キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみたんをみーぐるぐる。読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)が勝手にウキウキウォッチング!?

2018年01月

どうも、キタローです!
今日(21日)の新聞に、ニンジンの記事が載ってました。
njnyt01
(沖縄タイムス 平成30(2018)年1月21日 9面)
沖縄県からニンジンの拠点産地に認定されたんですね!
読谷村にとっては、小菊、甘藷(さつまいも)についで3品目目だそうですよ。
(新報の記事はこちら。)
これまでも トリイ基地 の中の黙認耕作地などで結構作られていたようですが、読谷飛行場の跡地に整備された農地でニンジンが作られるようになって、飛躍的に生産量が伸びてきているようです。
紅芋(いも)との 輪作 で交互につくることで、いろんな相乗効果も期待できるそうです。
やっかいな芋の病害虫対策にもなるみたいですし…。
ニンジンは、ニンジンシリシリー なんかがパッと思いつくところなんですが、ペーストにして加工品としての可能性もあるみたいです。
この際、ぐっとくるような名前を付けちゃったらどうでしょう?
読谷紅いもならぬ、読谷ニンジン…いや、鳳(おおとり)ニンジン…読谷飛行場ニンジン?
飛行場ブランドで売り出すっていうのはどうでしょう?(…ダメか)
ニンジンを使って紅いもタルトみたいなヒット商品が開発されたら…ワオ!コリャ、マジ楽しみですね。
読谷村は、ニンジンでもガッチリ!?(どこかで聞いたようなフレーズでスミマセン)

どうも、キタローです!
この間、観光協会に事務所を覗いてみたら…。
ytmk01
なんと!新しいよみとんグッズがリリースされていました!!
何でしょう?
ytmk02
それは、こちらでーす。
よみとんマスコットキーホルダー!
もーかわいいヤツが、うようよいました。
お値段は、若干強気の980円也!
しかし、やっぱりキュートだなぁ。
チェーンのせいで少し意地悪な顔に見える(手前左側)よみとんがいるのが、面白い…。
ytmk03
よみとんマスコットキーホルダー。
ちょっと横幅が大きめなような気がしますが…まぁ、許す。
とりあえず、ひとつうちに連れて帰ることにしました。(しょうがない)

お求め、お問合せは、読谷村観光協会へ。

読谷村観光協会
  所在地 読谷村字喜名2346番地11 読谷村地域振興センター1階
  電 話 098-958-6494

どうも、キタローです!
先日の昼ごはん。
久しぶりに、あのお店に に行ってきました。
ym180101
はい、共販センターの読谷食堂ゆいまーる 。
この日も、お客さんでいっぱいでした。
ym180102
さて、今回は、行く前から食べたいものが決めていました。
さて、それはなんでしょう?
ym180103
それは、肉…いや、野菜肉そば。
600円。
ym180104
ジャーン!
来ましたコレです、野菜肉そば。
この写真では判りにくい(…ちょっと、失敗)どんぶりのサイズがデカイんです。
ym180105
普通(?)の沖縄そばの上に、たっぷりの野菜炒め(肉入り)が載ってます。
結構な迫力です。
さっそく、紅しょうがと七味唐辛子、そしてコーレーグースーをかけていただきます!
ym180106
こんな感じで肉のたっぷり入った野菜炒め。
普通の野菜炒め一人分が載っかっているように感じるボリュームです。
ym180107
そして、麺もたっぷり。
…っていうか、たっぷり過ぎじゃないの?って感じです。
しかし、コレがなかなか絶妙な味付け。
スープも美味いんだよなぁ。
これで600円ですから、コスパ、ハンパないですな。
全部食べるのは、ちょっと苦しいかなぁ…。
ym180108
とかなんとか言っちゃって、しっかり完食しましたー。
もちろんセットでついてくるフーチバージューシーもペロリと頂いちゃいました。
いやぁ、まんぷくまんぷく!
野菜肉そば。
このお店に行った時には、食べといたほうがいい逸品ですね。
カツカレーも美味いよ!)

