キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみーぐる!読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)の個人的な目線で語っちゃいます!

カテゴリ: 食べ物

どうも、キタローです!
この間来た時に何となく食べそびれたサバ塩そば …。
sb6ss06
コレです。
思い立って、食べに言っちゃいました。
サバ醤油そばに比べれば、ずいぶんさっぱりした見た目です。
sb6ss01
はい、来ました、実物!
サバ節の香りがいい感じです。
第一印象は、やっぱり…白い、ですね。
sb6ss02
早速食べてみると、そばの感じはほぼ同じ。
このそばの太さと食感、結構好きなんですよね。
スープは、醤油の濃厚な感じに比べれば、随分ライトに感じます。
しかし逆にサバ節の香りと出汁の旨味がストレートに感じられてコレはいいかも!
sb6ss05
いやぁ、バンババンバンと、あっという間に完食!
これは、美味いな。
少し脂っぽいような気もしますが、かなり美味しいです。
ボクは、醤油よりこっちが好きかな。
また食べに来そうな気がします。
ごちそうさまでした!

  所在地 読谷村字大木326番地6
  電 話 098−923-2408
  営 業 日~木・祝 11:30~14:00 18:00~23:00
      金、土・祝前日 11:30~14:00 18:00~翌2:00


どうも、キタローです!
この間、看板を発見して激しく気になっていた あのお店 に行ってきました。
kft101
そうです。
スパイスカレー コフタ 。
もうスパイスってだけで、気になりまくりです。
お店の場所は、大木海産物 の後ろあたり。
小さな路地の奥にありました。
kft103
ちょっとわかりづらいですが、こちらが入り口。
外人住宅を改装したお店ですね。
一見、普通のおウチみたいです。
kft104
ドアを開けて中に入ると、右手にカウンター。
その奥が厨房。
厨房の壁がオレンジ!
お店のイメージカラーでしょうか?
いい感じです。
kft105
カウンターの反対側には、2人がけのテーブルが3つ。
このテーブルは、場合によってはくっつけることもできそうです。
床は、外人住宅のよくあるPタイルをはがした跡をそのまま残こしてます。
ざっくりとした感じで雰囲気でてます。
さっきのオレンジの壁以外は白くペイントされていて、なかなか広々とした爽やかな空間です。
kft109
そして、奥の方にもう一部屋。
こちらも、個室感がありました。
kft111
壁際の窓から、トリイ基地越しに嘉手納北谷方面が一望できます。
コレがなかなかの絶景です。
夜景とかいいかも。
ただし、営業時間は19:00までのようですが…。
kft114
こちらが、メニュー。
本日のメニューを基本に、2種盛り、3種盛りが選べ、さらにドリンクとデザートのセットメニューがあります。
3種盛りは、1日7食限定のようですよ。
kft115
すべてのカレーに、豆のスープとヨーグルトサラダ、おかず、アチャール2種が付いてくるそうです。
なるほど、これは楽しみ。
kft132
ちなみに、この日のカレー&付け合せは、こんな感じ。
kft118
もちろん、迷わず3種盛りを注文。
そして、待つこと数分。
来ましたきました。
何となくオシャレな感じです。
kft119
付け合せのプレートがこちら。
左側の器が、ダル(豆スープ)、その上から時計回りにパイナップルのピクルス、ゴーヤーのピクルス、ジャンボインゲンのココナッツ炒め、紅芋のヨーグルトサラダ!
ダルとヨーグルトサラダの間には、ナンの薄いせんべいみたいなヤツが…コレ、たぶんパパド(パーパル)っていうものじゃないでしょか。パリパリです。
kft120
ターメリックライス を中心に、右に県産メカジキのココナッツカレー。左に豚と牛肉のあいびき肉団子( コフタ )カレー。コフタって、肉団子のことなんですね。
kft121
そして、別皿になっているのが、3種のキノコと豆のカレー。
やちむんの器に入ってました。
カレーにやちむん。
いいですね。
将来的に、與那原さんのカレー皿なんかを使ってくれたら嬉しいなぁ。
っていうか、村内の作家さんにカレー皿を作ってもらって好きなお皿がチョイスできるシステムとかがあったら面白いなぁ…などと妄想にふけりつつ、ふと目の前を見ると。
kft117
黃ピクと赤ピク。
ナンだかカワイイ名前。
ピクって、なんだろう?
なんというか、インドの言葉かな?と思ったら、ピクルスの略だそうです。
あ、なるほどね。
kft122
黃ピクは、こんな感じ。
ちょっとピリ辛です。
kft123
そして、赤ピクはこんな感じ。
見た目は、より辛そうです。
kft124
とりあえず何も入れずに、まずはメカジキのカレーから…うん、魚のカレーですね。(当たり前)
魚とココナッツって合うんだな。
辛さも控えめな感じです。
kft125
次に、コフタカレー。
お!これは、美味い!
合いびき肉の団子の食感もいい感じ。
kft126
こちらは、きのこと豆のカレー。
ヘルシーな感じがします。
お味も、なんとなくさっぱり目なように感じました。
しかし、どれも本格的なカレーで、カレー好きにはたまりませんね。
お店のオススメどおり、黃ピク、赤ピクを加えることでより美味しくなったような…。
どれも美味しい…それでもあえて言うならば、ボクは、コフタカレーが一番好きかな。
今度は、コフタカレーの大盛り!っていうのを食べてみたいです。
kft127
こちらは、最後に取っておいた、コーグルトのサラダ。
紅芋とヨーグルト。
これまた合うね。
サラダでありながら、デザート感もありました。
kft128
はい、もちろん即完食!
いやぁ、やっぱりカレーはいいですねぇ。
カレーの美味しいお店は、読谷にもいくつかありますが、こんな感じのカレー専門店は、シマウマカレー食堂 以来、無かったと思います。(たぶん)
いやぁ、嬉しいですね。
kft129
メニューの裏側には、トッピングメニューとドリンクメニューが。
アルコールメニューもありますよ。
kft130
ちなみに、店主が山梨県の出身ということもあって、近々、山梨ワインの提供を始める予定だそうですよ。
カレーには、白ワインが合う!っておっしゃってました。
カレー&冷えた白ワイン…ワオ。
コレまた、楽しみです。
kft102
お店の前に数台分の他、数カ所に駐車場が確保されています。
お店のfacebook にUPされているので、事前にチェックしていたほうがいいかもせれませんね。
kft131
スパイスカレー コフタ 
  所在地 読谷村字大木375番地 A-23
  電 話 080−4612−3204
  営 業 11:30 〜 19:00(ラストオーダー 18:30)
  定休日 水曜日(5月12日から1ヶ月無休)

