゲトゲの付いた棍棒のようです。
なんか、恐竜(?)の尻尾みたいな感じですね。
Ankylosaurusx
動物JP アンキロサウルスのページから拝借しました。)
こんなやつ。
…似てます。
と、いう話はおいといて。
情報を収集(というほどの話でも無いんですけど…)してみると、この福祉センタイガー(仮)は、読谷在住の彫刻家 金城実 さんの作品だそうです。
福祉センターを守る、シーサー的な役割を担っているのでしょうか?
金城実さんといえば、残波岬の大獅子も作者としても有名です。
zuz01
コレ。
と、いうことは…この福祉センタイガー(仮)は、残波大獅子の弟分ということになりますね!(?)
これは、貴重…というか、発見といっても過言ではないのではないでしょうか!
スゴいぞ!!

ということで、残波大獅子の弟分、福祉センタイガー(仮)に会いに、皆さんも福祉センターまで足を運んでみてはいかがでしょうか。ぜひぜひ。
ちなみに、福祉センターのロビーには、大嶺實清さんの作品 もあるので、それも要チェックですよ。

◆ 読谷村総合福祉センター
  所在地 読谷村字座喜味2975番地
  電 話 098−958−2939