読谷食堂ゆいまーる(読谷共同販売センター)
  所 在 地 読谷村字喜名2723番地1
  電   話 098-958−6719
  営業時間 11:00〜16:00
  定 休 日 木曜日

どうも、キタローです!
すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが…
サガン鳥栖の 読谷キャンプ限定グッズ が販売されているらしいですよ。
sgnycg1801
と、いいつつ…ジャーン!
恥ずかしながら、さっそくゲットしちゃいました。
昨年から始まった、サガン鳥栖の読谷キャンプ限定グッズ。
昨年は、サガンブルーがベースのタオルマフラーでしたが、今年はピンク基調のデザイン。
愛らしさが増した感じです。
sgnycg1802
読谷村の村魚(!)ジンベエザメとダイバー姿のよみとんがフューチャーされてます。
欲を言えば、来年は、ぜひウィントスもダイバー姿になって欲しい…。
で、気になる販売場所は下記のとおり。
明日から、毎週末、キャンプを行っている読谷村陸上競技場でも特設ブースを設けて販売するようです。

今回、限定120枚の販売のようなんで、気になる人は、早めにゲットしてください。
限定グッズは、他に”ミニのぼり読谷村キャンプバージョン2018”もあるよなんで、今度の週末はそっちを狙っちゃおうかしら。

◆ 販売場所
 ①沖縄残波岬ロイヤルホテル 1階ショッピングプラザ(沖縄県中頭群読谷村宇座1575)
  販売期間:1月15日(月)~2月6日(火)
  販売時間:7:30~23:00 

 ②読谷村陸上競技場 特設ブース(沖縄県中頭郡読谷村字座喜味2079番地1)
  販売期間:1月20日(土)・21日(日)・27日(土)・28日(日)・2月3日(土)・4日(日)・5日(月)
  販売時間:9:30~11:30、14:00~17:00 
 ※競技場での販売は、急遽変更となる場合があります。

どうも、キタローです!
今年も、開催が決定しましたね!
女子7人制ラグビーの国際大会、OKINAEWA SEVENS 2018。
15日に県庁で記者会見が行われたようで、沖縄タイムス、琉球新報の両紙に16日付けで記事が掲載されていましたよ。
w7ry1802
(沖縄タイムス 平成30年1月16日 17面)
こちら、沖縄タイムス。
カラーでバーンと掲載されていました。
w7ry1801
(琉球新報 平成30年1月16日 21面)
こちらが、琉球新報。
RBCのサイトには、ニュースの動画もアップされていました。
いやぁ、しかし国際大会ですからね。
しかも、2年連続の開催ですからね。
スゴいですよ!
新報の記事には、「…前回大会で参加国からグランド環境や地元のホスピタリティなどが好評だったことから、今回も同じ場所で開催されることとなった。」って書かれています。
なんか嬉しいですねぇ。
関係者の皆さんの努力の成果ですね。
ホント、素晴らしい!
さすがです。

今年は、日本代表2チームに、アメリカ、オーストラリアの前回参加国。
それに、カナダ、イングランド、ロシア、フィジー4カ国が新たに参加して、8チームで大会は行われるようです。。
ちなみに、2015−2016シーズンのワールドラグビーセブンズシリーズ(女子)世界ランキングで、オーストラリアが1位、カナダが3位、イングランド4位、アメリカ6位、ロシア7位、フィジーが8位、という錚々たる面々です。(日本は11位)
強化育成のための大会ということで、いわゆるトップチームではないかもしれませんが、世界レベルのプレーを間近で目にすることができそうです。
昨年も、ホントすごかったですから。
あっという間に攻守が入れ替わるスピードあふれる展開が15人制と違うところで、試合時間も短いのでラグビー関係者やラグビーファンだけじゃなくても、充分楽しめると思います。
もちろんボクも観に行きますよ。
是非、みんなで観戦に行きましょう!

この大会の期間中に、いろんな交流イベントも企画されているようですよ。
イベント参加の申し込み用特設サイトも開設されているようなので、そっちのほうも要チェックですね。

◆ OKINAWA SEVENS 2018
  開催日 2018(平成30)年2月24日(土)〜25日(日)
  会 場 残波岬ボールパーク( 読谷村字宇座1885番地 )
 ※対戦スケジュール等はまだ発表されていないようです。
  日本ラグビー協会 のHPを、要チェック!

どうも、キタローです!
本日、1月16日。
サガン鳥栖 のキャンプインセレモニーが行われるということで、読谷村陸上競技場 へ行ってきました。
st18sc01
サガンの読谷キャンプも今年で、6回目!
天気も良く、芝生の状態も上々です。
いいですねー、絶好のキャンプ日和です、コレは幸先いいですね。
石嶺村長からマッシモ・フィッカデンティ監督へ、澤岻観光協会長から吉田豊キャプテンへ花束の贈呈。
st18sc02
さらに!読谷のキャンプインセレモニーでは、村の特産品をプレゼントするのが恒例です。
今年も、たくさんの特産品がプレゼントされましたよ。
( サガンの公式HPのキャンプブログ )
まずは、観光協会の澤岻会長から、紅いもタルトのプレゼント。
よみとん、ココでも頑張ってますねー。
st18sc03
他にも、マグロとかオキハムグッズ、紅豚、農協の野菜、そして泡盛残波!とてんこ盛り。
今年は、マグロが生のマグロじゃなくて、マグロ人形になっていましたよ。
ちなみに、マグロ(人形)を持っているのは、丸刈り(!)にしている水野晃樹選手です。
あ!一番左端にちゃっかり、サポータ−ズクラブの伊波会長が…。
st18sc04
フィッカデンティ(フォッカと間違えといけません…オレか!)から歓迎に対して感謝も言葉がありました。暖かい気候と芝の状態にも満足しているそうです。
今年は、リアルにタイトルを狙います、という頼もしい言葉もありました。
うれしいですねー。
いやぁ、良かった良かった!
st18sc05
今年のサガン鳥栖読谷キャンプは、1月15日から2月6日までの23日間という長丁場。
トレーニングマッチ(練習試合)も、何回か行われる予定のようなんで、ホント楽しみです。
****************************
サガン鳥栖2018シーズンスローガン(公式HPのより)