どうも、キタローです!
村内パトロール中に、古堅小学校入口バス停(下り)付近で、謎の小さな看板を発見しました。
sckft01
スパイスカレーコフタって…。
もしや、新たなカレー屋ができているのか?
コレからできるのか?
き、気、気になる。
というか、心奪われちゃった。
で、早速ネットで検索すると 開店情報がUP されているではないですか!
しかも、本日オープンだと。
HP や facebookインスタもしっかり開設されていました。
しまった!コレは、またまたうかつでした。
しかし、スパイスカレーの店って…嬉しすぎますな。
本日は、お昼ごはんを食べちゃったので、偵察は近々お昼時にでも…。

どうも、キタローです!
高志保交差点のしま作。
思い立って、行ってきました。
ssk180501
18時オープンのしま作に、17時57分に到着。
まだ、入り口には鍵がかかっていましたが、何とか中に入れてもらって、まず生ビールを。
ssk180504
店内を見渡すと、何故かスポーツ選手(特にプロ野球)のサインがあちこちに書かれています。
入り口のドアには、松坂大輔(!)のサインも…マジっすか?
ssk180503
こちらは、入って左側にあるコの字カウンターから厨房側を見たところ。
ssk180505
カウンターに座って振り返るとこんな感じ。
壁の向こうは、座敷スペース。
大きなテレビも完備しています。
何故か水戸黄門の再放送をやってました。
ssk180506
座席は、こんな感じ。
板張りがシックな感じで、いいですね。
ssk180507
何故か、ハットが…ハットの向こう側仕切り部分は、掘りごたつ席です。そして更にその奥が、お手洗いの入り口。
ssk180509
コの字カウンターの奥の方に異動して、店内を一望できるポジションをゲット。
ぼちぼち常連さんもやってきました。
ssk180502
地元の皆さんに愛されているお店らしく、なんだか見たことのあるローカルネームのキープが…。
お酒は、もちろん地元高志保に本社がある残波。しかもプレミアムだらけ。
さすがです。
ssk180510
もちろん、まっさきに注文したのは、ベーコントマト
これは外せませんな。
ssk180511
そして焼鳥屋では、必ず頼むことにしにしている、つなぎを塩で。
これも美味い。
たいへん申し訳ございません。
私、侮っておりましたが、しま作って、結構本格的な焼鳥屋です。(…当たり前か。)
ssk180512
焼鳥屋といえば、何故かキャベツ。
そしてツマミの定番、枝豆。
定番コンビで鉄板です。
ssk180513
こちらは、この日のスペシャルメニュー。
サツマイモじゃないですよ。
秋田名物 いぶりがっこ
お客さんの差し入れを、出してくれました。
スモーキーな味わいが、お酒におあいますね。
ssk180514
いぶりがっこには、チーズが合うということで、アボガドとクリームチーズを注文。
合いますな!
サービスで、アメリカンなチェダーチーズも出てきました。
コレも合う!
何故か、差し入れのいぶりがっこでカウンター全員大盛り上がり。
ssk180515
美味しい焼き鳥にビール(+いぶりがっこ)で盛り上がるお客さんたち。
コの字カウンターを囲めば、お店のスタッフ、常連さん、初めて合う方、関係なく和気あいあいと盛り上がります。
こういう飲み方もいいんですね。
ssk180517
最後は、店主健ちゃん(気安く呼んでる…)自らお見送り!
高志保交差点の角にある、焼き鳥しま作。
ここもまた、いいお店です。
あ、早くもまた焼き鳥食べたくなってきた…。

