キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみたんをみーぐるぐる。読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)が勝手にウキウキウォッチング!?

2020年02月

どうも、キタローです!
残念ながら中止となった、今年のやちむん市。
陶器工房壹のFB に今回のやちむん市に出店予定だった工房のMAPが、急遽作成されたとの情報がアップされていました。
yiym201
…なので、さっそくその地図を手に入れました。
こんな感じのヤツです。
yiym204
左側に番号をつけた各工房の連絡先と営業時間等が表示されています。
yoym203
右側には、読谷村の地図。
工房の場所は、番号で地図の上にプロットされています。
こうしてみると、読谷村内の60余りの工房のうち半分以上の工房が出店予定だったんですね。
(工房での販売がないところをありますが…)
yiym205
工房での販売を行わないところは、共同販売センターで扱っているものもあるようです。
県内の方もそうですが、県外から飛行機に乗ってやって来る方もいらっしゃるので、せっかくなのでこの地図を活用して、工房巡りを楽しんで欲しいものです。
ちなみに、この2月22日(土)と23日(日)限定のMAPは、各工房の販売場所、読谷共同販売センター、読谷村社会福祉協議会及びゆんた市場 でゲットできるようです。

追加情報
nakamurakenoshigoto は、読谷やちむん巡りMAPでは工房の場所になっていますが、bakery水円 の前で販売することになったそうです。
② ヒネモスノタリは、2/22(土)の 9:00〜17:00 の間のみ読谷村長浜多幸原3266-1で販売することになったようです。また、共同販売センターにも納品しているそうです。
陶器工房 虫の音 のギャラリーもオープン予定だそうです。

 その他の工房も急遽変更などがあるかもしれませんので現場は、一応、各工房のFBやインスタ等で情報を確認してみることも必要かもしれませんね。

どうも、キタローです!
楽しみにしていた方にとって(もちろんボクにとっても…)悲しいお知らせです。
2020yachimun-F-out
画像は、読谷村観光協会の公式Facebookから拝借しました…。

今週末に開催が予定されていた今年のやちむん市…中止が決定しました。
そうです。
2020年の第27回読谷やちむん市は、幻となってしまいました。(泣)
全県、いや全国の…いやいや全世界のやちむんファンが楽しみにしていた、やちむん市。
ボクも、あの工房のアレや、あの工房のアレとかをゲットしようと密かに計画を立てていたのですが、それもできなくなってしまいました。
痛恨の極みです。
でも、一番、苦しくて悲しいのは、今回出店することになっていたやちむんやーの皆さんなんですよね。
この日のために、頑張って器を焼いて、新しい作品を作って、皆に喜んでもらえるようにいろいろな準備をしてきたんでしょうから…本当に苦渋の決断だったと思います。

新型コロナウィルスのバカ!
とりあえず、気持ちのぶつけどころがないので、そう言っておきます。

こうなったら、折を見て、村内の工房巡りをしちゃおうかなー。
なんなら、キタローのよみたんやちむん放浪記…的な感じでツアーを組んじゃったりなんかしたりして(泣笑)

※こちらも楽しみにしていた、残波マルシェも中止 になったそうです。健康が一番なので仕方ないですね…どうかこの騒動が、これ以上深刻にならないままに早く終息してくれることを祈っています。

どうも、キタローです!
この間、車を走らせていると銀色のタワーが西陽を受けて光っているのに気づきました。
ytay01
場所は、波平から座喜味城跡の裏手を通って長浜方面に向かう道路の途中。
建築物が建てられるところでは読谷で最も高いところ(…だと思う)に立っているこの鉄塔。
確か2代目だったと思います。
ytay02
コレ、確か…NTTドコモのタワーで、FMよみたんのアンテナもココに設置されていたはずです。(…ボクの記憶が確かなら)
これまで何年も見てきたこのタワーですが、西陽で光っているのを見たのは初めてだったので、思わず車を止めて写真を撮っちゃいました。(写真では、ちゃんと伝わらないんですが、キラキラしててキレイでしたよ。)
ちょっと、トキメイちゃいました。
コレまで、こんな瞬間をずっと見逃していたんだなー。
季節や天候や時間帯なんかのタイミングがあるんだろうけどこいういうなんか、今まで気づかなかったり知らなかった瞬間に出会えると、ちょっと感動してしまいますね。
そういうことで(どういうこと!)この鉄塔にボクは、勝手に読谷タワーと名付けちゃいます。
いいね、読谷タワー!

