キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみーぐる!読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)の個人的な目線で語っちゃいます!

カテゴリ: 飲食

どうも、キタローです!
金月そばのタッキーが、FBで今日は 沖縄そばの日 だから金月そば全店で麺大盛り無料!ってアナウンスしていたので、コリャ行かなきゃ!と、さっそく行ってきました。
kts17101701
金月そば、読谷本店。
なかなかいい風情の店構えですね〜。
kts17101703
早速店内に入って券売機を見ると、各種そばの大に✕印が。
そう、売り切れではなく、並の料金で大盛りサービスなんで、今日は大の販売は無いんですね。
並の料金を支払って、お店の方に券を渡す時に並か大を告げればいいいんですねー。
オーソドックスなスタイルのそばもいいですが…ボクは、金月ならやっぱり坦々そばかなぁー。
もちろん、迷わず大盛りで。
kts17101704
しばらくすると、坦々そば(大)が登場!
やはり大盛りは、麺のたっぷり感が違います。
しかし、あいかわらず美しい色合いだなぁ。
kts17101705
ほら、こんな感じ!
麺が盛り上がってます。
ん?心なしか前より麺が細くなったような気が…気のせいかな?
kts17101706
でも、そんなことはお構いなしに、いただきます!
しかし、そこはやはり大盛、結構食べごたえがありました。
ところがこともあろうに、店長知花くんが、「よければライスをサービスしますよ!」と悪魔の囁き…。
断る理由もなく、じゃお言葉に甘えて、と…満腹です。
もう、ホントに満腹。
大&ライスは、結構手強いっス。
kts17101707
でも、まぁ、美味しいから、もちろん完食。
いやぁ、ごちそうさまでした!


◆ 金月そば 読谷本店
  所 在 地 読谷村字喜名201番地
  電   話 098-958−5896
  営業時間 火曜日から土曜日 11:00〜15:00
       日曜日 11:00〜16:00
  定 休 日 月曜日

どうも、キタローです!
以前、千ベロが気になる と紹介したはりゆんに、お昼ごはんを食べに行きました。
hry101
はりゆんは、人気の居酒屋ですが、お昼はランチもやっています。
hry104
はい、こちらがランチメニュー。
hry105
ランチメニューの注目株は、こちら、1日限定5食のちらし寿司セット500円です。
もずく酢、味噌汁付きで500円は、お得だよなー。
hry108
しかーし、今回のお目当ては、こちらの丼・日本そばセット。
丼に日本そばと小鉢ともずく酢がついています。
日本そばは、沖縄そばかアーサ汁に変更することもできるようです。
ごはんは、大盛り、普通盛り、小盛りが選べます。
なかなか気が利いてますね。
hry106
丼の種類も豊富で、天丼、野菜丼、カツ丼、サラダチキン南蛮丼の他に海鮮の丼も各種ありますが…、
hry118
本日のチョイスは、ズバリ、はりゆん丼セット。
780円。
ごはんは普通盛りで、ざるそばのセットにしました。
(指が写っていますが、そこは関係ありません。)
hry111
はい、来ました。
こちらが、はりゆん丼セット。
なかなかいい感じです。
hry114
まずは、ざるそばから。
たまには、日本そばもいいですな。
ツルツルーッといただきました。
hry110
そして、丼。
都屋漁港から仕入れたイマイユを使用しているそうで、ネタは毎日変わるようです。
お魚は何だかわかりませんが(聞けば良かった…)ピカピカして美味しそうです。
hry112
はい、こんな感じ。
恒例の食べかけ写真。
酢飯の具合もいい感じで、かなり美味しくいただけました。
いやぁ、こりゃ満足!
hry117
ざるそばは、ミニだけあってあっさり完食。
ランチの丼の前に食べるなら、まぁ、このくらいの量で充分ですね。
hry116
もちろん、はりゆんもあっさり完食。
小鉢の茶碗蒸しも美味かった。
hry115
充実感、半端ないランチでした。
値段的にも、大満足です。
ごちそうさま!
hry102
これは、はりゆん丼の日替わり具合もチェックするためにも時々行かなきゃいけないなぁ。
楽しみかも!

◆ 居酒屋 はりゆん
  所在地 読谷村字大木467番地3
  電 話 098-989-5062
  営業時間 11:00〜24:00(L.O.23:00)
  ※ランチタイム営業やってます!

