キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみたんをみーぐるぐる。読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)が勝手にウキウキウォッチング!?

カテゴリ: 飲食

どうも、キタローです!
「店舗内の改修及びグランドメニュー一新の為、一時休業中」だった護佐◯ が、いよいよ7月12日金曜日にリニューアルオープンするそうですよ。
gsmroc01
こちらが、その告知用チラシです。
「時間無制限飲み放題」「読谷初登場!!」といった魅力的なキーワードに混じって「新元号令和だから昭和を懐かしむ」とか「なんちゃってお肉料理」とか、ちょっと?なキーワードもあったりするんですけど…。(笑)
「BGMが昭和ソング」というところや、チラシそのものの雰囲気からして、レトロ居酒屋的なお店になっているんでしょうか?…すごく気になります。
せんべろならぬ、2千円でお釣りが来るという時間無制限の飲み放題(個人的に、”ニセンベロベロ”と呼びたい…ニセンヘベレケになっちゃうかも)を体験してみたいので、今度の金曜日は偵察を兼ねてとりあえず行ってみよーっと。

護佐◯(GOSAMARU) 
  住所 読谷村字楚辺1093番地
  電話 098-957-0530
  営業時間 18:00〜24:00
  定休日 不定休

どうも、キタローです!
地元メンバーで飲み会ですよ、ということで行ってきました。
tssno01
居酒屋鬨(とき)。
改装中だということでしたが、この日、リニューアルオープンしたそうです。
tssno02
鬨は、6月7日(金)18:00に新装開店。
そして、喜名にあった麺屋シロサキが、10日(月)11:00に移転オープンするそうです。
鬨って、シロサキのシローさんのお父さんのお店なんですよね。
そういえば、シロサキが開店する前に、ここ(鬨)でランチタイムにラーメンを出していました。
そういう意味では、凱旋って感じでしょうか。
tssno03
鬨の看板とシロサキの看板(喜名のときのヤツだ!)が誇らしげにふたつ並んでいます。
長浜の住宅街が、昼も夜も賑やかになりそうですね。
tssno04
鬨で、オリオン!
この日は、リニューアルオープンということで、常連さんが次々に訪れていましたよ。
そういえば、店内に製麺室ができてました。
月曜日のシロサキのオープンも楽しみですね。
再開を待っていた、ファンの皆さんが次々にやって来ること間違いなしでしょう。
(行列ができるかも…いや、できるな、きっと。)
天気だけが、ちょっと心配。

◆ 居酒屋 鬨 / 麺屋 シロサキ
  所在地 読谷村長浜1720番地1
  電 話 098-989-9586
  営 業 シロサキ  11:00〜15:00(LO 14:45)
      居酒屋 鬨 18:00~24:00
  定休日 未確認

どうも、キタローです!
6月4日から6日まで、あぶさんの開店1周年祭 でした。
abs1a01
あぶさん1周年のお祭りなんで、これは3連投しなくちゃということで行ってきましたよ!
abs1ad101
まず、DAY1の6月4日火曜日。
この日のスペシャルは、生ビール通常価格350円のところを、なんと80円!
出すたびに赤字になると、大将が嘆いていましたが、念慮なく大量にいただきました。
たぶん…8杯…いや、10杯?
いやぁ、飲んだ飲んだ。
大将、すみません。
ごちそうさまでしたー。
abs1ad201
続いて、DAY2の目玉は、ステーキ200g。通常1,000円のところ、半額の500円!
もちろん、いただきました。
200gどころか、400g…600gか。
忘れてしまいましたが、とにかくたらふくいただきましたー。
またまた大将、ごちそうさまでしたー。
やっぱ、美味いなステーキ。
abs1a02
一応、1周年記念に、プレゼントしたりして。
結構、大将が嬉しそうで良かった良かった。
abs1a03
さっそく、プレゼントした皿に料理を、もって出してくれました。
サスガっすね、大将!
abs1ad301
そして、いよいよDAY3。
この日の目玉は、串焼き・串揚げが通常1本90円のところを、1本30円!
オープンの時のスペシャルメニューと同じ設定ですね。
あの日のことを思い返しながら、串揚げ10本!
10本で300円!
やす~。
ソースの2度漬けだけは禁止です。
abs1ad302
もちろん、串焼きもいただきましたー。
こっちもやっぱり、美味いねー。
ということで、見事(自分で言うのもなんだけど…)3連投達成しました!
ミッション、コンプリートです。
なんというか、達成感ハンパナイッス。
もちろん、残波プレミアム(1周年スペシャル価格、1本1,500円!)もたっぷり楽しみました。
いやぁ、すっかりあぶさん1周年を堪能させていただきました。
大将、ごちそうさまでしたー。
はやく、2周年こないかなー…(笑)

