キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみたんをみーぐるぐる。読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)が勝手にウキウキウォッチング!?

2017年02月

どうも、キタローです!
やちむん市記念自慢シリーズ第2弾は、姉妹(双子!)で器作りをしているという工房双子堂さんの器。
現在は、大湾に工房がありますが、以前は、今帰仁で工房を開いていたそうです。
まず、双子堂の器を見て最初に思ったのは、
ん、北欧の陶器?
まるでスティッグ・リンドベリみたいなだなぁ、ってことですね。
ヤチムンは、北欧の家具や雑貨にもなかなかマッチするよなぁということは、常々思っていましたが、この器と読谷というギャップにちょっとビックリしました。
ちょっとビックリはいたしましたし、いろいろなご意見もあると思いますが、いいじゃないですか、コレはコレで。
fgd1
こちら、7寸(約21センチ)のお皿です。
ベージュがかった白地の上いっぱいにのびのびと沖縄の自然をモチーフとした絵柄が描かれています。
なかなかキュート。
木は、ガジュマルかな?
読谷山焼とも壺屋焼とも違いますが、様々なバリエーションの焼物(やちむん)があって、いろいろな選択肢があるのは良いことだと思うな。
使う人の生活が豊かになる器のつくり手が、たくさん増えていることはうれしいですね。
しかし、双子堂という工房の名前は、何となくミステリアス。

Facebook
沖縄CLIPさんの記事
※ スティグ・リンドベリの参考に

どうも、キタローです!
いよいよ来週の土日は、読谷やちむん市ですねぇ。
ということで(…強引)、
しばらくの間、特集ってことで今回の出展者の皆さんのもので私が所持している品をご紹介しちゃいます。(…自慢シリーズ)
やちむん市で商品を選ぶ際の参考にでもしていただければ!と思ってます。
さて、第1弾は、瀬名波の山城窯、山城尚子(やましろ・しょうこ)さんの器です。

ysg3
ジャーン!そしてこちらが、ボクが一目惚れしたピッチャーです。
(キャンプの時期だけに、野球の話と思われた方、スミマセン。)
高さは、25センチ位です。
こげ茶色した円錐形ボディの下の方から、シュッと刷毛目が伸びています。
色合いもきれいで、ほんとスッとした出で立ち。
これは、惚れちゃいますよね。
山城さんは、イッチンがとても上手だと思います。
もう一つ好きなのが、ゴーヤー紋。
ysg2
こちらは、3.5寸の比較的小さなマカイ。
緑がかった呉須でゴーヤーの輪切りが描かれています。
ysg1
見込みにも、ゴーヤーの輪切りが!
ゴーヤーの絵柄というと何だかファンシーな感じになっちゃいそうですが、
しっかりこなれた感じで、甘すぎず 、まるで伝統的な絵付けのようです。 
きれいな器の形や絵付けを見てもらってもわかると思いますが、
山城さんは、次郎窯の宮陶房で修行をされたそうです。
伝統的な技法をさらっとじょうずに使いこなしている感じがします。

伝統的なものづくりに新しい感性を吹き込む。
良く使われる言葉かもしれませんが、
山城さんは、まさにそれを実践しているよなぁ、ってつくづく思います。
白いイッチンの丸紋や唐草のマカイとかも、すごく良いし好きなんだよななぁ…。
もちろん、今年も狙っていますよ!
皆さんも、ぜひ。

◆ 第24回読谷やちむん市 

どうも、キタローです!
役場の商工観光課が発行している、知る人ぞ知る名作「旅とヤチムン」を持って
ちょっと出かけてきます。
tbtym2
「旅とヤチムン」は、読谷のやちむんをいろんな角度から紹介したガイドブックみたいなものです。
ネット版もありますよ
気になる方は、読谷役場商工観光課に問い合わせてみるといいかもしれません。