どうも、キタローです!
話題の サバ6製麺所、オープン当日、行ってきました!
sb6221
昼間は、なんだかんだと行けなかったので、夕方の時間に行ってきましたよ。
18時からの再開でしたが、18時10分には、結構なお客さんが入ってました。
sb6201
営業時間は、こんな感じ。
昼は、11時半から14時まで。夜は、18時から23時。週末だと、午前2時まで開くんですね。なんか、もう飲んだ後の〆は…みたいな感じになりそうです。
sb6202
中に入ると、券売機があります。
まずは、こちらでチケットを購入。
sb6203
この日は、オープン記念でセットメニューが一律500円。
こりゃもちろんオープン限定セットメニューの一点買いですよね。
ちゃんとお店の方が、券売機の前で説明してくれました。
sb6209
こちら、通常メニュー。
替え玉とか、肉増しもできるんですね。
おつまみ盛りもありました!
sb6225
こちら、ドリンクメニュー。
アルコールは、一通りラインナップされてました。
ちょい飲み、ありですな。
もつ鍋も、1人前からあるみたいです。
コレは、いつか食べてみたい…。
と、いいつつ注文したのは、サバ醤油そばと、ミニ天津丼のセット。
定価950円が、本日は500円ポッキリ!
sb6210
はい、きました。
こちらサバ醤油そば。
醤油スープが黒い。
そして、魚系(…サバ節ね)のかおりがプンプンします。
sb6211
ネギ、チャーシュー、メンマ&カイワレ。
カイワレ以外は、定番(最強)トッピングですね。
カイワレも、彩りとして効いてます。
sb6213
こちらセットの、ミニ天津丼。
目にも鮮やかな黄色の玉子にネギの緑がいいでねー。
餡もいい色合いです。
sb6214
中太ストレート麺。
サバの出汁のきいた濃い目のスープがしっかり絡んでいます。
もちもちの自家製麺。
コレは、好きかも。
sb6215
天津飯は、濃い目の味付けのさば醤油そばに比べさっぱりとした味付け。
これは、いいね。
sb6217
はい。美味しくいただきました…が、ちょっと醤油味が濃いような気がしたのでスープを残そうかなぁ…
sb6218
と、思いましたが、やっぱり良い出汁だったんで飲み干しちゃいました。
割りスープみたいなのがあるといいかも。
魚粉(?)がたっぷり。
sb6216
こっちのほうは、スッキリさっぱりだったんであっさり食べ干しちゃいました。
濃い目のサバ醤油そばにとのセットは、なかなかの好相性じゃないでしょうか。
sb6219
はい、このとおりきっちり完食!
美味しくいただきました。
ごちそうさまでした!
次回は、半やきめしのセットにしてみようかな。
sb6220
サバ6製麺所 Plusm 読谷店。
いずれにしても 一歩 や シロサキ とは、違う味わいのお店ですね。
競合する感じじゃないですな。
選択肢が増えた感じでしょうか。
特に、遅い時間まで開いているのは嬉しいかも!
sb6222
オマケ!
そして帰りには、すぐお隣の マラサダドーナツのお店 (同じ系列みたいです。)に立ち寄って…
sb6224
期間限定のおすすめ品のレアチーズパインをお土産に持ち帰り。
なんか、いい流れ!
レアチーズパイン…激ウマでした。(あまりに美味かったので、写真撮り忘れ…)

◆ サバ6製麺所Plus 読谷店
  所在地 読谷村字大木326番地6
  電 話 098−923-2408

どうも、キタローです!
このあいだ、県道6号線を走ってたら黄色い看板の店が…ん?
あー!!!!!
gmhbs101
なんと、護佐◯(ごさまる)の看板が黄色に変わってましたー!
なぬー、角ハイボール酒場!?
gsm21
護佐◯といったら、こんな感じ(護佐◯のHPから拝借…)だったはずなのに。
gmhbs102
こんな感じに…。
どうして…?
いつの間に…?
角ハイボール…?
???だらけ。
これは、早々に潜入して調査を行わないといけないな。
と、いうことで潜入調査決定!