どうも、キタローです!
惜しまれつつ…というか、いつの間にか閉店してしまった、高志保交差点にあったしま作。
どうするんだろうなーと思っていたら、コレまたいつのまにかお新しいお店に生まれ変わっていました。
ykyns01
はい、こちらです。
ykyns02
看板に記されたお店の名前は、「読谷酒場 ゆくり家」。ゆくりや、でしょうか?
ゆくりいえでは、ないと思います。たぶん。
外から覗いてみたら、なんだか小洒落た雰囲気のお店でしたよ。
ワイワイガヤガヤというより、ゆっくりできそうな…。
もうオープンしているのか?まだなのか?ちょっとわからなかったんですけど、改装は完了しているようでした。
来週あたり、偵察に行ってみようと思っています。
楽しみだな。

どうも、キタローです!
気になっていたお店 が、いよいよオープンするということで、さっそく行ってきました。
hbyod01
その店の名は、なにわ串道 はなび屋 読谷村店。(読谷店ではなくて、読谷村店です。)
当日の電話予約でしたが、タイミングが良かったのか、席を取ることができました。
hbyod04
店内は、思いの外コンパクトでした。
いきなり小上がりというか、座敷のテーブル席が4つといった感じです。
個人的には、椅子席があると良かったかなーと思いましたが…まぁ、それは贅沢ですね。
ちなみに、お店の前にオープンテラス(?)のテーブル席がありました。
暖かくなったら、そこちょっと利用してみようかなー。
hbyod05
ボクは19時過ぎにいったんですが、早くも常連客風のお客さんが盛り上がっていました。(オープン日なんですけど…笑)
壁にはられたメニューやポスターが大衆酒場感を醸し出していました。
ネットで調べてみると…
一歩足を踏み入れると昭和の大阪にタイムスリップ。
郷愁誘うレトロな佇まいが魅力の、大阪発の串カツ居酒屋です。
「ほんまに安くておいしいもんを」をコンセプトに、自慢の串カツから、タレやドレッシングに至るまで厨房で手作りする料理は約120種

というふうに紹介されていました。
大阪発のチェーン店で、タイにも店舗があるらしいです。
hbyod03
ふむふむ。
ひととおりドリンクは、揃っています。
hbyod06
自分で作る”あご出汁”たこ焼きというメニューがあるあたり、大阪風な感じがします。
おとなりのラーメン屋と同じ系列らしく、あご出汁メニューがおすすめのようです。
hbyod07
もちろん、店名になにわ串道となのりだけあって、串カツメニューも豊富です。
なんと、デザート串で雪見大福までありましたよ!
hbyod08
こちら串カツ5種盛り。(食べかけ)
大阪で食べるときのように、油切りのトレーにのって出てきます。
薄めの衣にサクサクパン粉。
本場の雰囲気。
確かに、コレは美味しかった!
hbyod09
ご存知、2度漬け禁止の串カツソースの壷。
hbyod10
コレは、たしか…馬刺しユッケ。(コレまた食べかけ)
ウマだけにウマかった!なんちゃって。
浮かれすぎて、ピンぼけ…。
hbyod11
こちら、大阪の味とも言える、どてやき。
牛すじの煮込みですね。
もちろん食べかけ(もうすっかり、居酒屋楽しんでますね。レポートする気はサラサラ…)
hbyod12
もう、すっかり申し訳ございません…写真を載せるのも憚れますが…唐揚げです。
実際は、美味しそうなルックスで提供されます。
たしか…4個だったような。
hbyod02
今回のはなび屋への初訪問、陶器工房壹の壹岐さんと、十鶴のコウスケ。
奇しくも、関西出身の2人のやちむんやーとご一緒させていただきました。
ボクは、途中で寝てしまいましたが、なかなか楽しんだようです。
(このあと、じゃりんこに向かうも、お休みでした…。)

なにわ串道 はなび屋 読谷村店
  所在地 読谷村字大木326番地6
  電 話 098-975-8722
  営 業 17:00 〜 24:00
  定休日 2月の定休日 12日(水)、19日(水)、26日(水)