  所在地 読谷村字波平1070番地1
  電 話 098-959-5649
  営 業 ランチタイム 11:30 〜 14:00
      居酒屋タイム 17:00 〜 24:00

どうも、キタローです!
先日、読谷物語 のオーナーI氏のお誘いを受け、一緒にお酒を飲む機会がありました。
もちろん、読谷物語で。
ymin01
ヒョンなきっかけでお誘いをうけたんですが、I氏といえば読谷では伝説的な経営者。
コレは、いろいろ面白いお話が聴けそうだと、喜んでお伺いしました。
案の定(?)アメリカ屋を起業をした頃のお話から、「読谷物語」というお店を作ったわけとこれからのこと。さらには、沖縄・読谷への思いや伝統文化論まで…たくさんのお話を聴かせていただきました。
いやぁ、I氏ワールドをたっぷり堪能させていただきましたよ!
中でも「読谷物語」の物語は、ホント興味深かった…っていうか、読谷への熱い思いが詰まってて感動ししちゃったなぁ。
1996年の開店から、もうすぐ四半世紀。
その読谷物語の誕生秘話的なものは、いつかしっかり文字にしたほうがいいいなぁと(僭越ながら)思っってしまいました。
先輩のお話がどんどん熱を帯びていくうちに、ボクも帰る時間を忘れちゃって…そんなこんなで、いつの間にか夜は更けていったのでした。

◆ 読谷物語
  所在地 読谷村字波平2481番地1
  電 話 098-956-0002
  営 業 18:00 ~ 23:00
  定休日 毎週日曜日、第2、第4日曜の翌月曜日

どうも、キタローです!
今年もそろそろ始まっちゃうみたいですよ!
何がって?
rsbg1901
そうです…ローヤル・スカイ・ビアガーデン!
いよいよ、5月31日から今シーズンの営業がスタートするそうです。
梅雨入りしちゃったばっかりですが、今月末には梅雨も明けているかなー?
そんなことはないか。(笑)
しかし、雨対策もバッチリみたいですから心配御無用ですね。
そして、そのうち梅雨も明けるでしょう。
こちら、スカイ・ビアガーデンという名前のとおり読谷唯一の屋上ビヤガーデン。
ビールは、今流行りのクラフトビールでもプレミアムなビールでなく、県民御用達のオリオンビールなんですが、眺めのいい屋上で飲むと味わいもまた格別です!
2,500円(男性)で、ビール、泡盛、サワー、ハイボール、ワイン…それにソフトドリンクも飲み放題!
しかも、時間無制限っていうのが嬉しいんですよね。
セルフサービスなんですが、ハイボールなんて好みの濃さに調整できるので、逆にサイコーです。
今シーズン、何回行けるかなー。
とりあえず、初日は、ぜひとも行きたい!
なので…やっぱり晴れて欲しいー。

◆ ローヤル・スカイ・ビアガーデン
  ※読谷ダイニング ROYAL1967(旧ローヤルレストラン)屋上
  所在地 読谷村楚辺1315番地
  TEL  098-956-3321
  営 業 18:00 〜 22:30(ラストオーダー 21:30)
  料 金  男性 2,500円、女性 2,000円。時間無制限
       その他のプランはこちらをチェック

