キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみーぐる!読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)の個人的な目線で語っちゃいます!

2018年06月

どうも、キタローです!
イベント毎に限定ケーキ繰り出してくる、ココソラおかし店。
父の日スペシャルのケーキが登場してましたよ。
kksch1801
それが、こちら!
その名も「ダンディパパ」(500円)!
ホワイトチョコムースの中にオレンジパッションジュレを入っているそうです。
底生地はダクワーズで髭はチョコレート、そしてマカロンの帽子をかぶってます。
kksch1802
16日(土),17日(日)の2日間のみの販売です。
今日も、昼過ぎにいったら、売れ行き好調で、残り少なくなっていました。
kksch1803
もちろん、無事ゲットしました。
父の日に、自分で買いに行くのもどうかと思いますが…いいんです!
思うところはいろいろありますが、美味しくいただきました。
ホワイトチョコムースの中の、オレンジパッションジュレ…絶品ですな。
明日(17日)も、限定で販売するそうです。
父の日のプレゼントにいかがでしょうか。
ダンディなパパにも、そうでもないパパにも喜んでもらえると思いますよ。

  所在地 読谷村字瀬名波678番地1
  営 業 11:00〜19:00
  定休日 火曜日、水曜日
  電 話 098−987−8713

どうも、キタローです!
先日、たまたま地域振興センター(CSC)に行ったら衝撃的なものを発見しました。
jbkdb01
それがこちら。
ジンベエザメ顔出しパネル!
いやぁこんなものがあったなんて、なんというアメイジング なことでしょう!
隣には、よみとん(ほぼ実物大人形)もいます。
jbkdb02
「よみたんそんの村魚です〜ジンベエザメ」とPRしつつ、ジンベエくんとダイバー2人の計3箇所も顔出しできるようになっています。
コレは、いいですねー。
顔出しパネルマニアの方には垂涎の撮影スポットになるのは、間違いない!ですね。

※一人では撮影困難なので、誰かと一緒に撮りにいきましょう。

◎発見場所 読谷村地域振興センター1階ホール。FRY−ya 前あたり。

どうも、キタローです!
昨年、読谷に工房を構える十鶴、志陶房それに名護の室生窯が参加して 東京の表参道界隈を騒然とさせたやちむんイベント、OKINAWAN 3rd WAVE が今年も開催されるそうですよ。
o3w18ss01
2年目の今年は、『 SOUTH SWELL(南からのうねり)』と題し、3工房のやちむんや関連グッズを含めた前回以上の品揃えで開催するそうです。
十鶴のドクロとかピーナッツとかコーヒー豆がデザインされたシャツや各工房の絵柄をモチーフにした手ぬぐいとか…ちょっとだけ見せてもらったんですが、コレが実にナイス!
しかも、今回は野外開催!(6月23日と24日)
そして、昨年に引き続き十鶴の康助や志陶房の太志、室生窯の谷口先生が上京して、手売り(笑)するそうですよ。
まさにミニ「やちむん市」!
これが徐々に大きくなって、読谷やちむん市 in TOKIO とかになっちゃたりして…なんてね。
東京近郊に住んでるやちむん好きの皆さんにぜひ教えてあげたいイベントです。
でも、昨年の様子を思い出すと…今年もスゴイことになっちゃいそうだなぁ。
整理券の配布もあるようなんで、気になる方は こちら をチェックしてくださーい。

SOUTH SWELL OKINAWAN 3rd WAVE
  開催日時・場所 2018 年 6月23日(土)〜 6月24日(日)  渋谷キャスト広場 ※11:00~17:00
                6月30日(土)〜 7月  1日(日)  JOURNAL STANDARD 表参道