ITADAKI(頂)

勝利を“頂戴”し
ファン・サポーター皆様の熱い声援とご支持を「ITADAKI」
スポンサー様のますますのご支援を「ITADAKI」

サガン鳥栖ファミリーが一岩となり
「頂」に向かって進んでいきたい

2018シーズン、筋書のないドラマを
サガン鳥栖と共に!

****************************
イェイ!
選手の皆さん、読谷で怪我なくいいトレーニングを積んで、今年は、まじでITADAKIを狙ってください!

◆ サガン鳥栖 読谷キャンプ
  会 場 読谷村陸上競技場(読谷村字座喜味2079番地1)
  日 程 2018(平成30)年1月15日(月)〜2月6日(火)
  ※練習スケジュールやトレーニングマッチの詳細については、随時 公式HP にアップするそうです。

どうも、キタローです!
車のタイヤがパンク…困りますね。
そういう時、頼りになるのがこちらです。
thm102
タイヤハウス マルキン。
波平の大当。
県道6号線沿いにあります。
診療所隣の十字路…クリスチャン・スクールに上がるとこ十字路といったほうがわかりやすいでしょうか?そのあたりにあります。(アバウトですみません。ただ、行けばわかります。)
thm101
村内には、車のパンク修理のお店(いわゆるパンクや~)は、現在ボクの思いつくところで2軒。
1軒は、58号沿いにあるお店で、もう1軒がこちらです。
タイヤの買い替えと違って、パンクって突然にやってくるから、身近にこういうお店があるとやっぱり助かりますよねぇ。
ガソリンスタンドでもやってくれるところがあると思いますが、こういう地元の専門店的な存在は、貴重だと思います。
thm103
パンク修理だけじゃなくて、タイヤハウスだけに新品タイヤも販売しています。
まぁ、在庫は限られていると思うので、特別なやつは注文になりそうですが…。
thm104
ん?あれ.タイヤだけと思いきや…ショーケースの中になんか、いろいろありますね。
気になります。
thm105
ということで、ちょっと事務所を覗いてみることにしました。
思いっきり手書きですな。
thm106
事務所の中を覗くと…おりゃりゃ、ミニカーだらけ。
あと古い瓶とかもあります。
thm110
別の棚には、オマケのやつを中心としたフィギュアも…。
thm107
店長の金城さんは、お昼ごはん真っ最中でした。
思わず「コレ、どうしたんですか?」と聞いてみたところ、
「あー、コンビニとかでコーヒーとか飲んだらついてくるヤツを集めてたら、いつの間にかお客さんも持ってきちゃったりして…こんなになってしまたさー」だって。
なるほどねー。
「せっかくだから、お茶でも飲んでいったらいいさー」と、缶のさんぴん茶とコーヒーをいただきました…恐縮。
なかなかフレンドリーな店長さんです。
thm108
天井から吊られていたソフビ人形を発見。
「これは…」
「あ、分からないの?コレは、キングジョー。オレ、金城だから」
「あ…そ、そうですか。」
なるほど、そうなんですね。
マルキンっていう店名は、金城の金に◯だったんですね。
人形は、昔、嘉手納にあったトイザらスで購入したそうです。
thm109
ということで、パンク修理だけではなく、ミニカーとかフィギュアとかも楽しめちゃう(売り物ではないそうです。)タイヤハウス マルキン。
今年で創業26年目だそうです。
愉快な店長(兼社長兼オーナー)もいるので、タイヤのトラブルや気になることがあったら、ぜひご利用ください。(実は、ボクも愛車のタイヤ交換をやってもらいました。)
ちなみに料金は、 
・パンク修理   1,000円〜
・タイヤ脱着      500円/1本〜
・タイヤ組み換え 1,000円〜
・バランス調整  1,000円〜
・廃タイヤ     500円〜
となっているそうです。
その他、車のタイヤに関することは、なんでもやっているようですので、気になることがあれば是非お問合せください!とのことでしたよ。

