キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみーぐる!読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)の個人的な目線で語っちゃいます!

2017年12月

どうも、キタローです!
いよいよやちむんの里の陶器市、始まりました。
tki17d101
とはいえ、なんだかんだと昼間の会場に行けず…。
夜8時過ぎに行ってみるとすっかり落ち着いていました…当たり前か。
共司工房でコーヒーに誘われて、こんな本格的なカフェラテをいただきました。
うーん、ラッキー!
共司さんに昼間の様子を聞いてみると、車の量も、人の数もハンパなかったって。
いやぁ、恐るべしですね、やちむん人気。
tki17d102
北窯の各工房をフラフラと回った、最後に與那原工房へ。
この日の出した商品は、ほとんど売れちゃったみたいで、やっぱりスゴい人出だったんですね。
一杯やりながらいろいろお話しましたが、最後は與那原さんを囲んで焼きもの談義。
今回の窯の自信作や面白い発見ものとかも見せてもらいましたよ。
tki17d103
コキュのゆっことか、吹きガラス工房 彩砂(るり)の小野田さんとかも興味深そうに與那原さんのお話を聴いていましたよ。
tki17d104
與那原工房で、この日、呑んだ酒は、長崎の普賢の夢。
なかなか手に入らないお酒だそうですが、コレは美味かったな!
陶器市だけど、会場の様子ややちむんとあんまり関係ない話題ですみません…。
やちむんの里の陶器市は、17日 日曜日までやっています!


◆ やちむんの里 陶器市
  開催日 2017(平成29)年12月15日(金)〜17日(日)
  時 間 9:00〜19:00
  場 所 読谷山窯、北窯、次郎窯、横田屋窯(やちむんの里エリア一体の特設会場) 
  問合せ 読谷山窯売店 098-958-4468
      読谷山窯北窯売店 098-958-6488

どうも、キタローです!
まいにち食堂 が、お店の名前をつけたそばをメニューに追加したという情報を入手。
これは食べてみなくちゃ!ということで、行ってきました。

mns17121202
まいにち食堂へは、県道12号線からこの道に左折。
(国道方面からだと右折。座喜味方面からだと左折です。)
奥の白いお大きなアパート(コーポすずかぜ)の1階に、まいにち食堂はあります。
mns17121201
芥子色の壁に木の窓枠とドアのまいにち食堂。
この写真だと、右手の奥のほうが県道12号線です。
mns17121203
さっそくお店の中に入って、着席。
注文は、もちろんまいにち食堂そばです。
今回は、単品で。
こちらのお店ご自慢スーチカー(炙ってあります)にゆし豆腐&アーサの3種の具が鎮座したそばなんですね。
三つの相性は抜群!ということなので、コレは楽しみです。
mns17121204
待っている間にお店の方が、いろいろなお酒でコーレーグースーを作っているのですがどれか試してみますか?といってくれたので、迷わず ジョニーウォーカー で漬けたヤツにしました。
ジョニ赤は、度数40度。
うーん、ウイスキーの風味もありながら、しっかりコーレーグースー。
泡盛で漬けたものより辛味が抽出されているような気がしましたよ。
入れ過ぎは、いろんな意味で危険なんで、少しだけにしたほうが無難です。
mns17121205
そして、きました、まいにち食堂そば。
うん、なるほど、なかなか堂々としたビジュアルですな。
mns17121206
色のバランスもいい感じですねー。
スーチカーのボリュームが嬉しいし、アーサと豆腐も合いそうです。
mns17121207
別皿で出された刻みショウガを乗せて、早速、食べてみました…こりゃ、ウマイな。
美味しいっす!
アーサの存在は、結構貴重ですねぇ。
なかなかの味と食感のバランスです。
ジョニ赤コーレーグースーもしっかり効いてるし。
mns17121209
あっという間に、完食。
美味かった!
毎日食べてもOKかも。
これは、誰かにオススメしたい食べ物が増えちゃったって感じです。
読谷に来たら、まいにち食堂のまいにち食堂そば。
ちょっと長いんで、まいそば