どうも、キタローです!
うっかりしていたら、こんな素敵なイベントが開催されているようです。
oyajirgt01
琉球ガラスの海風 プレゼンツ ”すべき全てのオヤジに捧ぐ オヤジロック(グラス)展”。
うーむ、ナイスなネーミング!
ポスタービジュアルもオヤジ心をくすぐるし、Facebookを覗いてみると気になる作品がてんこ盛りのようだし…。
これは、オヤジとしては観に行かねばなりませんね。
よーし、今度の週末、レッツゴーだ。
(オヤジじゃなくても全然OKだと思います。)

◆ オヤジロック(グラス)展
会 期 2018年6月9日(土)〜 6月24日(日) 9:00 〜 18:00(無休)
    ※入場無料、 
会 場 Glass Art 青い風 沖縄県読谷村字高志保915 Gala青い海内
電 話 098-958-2000

どうも、キタローです!
何かと気になっていた瀬名波の昂和水産。
なんだかんだと行けてなかったんですが、晴天の日曜日の夕方、ようやく行ってきました。
kws201
さすがオープンしたてとあって、のぼりがやなんかが色々とはためいていました。
kws203
こちらが、店舗正面。
入り口の様子です。
浮世絵風の波の絵がイカしてますね。
いかにも水産物のお店っぽい雰囲気を醸し出しています。
kws204
お店の中に入ると、正面に昂和丸の大漁旗が!
聞いてみると、このお店は漁船を持っている水産会社の直営店のようです。
本社は、糸満だそうです。
kws205
イカプレス焼だけではなく、刺し身や、海鮮丼、天ぷら、イカのすみ汁なんかも販売していました。
海鮮丼は、大小ありましたよ。
イカプレス焼きは、大700円、小500円。
ちなみに、このお店、テイクアウト専門です。
kws206
こちらが、注目のイカプレス焼き 。
イカがプレスされてペチャンコになっています。
午後4時過ぎに行ったので、少し品薄感がありますが、早い時間だったもっと置いてあると思います。
kws207
ソデイカ(セーイカ)のプレス焼き、小500円。
小でも、結構なサイズです。
kws208
こちらは、イカの姿を留めた形でプレスされちゃった、トビイカ 。
ソデイカより小振りなんで、350円。
ソデイカもトビイカも、お店でカットしてくれます。
kws209
加工品もおいていますが、糸満漁港直送の刺し身もありました。
大盛りは、1パック1,000円。
小さめのパックは、3パック1,000円でした。(1パックだと、380円)
お店の人によると糸満では、マーマチ、読谷では、イラブチャーが人気だそうです。
(たしかにそうかも…)
kws210
こちら、イカ飯(イカ入り炊き込みごはん)のおにぎり。
1個180円。
なかなかうまそうです。
おにぎりじゃない、パックのイカ飯は、400円でした。
kws212
レジ前には、ホットなかまぼこ串や天ぷらが。
いもカボチャ天もありました。
kws213
レジの奥は、一段上がってて部屋があって、そこが厨房になっています。
kws214
今回は、ソデイカとトビイカのプレス焼き、両方買っちゃいました。
見た目はトビイカが可愛かったんですが、食べると肉厚のソデイカに軍配が上がるような気がします。
まぁどっちも、ビールや泡盛のつまみとしては最高ですけどね。
プラパックの包み紙が、手書き感満載でなかなかキュートでした。
イカの吸盤が多いところが、少しだけシュール。
kws202
今度は、イカの唐揚げとイカめしにチャレンジしてみようかな。
定休日と営業時間は、ごらんの通り。