  住所 読谷村字楚辺1093番地
  電話 098-957-0530
  営業時間 17:00〜翌1:00
  定休日 木曜日

どうも、キタローです!
突然ですが、わがやに行ってきました。
wgy101
 わがやと言っても、ボクの家の事じゃなくて、古堅にある 居酒屋 和が家 。
「今日、和が家で飲み会するから来てね」って言ったら「家に行ってた」という逸話もあるとかないとか…。
”我”じゃなくて”和”ですから。
以前、ビストロ吉兆っていう人気の居酒屋だった場所に2015年にオープンしたお店です。
wgy104
お店の前に張られていた、我が家オープン残波黒キャンペーンの横断幕。
どうも、2015年のオープン時から張られてるみたいです。
ずっとキャンペーンをやっているんでしょうか…気になります。
wgy105
こちらのちょっとオシャレなドアを開けて、店内に突入。
wgy106
お店の中に入ると、こんな感じ。
カウンターの向こうに調理場が見える、いわゆるオープンキッチンなつくりです。
wgy107
カウンター以外には、テーブル席が6つ。
そのうち掘りごたつになっている4テーブルは、くっつけることもできるので、20人くらいの宴会ならできそうな感じです。
wgy109
まずは、お約束の生ビール。
麦職人とスーパードライがあります。
ボクは、麦職人派かな。
2杯くらいの呑んだ後は、やっぱり残波の黒でしょうか。
一升瓶も置いてました。大人数なら、ありですな。
wgy110
こちら、刺盛り。
ティラジャー(マガキガイ)が入っているのが嬉しい!
wgy111
そして、サラダ。
えーっと…何サラダかは、忘れました。
すみません。
実は、料理もお酒もたいへん美味しくいただきましたが、残念なことにあまりに楽しく盛り上がりすぎてこの後の写真は、撮ってなかったみたいです…いつものことながら、申し訳ない!
wgy112
カウンターの上には、テレビもありますよ!
…そんなことはさておき、いつかは、こんな風にカウンターで大人飲みしたいですね。
ははは…。
次回は、ちゃんとオススメメニューを紹介できるように頑張ります!
wgy102
とにかく、和が家。
我が家のようにリラックスできるいいお店です。

◆ 居酒屋 和が家
  所在地 読谷村字古堅595番地1
  電 話 098−957−5500

どうも、キタローです!
気なってしょうがなかった、食堂 わ琉 についに行ってきました!
wr201
食堂なのか居酒屋なのか…ナゾは、ついに解けましたよ!
この店構えがイケなかったんです。
ザ・モルツと提灯のうちな〜和食居酒屋の文字が…。
wr202
心を込めて営業中のところに行ってきましたよ。
wr203
中に入ると、なんとほぼ満員状態!(思ったより狭いお店で、店内写真を撮るのはちょっと…)
それほど広くない店内に、椅子席、カウンター席、座敷に2テーブルがありましたよ。
壁の方をみると、このようにメニューがびっしり貼られていました。
何ていうか…もう、思いっきり絵に描いたような大衆食堂でした。
wr209
はい、こちら注文口です。
カウンターに玉子が山積みなところが、いいね。
wr210
窓際には、マンガ。
テーブルには、赤黃ばし、コーレーグースー、七味、紅しょうが…そばやー感満載でした。
ただし、100%ビールのモルツ(380円)も置いてます。
wr208
正しい大衆食堂の雰囲気。
嘉手納高校押しな感じも伝わってきます。
甲子園に何度か出場している隣町の嘉手納高校には、読谷の野球少年もたくさん進学してますよね。
(読谷高校も、春1回出場してます!)
そして、ゴリラーマン…。
wr207
沖縄の大衆食堂といえば、やっぱりそばかなぁ…と思いつつも、かつ丼という選択肢もありですね。
ということで、かつ丼(650円)。

wr206
このビジュアル。
これです、欲しかったかつ丼。
そば汁とキムチが付いてます。
wr205
そして、お約束の食べかけ画像は、いい感じに絡んだ豚かつのアップ。
濃い目の出汁がうまく染みてます。
やや汁だく気味なとこも、好感度大!
wr212
はい、あっという間に完食。
ごちそうさまでした!
いやぁ、いいね。
こんな感じのかつ丼。
これは、お昼ごはんの選択肢が増えちゃったなぁ。
wr211
井川遥さんが、潤んだ目で見つめてました。
角ハイボール…嫌いじゃないけど午後も仕事なんで…。