どうも、キタローです!
久しぶりに、CSCのMMS(地域振興センターのまーさむん小路)に行ってきました。
あ、小路は、すーじって読みます。
lgpms01
久しぶりにいってみると、お客さんの入りも上々でしたよ。
そして、結構、ニューフェイスなお店ができてました。
その中でも、気になったお店がこちら。
lgpms03
パスタのお店です。
お店の名前は、ぱっと見わからなかったんですが、写真のミートソースが実に美味しそうじゃないですか。コレは、食べてみなければ!
lgpms04
ということで、ボローニャ風ミートソース自家製パッパデッレ、800円也!を注文しちゃいましたよ。
いわゆるボロネーゼですよね?
パッパルデッレ は、幅広のパスタのことで、それにミートソース(ラグーソース)がかけられているやつです。
注文すると、7〜8分くらい待ってくださいねと、ブザーを渡されます。
lgpms06
そして、待つことしばし…来ました!
コレです、コレコレ。
lgpms07
いやぁ、本格的(な感じ)じゃないですか!
チーズもたっぷりかかって、美味しそうです。
lgpms08
幅広の麺(パッパルデッレ)は、少し歯ごたえがある、いわゆるアルデンテ(?)な状態で、いい具合にソースが絡んでいます。
ソースも、何というかケチャップ味的なやつじゃなくて、(ボクが言うのもなんですが…)本格的なラグーソース。
コレは、美味しいなー!
スープとサラダが付いて、800円は納得です。
lgpms05
食べ終わって、お店の方に「看板が見当たらないけど、お店の名前はなんていうんですか?」って聞いてみると、笑いながら「あ、こちらです」と、厨房への出入り口のドアに貼られていたこのポスターを指さしてくれました。
あー、コレ、可愛らしくていいなーと思っていたんですが、看板代わりのオリジナルポスターだったんですね。
LET'S GO!! PASTA、ですか。
パスタ屋らしくて、いい名前じゃなんですか…ん?
お店の名前の下の文字を見て、どビックリー!
な、な、なんとこちら、那覇の栄町にあるのイタリアン(イタリア酒場か)の名店、ALCOLISTA(アルコリスタ)が出しているお店だったのですー!!
どうりで美味しいわけだ。
いやぁ、那覇までいかなくても、アルコリスタのパスタが味わえるって、何だか得した気分。
コレは、嬉しいサプライズだな。
よーし、今度は別のヤツ食べてみよーっと。

◆ LET'S GO!! PASTA
  所在地 読谷村字喜名2346番地11
     (読谷村地域振興センター1F ゆんたまーさむん小路内)
  電 話 不明
  営業日 未確認
  時 間 未確認

※営業日、営業時間、連絡先は、確認し忘れたので次回訪問時に確認してきます。スミマセン…。

どうも、キタローです!
今度の日曜日は、いよいよいちゃびら祭
正式名称は「りっかりっかいちゃびら祭」。
ibsp2001
12回目の今回も、立派なパンフレットができてました。
ちなみに、皆さんご存知だと思いますが、「りっかりっか いちゃびらさい」というのは、沖縄の方言で「さぁ、さぁ、行きましょうよ」って意味で(たぶん)、最後の「さい」は、男性用の接尾語だそうですよ。はいさい!のさいと同じやつですね。(女性の場合は「たい」だそうです。)
ibsp2002
12回目のこんかいのいちゃびら祭。
2月9日の開催です。
場所は、平和の森…あ!オキハム読谷平和の森球場の駐車場です。
ibsp2004
もちろん、今年もドラゴンズ&読谷村のコラボグッズあり〼。
(北谷グッズよりレア感ありますよ!)
「ドアラとよみとん…なかよし」シリーズなんて、もう涙ものですね。
ibsp2005
応援屋台村も恒例ですね。
屋台村では、毎年ドラゴンズにちなんだ新メニューが投入されるので、それをチェックするのも楽しみの一つなんです。
その年の一番人気だった商品は、D1フードグランプリ優勝として、いちゃびら祭の最後に表彰されることになっています。
抽選券欲しさに、結局いくつも食べちゃうんですけど…。
ibsp2003
こちらが、プログラム。
今年もなかなか充実したラインナップですね。
特にドラゴンズファンには、たまらないと思います。
もちろん、そうでなくても充分楽しみめると思います。
ドアラにも会えるし。(よみとんにも!)
今度の日曜日は、平和の森球場(オキハム)へ、いちゃりばさい!

第12回 りっかりっか いちゃびら祭
  日 時 2020(令和2)年2月9日(日)10:00〜17:00
  場 所 平和の森球場駐車場 読谷村字座喜味2901番地
  主 催 読谷村観光協会
  問合せ 098−958−6494(当日 070−5480−7202)

↑このページのトップヘ