どうも、キタローです!
昨日(11日)は、北窯の窯出しでした。
なんというか…やっぱり、どんな感じで焼きあがってるのか気になったんでちょっくら行ってきました(笑)
kgk171201
行った時間がちょっと遅かったんですが、共司工房はまだ灯りがが点いていたので覗いてみると、共司さんがひとりで作業をしていました。
kgk171203
お皿やマカイ等の小物は、陶器市用にもうダンボールに詰めてスタンバイしているということで、比較的大きなものだけが工房の中に置かれていました。
「なかなかいい出来だったよ!」と、共司さん。
kgk171202
なかでも、この抱瓶(型の花器?)は、自信作だそうです。
なるほど、立派な抱瓶で形も素晴らしい!
kgk171205
ボク的には、こちらのハンドゥ(半胴)が気になるなぁ。
振り返ってみると、去年も同じようなこと言ってます…
kgk171206
何はともあれ、共司さんのこの笑顔を見れば、今回の出来がわかります。
陶器市楽しみだなぁ。
kgk171209
そして、與那原工房へ。
與那原さんは、ちょっとなぁ…って言っていましたが、こんな感じの良いブルー出てました。
kgk171207
かわいらしい蓋物。
向こうの方には、お皿や鉢がたくさん並んでいました。
kgk171208
このへんは、定番のシリーズって感じですね。
ポットやカップに角皿。
ペルシャの感じもいいんじゃないでしょうか?
kgk171210
この三段重ねの重箱みたいなやつ、いいなぁ。
この辺のモノは、ちょっとスペシャル感がありました。
kgk171211
こんな感じで工房の中には、陶器市用のヤチムンが所狭しと並べられていました。
欲しい器もいくつか…。
北窯は、陶器市に向けて会場の準備やなんやかんや慌ただしくも、なんだかお祭り前のワクワク感にあふれていましたよ。
これは、宮城工房や米司工房も気になる…それにしても、待ち遠しい!
kgk171212
そして與那原工房の一角では、お約束の宴会が、始まっていました。
kgk171213
コキュのゆっこの妹、ふゆさんの差し入れを手に笑顔の與那原さん。
いい笑顔。
楽しそうです。
そして與那原工房の夜は更けていく…。

今年の陶器市は、12月15日金曜日から17日日曜日までですよ!

◆ やちむんの里 陶器市
  開催日 2017(平成29)年12月15日(金)〜17日(日)
  時 間 9:00〜19:00
  場 所 読谷山窯、北窯、次郎窯、横田屋窯(やちむんの里エリア一体の特設会場) 
  問合せ 読谷山窯売店 098-958-4468
      読谷山窯北窯売店 098-958-6488