  住所 読谷村喜名390番地 コーポすず風1F
  電話 098-958-7250

どうも、キタローです!
昨日(11日)は、北窯の窯出しでした。
なんというか…やっぱり、どんな感じで焼きあがってるのか気になったんでちょっくら行ってきました(笑)
kgk171201
行った時間がちょっと遅かったんですが、共司工房はまだ灯りがが点いていたので覗いてみると、共司さんがひとりで作業をしていました。
kgk171203
お皿やマカイ等の小物は、陶器市用にもうダンボールに詰めてスタンバイしているということで、比較的大きなものだけが工房の中に置かれていました。
「なかなかいい出来だったよ!」と、共司さん。
kgk171202
なかでも、この抱瓶(型の花器?)は、自信作だそうです。
なるほど、立派な抱瓶で形も素晴らしい!
kgk171205
ボク的には、こちらのハンドゥ(半胴)が気になるなぁ。
振り返ってみると、去年も同じようなこと言ってます…
kgk171206
何はともあれ、共司さんのこの笑顔を見れば、今回の出来がわかります。
陶器市楽しみだなぁ。
kgk171209
そして、與那原工房へ。
與那原さんは、ちょっとなぁ…って言っていましたが、こんな感じの良いブルー出てました。
kgk171207
かわいらしい蓋物。
向こうの方には、お皿や鉢がたくさん並んでいました。
kgk171208
このへんは、定番のシリーズって感じですね。
ポットやカップに角皿。
ペルシャの感じもいいんじゃないでしょうか?
kgk171210
この三段重ねの重箱みたいなやつ、いいなぁ。
この辺のモノは、ちょっとスペシャル感がありました。
kgk171211
こんな感じで工房の中には、陶器市用のヤチムンが所狭しと並べられていました。
欲しい器もいくつか…。
北窯は、陶器市に向けて会場の準備やなんやかんや慌ただしくも、なんだかお祭り前のワクワク感にあふれていましたよ。
これは、宮城工房や米司工房も気になる…それにしても、待ち遠しい!
kgk171212
そして與那原工房の一角では、お約束の宴会が、始まっていました。
kgk171213
コキュのゆっこの妹、ふゆさんの差し入れを手に笑顔の與那原さん。
いい笑顔。
楽しそうです。
そして與那原工房の夜は更けていく…。

今年の陶器市は、12月15日金曜日から17日日曜日までですよ!

◆ やちむんの里 陶器市
  開催日 2017(平成29)年12月15日(金)〜17日(日)
  時 間 9:00〜19:00
  場 所 読谷山窯、北窯、次郎窯、横田屋窯(やちむんの里エリア一体の特設会場) 
  問合せ 読谷山窯売店 098-958-4468
      読谷山窯北窯売店 098-958-6488

どうも、キタローです!
先週の土曜日と日曜日の両日に開催された、KBCカップ第46回KBC学園杯争奪ラグビー祭り大会
(第17回中学校ラグビーフットボール大会)で読谷中学校と古堅中学校の合同チームが見事優勝したそうですよ!
yfjhsr101
やったね、素晴らしい!
2019年にはラグビーのワールドカップが日本で行われることになっていて、その事前キャンプ地に手を上げてる中、読谷の子どもたちがこういう風に結果を出すと益々盛り上がっていきそうですね!
おめでとうございます!

どうも、キタローです!
週末、友人や後輩たちと忘年会。
1次会居酒屋、2次会カラオケ、3次会ボーリング…といった、まるで大学生のようなヤングな展開におじさんは、もうヘトヘト。
…そういうことで、〆はサバ6へ。(何がそういうことかは、不問にしてください。)
sb617120801
深夜1時半、サバ6でサバ醤油そばを食う…美味し。
サバ節だよなぁ。
濃い味が染みるよなぁ。
呑んだ後は、こういうのいいなぁ。
ボソボソとつぶやきながら、友人Hとしみじみとすする醤油そば。

読谷でこの時間まで開いているのは、ほんとありがたいなぁ。
週末のサバ6の営業時間は、午前2時まで。
3時に行っても…食えません。
あと、日曜日から木曜日までは午後11時まで。
ご注意ください!

  所在地 読谷村字大木326番地6
  電 話 098−923-2408
  営 業 日~木・祝 11:30~14:00 18:00~23:00
      金、土・祝前日 11:30~14:00 18:00~翌2:00