タイヤハウス マルキン
  所在地 読谷村字波平2427番地3
  電 話 098-958−1840
  営 業 8:30〜日の入りまで。(大体20:00くらい)
  定休日 日曜日

どうも、キタローです!
この間、JTAの機内誌を見てたら、読谷のやちむん家の記事が掲載されていました。
cw18010201
こちらが、その機内誌 Coralway 2018年1/2月号。
こちらの28ページから見開きで掲載されています。
cw18010202
やちむん家っていうのは、一般的な意味でのやちむんを作ってる家ということではなくて、屋号です。
座喜味城跡の裏手のほうに88歳の新垣栄得さんを筆頭に、3世代6人で窯を構えています。
ちなみに、栄得さんの叔父さんは、荒焼きの第一人者で現代の名工新垣栄用さんだそうです。
(栄用さんのシーサーもスゴい!)
cw18010203
でも、こんなふうに読谷の記事を見つけると嬉しくなっちゃうなぁ。
逆に勉強にもなるし。
たくさんの人に読んで欲しいです。
Coralwayさん、ありがとうございます!
cw18010204
しかし、三世代でシーサーを作り続けるっていうのは、読谷でも他にないですよね。
ボク的には、おじいさんの栄得さんおもっているシーサーが一番好みかな…。
しかし、なんだか微笑ましい写真。
いいなぁ。
優人さんの後ろの巨大シーサーも気になります。
cw18010205
栄得さんの三男で優人さんのお父さん光男さん。
実は、光男さん作品は、京都の清水寺にも奉納されているそうですよ。
スゴ!
身近なところでは、大湾交差点にある大型ビジョンの両脇に設置されている大きなシーサーも光男さんの作品です。
cw18010206
読谷でシーサーと言えば、ファーストチョイスは、やっぱりこちらでしょうね。
工房は、座喜味城跡の裏側の少し谷間になったところにあるんですけど、販売所はひょっこりと村道沿いに設置されています。
タイミングが会えば、工房の見学もできるかも?!
近くには、毎年早めに咲いちゃうあの桜の木もあります。(すでに七分咲になったました。)

やちむん家
  所在地 読谷村字座喜味789番地1
  電 話 098-058-6994
  営 業 10:00〜18:00
  定休日 日曜日

どうも、キタローです!
またまた、横断幕を見つけちゃいました。
sjs1801
読谷村植樹祭。
グリックの冒険も気になりますが、今回は植樹祭で。
今年の植樹祭は、読谷村役場の南側の広い空き地が会場なんですね。
あのあたりには、近い将来、新しい村立図書館の建設が予定されているらしいですよ。
図書館ができた時に、周りがキレイな緑に囲まれてたらいい感じかも。
ボクは、参加しちゃおうかなって思ってます。
実は、ボク、結構参加してるんですよね、植樹祭。
毎年、参加者にツツジとかハイビスカスなんかの苗木がプレゼントされるんです。
それが、結構目当てだったりして…。
まぁ、動機はどうであれ、土と植物に親しむ、いい機会だと思いますよ。
「緑豊かな村、未来へつなぐ緑よ育て!」がテーマの今年の植樹祭、皆さんレッツゴーゴーですよ。

◆ 第23回 読谷村植樹祭
  日 時 平成30年1月28日(日)9:00〜
  会 場 読谷村役場南側
  問合せ 読谷村 建設整備部 都市計画課 Tel: 098-982-9220

どうも、キタローです!
この間、ふと気付いちゃいましたが、あの琉花のサイン(看板)が新しくなってましたー。
ryukas03
青空と白い雲にマッチする爽やかなカラーリング。
いい感じです。
(思いっきり昼間のイメージですが…いいんです!)
ところで…前のやつってどんな感じだけっけ?
黒っぽかったような…。
ryukas01
(グーグルさん拝借させていただきました!多謝。)

と思って写真を探しましたが…無かったので、ネットをウロウロしていると、グーグルさんのストリートビューに写ってました!(2015年10月の画像)
あー、そうそう、そうでした。
赤いLEDの掲示板でした!
ryukas02
今回は、そういうエレクトリカルなやつじゃなくて、だいぶシンプルになりましたね。
うん、でもこっちのほうがいい感じだと思うなぁ。
ボクは好き!(って言われても…ですね。)
また、近々行かなくちゃだな。

割烹 琉花(りゅうか)
  所在地 読谷村字長浜1817番地3
  電 話 098-958-6639

↑このページのトップヘ