◆ 焼き鳥 しま作
  所在地 読谷村字高志保1328番地3
  電 話 098-958-6877
  定休日 水曜日
      ※時々不定休  

どうも、キタローです!
こどもの日の午後3時過ぎ、沖縄そばが食べたくなって…久しぶりに行ってきました。
根夢(ごん)読谷店 。
gony180501
さすがに、その時間になるとお客はボクひとり。
貸し切り状態のお店で、ナンコツそば(大)を注文しました。
こちらです!730円。
gony180502
ナンコツそばのアップ。
柔らかくにこまれたナンコツとカマボコ、太めに刻まれたねぎがトッピングされています。
ちょっと黄みがかったスープを啜ると、豚骨に鰹節の風味が…たまりませんな!
味も見た目も、王道の沖縄そばって感じです。
gony180504
お店のテレビを観ると、平和の森球場で中居くんが上野投手と対戦していました!
あー、コレか
たぶん収録したのは、女子ソフト日本代表チームが読谷でキャンプ をしていた時期でしょうね。
それにしても中居くん、読谷に来ていたんですね〜。
gony180505
そんなテレビ見ながら、ナンコツ(ソーキ)そばをいただきます。
麺は、中太の白い麺。
沖縄市にある 宮城製麺所 の麺を使用しているそうです。
麺とスープと具の味わいのバランスがいいですな。
しかし、大の麺の量は、なかなかのボリュームでした。
gony180506
はい、スープの一滴まで完食!
さすが、そば王 にも輝いたお店。
読谷には、金月そば とか番所亭毎日食堂…と、個性豊かな美味しいおそば屋さんがたくさんありますが、このお店も沖縄そばのスタンダードとしてオススメしたいお店です。
ボクは、美味しいそばだと思いますな。
今日も、ごちそうさまでした!

  所在地 読谷村字伊良皆230番地2
  TEL 098−956−1085
  営業時間 11:00〜17:00(売切れ次第終了)

どうも、キタローです!
夏風邪なのか…なんとなくすぐれない体調。
jsttm01
こんなときは、醤(じゃん)で四川担々麺(中辛)を食べるに限るのだ!
と、いうことで行ってきました。
気のせいか、元気でてきた感じ…坦々パワー炸裂ですね。
明日から5月、頑張っていきましょう。

 中華ラーメン 醤(じゃん)
  所在地 読谷村字都屋275番地1
  電 話 098−956−8851
  営 業 11:00〜15:00、17:00〜22:00
  定休日 年中無休

