どうも、キタローです!
Gala青い海で開催された、読谷やちむんと工芸市 に行ってきましたー。
gyki1801
最終日午後4時過ぎの工芸市は、一息ついた感じで、程よいまったり感がありましたよ。
(実は、この写真のぼりの「やちむん市」を見せたくて、写真をひっくり返してます。)
gyki1802
とはいえ、天気は上々。
気分も上々。
ピクニック気分で、早速会場をパトロールしました。
gyki1803
なんとも爽やかな日和。
芝生の感じもいいですね。
gyki1805
この工芸市のいいところは、海がすぐそこに見えるところですよね。
ちょっと傾きかけた太陽の光が眩しい…。
gyki1806
といったところで、恒例のチャリティーオークションが始まりました。
オークショニア は、知る人ぞ知る、NS氏。
2月やちむん市の仕掛け人で、あちらのチャリティーオークションもずっと仕切ってます。
でも優しいので、無理に値を吊り上げたりしないので、ステキなやちむんが格安でゲットできたりします。このオークションのファンの方も多いと思います。
gyki1807
というところで、今回、ボクが気になった工房はというと…。
まずは、こちら。
沖縄県琉球ガラス製造共同組合のブース。
gyki1808
最近なんだか気になっている「Glass Art 青い風」の商品が格安で出品されていました。
商品は、だいぶ少なくなっていましたが、まだまだステキなものが残っていましたよ!
なので、悩む悩む…。
gyki1809
次に、ヒネモスノタリ
瀬名波に工房があります。
最近、こちらの器がなんだか気になるボクです。
さすがに商品は少なくなっていましたが、やっぱり、気になるものがいろいろとありました。
gyki1810
特に気になったのが、この鳥の絵が描かれたピッチャー。
ちょっと、ゆんたんざ鳳 に似てるとこが読谷ぽくもあります。
(実は、この後すぐに売れちゃってました …涙)
gyki1811
そして、こちら、てぃぬひら工房
渡慶次にある山田和男さんの工房です。
gyki1813
この波型(雲形?)がいい感じだなぁ。
なかなかオシャレです。
それに軽いんですよね。
使いやすそうです。
gyki1812
こっちのマグカップもシブいなぁ、と思ってみてると、奥の方に一個だけストライプ(麦藁手?)のカップが残っているのを発見。
お!コレは…なんだか気になる。
結果、波型(雲形)紋のカップもいいがこっちもいいなぁ、と悩んじゃうことに…。
どちらを選んだのか?
…それは、また改めてご報告します。

読谷やちむんと工芸市。
第13回目の今回も、盛況のうちに終了したそうです。
良かった良かった。
ボク的には、この工芸市は若手の登竜門的なポジションでもあるのかなぁ、なんて思ったりします。
比較的ゆっくり(他に比べて)見れるし、作り手とお会話をしながら購入できたりするので、いろんな発見があって楽しいイベントだと思います。
周辺の眺めもステキだしね。
終わったばかりですが、早くも来年が楽しみだな。