キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみーぐる!読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)の個人的な目線で語っちゃいます!

カテゴリ: 自然

どうも、キタローです!
読谷村、昨日に引き続き今日も不安定なお天気。
niji17082101
朝から雨が降ったり止んだり。
南の方にある台風13号(名前は、ハトだって)の影響でしょうか?
まぁ、久しぶりの雨なんで、少しくらいはいいかなぁ。
でも雨が止むと一瞬青空が広がって、虹が見えました。
明日は、晴れそうです。

どうも、キタローです!
役場近くの駐車場から南の空を見上げたら、
natsuzora17-1
絵に描いたような入道雲がモクモクと!
いやぁ、夏だね〜。
チューブ聴きながら(ふるッ!)、ビールな気分になりますなぁ。
そう言えば、ローヤルのビアガーデンもとっくにオープンしているみたいだし…。
コリャ、行くしかないね!

どうも、キタローです!
みなさーん、読谷村、梅雨が明けましたよー!(全県的にね)
ta1701
さぁ、いよいよ暑い夏がやって来ますが、みんなで読谷ライフ楽しみましょう!

どうも、キタローです!
読谷は日本一夕陽が美しい村だとこのあいだこのブログで書きました
asahi170530-1
でも、朝陽も中々のものなんですよ。
ほら、キレイ!
読谷は西海岸側なんで、朝陽は山(…丘だな)を越えてやってきます。
今日は、雲が多かったけど、雲の少ない日は、朝焼けで山ぎわ(山でいいか、もう…)から徐々に燃えるようなオレンジ色に染まっていきます。
結構荘厳。
たまには早起きして見てみるのもいいかも!ですよ。

どうも、キタローです!
読谷の集落内って、結構昔の沖縄の雰囲気が残ってるんですよね。
そういうとこ大好き。
reic1-2
ということで、ブラブラしていたら、住宅街のハズレでこんなの見つけちゃいました!
こ、コレは…レイシ じゃありませんか!
ライチっていったほうが、わかりやすいかも。
reic1-1
まだまだ、小さい実でしたが、もう少ししたらだんだん膨らんで赤く色づいてくるはず。
茶色っぽくなったくらいが食べ頃ですかな。
うーん、勝手に取ったら怒られるかなぁ…ダメだよなぁ、やっぱり。
自然に生えてるぽかったけど…。
今度、近所の方に聞いてみようっと。

どうも、キタローです!
ついに梅雨入りしましたね。
gettou1-1
県道6号線沿いに月桃の花が咲いていました。
ダムの貯水率が低いのも気になるから雨は降って欲しいけど、雨ばかりで湿度が高いのもイヤだなぁ…。
でもまぁ、仕方ない。
梅雨の楽しみ方、考えますか。

どうも、キタローです!
前からずっと思っていることがあります。
170509yuuhi1
読谷って、ホント夕陽がキレイなんですよね!
東支那海に突き出て半島状の村だからでしょうか?
さとうきび畑の向こうに沈む夕陽。
坂の上から見下ろす水平線の向こうに沈む夕陽。
読谷飛行場跡でみる夕陽もシビレます。
村内のどこで見ても、ほんと美しい。
ボクなんか、毎日感動しています。
日本一夕陽が美しい村、って言いたい気分です。
宣言しちゃいましょうか?
「日本一夕陽が美しい村・よみたん」
そのうち、美しい夕陽の写真展を開催したいなぁ…。
誰か一緒に企画しませんか?(結構、本気(マジ))

どうも、キタローです!
ただいま読谷村では、このような黄色い花があちこちで咲いております。

ipp1
イッペーの花です。(イペーとも呼ぶらしい)
ブラジルを象徴する花だそうで、南米移民が多かったせいか、沖縄そして読谷でも結構あちこちで咲いてます。
なんと、この花の色がブラジルのサッカーチームのユニフォームの色説もあるようです。
へー。
たしかにカナリヤ色ともいえるなぁ。
すごく目立つし、キレイな花なんでボクは大好きです。
沖縄では、桜の後は、このイッペーですね。

※ちなみに、ピンクのイッペーもあるそうです。

どうも、キタローです!
中央残波線沿いでかわいいピンクの花を見つけました。
ちょっと花火みたいなまあるい花。
ギンネムの花に似ていたんだけど、
白くなく、ギンネムほど大きな植物じゃなかったんで、
何だろう…って思って調べたら、オジギソウでした。
ojscz2
オジギソウといえば、触れると葉っぱが閉じてくる可愛いヤツ。
子どもの頃は、触って遊んだ記憶があるなぁ。
こんなキュートな花が咲くんですね。
写真撮った時は、葉っぱ触らなかったから、分からなかったな…。

どうも、キタローです!
瀬名波で見つけた、名前も知らない黄色い花(?)です。
yfis1
多分、マメ科の花。
名前、何て言うのかなぁ。
yfis2
名前も知らない花ですが、残波岬に行く途中の瀬名波の古い民家の庭に咲いていました。
台風18号が来る前に撮った写真ですが、まだ咲いてるかな。 

↑このページのトップヘ