結論 わ琉は、正しい大衆食堂でした。
しかも、大人気でお昼時は満員です。

◆ 食堂 わ琉
  所在地 読谷村字波平945番地
  電 話 080-6487-5665
  営業時間 11:00~15:00
  定休日 日曜日、月曜日

※どうも、以前沖縄市あたりで居酒屋をやってたんだけど、読谷に移転して食堂で営業再会したようです。こちらに詳しく紹介されていました

どうも、キタローです!
Gala青い海にある 海辺のダイニング KISAMAで、塩そばが復活したという情報をゲットしたので早速行ってみました。
ksm101
Galaの駐車場。
KISAMAは、写真奥のほうの建物の中にあります。
ちなみにお隣は、オーシャンズピザ 。
ksm103
はい、こちらが入り口。
KISAMAは、夜はオシャレな居酒屋って感じですが、ランチタイムには、おそばとかカレーがラインナップされています。
ksm107
中に入ると、かなりウッディな感じ。
ご覧のように目の前に海が広がっています。
天気のいい日には、サイコーですね。
夜は、北谷から那覇方面の夜景も楽しめますよ。
うーん、いいかも…。
ksm106
テーブルやイスは、こんな感じ。
結構重厚感がありますね。
ksm105
広々としていますが、落ち着いた感じで、なかなかいい雰囲気です。
ksm108
こちらが、ランチメニュー。
お目当ての塩そばは、3種類。
炙ったスーチカーがのったやつと、塩煮のソーキ(本ソーキ)がのったやつ、それから両方乗ったやつです。もちろん、両方乗せをチョイス。
ksm110
はい、来ました!
KISAMAそばは、両方のっております。
左側、若干揚げ豆腐のようにも見えますが、分厚いお肉がしっかりついたソーキです。
塩そばは、以前KISAMAで人気のメニューだったけど、いつのまにか消えてたんだよなー。
で、今回、期間限定で復活!ということらしいです。
ksm111
こちらアップ。
ご覧の感じのソーキ。
炙ったスーチカーも美味しそうです。
ちょっと逆光気味で、白っぽくなっててゴメンナサイ…。
ksm112
麺は、やや太めのほぼストレートな感じ。
結構なたっぷり感です。
ksm113
こちら、炙りスーチカー。
2枚載ってます。
見た目もいい感じだし、塩味も軽くて美味しいです。
ksm114
こちらは、肉厚のソーキ。
塩煮ということですが、それほど塩味は感じません。
大きめのソーキが2つ載ってるので、しっかり肉を食べてる感じがします。
ksm115
はい、完食!
大(850円)を頂きましたが、結構ボリューミーで満腹満腹。
ほんのり塩味のスープは、豚の出汁で美味しかったです。
ごちそうさまでした。
塩そばは、期間限定のようなので、気になる方はお早めに!

◆ 海辺のダイニング KISAMA(キサマ)
  所在地 読谷村字高志保915番地
  電 話 098-958-7724
  営業時間 ランチ  11:30~15:00 (L.O.14:30)
       ディナー   17:30~22:00 (L.O.21:00)
  定休日 月曜日

どうも、キタローです!
最近、県道6号線沿い読谷小学校前の食堂のことが激しく気になってます。
wr101
その食堂とは、こちら「わ琉」(わりゅう)。

wr102
店構えは、こんな感じ。
この日はあいにく定休日でしたが、入り口の様子なんかは…どう見ても居酒屋です。
(電話番号が、ちょっと怪しい…)
wr104
提灯をはじめ、このウッディな感じとかザ・モルツ《生》の立看も。
しかも、窓が少なくてちょっと隠れ家感のあるところなんか、もう絶対、夕方からのお店みたいです。(…思い込み激しすぎ。)
wr103
が、入口横のテイクアウト(?)コーナーらしきところには、こらまたスタンダードな食堂メニューが!
しかも、結構リーズナブル。
ますます気になります。
wr105
食堂わ琉…なんか、あなどれない雰囲気。
食堂みたいな居酒屋なのか?居酒屋みたいな食堂なのか?はたまた、食堂&居酒屋なのか?
ネット上では、営業時間が11時から15時までという情報もあるようですが…。
近々、潜入(?)捜査を敢行しちゃいますよ!

どうも、キタローです!
久しぶりに沖縄そばだよなぁ、という気分になったのでそば処根夢(ごん)読谷店に行ってきました。
gon101
根夢といえば三代目そば王に輝いたお店として有名ですが、沖縄市の本店、宜野湾の伊佐店に次いで3番目のお店として読谷店がオープンしました。
もう何年たつんだろう?確か2013年?4年くらいたちますかね。
伊良皆交差点近くの国道58号沿い。
以前は、豚豚家(…大好きだった)だったところです。
gon102
はい、こちらがエントランス。
GONと英語(ローマ字)の表記がされているところが、インターナショナル感を醸し出してます。
gon112
店内はかなり広いですよ。
テーブル席に座敷もあります。
掘りごたつのエリアもあるんでので大人数でも大丈夫ですね。
gon104
こちらがメニューです。
基本そばのみのメニュー構成。
ここは、やっぱりおすすめ!のミックスそばかな。
gon105
ナンコツ、本ソーキ、三枚肉が同時に楽しめます。
悩んだ末に、大780円で。(悩むとこソコね)
ちなみにソーキそばは、本ソーキとナンコツ2種類入ってるそうです。
gon111
テーブルの上には、七味、紅しょうが、コーレーグースーがセットされています。
ボクは以前は、紅しょうがいらない派でしたが、最近はある派かな。
gon107
来ました、ミックスそば!
青ネギが結構大量にのってます。
コレは嬉しい!
ネギ抜きもできるようだけど、やっぱりある方がいいよなー。
お出汁もいい感じ。
澄んでいますが、たぶん豚出汁メインですね。
最近はカツオ出汁の効いたお店が多いような気がしますが、このお出汁もかなりイケます。
gon108
麺は、白いストレート麺。
やや太めといった感じでしょうか。
なかなかコシもあって、たっぷり感がある(?)麺です。
紅しょうがも、もちろん載せます。
gon109
こちら、三枚肉。
味、染みてます。
gon110
そして、ナンコツソーキ。
よく煮込まれてます。
ナンコツのコリコリ感結構好きなんです。
本ソーキは、美味すぎて撮り忘れ。(すみません)
gon113
久しぶりに根夢の沖縄そば、堪能しました。
オーソドックスなそばだと思いますが、こういうのもやっぱいいですね。
最初に伊佐店で食べた時のような鮮烈な印象はなかったけど、安定の味です。
観光でお友達が来たときなんかは、案内したいお店ですね。
※お持ち帰りもできるみたいですよ。

