キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみーぐる!読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)の個人的な目線で語っちゃいます!

2017年12月

どうも、キタローです!
恒例の金月そばの年越しそば。
もちろん今年も行ってきました。
kttks1701
さすがの大人気。
読谷本店の前は、開店と同時に行列状態になっていましたよ。
kttks1702
それでも15分くらい待って、入ることができました。
今日は、年越しそばのみの販売でした。
どんなそばが出てくるか…ワクワクですね。
kttks1704
はい、来ましたー。
工房壱岐の赤い器でやってきた今年の年越しそば。
なんだかめでたい感じで、いいねぇ。
kttks1703
三枚肉に豆腐、ショウガにネギがのったルックス。
麺は、県産小麦2割使用で、ちょっと黒っぽい自家製麺。
澄んだスープが、もう美味そう。
kttks1705
食べてみると…やっぱり、ウマイなぁ。
麺の食感もグーだし、スープもちょうどいい塩梅です。
三枚肉もぐっとくるような味の染み具合でした。
何よりコレを食べなきゃ、年越し気分になりませんからね。
kttks1706
はい、スープまで一滴も残さず完食。
今年も、美味しかった!
いやぁ、満足です。
ごちそうさまでした。
kttks1707
タッキー、今年も美味しいおそばありがとうございました!
後ろの知花店長もお世話になりました。
来年もよろしくお願いしまーす。

今年もいよいよ終わりますね。
ブログを読んでくれた皆さん、1年間本当にありがとうございました。
読んでくれる皆さんがいることは、何ていうか…ボクにとってスゴい喜びです。
来年も、どうぞよろしくお願いします。

どうも、キタローです!
今日は、がじろう飯店の今年最終営業日。
そして、30日(みそか)de 300円ナイトの開催日です。
grh300yn02
これは、スペシャルデーとしてほぼ全メニューを300円で提供するという太っ腹企画。
さすがです、がじろう飯店!
grh300yn01
こちらが、イベント用のメニュー。
でもこのメニューだけじゃなく、グランドメニューもほぼ300円でした。
ちなみに、この日は、300円のがじ棒を購入して、必要な本数を商品と引き換えに渡すというシステム。
(舞い上がりすぎて、がじ棒の写真を撮り忘れました…無念)
grh300yn05
店内は、早い時間から予約のお客さんで満席に。(19時までの入店なら、予約OK!でした。)
やっぱ、そうですよねー。
grh300yn06
女性のお客さんが多いのもこの店の特徴でしょうか。
明るくて、美味しくて、安全健全なお店ですからね。
grh300yn07
で、まずはハイボールから。
うん、なかなかいい塩梅の濃さです。
うまいねー。
早くもハイテンション。
grh300yn03
こちら、ガイヤーン。(タイ風手羽先)
しっかり味が染みてて、美味しかったなぁ。
grh300yn04
こちらは、海南風ふわとろオムレツ。
添えたあるのは、パクチーです。
調子に乗って飲みまくったので、料理の写真はこれくらいしか…でも、たくさんいただいちゃいました。
grh300yn09
オススメ日本酒は、要2がじ棒。
いろいろと店主オススメの美味しいお酒が揃っていました。
grh300yn08
店主、ケンケン氏オススメの而今(じこん)純米吟醸。
三重県のお酒です。
コレ、旨い酒だよなぁ。
grh300yn10
気の置けない仲間と雰囲気のいいお店で、美味しいお酒と美味しい料理を頂けば、楽しくならないわけがありませんよね!
いやぁ、盛り上がりすぎてすっかり酔払ちゃいました。
いい飲み納めができました。(…31日もあるけど)
今年、一年、ごちそうさまでした。
また来年もよろしくお願いしまーす。