読谷村ゆたさむら推進部商工観光課
  098‐982‐9216

どうも、キタローです!
とあるところで、発見してしまいました。
わかりますか?
toyos1
コレ、サガン鳥栖のエースストライカーにしてNEWキャプテン、ふくらはぎの太さがハンパない豊田陽平選手のスパイクですよ!
しかも、右足側には「読谷村2017年もありがとうございます!豊田陽平」のメッセージ、左足側には「11番のサイン」が!
近くにいた関係者(?)に聞いてみると、「あ、豊田選手がキャンプ終了日に使ってたスパイクにサインをして、お礼の気持ですってくれました」ということでした。
さすがっすね。
よく見てみると、近くにはヴィッセル神戸の選手のサイン入りユニフォームもありました。
あーなんか、キャンプに読谷を選んでくれたチームや選手にこんな風に感謝されると、嬉しいし、誇らしい気分になっちゃいますね。 
今年のJリーグ、両チームの活躍を期待してますよ。
サガン派、ヴィッセル派、いろいろあると思いますが、どっちも頑張れ!
来年のキャンプも大歓迎でお迎えしちゃおーっと。

どうも、キタローです!
この間、まーさむん小路をのぞいてみると、新しいお店がぞくぞくとオープンしてるじゃありませんか!
クリビツ!(…ふるっ)
mms02142
こちらローストチキンの店、大将Jr.。
なんと宜野湾の人気店割烹大将さんが読谷進出です。
mms02143
店構えは、こんな感じ。
チキンロースターが、鎮座しております。
mms02144
そして、本日のおすすめとかもあるんですね。
この日は、あつあつおでん(!)。
いいっすねぇ、お酒とかもあればさらに…。
ローストチキンプレート、ハンバーグプレートも気になります。
今度、食べてみよう。
mms02145
こちらは、ズバリ、となりのおむすびやさん。
mms02146
各種おむすび(おにぎり)が、100円均一!
日替わりのおそうざいや豚汁もあるんですね。
おむすびパックと豚汁のセットが450円というがオトクそうで気になります。
mms02141
そして、さらに新たなコーヒー屋さんが出店準備中。
試飲させてもらいましたが、かなりイケましたよ!
こちらお店で焙煎もするそうです。
ペーパードリップとエスプレッソ。
なかなか本格的ですわ。

とまぁ、まーさむん小路のブースもほぼ埋まったきた感じですね。
たしか、残り2つ…どんなお店がくるんでしょう。
楽しみだなぁ。

どうも、キタローです!
来週開催される、今年の読谷やちむん市のチラシをゲットしました!
ボクも、毎年楽しみにしてます。
yi171
第24回を迎えるんですね、やちむん市。
毎年、2月の最終土日に開催されていて今年は、来週末の2月25日土曜日と26日日曜日に開催されます。
場所は、恒例となりましたゆんた市場前広場。
時間は、両日とも午前10時から午後7時まで。
そして、お楽しみにしている方も多いと思う、やちむん市名物チャリティオークションは、午後3時スタートだそうですよ!
午後には出品されるやちむんが並べられるので、事前にチェックして狙いを定めるのはもはや常識ですね。
yi172
今年の参加工房は、30工房。
残念ながら今回は、常連だった十鶴やコキュは参加しないようですが、それでも人気の工房が多数出店します。
しかし、何がスゴいって、コレ、全部村内の工房だってことですよね。
現在、村内には、60以上(!)の工房があるそうです。
ほんと、やちむんの里の名前は過言ではないですね。
いつか村内全工房が参加する「やちむん祭り」が開催できたらいいなぁ、なんて個人的に思ってます。
年々ボルテージがアップしてきているやちむん市。
今年もきっと大盛り上がりなんだろうなぁ。
人気の工房の作品は、初日の午前中に売り切れちゃう場合もあるのでお気をつけて!

詳細は、こちらでご確認ください!