◆ 株式会社 昂和水産
  所在地 読谷村字瀬名波702番地1
  営 業 11:00 〜 20:00
  定休日 木曜日
  電 話 098-800-2664

どうも、キタローです!
金月そば が食べたくなって、喜名の金月そば読谷本店へ。
ktts18061001
実は、ボクが一番好きなのは坦々そばなんですが、最近はお店の名前を冠した金月そばに浮気(?)ぎみ…。
と、いうことで(何がということなのかわかりませんが…)金月そばの大を注文しました。
しばらく待って出てきた大は、デカ!
なかなかのボリュームです。
ktts18061002
金月そばの金月そば(ややこしい)は、ソーキが別皿。
ktts18061003
厚揚げ豆腐と三枚肉、青ネギ、生ショウガがトッピングされてます。
麺は、今年リニューアルされたやや太めの麺。
見た目もいいですねー。
ktts18061004
青ネギがパラパラと振りかけられた炙り軟骨ソーキが、與那原工房(たぶん)の皿に鎮座してます。
コレがまた、絶品なんですよねー。
ktts18061005
出汁がうまい具合に絡むように計算された、自家製麺…ウマイ。
出汁も、ウマイ。
いやぁ、まいったまいった。
ほんとにこいつは、トレビア~ンだなぁ。
そして、満腹です。
ごちそうさまでした!

◆ 金月そば 読谷本店
  所在地 読谷村字喜名201番地
  電 話 098-958−5896
  営 業 火曜日から土曜日 11:00〜15:00
      日曜日 11:00〜16:00
  定休日 月曜日

どうも、キタローです!
スーパー丸大波平店 近く、話題のあぶさん がオープンした3階建てのビル。
おぢさん世代には、ソノリテ(スナック)が入っていたビル(!)で解ると思うのですが…。
その2階になにやら気になる看板を発見!
mb101
それが、コレ。
MENとBARの間に、ラーメン的なイラストが…。
いわゆる MEN'S BAR のようでもあるし、麺が食べられる、リアルな麺バーかもしれない…。
mb102
入り口がこちら。
赤いのドアが何だか艶めかしい。
おっと!
ドアの上のMEN(麺マーク)BARの表示の左下に小さく泡盛残波のマークが!
やはり、お酒は提供しているようです。
中に入って…と、思ったのですが、お楽しみはまた今度ということで今回はここまで。
次回は、謎を解きにいきますよ!
乞うご期待。
(引っ張っぱちゃってすみません)

◆ MEN BAR
  所在地 読谷村字波平1070番地1 2F
  電 話 未確認
  営 業 未確認
  定休日 未確認

どうも、キタローです!
伊良皆の県道6号線沿いで目につく黄色の下地に赤でAPの文字の看板。
apw1801
そうです、そこが読谷村内有数のスポーツ店「スポーツプラザAP」その店です。
(数えるほどしかないんですが…2店?)
そのAP。
店主の伊波フンミン氏が、大のサッカー好き。
なのでやはりワールドカップの年には、店頭のショーウインドウにこのようなものが張り出されます。
apw1802
そう、ワールドカップ優勝予想表。
フンミン氏のロシアワールドカップ の優勝予想は、メッシ擁するアルゼンチン!
確か、前回準優勝国ですねよ。
(ちなみに、ボクはドイツの連覇予想です…どうでもいいですね。)
で、その予想表の中に、見慣れない国を発見してしまいました。
それは…グループBにいます。
apw1803
GROUP B。
ポルトガル、スペイオン…ス、スペイオン!どこ?!
宇宙の国ですか?
なんとなく強そうな気がします。
未知の国をワールドカップに…さすが、フンミン社長!
ボクの予想では、この国、グループリーグを突破して結構いいとこまで行きそうな気がします。
皆さんも、自分の目でチェックしてみてはいかがでしょうか?

◆ スポーツプラザAP
  所在地 読谷村字伊良皆360番地
  電 話  098-957-1751
  営 業 10:00頃〜20:00くらい
  定休日 日曜日(時々佐賀出張有り)