  所在地 読谷村字都屋261番地4
  電 話 098−988‐7272 
  営 業 18:00〜23:00
  定休日 日曜日

どうも、キタローです!
12月26日の沖縄タイムスに読谷村で作られたイチゴの話題が掲載されていました。
琉球新報の記事 は、ネットで)
bm101
(沖縄タイムス 平成29年12月26日9面)
その名も、Berry Moon(ベリームーン)。
昨年、日立キャピタルが村内で建設した植物工場で生産されたものだそうです。
bm102
暑さに強い特別な品種なんですね。
イチゴって生で食べるのも美味しいけど、ケーキとかアイスとかにも欠かせない感じですよね。
村内にも結構お菓子やパンの美味しいお店があるから、そこでこのBerry Moonを使った商品が開発されたらスゴくいいですねー。
入手した情報によると、発表会当日は、ISOLAジョワジョワ326 が試作品を披露したそうです。
うーん、食べてみたい!
新しい特産品になりそうな、Berry Moon。
コレは、楽しみですね。
ちなみに、ゆんた市場で購入できるそうですよ。

どうも、キタローです!
例の鳥玉 の隣に、前にチェックしていたコーヒー屋さんがオープンしていたので行ってきました。
szno01
セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ 。
イタリアに本部があるチェーン店みたいです。(Wikipediaでチェック
そう言われると、店構えやカップのデザインもイタリアっぽいように感じるなぁ…。
あ、名前にエスプレッソってありますが、コーヒーも各種あったしお食事メニューも結構揃っていましたよ。
アルコールもあるみたいです。
で、今回は、エスプレッソではなくて、レギュラーコーヒーをグランデ(410円)でいただきました。
次回は、やっぱりエスプレッソを、しかもダブルでいただこうかな。

セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ 沖縄読谷店
  所在地 読谷村字大湾34番地 シナジースクエアⅡ
  電 話 098-989-4444
  営 業 7:00 〜 24:00(L.O.23:30) 
  定休日 なし

どうも、キタローです!
ついこの間 行ったばかりの活味に、早くも再訪しました。
ktm17122701
青にオレンジ。
何だか元気な感じな暖簾。
いいじゃないですか。
ktm17122705
で、さっそくメニューを。
今回の目的は、何でしょうか?
そうです、それは…
ktm17122702
ジャーン!
こちら、とり天ぷら半そばセット(750円)でーす。
活味は、夜の居酒屋がメインなんですが、その人気メニューが、とり天だったことを前回忘れてました。なので、コレを食べるために再訪です。
ktm17122703
まずは、そばから。
半そばとはいえ、定食なんでこの量でも充分過ぎるくらいです。
センターに具をコンパクトにまとめて配置し、シンプルですが好ましい見た目ですね。
かつおの香りも良かったなぁ。
ktm17122706
食べてみます…ウマイねぇ。
なんというかオーソドックスですが、うまい!
( 細かい解説は、こちらのブログ が詳しいのでご覧ください。)
ktm17122704
はい、そしてこちらがとり天ぷら。
夜は食べたことがありますが、かなり美味かった記憶が…。
ktm17122707
はい、ポン酢をつけていただきます…ウマイ!
とり天といえば大分名物ですが、村内で食べることができるお店はそうはないと思います。(ボクは、知らないなぁ。あったらすみません。)
同じ鶏とは言え、唐揚げとはまた違う食感と味わい。
前回も書きましたが、こちらはごはん(白米)も美味しいので、ごはんと一緒にたべると…たまらんなー。
つまみとしても美味しいですが、おかずでもやっぱり美味しい。
ktm17122708
と、いうことでもちろん完食。
いやぁ、そばもとり天も美味かった!
このお店のファーストチョイスで間違いない思います。
これは、ぜひ多くの方にたべていただきたい逸品ですね。
ごちそうさまでした。

喰い処 酔い処 活味(かつみ)
  所在地 読谷村字楚辺1196番地1
  電 話 098-956-5909
  営 業 11:00~15:00、17:00~ 1:00
      ※夜ラストオーダー 0:00
  定休日 火曜日