どうも、キタローです!
中華ラーメン醤(じゃん)のインスタで、美味しそうなのがアップされていたので行ってきました。
jmbkd101
それは、こちら!
マーボーかつ丼でーす。
jmbkd102
真上から見ると、こんな感じ。
まさしく、麻婆豆腐。
しかもたっぷり!
この麻婆豆腐の下に、かつとご飯が隠れているんです。
jmbkd103
はい、出てきました。
かつです。しかも、豚かつ。
ボクの記憶が確かなら、以前はチキンかつだったような…。(違ってたら、ゴメンナサイ)
やっぱり、かつ丼には、豚かつですね。

jmbkd104
麻婆の豆腐は、絹ごし豆腐。
コレ、いいですね!やっぱり。
麻婆豆腐には、絹ごしです。
ちなみに、お味のほうはそれほど辛くありません、というか、どちらかというと甘め。
この組み合わせだったら、このくらいの味付けがいいかもしれません。
でも、もう少し辛くてもいいかなー、ということで一味唐辛子をふりかけて見ました。
ラー油をかけてもいいかも。
jmbkd105
結構たっぷりなボリュームでしたが、あっさり完食。
いやぁー、いいですね。
マーボーカツ丼。
美味かった!
でも、一度、激辛マーボーかつ丼(四川風?)というのも食べてみたい気がするなー。
いつか、作ってくれないかしら…。

◆ 中華ラーメン 醤(じゃん)
  所在地 読谷村字都屋275番地1
  電 話 098−956−8851
  営 業 11:00〜15:00、17:00〜22:00 年中無休

※醤のインスタ !

どうも、キタローです!
久しぶりのしま作。
ss19042701
この日は、いつもとは違う座席に着席しました。
座る位置が違うと、見える景色も違いますね。(当たり前か)
この席からみる景色は、こんな感じ。
ss19042703
カウンター席がこんなふうに見えます。
いい雰囲気じゃないですか?
この席、なかなか気に入りました。
掘りごたつじゃないのが少し残念だけど…。
ss19042705
突然ですが、すぐに出てくるメニューその1
「アボガドとクリームチーズ」(だったはず)。
こーゆーのって、普通に美味しいですよね。
ただ、しま作のはクリームチーズが思いのほかデカいので、何げに嬉しい。
あ、もちろん、大好きな残波の炭酸割り+トマトベーコン串もいただきましたよ。
この日は、しま作でスタート。
さくさく飲んで、ハシゴしちゃいました。(笑)

◆ 焼き鳥 しま作
  所在地 読谷村字高志保1328番地3
  電 話 098-958-6877
  定休日 水曜日
      ※時々不定休  

どうも、キタローです!
いきたかったお店についに行ってきました。
lgkfv01
Little GREEK Kitchen(リトル・グリーク・キッチン)。
以前、伊計島にあったときに行ったことがありますが、読谷に移ってから初めての訪問になります。
読谷には、2016年12月に移転して来たそうですから、2年間も行けずにいたんだなぁ。
lgkfv02
ランチタイムのメニューは、お任せ1コースのみです。
最初に出てきたのは、こちら!
ギリシャのサラダだそうです。
lgkfv03
人数分が、大きめのお皿に盛られて出てきます。
これで、4人分。
lgkfv04
キュウリ、トマト、オリーブ、紫玉ねぎ。
白いやつは、手作りの フェタチーズ 。
コレ、シンプルだけどとても美味かったです。
lgkfv05
サラダの次は、その日の料理が一皿でババーンと出てきます。
メゼプレートと言うみたいです。
lgkfv06
この日は、グリルチキンにギリシャ風のハンバーグ(たしかラム肉だったはず)。
そして、レモンが乗ったフライは、とんかつではなくてナマズのフライでした。
あと、島にんじんのマリネ、惣菜パイ的なもの、そしてパン。
 中央に見えるのはザジキ(ジャジキ)と言うヨーグルトベースのギリシャの代表的なソースで、コレをつけるとなんでも美味しくなると、店主のパメラさんが言っていました。
lgkfv08
なので、どの料理にもたっぷり乗っけて食べました。
もちろんナマズのフライにも、
lgkfv09
ガッツリつけて食べました。
ナマズのフライ、サクサクフワフワで美味しかったです。 
ナマズ、バンザイ!
どれも、なかなか味わい深かったな。
同じギリシャ料理のお店でも、国道58号沿いの比謝にある KITCHEN58 とはまた違う雰囲気です。
どっちも美味しいんですけどね。
店主も個性的で味があるし。
lgkfv10
そしてもう一つこのお店の特筆すべきは、この眺めです。
今回は、テラス席でいただきましたが、いやぁ、実に良い眺めでした。
この日は少し霞んでいましたが、バシッと晴れた日にはたまらんでしょうな!
エメラルドグリーンの海の色は、ギリシャにも通じるものがある(かもしれません。行ったことないけど…)
特にランチタイムは、テラス席がおすすめです。
ワインやビールを飲みながらゆっくりできるとホント最高だろうな。

