どうも、キタローです!
読谷に、お好み焼のお店ができたということで、さっそく行って来ました!
uns101
お店の名前は、お好み焼き 馬之助。
宜野湾発祥の、県内では有名店ですね。
場所は、比謝橋近く、以前ファミリーマートや焼肉五苑とかがあったあのビルです。
その昔は、ベスト電器が…知らない人も多いか…。
(あ、純喫茶リバーサイド!いつか行こうと思いつつまだ未開拓の老舗)
uns102
はい、こんな感じで、バーンとカンバンがでてます。
uns107
営業時間は、11時から23時まで。
ラストオーダーが、22時のようです。
uns104
お店の前には、こんな詩が掲示されています。
なるほど。
ふむふむ。
メリケン粉野郎…ステキです。
宮沢賢治好きにも、お好み焼き好きにも、ジーンとくる(?)詩ですね。
uns109
ということで、入店!
入ると、正面にカウンター席(鉄板無し)。
その左右に、テーブル席(鉄板有り)が配置されています。
uns112
テーブル席は、こんな感じ。
鉄板がお好み焼気分を盛り上げてくれますねぇ。
uns110
そして、右手奥には座敷スペース。
小さなお子さんとかがいる場合は、ここが良いかも。
uns111
入り口からカウンター席を挟んで一番奥にキッチンが。
オープンキッチンですね。
お好み焼を注文すると、基本的にこちらの鉄板で店員さんが焼いてくれて、それがテーブルに運ばれてきます。
お好み焼づくりに慣れて無くても、全然OKです!
uns113
鉄板に油を引いてスタンバイ。
期待感、半端ない瞬間…ワクワクですな。
uns114
というところで、お品書きのチェック!
読谷店の他に、真栄原店、豊見城店があるんですね。
uns115
お!ランチメニューもあり。
フード1品+ソフトドリンクで、500円(!)
これは、コスパ高いですねー。
uns117
食べ放題、飲み放題プランもありました!
1,800円+1,500円=3,300円で90分間食べ飲み放題っていうのは、ある意味ありですなー。
(16時までに入店なら食べ放題は、1,500円!)
粉モンで、ビール。
いいじゃないですか!
サイコーです。
uns118
こちらが、お好み焼のレギュラーメニュー。
個人的には、豚モダン焼、一押しかな。
uns119
焼きそばやもんじゃもありますよ。
uns120
アルコールは、こんな感じ。
uns121
そんなこんなで…はい、やっぱり、ビール!
オリオンの生。
一杯やってると、注文したお好み焼が届きます。
uns126
届いたお好み焼きを、テーブルの鉄板で仕上げます。
むむむ…みんなやりたがり!
uns123
焼きあがってきたお好み焼きにトッピングしたり、ソースをつけたり…いやぁ、コレが、なかなか楽しい!
uns127
コレを、人数分に切り分けて。
uns128
みんなで鉄板を囲んで、和気藹々とやるのがたまりません。
uns129
〆は、もんじゃで。
20年くらい前に月島で初めてもんじゃを食べた時、沖縄でこんな本格的なもんじゃが食べられるとは、夢にも思いませんでした。
何故か、もんじゃを食べた後に隅田川沿いを歩いた時に見た、アサヒビールの屋上のオブジェを思いだします。
…関係ないか。
uns130
はいこちら、兵(つわもの)どもの夢の後、っていう感じですね。
楽しく美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。
uns108
壁に「ENJOY OKONOMIYAKI!」の文字が。
やっぱ、お好み焼きは、楽しまなきゃね。
uns106
そんな馬之助ですが、12月から水曜日が定休日になるそうですよ。
ご注意ください。

◆ お好み焼き 馬之助 読谷店 
  所在地 読谷村字比謝矼100番地 伊波ビル1F
  電 話 098-956-7858
  定休日 水曜日(2017年12月から)