どうも、キタローです!
こんなポスターを発見しました。
ydfH2901
平成29年度ヨミタン大学フォーラム「スポーツを通して考える読谷の未来」。
読谷村は、スポーツコンベンションの誘致に力を入れているようなんで、こういうフォーラムを開催してその意義や目的を共有したり、アピールするのは良いことだと思うな。
ちなみにスポーツコンベンションというのは、平成27年3月に沖縄県が策定した 沖縄県スポーツコンベンション誘致戦略 によると「…スポーツコンベンションは、競技については、屋外競技から屋内競技といったスポーツ全般(障がい者競技も含む)を対象とするものである。また、コンベンションという視点からは、スポーツにおけるキャンプ、合宿、大会、イベント、試合、自主トレ等が含まれる。沖縄県におけるスポーツ-リズムの推進並びに経済効果の観点から、本事業におけるスポーツコンベンションは、県外からの誘客・参加者があるものを対象とする。」ということのようです。
なるほど、スポーツが好き!というだけではなくて、誘致することにより地域活性化に繋げようというものなんですね。
今回のフォーラムは、第1部で基調講演的に、石嶺村長と女子ソフトボール日本代表監督の宇津木麗華さん、医師の黒田さんのお三方が、それぞれ「スポーツキャンプと村づくり」「選手育成と全国ネット」「アスリートを支えるスポーツ医療」についてお話をしていただいて、第2部のパネルディスカッションへと繋げるスタイルのようです。
ydfH2902
そして、個人的に注目っていうか、ビックリしたのが、第2部のコーディネーターが、野中ともよ さんってこと。
野中さんといえば、NHKのスポーツ番組のキャスターのイメージが…(ちょい古っ)。
その後、三洋電機の代表取締役とかもやってましたよね。
なかなかのビッグネーム。
その彼女が、聞くところによると、読谷村とご縁があるようで今回のコーディネーターってことになったようですよ。(…あくまで、聞くところによると、ですけど)
その野中さんの仕切りで、3名のパネリストの皆さんがどのようなお話を聞かせてくれるのか、なかなか興味深いですね。
入場無料だし、コレは、聴きに行かなくちゃだな。
皆さんも、是非!

平成29年度 ヨミタン大学フォーラム スポーツを通して考える読谷村の未来
  日 時 平成29年12月11日(月) 18:30〜(開場 18:00)
  会 場 読谷村文化センター鳳ホール
  問合せ 読谷村ゆたさむら推進部企画政策課 098−982−9205