キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみたんをみーぐるぐる。読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)が勝手にウキウキウォッチング!?

2019年11月

どうも、キタローです!
皆さん、コレが何かご存知でしょうか?
nlc113001
…そうです。
何を隠そう、11月30日(つまり明日)の ナオキ屋LIVE のチケットなんです!
「俺、大丈夫?」ナオキ屋ピンチ…などのナオキ屋お得意のあおり文句が目を惹きますが、実際、どうなんでしょう?
ただ、ハッキリ言えることは、ボクの手元に10枚あるという事です。
ボクは、なんてラッキーなんだ!(泣)

さあ、伝説の目撃者になりたい方、あるいは、ナオキ屋と一緒に夢を見たいという方、今ならまだ間に合います!

君もチケットをゲットして、めくるめくナオキ屋ワールドに溺れちゃってください。
なおチケットですが、本日時点で腐るほど…もとい、まだまだ若干数残っているようです。
でもでも、油断してたら、売り切れちゃうかもよー。(個人的見解)

※あ、買い忘れてた!とか、急に行きたくなっちゃった!いう方はナオキ屋のfecebook に耳寄りな情報が…。
以下、ナオキ屋facebookから引用
********************
#電飾おじさん

84日目
宣伝活動
今日は自宅からがじろう飯店まで
歩いて3分で終了〜

ライブまで
とうとう明日!

ここに↓
メールしてもらえば
ticket@naokiya.jp前売り価格で
ご入場できます
名前、枚数、連絡先を
記入してご送信ください
*******************
さぁ、迷わずススメ!

 日 時 2019(令和元)年11月30日(土)17:00 開場、18:00 開演
 会 場 ミュージックタウン音市場3F
 料 金 一般:前売り2,000円(当日2,500円)
       高校生以下:前売り1,000円(当日1,500円)
     小学生以下無料
    (身体障害者手帳をお持ちの方は前売り&当日1,000円)
     ※全席自由・要1ドリンクオーダー
     ※車椅子の方は同伴者一人無料
プレイガイド イープラス(ファミリーマート)、ローソンチケット(Lコード:82045)
 連絡先 090-0784-0585(島袋)
 共 催 ミュージックタウン音市場

 

どうも、キタローです!
大将の気まぐれメニュー攻撃が止まらない感じのあぶさん 。
大衆酒場から、お酒も飲める大衆食堂へと進化(?)しちゃうのではないかという、ご常連のY氏の発言もあながち外れていないのではないか、ともっぱらの噂です…なんちゃって。
absm101
そんなあぶさん大将が、 魯肉飯(ルーローファン)の新バージョンを作ったというので、いてもたっってもいられず…行ってきました。(笑)
absm103
はい、こちらです。
今回の魯肉飯は、肉ゴロゴロタイプ。
肉々しいルックスがステキです。
absm102
味わいのほうも、バッチリ八角の香りが漂う本格派。
ただ量が、半端ないので満腹確定です。
この半分の量でもOKかも。(もちろん完食したんですけどね)
absm105
そして、さらに別の日。
別のやつ作ってみたからと連絡があったのでいってみると、今度は鶏肉飯(チーローファン)。
鶏肉飯は、鶏の胸肉を茹でたものを細かく割いてご飯の上にのっけたものなので、お肉自体はほとんど味がついていませんついていません。魯肉飯に比べるとかなりあっさりめな味わいになります。
なので、上からかけられているソース(?)が味の決めてになります。(たぶん)
absm104
あぶさんのは、ネギと調味料を熱した鍋でさっと混ぜ合わせたピリ辛のネギソース的なものがかけられていたんですけど、コレが絶品。
レモンが添えられているところなんかも気が利いています。
豚と鶏、どっちが好きか?って言われるとホント困ってしまうんですが、どっちも美味しいのでのでどっちも好きです。(笑)

◆ 
もつ焼 あぶさん
 所在地 読谷村字波平1070番地1
 電 話 098-959-5649
 営 業 ランチタイム 11:30 〜 14:00
     居酒屋タイム 17:00 〜 24:00