どうも、キタローです!
ただいま残波岬方面がホットな感じになってます。
今週末には、沖縄セブンズ2017が開催されるのをはじめ、
残波岬いこいの広場Ti-da33 では、新店長のげんきがいろいろ企んでるようなんです。
現在、メニューを一新するためにいろいろチャレンジ中らしく、試作品の試食会にお呼ばれしました!
t33m1
こちら、タコライスの試作品。
っていうか、ほぼ完成でしょう。
タコミートにきっちり味付けされていて、ぐじゃぐじゃにしていただきます。
ミートは、幸地社長のレシピだって。
うん、なかなか美味い!
辛い系のソースをお好みで追加できるようにするといいかな。 
t33m3
次、ボーンバーグ。
ちょっとビックリ。ギャートルズ(古っ!)的なお肉に見えますが、牛肉100%のハンバーグです。
しかし、骨は豚のものだって。
ふむふむ、こちらもなかなかイケますな。 
骨を掴んでがぶりつけるともっといいんだけど。 
t33m2
やんばる若鶏のソテーのハーブ添え(?)名前はうろ覚えですが、コレ一番好きなやつでした。
しっとり柔らかく焼かれてて、ジューシー。 
t33m4
ラグーソースのスパゲッティ(肉のせ)。
こちらも美味かった。
そして一緒にでてきたアーサのスープが絶品でした!
このスープもメニューにいれてもいいかも。

料理には、結構ハーブが使われていたけど、それを自家製にする計画のようで、現在ハーブ畑を作っているそうです。
それって、なんかいい感じ。

いただいたメニューは、これからもう少しブラッシュアップしていくってことなんで、楽しみだなぁ。
値段設定のほうが気になるところですが、カジュアルなお値段で提供されるなら通っちゃうかも。
なかなかクオリティ、高いと思いましたよ。
t33fs1
ところで、料理だけではなくレストランの前のスペースにこんなものを作っていました。
まだ完成していませんが、なんだ、コレ?
げんき店長は、「焚き火とかBBQとかできるところッス」と言っておりましたが、どんなふうになるのかキョーミシンシン。
t33m5
※追加
 げんき店長情報によると、暫定メニューが完成して提供を始めたそうです。
 値段設定は…思ってたよりちょっと高めな感じだけど、味と雰囲気で勝負ですね!

どうも、キタローです!
今日は、寒かったのでラーメンでも食うか!ということで麺屋はちれんに行ってきました。 
hr01
最近、読谷にもラーメン屋さんが増えてきましたが、ここはその中でも老舗になりますね。
ボクは、随分前に一度行ったきりなんで…どんなふうな味だったか忘れてしまいましたが、美味しいラーメンだって評判なんで、楽しみ。
hr04
美味しいと評判だけあってはちれんは、読谷では珍しい行列のできる店と聞いていましたが、案の定かなりのお客さんが並んでいました。
hr09
店構えは、良く言えばちょっとレトロ風で老舗感満載…あくまで良くいえばだけど…。
入り口と出口が一方通行風で、独特です。
hr05
駐車場は、きちんと確保されていましたよ。
でも、やっぱり路上駐車が多いんですねぇ。
人気店ゆえの悩みなんだろうなぁ。
そして、気になる張り紙が!…それは、あとでじっくりと。
hr07
食券機で食券を買って待っていると、30分くらいで中に案内されました。
店内は、7人掛けくらいのカウンターと座敷にテーブルが3つ。
20人ちょっとで満杯って感じですね。
hr08
そして、今回頂いたのがこちら。
辣醤(らーじゃん)めん!
エビラー油をつかった激辛ラーメンと説明にありましたが、そんなに辛くなくて、どっちかっていうと旨辛かな。辛さもちょうどいい感じで美味い!
チャーシューも美味い。
麺を食べ終えると底のほうに、干しエビが3匹くらい沈んでいました。
何となく嬉しいかったりして。
これは、行列ができるのもわかるなぁ。
実は、つけ麺が一番人気のようなんで、次はつけ麺を食べよう。
hr03
で、問題のこちら。
なんと、はちれん、移転しちゃうんですね!
しかも、あの地域振興センターに!
これって、けっこうビックニュースじゃありませんか。
しかも、FMよみたんも入っている3階の西側に設けられているカフェスペース!
眺め最高のとこですよ。結構広さもあるし。
駐車場の問題や、行列もある程度、解消されるんじゃないかなぁ。
地域振興センターの集客力も上がって、1階のまーさむん小路にも波及効果がありそう。
なるほどなるほど。
hr06
そして、3月の新装オープンに向けてスタッフも大募集していました。
人気ラーメン店のスタッフ…忙しいだろうけど充実しているんだろうなぁ。良くわかんないけど。
未経験者大歓迎…何だかちょっと応募してみたような気になります。
しないけど。
hr02
新店舗での営業は、3月上旬の予定なんですね。
このレトロな、ある意味趣のある店舗で食べられるのは、2月20日までだそうです。
うーむ。
新店舗に移って、味がどう変わるのか、変わらないのか…。
確かめるためにも、それまでに、つけ麺食べにいっとかなくちゃ。