どうも、キタローです!
12月24日のクリスマス・イブ、大湾東地区のモスバーガーと魁力屋のあいだに鳥と卵の専門店 鳥玉 がグランドオープン。
実は、21日と22日は、プレオープンで全品500円だったようですが、行けず…残念。
その後もいろいろありまして…本日、ついに行ってきました!
ttno19
「鳥と卵の専門店」と大きく看板を掲げております。
これは、自信の現れでしょうね。
ttno20
店頭には、人気ランキングが。
1位は、チキン南蛮ですか。
なるほどなるほど。
ttno01
お店に入ると、中央にコの字型のカウンター。
ttno02
右手には、テーブル席。
結構、奥の方まであります。
8つくらいかな?
ttno10
カウンターに着席。
こちらが、メニューです。
読谷店は、4店目の鳥玉なんですね。
ttno08
と、メニューをひらくと、鳥玉の卵が新鮮な理由をご紹介。
なるほど、そうなんですねー。
ttno07
こちらは、メニュー一覧。
コレは、迷うなぁ。
どれも美味しそう、親子丼もいいかなぁなどと思いつつも、結局…。
ttno06
やっぱりランキング1位のコイツをチョイスしました。
塩水漬け鶏もも肉のチキン南蛮。
定食で、税抜く880円。税込みだと、950円也。
ttno12
はい、来ました!
こちらが人気No.1のチキン南蛮。
(こちらに奇跡の卵巻きが付きます。お店が混雑してて、卵が少し遅れてました。)
ttno05
お店の中のあちこちに掲示されているこちら。
鳥玉の美味しい理由がすべて入っているのが、実は、このチキン南蛮なんですねー。
ttno11
ぷっくりした柔らかそうなチキンに卵たっぷりのタルタルソースがかかっています。
あ、間違いないって感じです。
ttno13
遅れて、届いた奇跡の卵巻き。
いくつかの種類から選ぶことができるんですが、この日は、柚子塩出汁をチョイス。
ごはんも、白米と五穀米から選ぶことができます。
汁物は、味噌汁か鶏出汁スープ。
この日は、白米と味噌汁にしました。(鶏出汁スープにすれば良かったと、少し後悔…)
ttno14
チキンがかくれるほどタルタルソースを付けて…ってソースっていうか、お店のおいうとおり、これだけですでにおかずです。
卵、多いなぁ。
ttno15
こちら、柚子出汁巻き玉子。
ふわふわ。
柚子の風味が効いてます。
美味しい。
ttno17
いやぁ、いろいろウワサは聴いていましたが、やっぱり美味かったなぁ。
しかも見た目以上にボリュームがあって、しっかり満腹になっちゃいました。
タルタルソースの卵の量が半端ないです。
ttno18
と、思ったら店内には、ご覧のように持ち帰り用のプラスチック容器が準備されています。
これは、食べきれずに持ち帰りを希望する方が多いってことですよね。きっと。
いやぁ、恐るべし鳥玉。
ごちそうさまでした!
次は、鶏もも肉の親子丼を…。

◆ 鳥と卵の専門店 鳥玉 シナジースクエア読谷店
  所在地 読谷村字大湾34 シナジースクエアⅡ 1F
  電 話 098-989-3288
  営 業 昼の部 11:00〜15:00 夜の部 18:00〜21:00
  定休日 なし

どうも、キタローです!
今年も、金月そばは、恒例の年越しそばをやっちゃうそうですよ。
kt17tk01
今年は、カツオ一番だしを使ったスープに沖縄県産小麦2割使用のおそばだそうです。
陶器市の時のあのおそば っぽい感じでしょうか?
あれ美味かったなぁ。
うーん、これは行かなくっちゃだわ!

◆ 金月そば 読谷本店
  所 在 地 読谷村字喜名201番地
  電   話 098-958−5896
  営業時間 火曜日から土曜日 11:00〜15:00
       日曜日 11:00〜16:00
  定 休 日 月曜日

どうも、キタローです!
劇団たんぽぽ が 文化センター鳳ホール で新春公演を行うそうですよ。
gtgt01
劇団たんぽぽって、名前だけは良く聞いたことがありますが、どんな劇団なのか知らなかったので、調べてみると創立70周年を迎える老舗の劇団なんですね。
全国で青少年向けの演劇の公演を行っているそうです。
その劇団が、鳳ホールでやってきます。
gtgt02
今回の、演劇のタイトルは「グリックの冒険」。
昔、アニメでみたことのあるガンバの冒険(ふるっ!)と原作者が一緒で、この作品にもガンバが出てくるみたいです。
へー…ちょっと気になるー。