どうも、キタローです!
10月に琉球新報にすっぱ抜かれたナオキ屋電光掲示板疑惑(?)ですが、今度はついに沖縄タイムスにも…。
nkynpok19111301
2019(令和元)年11月13日 沖縄タイムス 21面 
これで、県内2紙に電光掲示板を背負ってライブをPRする様子が掲載されたわけですから、話題作りとしてはある意味大成功ではないでしょうか!?
別の言い方をすれば、県内の大手2紙が、揃いも揃ってナオキ屋のたくらみにまんまとハメられたというか…。(いやいや)
しかし、9月から街頭PRを始め、10月に新報に記事がのり、11月のこの時期にタイムスに取り上げられた段階で、チケットの売上2ケタって…2ケタって、10枚から99枚の間ですよね?
ある意味、効果があったのか無かったのか非常に判断が難しいところではあります。
とりあえず、1,100は4ケタなんで、なんというか…頑張って欲しい。
ガンバレ、ナオキ屋!
ということで、ただいま、ナオキ屋 LIVEのチケット絶賛販売中!だそうです。
全国の幹事さん、ナイキ屋ライブで忘年会企画とかいかがでしょうか?(ライブ以外の食事、ドリンク、会場別。各自ご手配ください。)

 日 時 2019(令和元)年11月30日(土)17:00 開場、18:00 開演
 会 場 ミュージックタウン音市場3F
 料 金 一般:前売り2,000円(当日2,500円)
       高校生以下:前売り1,000円(当日1,500円)
     小学生以下無料
    (身体障害者手帳をお持ちの方は前売り&当日1,000円)
     ※全席自由・要1ドリンクオーダー
     ※車椅子の方は同伴者一人無料
プレイガイド イープラス(ファミリーマート)、ローソンチケット(Lコード:82045)
 連絡先 090-0784-0585(島袋)
 共 催 ミュージックタウン音市場

どうも、キタローです!
ちょこっと見学に行ってきましたよ、東アジア唐芋友好ワークショップ in よみたん
hakyw1001
正直な感想を申し上げますと、「芋は世界を繋げる!」ですね。
「芋で世界が繋がる」と言ってもいいかも。(これが芋づる式ってやつ?…違うか)
これほどまでに芋をキーワードにして東アジア各国の皆さんが、熱く議論を交わす。
しかも、互いにリスペクトして。
素晴らしいじゃないですか!
日本語を中国語や韓国語に、あるいは中国語や韓国語を日本語に通訳しながらワークショップが行われたわけですが、鳳ホールに、3カ国(4カ国?)の言葉が飛び交う光景は、なかなか刺激的でした。
ボクなんか、「芋んちゅサミット」と名付けちゃいましたよ。(あくまで個人的な見解)
全部に参加できなかったのは残念でしたが、こういう会議が地元で開催されるのは、非常に貴重な機会だと思うな。
誘致した関係者の皆さんは、いろいろ大変だだったと思いますが、こういう文化的だったり産業の活性化につながるようなコンベンションの誘致(しかも内容が読谷らしいし)素晴らしいと思います!
今後にも、いろいろ期待しちゃいますね。

どうも、キタローです!
この間、ふと西の空を見上げてみたら、ステキなグラデーションが。
sy191101
写真をパチリと撮ったら、夕焼けにススキ。
瀬名波にも(もちろん読谷にも)、確実に秋の気配が…っていうか、あと2週間もすれば師走なんですけどね。
何となくセンチメンタルになる、瀬名波の夕焼け。
11月のマジックアワー。