どうも、キタローです!
現在発売中の おきなわいちば に北窯の米司工房の記事が掲載されているということで、早速購入してチェックしました。
oki6001
おきなわいちばといえば、”作る人と食べる人をつなぐ、暮らしと食のマガジン”として毎回面白い企画を特集しているんですが、おきなわいちばの最新号、vol.60 2017冬号のテーマは、ズバリ「料理のこと。」。
沖縄の食材や器を使った料理のことや、料理にまつわる様々な話題が特集されています。
oki6002
その28ページ目から(なんと!)見開き4ページで北窯米司工房の取材記事が掲載されています。
「弟子入りの条件は ずばり”料理”」(!)
へー、そうだったのか!
oki6003
おひりごはんの風景は、こんな感じのようです。
あの火鉢というか…囲炉裏風のテーブルを囲んでる写真が、いい雰囲気です。
今度、お昼に確信犯的に遊びにいっちゃおうかな…なんちゃって。
oki6005
記事では、お弟子さんたちが当番制でお昼ごはんを作っていること。
工房の全員で一緒に食べていること。
そして、そういう風になった(した)意味なんかが書かれています。
oki6006
少しだけ記事の中の米司さんの言葉を引用しちゃうと、
「同じごはんを食べて、言葉を交わして、相手のことを少しずつ知る。」
「他人に合わせることは、時にストレスかもしれませんが共同作業の場では、みんなが足並みを揃えなければならない場合があります。」
「お互いのことを知っていれば、バランスを取り合いながら、助け合えるはず。」
うーん、深いな。
そのへんのところの北窯暮らしの様子や共同窯に対する思い(!)みたいなものも分かるいい記事だと思います。(ボクが言うのもなんですが…)
是非皆さんにも手に取って読んでみて下さい。
他にもいい記事、てんこ盛りですよ。
oki6007

一時体調を崩した米司さんも、ご覧のとおりの大きな笑顔。
だいぶ体調も回復されたようで、何だか一安心。

おきなわいちば vol.60  2018 Winter  
  発 行 光文堂コミュニケーション株式会社
  価 格 680円
  ※県内書店、コンビニで絶賛発売中

どうも、キタローです!
現在読谷村内で展開中の よみたん夜あかりプロジェクト 。
ランタンフェスティバルとともに注目しているのが、昨年に引き続き開催される スタンプラリー !
yaps1701
ということで、今年のスタンプラリーは、こんなキュートな表紙のガイドブックが配布されています!(ココにもよみとんが!ほんと、働き者だなぁ…よみとんは。)

今年も、期間中にスタンプを3個集めると国内往復航空券(!)等の結構豪華な景品があたる抽選会に応募できる仕組です。
ちなみに、一人で何枚でもOKだそうですよ。
コレは、参加しなくちゃ!だよなー。
今回のスタンプラリー参加店は、106店。
スタンプを押せる条件は、店ごとに違うようなので、このガイドブックは必携ですね!
残波岬ロイヤルホテル、アリビラ、読谷村役場、地域振興センター、シナジースクエア、イオンタウンのマックスバリュ読谷店でゲットできるそうです。( WEB でも確認できます。 )
よーしどんどんスタンプを集めて、じゃんじゃん応募して、商品をゲットしちゃうぞ!

よみたん夜あかりスタンプラリー
  期 間 2017年12月2日-2018年2月12日
  場 所 村内106店舗
  抽選会 2018年2月21日 11時~ FMよみたん公開抽選会開催!

どうも、キタローです!
先日、テイクアウトでポークプレートを食べた 大湾の国道沿いにあるギリシャ料理KITCHEN58に、今度はイートインしようと思いたち、さっそく行ってきました。
k58201
こちらのお店は、国道58号沿い比謝にあって…村民だと、レオンの隣って言ったほうがわかりやすいですね。(逆に村民以外には分かりにくいか…)
まぁ、58号比謝付近で青と白のカラーリングのお店なんで、すぐわかると思います。
k58202
ちょっと年季の入った雰囲気のドアには、OPENのサインと、オススメの料理のイラストが!
ムサカギロ がオススメなんですね。
k58203
こんな、感じでアピールしていたので、もうムサカを注文することに決定です。
ムサカは、MOUSSAKAって書くんですね。
ムサカを注文すると、店主(たぶんギリシャ系のアメリカ人)が、上手な日本語で、普通はマカロニサラダとコールスローなんだけど、今日は、ギリシャ風のサラダがあるからそれにする?って言うので、迷わずお願いしました。
k58204
こちらが、そのサラダ。
k58205
食べてみると、ぶどう(!)が入ってました。
あとレンズ豆 も。
ドレッシングの酸味と葡萄の甘さがいい感じで、豆の食感も含めコレはかなり美味しい
k58208
そして、いよいよムサカ。
見た目グラタンみたいです。
付け合せには、パラパラのごはんと、野菜を炒めのようなものがついています。
k58206
見た目は、ナスやじゃがいも(?)とミートソースが層になってて、その上にホワイトソース(?)を乗せてオーブンで焼いてる…って感じです。
食べてみると…やっぱり、イメージはグラタンですが、気のせいかハーブ系の香りやスパイスの風味も感じられてちょっとエスニックな感じもします。
ほほー、コレがギリシャ料理なんですね。
もー何だか、ギリシャ気分ですわ。
ワインにも合いますね、コレは。
うん、美味しいです!
最終的には、付け合せのごはんや野菜を炒めたものとグチャグチャにして食べちゃいましたが、そういう食べ方も美味しかったです。(食べ方があっているかわかりませんが…)
k58209
はい、キレイに完食。
いや、初めて食べましたが美味しかったです。
k58118
そういえば、前に行った時にもらったこのカード(フライヤー)を見せたら、ドリンク1杯が無料でいただけました。(また、次回も使ってねって、返された。)
実質、ドリンク付きって感じですね。
k58210
ちなみにドリンクもお水も、こちらのたっぷり入る大きなグラスででてきます。
…嬉しいかも。
フライヤーは、ぜひともゲットですね。
食べたこと無いメニューが他にもいろいろあったんで、次は、また別の料理にチャレンジしてみよーっと。