どうも、キタローです!
波平の丸大のところに、気になるお店がオープンするということで、早速初日に行ってきました。
abs101
こちら、もつ焼 あぶさん 。
浦添から読谷に移転オープンだそうです。
ようこそ、あぶさん!
abs103
もつ焼き、串揚げ、串焼き、1本90円から!
いやぁ、待ってました!って感じのお店です。
abs104
そして、なんとオープンから2日間は、串焼き、串揚げが1本30円でした。
うーむ、これは嬉しい。
早速入店。
abs105
すでに結構お客さんがいましたが、無事カウンターに着席。
さっそく、メニューをチェック。
こちら表サイド。(たぶん)
串盛り合わせ(内容おまかせ)は、通常10本で900円ですが、この日はオープン記念で、300円!
この日は盛り合わせのみだったので、迷わず、串焼き10本、串揚げ10本を注文。
abs106
こちらは、メニュー裏サイド。
ドリンクは、ひととおり揃ってますね。
オリオン生が、350円。
残波の黒が、ボトルで1,500円。
なるほどなるほど。
あと、麺・ごはん物が、結構充実しているところがいいですね。
abs107
こちら、厨房。
背中を向けている黒いTシャツの方が、大将です。
手前の彼は、良く似ていますが、違います。(たぶん息子さん。クリソツ)
abs108
店内の様子、テレビあります。
W杯とかここので観るのもいいかも!
abs109
入り口入って左側の壁際には、赤いチェックのクロスのテーブル席が4つ。
そして、気になるのがセンターにある赤のドラム缶席。
座りもいいんですが、ここで串を片手に立ち飲みとか…結構いい感じかも。
abs110
入り口入って右側には、大きなテーブル席もありますよ。
詰めれば8人くらいOKなんじゃないでしょうか?
あと、カウンター席に、10人くらい大丈夫です。
abs111
その大テーブルが2つ。
くっつければ、結構な人数(15名くらい?)が一緒に飲めます。
会社の飲み会とかにも使えそうですよ。
abs112
と、なんだかんだと店内チェックをしていたら、来ました串揚げ&串焼き。
abs113
こちら串揚げ。
んー、揚げたては、見ただけで衣がサクサクしている感じで、うまそうです。
abs114
こちらは、串焼き。
塩とタレが選べますが、今回は、塩で。
abs115
串揚げといえば、ソース。
ちゃんと準備されています。(当たり前か…)
もちろん、ご存知だと思いますが、漬けるのは1度だけです。
強面の大将が「オレは、たいがいのことは許すけど、2度漬だけは許さないからな!」っておっしゃってました。
コレは、黙って従うしかありません。(笑)
しかし、揚げも焼きも、ウマイ!
しま作ともまた違う感じ。
こういうお店は、これまで読谷にはなかったかも。
abs116
飲み物は、一杯目はもちろんビールで。
しかし、2杯目は、なんとなく気になっていたこちら…あぶさん限定、残フリー(※ホッピー類似品)を試してみることに。
おじさん限定では、ありませんよ!(う、オヤジギャグがでてもうた)
「本物より本物 !!」のコピーにシビレました。
abs117
でやってきたのは、こちら。
ジョッキの中で残波が凍ってまして、そこにオリオンのクリアフリーを注ぎます。
それが、それこそが、残フリー!
ちなみに、中身のことを残波シャリキンというそうです。
シャリキーンと凍った残波のことらしいです。
…ボクは、スキですね。
abs118
その日のオススメメニューは、テレビ横のホワイトボードに書き込まれています。
結構充実しています。
都屋漁港直送のお刺身メニューもありました。
abs119
そちらから、本日の青菜にんにく炒め(お約束の食べかけ…)をチョイス。
この日は、チキナー(からし菜)でしたが、これが美味かったなー。
abs120
串揚げ、串焼きをたっぷりいただきました!
が…。
abs121
やっぱり、ということで、追加で串焼き(タレ)5本盛を注文。
タレもなかなかイケますな!
abs122
というあぶさん。
この日は、開店初日ということもあって浦添時代の馴染みの方から興味津津の読谷村民まで続々とお客さんがやってきたので、早々に退散。(と、いっても結構食ったけど…)
大将も面白い方だったし、近いうちに再訪したいお店です。

もつ焼 あぶさん
 所在地 読谷村字波平1070番地1
 電 話 090-1858-5063
 営 業 ランチタイム 11:30 〜 14:00
      居酒屋 17:00 〜 24:00

↑このページのトップヘ