只今、文化センター では、前売り券を絶賛販売中だそうです。
気になる方は、お早めにお問合せください。

◆ 劇団たんぽぽ『グリックの冒険』
  日 時 平成30年1月14日(日) 開演14時(開場13時30分)
  場 所 読谷村文化センター鳳ホール
  料 金 大人(高校生以上)前売 1,000円 当日 1,300円
      小人(4歳以上)   前売    800円 当日 1,000円
      親子券(前売のみ) 1,600円

  ※お問合せ先 文化センター(鳳ホール) Tel: 098-982-9292

どうも、キタローです!
陶器市で何かと盛り上がっている週末、用事があって陶器工房壹をのぞいてみると、壱岐さんが一人陶器市( 全品20%off )を開催していました。
iki171201
いやぁ、さすがですね!と壱岐さんに言ったら、
「向こう(やちむん里)が品薄になるとこっちまで来てくれるんだよね」とひと言。
おかげ毎年この時期はお客さんが多かったりするとか、しないとか…。
で、そんな陶器工房壹のギャラリーで気になったのがこちらのポット。
ちょうど、紅茶用のポットを探していたので(ちゅーかーを使ってました。)
これはもうジャストミート!
壱岐さんらしい、端正な形に微妙に緑がかったグレーの色合いがイキです。
iki171202
上からみるとこんな感じ。
上から見ても端正で、壱岐さんらしい。
壱岐さんって、見た目はコワモテ(すみません)で豪快!といったイメージですが、実は、繊細で美意識も高いんですよねー。
もちろん即ゲット!
iki171203
一方、こちらは、2月に取り置きをお願いしていたチチヌユー(月の夜)の按瓶。
すっかり、うっかり、忘れていて…10ヶ月経過後のお引き取り。
…ホントすみません。
こちらも、端正。
久しぶりに作ったって言ってたなぁ…10ヶ月前に。
こういうしっかりとした伝統的なものも作れるところが、壱岐さんの凄さだと思います。
いやぁ、なんか今月はやちむん月間になってしまったなぁ。
でも、満足。
てへへへ。
あ!そういえば陶器工房壹は、最近、ステキなホームページ が完成したそうですよ。
facebook とあわせてチェックしてみてくださいね。

  住所 読谷村長浜925番地2
  電話 098−958−1612

どうも、キタローです!
喜名の郵便局に用事があったので、ついでといってはなんですが、久しぶりに麺屋シロサキに 行ってきました。
ss171209
最近は、安定の美味しさだよなーとすっかり評判のシラサキ。
今日は、ラーメンにするかつけめんにするか…。
ss171201
と、悩みましたが、ここはスタンダードなつけ麺をいただいてみましょう。
(前回は、柚子つけめんだったんで…。)
100円増しの大盛りで。
ss171202
はい、きました!
こちら、豚骨鶏だしつけ麺大盛り。
ss171203
うーむ、麺がこんもりとしています。
このたっぷり感がたまりませんね。
ss171204
魚介の香りがただようつけ汁。
豚骨+鶏+魚介ですから、これは濃厚でしょう。
ss171205
中太でストレート(?)な麺。
たっぷりの麺をおはしですくってつけ汁へ…。
ss171206
温かいつけ汁をくぐらせて、つるつるーっと…ウ・マ・イ、な。
これは、ウマイッス!
いや、ほんと、読谷のつけ麺もこのレベルになってたんですねー。
今更ながら気付いてしまいました。
スミマセン、ほんと…。
しかし、麺、多いんじゃな?
大盛りは、麺が約300g。
通常200gのようなんで、約1.5倍なんですね。
そりゃー、たっぷり感ハンパないよなー。
ss171208
はい、割スープを頂いて(徳利で出てきます)つけ汁も含めて完食!
完成度の高いつけ麺の美味しさと、大盛りの満腹感で大満足。
いやぁ、読谷の麺業界(?)ちょっとスゴいことになっています。
どこに行こうか、悩んじゃうよなコリャ。(嬉しい!)

麺屋 シロサキ
  所在地 読谷村字喜名195番地
  TEL 098-958-2432
  営業時間 11:00〜15:00
  定休日 木曜日

↑このページのトップヘ