どうも、キタローです!
リウボウで開催されている、壹岐さんたちのコラボ展 に行ってきました。
iswm1901
タイトルは、壹岐幸二(陶)☓下地康子(染織)weve motion…ん?
た、たしか、wave motion…だったのでは。
なんて、ちょっとした間違い探しもあったりして。
iswm1902
会場の7階の美術サロンです。
外から見ても、なんかシックな雰囲気でステキでしたよ。
iswm1903
先程の間違い探し…正解は、wave motion、ですね。
iswm1905
工房壹の通常ラインと違う、スペシャルな器がラインナップされていました。
iswm1906
こんな、ぐい呑とかいいですね。
この辺、壹岐さんの美意識炸裂ですよね。
侘び寂びです。
iswm1907
酒器。
変形の片口とでもいうのでしょうか。
お酒が、ちょうど1合くらいが入るサイズ。
いいなぁ。
iswm1909
こちらは、イッチンのポットとマグカップ。
このシリーズは、多分、この展示会の向けて制作された新作だと思います。
iswm1911
白土のイッチンの上のコバルトが乗せられています。
伸びやかなハンドルとイッチンの質感にコバルトの色合がいいですねー。
どこか、外国の古い器のようにも見えるな。
iswm1908
ペルシャの小さな平皿に、人気の ミンタマシリーズ のリム皿。
iswm1910
この花器。
形は、竹の花入れのようですが、絵付けがモダンでクール。
もし、うちに茶室か床の間があれば、ぜひとも
iswm1912
壷と壹岐幸二。(笑)
iswm1913
ペルシャの壷。
花器ですよね。
いや、酒器でもいけるのか。
大嶺工房出身らしい、壹岐さんのペルシャ。
ステキな発色です。
iswm1914
壹岐さんの器と、下地さんの染織物。
「染織と陶のコラボ展は通常バランスが取りにくく避けがちなのですが、やっちゃん(失礼)作品との相性の良さは以前より感じていて、お話をいただいた時にはふたつ返事で快諾しました。」
と壹岐さんも Facebook に書いていたけど、沖縄県立芸術大学 の1期生で同期の2人の作品は、異なるジャンルだけど違和感なく収まっていて、相性はバッチリだと思います。
iswm1915
さて、素晴らしい作品の並ぶ会場で、ボクが気になったのが(奥の不思議な角度で立っている花器も、もちろん気になりましたが)…手前に写っているこちらです。
iswm1916
そう。
この、GUSHIKUと名付けられた作品。
読谷村民なら、座喜味城跡の城壁?と思っちゃうくらい馴染みのある見た目。
陶器工房壹のギャラリーに長い間展示されていたこの作品が、今回のコラボ展に満を持して投入されたのは、壹岐さんが首里城の火災による消失に心を痛め、何かアクションを起こしたいと思ったからに他なりません。
iswm1917
壹岐さんの男気、さすがです。
ボクが行ったときにはすでに売約済になっていました。
(実は、ボクも狙っていたんですけど…)
そういえば、県立芸大は、首里城のお隣にありますから、思い入れも一際強いのかもしれませんね。
iswm1919
こちらは、下地康子さん(織工房URIZUN)の作品。
iswm1920
ボクが、良いなーって見入っちゃったのがこちらのストール。
色合いといい、風合いといい、実にステキでした。
男女の区別なく、使えそうですしね。
うーん。
悩みまくって、断念しましたが…やっぱり欲しいかも。
というボクの煩悩は置いといて、陶も染織も素晴らしい作品が揃った素晴らしいコラボ展でした。
こういう双方が刺激し合うようなコラボ展、定期的に開催して欲しいなーって思いました。
iswm1904
ということで、最後にお願いして同期の2人の写真をパチリ。
2人ともステキな笑顔じゃないですか。
壹岐さんが、なんとなく照れてる感じが微笑ましいですね。

