どうも、キタローです!
昨夜、村内のある酒場で、ひっそりと、でも愉快な日本酒会が開催されました。
ラッキーなことにご招待を受けたので、こっそり参加してきましたよ。
gjp101
この日の飲み会は、オーナーの出身地である茨城のお酒を試飲しながら今後のお店での日本酒展開についての意見交換(?)するという趣旨で開催されました。
会場は、いつの間にか読谷で一番日本酒のラインナップが充実しているというウワサのGから始まるあのお店。
1本目は、茨城県石岡市にある府中誉株式会社の渡船(わたりぶね)の大吟醸。
いやぁ、ウマイ!
gjp102
料理の方も、充実してました!
こちらは、モーウイ(赤毛瓜)の和風小鉢 赤シソポン酢のジュレ。
ジュレの酸味と風味が抜群で淡白なシャキシャキのモーウイにピッタリでした。
gjp103
これは、恩納村産里芋の煮たやつ。
味が染み込んでて、美味かった!
gjp107
お豆腐三昧な前菜。
左から、豆乳ヨーグルトと明太子ソースのやっこ。
白あえと宜野座のトマト。
オクラのガドガドソース和えを乗せた厚揚げカナッペ。
これはもう、酒好きの気持ちをわかっている、豆腐料理3品。
gjp108
ちょっとイレギュラーで、新潟県佐渡市にある、有限会社 佐藤酒造店 の金鶴(きんつる)の大吟醸。
茨城のお酒ではないんですが、参加した方が最近帰省ということで、お土産として持参したお酒です。
初めて飲んだけど、コレも美味しかったなぁ。
gjp109
漁師さんからの恵みのタコブツ 自家製島レモンのポン酢添え。
ミョウガ(?)もいい感じ!
コレも絶品。
gjp110
お野菜のてんぷら ウッチン風味。
いんげん、ナス、しいたけ、うりずん豆、発芽にんにくに芝海老。
gjp111
茨城県つくば市にある合資会社 浦里酒造店 の霧筑波(きりつくば) 大吟醸 本生 斗壜囲い。
うーん、まいっちゃうなぁ。
初めて飲むお酒ばかりですが、どれもウマイ!
しかも、どれも味わいが違う!(当たり前か)
ほんと、奥が深いですねぇ、お酒の世界は。
ビバ、日本酒。
gjp112
こちらは、枝豆としらすのちらし寿司。
日本酒は、食事をしながら飲むのにピッタリのお酒だなぁ。
gjp113
うーん、これは、蕎麦がきのコロッケ。
初めて食べましたがこれも、スゴく美味しかった。
gjp114
茨城県筑西市にある来福酒造株式会社 の来福(らいふく) 純米大吟醸 別誂 播州愛山 二割九分磨き。
もうスゴいですね。
ってゆーか、この頃には、結構酔っ払ってて…逆に、もったい無いくらい美味かった。(…たぶん)
gjp104
都屋漁港よりクルキンマチの洋風ユッケ仕立て。
紫玉ねぎと大葉が入ってて、味は塩とオリーブオイルのみだそうです。
もちろんお味は、日本酒にジャストミート!です。
gjp115
こちら、嬉しそうにお酒を注ぐ店主夫妻。
さすがほろよい酒場だけあって、ボクも店主もホロ酔いです。
えーっと、こちらは、大分県臼杵市にある有限会社中野酒造の裏ちえびじん 純米吟醸うすにごり生酒。
もうすっかり茨城のお酒ではなくなっていますが、いいんです。
日本酒話で盛り上がっちゃいました。
gjp116
このお酒も美味しかったな。
今度、買ってみよう!
(…っていうか、ここのお店に飲みにいかないといけないですね。失礼!)

しかし、料理もお酒もどれも美味しかったです。
がじろう飯店、恐るべし…あ!しまった。
でも、まぁ、店主の写真も出しちゃったし、いいか…。

そうです、この日の会場は、がじろう飯店 。
茨城のお酒を堪能させていただきました。
美味しいお酒、たくさんあるじゃありませんか!茨城県。
がじろう飯店さん、やっぱり「茨城の酒と美味しいおつまみ料理コース」をメニュー化するべきだと思いますよ、絶対!

読谷で美味しい日本酒とそれに合う美味しい料理を食べたい方は、ぜひともがじろう飯店へ!
茨城のお酒だけじゃなく、全国各地から店主好みのお酒を取り寄せているようだから、きっと美味しいお酒にであると思いますよ。
レッツトライ!