初めていった読谷の Little GREEK Kitchen 。
料理も眺めもホント、すごく良かったです。
ここは、県外から来た友人を連れていきたいお店のリスト入り決定ですな。
もちろん、村民の皆さんにもぜひ行ってみて欲しいです。
ただし、かなり人気のお店なので予約は必須ですよ。
(ボクは、メッセンジャーで予約しました。)

◆ Little GREEK Kitchen
  所在地 読谷村字長浜1189番地3 1F
  電 話 098-989-7777 or 080-8566-0802
  E-mail 
mylittlegreece@gmail.com
  営 業 
 ◎ランチタイム 12:00~ 月、木、金、土、日曜日(子ども可) 
  メニュー『シェフのおまかせランチメゼ』2,376円(税込み)
  ・ギリシャサラダ、メゼプレート(肉料理、魚料理、パイetcの盛合せ) 、デザート、コーヒー
 ◎ディナータイム 18:00~ 金、土曜日(完全予約制、子ども不可) 
  ディナーメニュー『シェフのおまかせランチディナーコース』3,240円(税込み)
  ・スターター、ギリシャサラダ、メゼプレート(肉料理、魚料理、パイetcの盛合せ)デザート、
   コーヒー

どうも、キタローです!
先日、久しぶりに読谷物語に行ってきました。
あの読谷物語です。
ym19013001
相変わらず、オシャレで大人な雰囲気。
オーナーのコダワリがハンパじゃないですからね。
ビールやワインもありますが、泡盛は、残波ブランドのみ。
泡盛は、全部やちむんのボトルに移し替えて供されます。
ym19013004
器は、全て読谷のやちむん。
大嶺工房のものをはじめ、オーナーの目にかなったステキなものが使用されています。
ym19013003
店内の装飾には、読谷山花織のタペストリー…。
お店がオープンしてからもう四半世紀。(たぶん)
当時は、これほど地元にこだわりつつオシャレなお店は、他になかったよなー。
そして、今でもまったく色あせてません。
ym19013002
海ぶどうそーめんチャンプルー、よもぎソース。
うーむ、美味い。
ym19013006
地魚を中心とした刺身盛り合わせも。
島ダコサイコー。
ym19013007
県産豚の角煮に豚足の唐揚・南蛮だれ。
豚足の唐揚げが、激旨です。
あと、写真撮り忘れましたが、ジーマミー豆腐の揚げ出しも外せません。
そうそう、チキナーののり巻きにぎりも…。
久しぶりでしたが、料理、お酒、音楽、お店の雰囲気…どれも相変わらず良かったなー。
やっぱり、読谷に読谷物語あり!ですな。
その良さを再確認した夜でした。

読谷物語
  所在地 読谷村字波平2481番地1
  電 話 098-956-0002
  営 業 18:00 ~ 23:00
  定休日 毎週日曜日、第2、第4日曜の翌月曜日

どうも、キタローです!
先日は「 あぶラン2019 」で盛り上がった もつ焼きあぶさん 。
ある筋からの情報によると2月にも何かたくらんでいるようです…。
abs29
あぶさんといえばもつ焼き屋なんですが、実はステーキが絶品&大人気。
ランチタイムのステーキは、売り切れになることも珍しくありません。
abs291
このシュウマイもビックサイズで肉たっぷり…たまりませんな。
安いし。
と、肉が美味しいあぶさんで、2月9日(ニクの日)に「ニクにまつわる何かが起こる説」がただいま密かに盛り上がっているようなんです。
こ、これは、目が離せませんな。
引き続き調査を行い、情報を入手次第、即刻ご報告いたします。
しばしお待ちを!

↑このページのトップヘ