ちなみにこちらのお店、予約もできるしパーティーもOKだそうです。
5人以上で予約すると、ビール450円のところを350円で提供するそうですよ。

  所在地 読谷村字比謝22番地2
  電 話 098−960−3151
  定休日 月曜日、火曜日[水~金]
  営 業 11:00〜15:00、17:00〜20:00(土・日 11:00~20:00) 
      ※予約で22:00まで営業

どうも、キタローです!
陶器市のチラシをゲットしました。
yti1701
いよいよ来週、やちむんの里周辺で開催される陶器市と年明け2月のビックイベント、読谷やちむん市の情報が載ってます。
陶器市は、今年から、読谷山焼窯&北窯に加えて、次郎窯と横田屋窯も正式に参加することになったんですね。
これで名実ともに、やちむんの里の陶器市って感じになりますね。
楽しみだなぁ。
しかし、ますます大混雑しそうな予感…。

あと、やちむん市は、2月24日と25日の開催が決定したんですね。
まぁ参加窯元・工房を含めて詳細はこれからだと思います。
情報ゲット次第、こちらでも紹介していきますよ!

でも、このチラシ、ちょっと地味な感じがしないでも…気のせいかもかな。
でも、イベント自体が大人気なんで、コレくらいがちょうど良いかも!
イェーイ。

どうも、キタローです!
ふと用事で行ったある施設の壁を見ると、またしてもよみとんが活躍していました。
働き者だなぁ、よみとんは。
ソレは何かといいますと、土日健診(聞いてみたら、土曜日とか日曜日にやる健康診査のことのようです。)のポスター!
dnk01
よみとんのお医者さんバージョンがイカしてます!
(でも、上はしっかり白衣にネクタイですが、下は…穿いてますよね?大丈夫?気になります…。)
そんなよみとんが、見る人に呼びかけてます。
「今年最後の、ラストチャンス!土日健診だトン!」って…。
最後のラストチャンス?
最後の?ラスト?チャンス…。
…いいえ、いーんです。それで。
最初のラストチャンス。
2回目のラストチャンス。
その後何度かのラストチャンスを経て、今度こそ、ホントに最後のラストチャンスですから!
そんな心からの魂の叫び…が聞こえてきそうです。
(すみません…ふざけるとこじゃないですね。)

えーっと…。
今年、ホントに最後の健診が、12月16日の土曜日に実施されるそうです!
テレビとかでも結構ながれていますが、沖縄ってメタボの人が結構多いにも変わらず、特定健診  の受診率が低いらしいですねー。
読谷もそんなに変わらないみたい。
健診とかで健康だってことが確認できればそれでOKだし、もし悪いとこがあっても早めに治療できるだろうから、それもOKですよねー。
ヒドくなってからだと時間もお金もかかるし、第一、気持ちもブルーになっちゃうもんね。
まだの方はぜひ!
ちなみにボクは、ちょっと頑張って人間ドックを受けましたよ。

◆ 読谷村今年最後の土曜健診
  日 時 12月6日(土) 受付 8:30〜11:00
  場 所 読谷村役場
  問合せ 098-982-9211(読谷村健康推進課)

↑このページのトップヘ