どうも、キタローです!
ポスター週間4日目。
今日のポスターはこちらです。
nkyl1130p01
ナオキ屋LIVE 11.30 with ナオキ屋バンド@ミュージックタウン音市場
ナオキ屋、今年もライブするんですね。
昨年は、年の瀬も押し迫った中で開催 しちゃったわけですが、今年は、常識的な日程(?)での開催となったようです。
し・か・し、今年は会場がチャレンジング!
なんと、収容人数1,000オーバー(1,100人)の ミュージックタウン音市場 だと。
(本人曰く、冗談じゃないよ!って…ポスターもタ◯ちゃんマン風)
や、やっちゃったか?…ナオキ屋。
い、いや…逆にさすがと言うべきか。
読谷の誇るスーパースター(しかしまだ、鳳ホールを満杯にしていないんですけど…)やることが、想定外です。
現在、会場を満員にするためにナオキ屋本人が県内各地を 電光掲示板を背負って行脚中 ということでで…やること他にあるだろ!という周囲の声をよそに、それなりに話題を振りまいているようです。
もう、なんていうか、11.30の夜、伝説は生まれるのか!?(入っても、入らなくても、どっちにしても伝説という説もあるんですけどね。)
ということで、あなたも歴史の証人になってみませんか?
ただし、その歴史的瞬間を見届けるためには、2,000円を払って、会場に行かなければ行けないんですけど…。(ちなみに、チケット10枚預かってます。)

 日 時 2019(令和元)年11月30日(土)17:00 開場、18:00 開演
 会 場 ミュージックタウン音市場3F
 料 金 一般:前売り2,000円(当日2,500円)
       高校生以下:前売り1,000円(当日1,500円)
     小学生以下無料
    (身体障害者手帳をお持ちの方は前売り&当日1,000円)
     ※全席自由・要1ドリンクオーダー
     ※車椅子の方は同伴者一人無料
プレイガイド イープラス(ファミリーマート)、ローソンチケット(Lコード:82045)
 連絡先 090-0784-0585(島袋)
 共 催 ミュージックタウン音市場

どうも、キタローです!
今週は、ポスター週間(笑)となっております。(3日目)
で、今日のポスターはこちら。
hakw1001
東アジア唐芋友好ワークショップ in YOMITAN。
一見、ちょっと何でしょう?的なポスターですが、コレがあなた、日本本土をはじめ、中国、韓国、さらにはフィリピンを含む海外から研究者や生産者が集まって、真剣にイモ(唐芋)について語り合うという、非常に読谷村にぴったりなイベントのポスターなんです。
よく見ると、ワークショップの文字がいもの形になってたりして…イモ感、でてます。
そっかー、紅イモのむらにアジアの芋んちゅがやってくるんだな。
ステキじゃないですか!
来週のメインイベントinよみたんは、こちらです!と言っても過言ではないですね。(他にもいろいろあるんですけどね)
スポーツコンベンションの誘致に張り切ってる読谷ですが、こういう文化的な コンベンション の誘致もやっちゃってるんですね。
こりゃ、大注目なイベントだと思いますよ。

東アジア唐芋友好ワークショップ in YOMITAN
  日 時 2019(令和元)年11月18日(月)9:00 ~ 17:00
  会 場 読谷村文化センター 鳳ホール
  参加費 1,000円(資料代)
  問合せ 読谷村役場 企画政策課 098-982-9205

どうも、キタローです!
ポスター週間(笑)です。
その②。
今日のポスターはこちらです。
rrf1920p02
よみたん夜あかり 琉球ランタンフェスティバル
体験王国 むら咲むらを中心に読谷村内で開催されるこのイベント。
今年も、12月1日に始まります。
しかし、すっかり恒例となっちゃいましたね。
ここ数年は、夏のイベントも開催されていますが、やっぱり寒くなったこの時期に観る夜の灯りは、暖温もりを感じるし…ちょっとロマンティックな感じもあって、イイですよねー。
ちなみに今年も、ランタンオブジェコンテスト も開催するそうですよ。

 よみたん夜あかり 琉球ランタンフェスティバル 2019 - 2020
  主 催 読谷村地域活性化連携体  
  期 間 2018年12月1日(土)〜 2019年3月31日(水)18:00
  主会場 体験王国 むら咲むら
  所在地 読谷村字高志保1020番地1
  TEL 098-958−1111

↑このページのトップヘ