どうも、キタローです!
金月そば 読谷本店、ついにリニューアルオープン。
と、いうことで早速行ってきました。
ktro301
11時過ぎに行くと、お店の前にお祝いで届けられたお花が飾られていました。
新装オープン気分が盛り上がります。
それでも外には誰もいなかったので、あ、結構すいてるんだなぁと思ってお店に入ると、すでに先客が何組もいました…そうですよね、皆さん再開を心待ちにしていたんですよね、やっぱり。
もちろんその後も、続々とお客さんがやってきたんですが…。
ktro302
お店の中に入ると、10周年&リニューアルオープンを知らせるポスターと貼り紙が…。
ktro303
見てみると、麺リニューアルのお知らせが!
…これは、食べてみなきゃいけませんね。
プレオープンの時は、坦々そばをいただきましたが、やっぱり今日は、太麺にチャレンジ!と、いうことで王道の金月そばを注文しました。
ktro305
お店の中の雰囲気も若干変わっています。
店主タッキーのシブカッコいいパネルもありました。
ちなみに、左の金月そばラベルのお酒は、アイデアにんべんの黒川さんが店舗リニューアル記念に、残波(白)にオリジナルラベルを作成して貼り付けて店主タッキーにプレゼントしたものです。
いいですねぇ。
ktro304
あ、金月そば10周年記念Tがシャツもありました!
プレオープンの時、スタッフの皆さんが着ていて、欲しいなぁと思っていたヤツ…買って帰ろう。
ktro306
カウンターに座って眺めてみると、先日は気づきませんでしたが、カウンター上部の棚(っていうーか仕切りの壁?)が低くなってて、その上のスペースが広くなっていました。
前は、仕切りの高さが高くて、上部ももっと狭かったと思います。
ktro307
コーナー部分もこんな感じに。
これは、注文の品を出したり下げたりするのにいいですね。
ktro308
そして、来ました!金月そば。
お店の名前を冠したメニューは、やっぱりその店の看板ですよね。
厚揚げ、三枚肉、ネギ、ショウガがトッピングされていて、あぶりソーキが別皿で出てきます。
コレも、グッドルッキングですな。
ktro310
アップでみるとこんな感じ。
坦々そばとは、違う景色ですが、これまた美味しそう。
太麺のモチモチ感が見た目で分かっちゃいます。
ktro309
こちらは、別皿で出される炙りソーキ。
いわゆる軟骨ソーキです。
よく煮込まれてて、すごく柔らかいです。
ktro311
とりあえず、ボクはそばにオン。
うん見た目が一層ゴージャスになりました。
ktro312
少し太く出汁に絡みやすくしたという自家製麺。
う!コレは、ヤバイ…。
イメージ的に少しあっさり目の出汁だと思っていたのですが…たしかにあっさりはしているんだけど、しっかりと旨味の効いた味わい深い出汁じゃないですか!
これは麺を太くした効果でしょうか?
いや、出汁もバージョンアップしていたんですね。
…坦々そばばっかり食べていたから、気付くのが遅くなってしまいました。
ktro313
とかなんとか言っちゃってますが、ただ美味しすぎてあっという間に完食しちゃいました。
あー、美味かった。
ktro314
そして、帰りには、リニューアルオープン記念のエコバックを頂きました!
ラッキー!
それから10周年記念Tシャツ(限定)も、もちろん購入しましたよ。
次回ご来店の際には、是非着て来てくださいって…ちょっと、テレるかも。

金月そば 読谷本店
  所在地 読谷村字喜名201番地
  電 話 098-958−5896
  営 業 火曜日から土曜日 11:00〜15:00
      日曜日 11:00〜16:00
  定休日 月曜日