麺屋はちれん 
 住所 読谷村字喜名458番地の3(2月まで)
    読谷村字喜名2346番地11(3月移転後)
 電話 098‐958‐6471

どうも、キタローです!
ただいま平和の森球場では、ドラゴンズのファームがキャンプ真っ最中ですが、
球場では、ドアラの等身大パネルがお出迎えしてくれます。
 (顔出しパネルではありません…)
ccd1
パネルにもありますが、ドラゴンズの今年のスローガンは、原点回帰〜ゼロからのスタート〜なんですね。
昨シーズンは、最下位だったもんなぁ…。
心機一転、原点に立ち戻って、ってことですね。
頑張れドラゴンズ!

ということで、2月12日の日曜日に、小笠原2軍監督をはじめドラゴンズの選手の皆さんの歓迎交流会が、地域振興センターで開催されるそうですよ!
昨年までは、牛一頭丸焼きパーティーという名前で村役場の中庭で開催されていたそうですが、今年から趣向を変えて地域振興センターでの開催となったうようです。
ドラゴンズファンの読谷村民なら誰でも参加できるようなので(定員あり)、参加したい!って方は、役場の商工観光課(☎982−9216)に問い合わせてみてはいかがでしょうか。 

ところで、ドアラの靴のラインは、「ド」になっているんですねぇ。新発見。

どうも、キタローです!
来週、読谷村ではビッグイベントが開催されます。
オリンピックの正式種目にもなっている7人制ラグビーの国際大会
OKINAWA SEVENS2017(!)
os171
残波岬にある残波岬ボールパークで、日本を含む世界5カ国が集まって開催される、女子7人制ラグビーの大会です。
こりゃちょっとした事件ですよね。
リオ五輪で金メダルを獲得したオーストラリアをはじめアメリカ、フランス、オランダのチームがやってくるんだから。
今回は、各国とも東京オリンピックを見据えて若手主体のチームになりそうですが、それでもテレビでしか観たことのない世界トップクラスのプレーが間近にみれるってゆーのはスゴい。
リオ五輪で感じたけど、7人制のラグビーってラグビーのフルコートを使って半分の人数でやるからスピードがハンパない。抜かれたらすぐに失点に繋がるのでスリリング。試合時間も前後半7分づつなんで、観戦もするのも気楽だし、たくさん試合が観ることができる。
ラグビーってちょっと難しいかなぁって思ってる方でも楽しく観戦できるスポーツだと思います。

ちなみに、日本は、選抜Aと選抜Bの2チームが出場するそうですよ。
日本代表女子チームといえばサクラセブンズですが、彼女たちは残波のボールパークで合宿もしているし、いうなればホームみたいなものですからね、是非、いい試合をして優勝してほしいですね。

大会の詳細やスケジュールは、日本ラグビーフットボール協会HPに掲載されていますよ!
要チェック!

↑このページのトップヘ