どうも、キタローです!
この間の強戸窯訪問の際に いくつかお気に入りのヤチムンを持ち帰ってきたので、ご紹介しちゃいます。(まぁ…自慢ですな。)
gdc01
まずひとつ目。
こちら、珪石入りフリーカップ。

gdc011
器の形、サイズ感、珪石入の質感、そして釉薬の雰囲気といい、実にいい感じです。
卵型っていうか、コロンとした形は手にもった時に収まりがいいです。
gdc012
下から見るとこんな感じ。
小さいながら高台もあります。
よく見ると、高台の中にも釉薬が掛かっています。
直径8.5 cm、高さ9cm。
gdc02
次に、こちら。
ちょっと大振りな丸湯呑(?)
gdc201
これもコロンとした雰囲気。
しかし、形がいいんだよなー。
こちらは、少し高めの高台つき。
釉薬が掛かっているところと、掛かっていない所のバランスがいいですね。
gdc202
内側にも白い釉薬がかかっています。
海鼠釉みたいな感じが素敵です。
10cm、7cm。
gdc3
最後はこちら。
飴釉が渋いコーヒドリッパーです。
横から見るとこんな感じ。
gdc301
真上から見た感じ。
茶系の釉薬がコーヒーには合いますね。
穴は、普通の陶器製とかのやつは3つ穴や1つ穴なんですが、小さな穴が沢山空いているタイプです。
これだと市販のフィルターは合わないように思いますが、底のほうを潰してセットしてみるとコレがなかなかいい感じに濾してくれます。
前に使っていた某有名メーカーのやつより、美味しいコーヒーがでてきてビックリ。
gdc302
下の方から見るとこんな感じ。
白い釉薬が掛かっています。
この飴釉と白い釉薬のバランスもいい感じです。
上径11cm、下(外)径9cm、高さ7cm。

◆ 強戸窯 島村憲市
  所在地 群馬県太田市北金井町556番地1
  電 話 080-6552-3039