どうも、キタローです!
日曜日の午前中、海の近くで開催されている工芸市 に行ってきました。
gyki1901
この工芸市は、比較的のんびり見ることができて、造り手の方ともお話ができるのがいいとこだと思います。
gyki1902
犬の散歩がてら参加する方もいました。
のんびり感がいいですね。
gyki1903
さてさて、今回、ボクが一番気になってて一番最初に向かったのが、こちら深貝工房。
gyki1904
ご覧の通り、いい感じの器がいろいろとあるじゃありませんか。
gyki1905
中でも、この蝶々のように見える紋様をがコバルトと飴釉で描かれたお皿が、気になりましたよ。
gyki1906
形や釉薬の感じ、そして紋様の雰囲気…どれもすごくいい感じのマカイもありました。
gyki1907
そしてこちらは、毎回チェックしている山田和男さんのてぃぬひら窯。
gyki1908
独特の雰囲気を醸し出しています。
gyki1909
ボクが好きなシリーズは、この雲(波?)の紋様のシリーズ。
クールです。

gyki1912
こちらは、與那原さんのところで修行をしたいた、ホープ奈美さんのブース。
gyki1913
この鎬(しのぎ)のシリーズが、彼女の代名詞みたいなものですね。
gyki1914
こういキュートな一輪挿しもあったりして。
gyki1915
シンプルで清潔感があるし、いい感じのクラフト感もあって、いろんな場面で使える器だと思います。
揃えて使ってみたいですね。
gyki1916
会場の適度な賑わい感やサイズ感が、いいですね。
gyki1917
その他に、会場で気になったものをいくつか…こちら、金城定昭(あき陶器工房)のきれいな形のチューカー(土瓶)。この色使い、この紋様は、定昭さんって感じですね。
gyki1918
仲間陶房のつややかな器。
このマグカップの形、いいですね。
gyki1920
この濃いコバルトと緑釉の点打ちの感じ、ステキでした。
gyki1921
工芸市というだけあって、やちむんだけではなく琉球ガラスのブースもありました。
こちらは、Gala青い海の中に工房を構える RYUKYU GLASS WORKS 海風 のカップ。
作品名は「SANSET OF ZANPA」…残波の夕暮れ。
ステキじゃないですか。
シビレちゃうなー。
gyki1922
そして、こちらの小鳥の形をしたガラスの一輪挿し。
うるま市に工房を構える、ガラス工房てとてと の作品なんですが、キュートすぎです。

とまぁ、今年も、いろいろ良いものを発見することが出来ました。
で、今回ボクは、何をゲットしたのか…欲しいものはたくさんあったんですが、さすがに全部はムリですよねー。
ということで、そのへんのところは、今度、改めてご紹介(自慢)しちゃいますよ。
では、また!