どうも、キタローです!
金月そば のプレオープンということで、行ってきました。
ktro201
金月そばの、リニューアルオープンは4月14日(土)なんですが、その前に関係者の皆さんを招いてオペレーションチェックを兼ねたプレオープンでした。
ボクも、声をかけてもらいました。
ありがとう、タッキー!
ktro204
はい、入り口を入って正面のカウンターは変わらずそのまま。
厨房は、なんだか前にもましてピカピカになっていました。
いいですねー。
ktro203
メニューは、ほぼ変わっていないようです。
でも、麺の太さや加水率なんか変わったそうですよ。
うーむ、楽しみ。
ktro202
で、決まったらこちらの券売機で食券を買います。
ktro220
店内の様子は、こちらのベンガラ色の丸い柱が目につきました!
これは、前は無かったですよね。
ktro211
この赤い柱が4本。
いいアクセントになってます。
そしてこの柱が、新たに設置された4人掛けのテーブルの足を兼ねていました。
あ!壁の色も白くなっています。
以前は、確か黒かったような…。
お店の中が、明るく感じます。
ktro212
それから、以前はL字カウンターだったところが、コーナーのところで、カットされています。
ktro213
そして、座席エリアがその分拡張されて、4人掛けのテーブルが設置できたんですね。
色が違っている部分が、拡張した部分。
確かに、以前は座席が狭かったような印象がありました。
グループで来たお客さんにとっては、嬉しい改善点ですね。
きっと。
ktro223
で、カウンターが取り除かれた部分には、ステンレスの食器の出し下げ口が新たに設けられていました。
オペレーションもしやすそうで、いい感じです。
ktro210
こちらお店に入って左側にあるの製麺室入口。
前から製麺室はありましたが、よりキレイに立派な部屋にあっていました。
ktro209
製麺室に鎮座する製麺機。
これで、あの金月の美味しい麺が作られるんですね。
タッキーのこだわりが詰まってます。
ktro205
厨房で躍動する知花店長。
ほんと楽しそうに麺を茹でてる姿に、再オープンの嬉しさがにじみ出ていますね。
ktro206
いい笑顔!
そして、キンチチソバ10周年記念Tシャツがステキです。
ktro214
で、やっぱり食べたのは、坦々そば(大盛り)。
ktro216
うーん、コレですこれ!
やっぱり、いいですねー。
まさに、待ってましたって感じです。
見た目も麗しい。
ktro217
坦々そばとそら豆みそ野菜そばの麺は、ちょっと丸めの細麺です。
他のそばの麺は、少し太めに変化したようですが、この麺は変わってないのかも…。
ktro218
と思ったら、加水率を変えたそうで、たしかにモチモチ感がアップしていました。
うーん、バージョンアップした麺も美味しいし、スープも相変わらず美味しい。
坦々そばは、やっぱりいいな。
ktro219
ということで、大盛りですがあっという間に完食。
ごちそうさまでした!
ktro215
みなさーん!金月そばは、今度の土曜日、4月14日にリニューアルオープンですよ!
さらに美味しくなった金月そば、要チェックです。
ボクも、坦々以外のそばを食べに行かなくっちゃだわ。

金月そば 読谷本店
  所在地 読谷村字喜名201番地
  電 話 098-958−5896
  営 業 火曜日から土曜日 11:00〜15:00
      日曜日 11:00〜16:00
  定休日 月曜日

どうも、キタローです!
店舗改装のため閉店していた、金月そば読谷本店。
この間、お店の前を通りかかると…、
ktyno01
ん?
何か、貼り紙が!
ktyno02
4月14日(土)リニューアルオープン!
ついに、決まったんですね。
いやぁ、首を長くして待っていましたが、いよいよです。
ktyno03
が、まだ店内はご覧の様子。
本格的な製麺用の部屋ができるということですが…どんな風に変わるのか、楽しみです。
連日の追い込み作業が、続きそうですね。
タッキーも職人さんも頑張ってください。
ktyno04
季節は、冬から春(…夏みたいだけど)に変わりって、金月そばもいよいよ始動ですね。
早く、坦々そばが食べたいゾ!
あと、新メニューもあるのかな?
いろいろ楽しみです。
14日は、金月チェーック!ですね。

金月そば 読谷本店
  所在地 読谷村字喜名201番地
  電 話 098-958−5896
  営 業 火曜日から土曜日 11:00〜15:00
      日曜日 11:00〜16:00
  定休日 月曜日

どうも、キタローです!
先日、みじゅん出汁そばの まるはに行ってきた わけですが、新しいチャレンジャーの登場を喜ばしく思うとともに、反面、一歩 が閉店してしまったことが寂しくも感じたわけです。
あの、黄金塩ラーメンや担担麺…もう一度、食べたかったなぁ…。
jyn180301
と、いうことで、本家の(じゃん)に行ってきました。
注文は、もちろん四川担々麺(中辛)。
見るからに、旨辛そう!
jyn180303
寄ってみます。
jyn180304
さらに寄ってみます。
このスープと、肉味噌…たまらんな。
jyn180305
はい、有無を言わさず(?)完食。
もちろん白飯は、スープに投入いたしました。
いやぁ、やっぱり美味い!
一歩のコク旨担々麺が(しばらく)食べられないは残念ですが、醤の四川担々麺があるから大丈夫。
江田くん、いつかまたあの味が食べられる日が来るのを、待ってますよ!

中華ラーメン 醤(じゃん)
  所在地 読谷村字都屋275番地1
  電 話 098−956−8851
  営 業 11:00〜15:00、17:00〜22:00 年中無休

↑このページのトップヘ