◆ そば処 根夢(ごん)読谷店
  所在地 読谷村字伊良皆230番地2
  TEL 098−956−1085
  営業時間 11:00〜15:00(売切れ次第終了)

どうも、キタローです!
昨日のウークイ。(旧盆最終日)
お昼ごはんを外食することになってしまい、どうしようか?って考えたところ
こんな日(ウークイ)でも絶対開いてそうなところを思いついたので、行ってきました。
ocoo101
それは、サンエー大湾シティにある、大阪王将 。
おー、王将といえば、西日本を中心に手広く展開する中華料理のチェーン店。
大阪と京都の2つの系統があるようですが、沖縄に入っているのは大阪の方です。
沖縄では、サンエーが展開しているようですね。
その王将が、いつの間にか読谷にもできていました。
場所は、先月オープンしたサンエー大湾シティ。
王将なら、旧盆スケジュール関係ないでしょう。
カンバンの元祖焼餃子の文字が眩しすぎます。(この日は、曇り空だったんで写真ちょい暗めです…)
ocoo102
OSAKA OHSHO!
たぶん外国人にも人気だはず。
ocoo117
新メニューのポスターが燦然の輝いてましたよ。
中華屋で煮干醤油ラーメン(…中華?)、シーザーサラダ(イタリアン?)
さすが、攻めてます。
ocoo105
店舗の中は、ご覧のとおり明るくて日当りがいい(?)清潔感あふれる感じ。
ファミリー層におすすめですな。
ocoo103
といいつつ、お一人さまのおぢさんは、カウンターの隅の方に着席。
こういうポジションが何故か落ち着きます。
で、定食メニューを見る。
ocoo104
開いてみると、いろいろ魅力的なラインナップ。
でも、やっぱりここは焼餃子を食べたいところです。
なんたって元祖焼餃子ですから。
餃子といえば大阪王将。大阪王将といえば餃子。
ocoo106
注文が決まったら、このボタン「ソネット君」で店員さんを呼びます。
(このボタン、ソネット君っていうんですね。)
ocoo107
カウンターには、餃子のタレやラー油なんかの調味料一式。
おはし、紙ナプキン、紙おしぼり、タレを入れるお皿がセットされています。
ocoo108
はい。
こちらが紙おしぼり。
王将のマークの横にデーンと餃子の文字が。
「食後のニオイが気にならないニンニクを使用」らしいです。
いいですねー。昼ごはんにもガンガンいけそうです。
ocoo109
で、結果的に注文したのは、麻婆丼セット。税込み1,110円。(おい、コラ!)
ついつい麻婆豆腐が美味しそうだったから…。
ocoo110
こちらが、その麻婆豆腐をごはんにかけた麻婆丼。
唐辛子マーク1個でした。
ocoo111
こちら、味噌ラーメン。
セットの場合、醤油、塩、味噌、トンコツの中から選ぶことができるようです。
味噌ラーメンを選びましたよ。
ocoo112
はい、そしてメイン(?)の餃子。
サイズもなかなか立派で6個で240円は、コストパフォーマンス的には合格です。
端っこのヤツが焦げてますが、ご愛嬌。
ボクは、大丈夫です。
ocoo113
味噌ラーメン。
うーん…まぁ、最近食べたラーメン屋が皆んな美味かったので、評価は厳しいくなっちゃうんですが、悪くは無いかなぁ。でも、ここは醤油でも良かったかなぁって思いました。
ocoo114
マーボー丼。
少し片栗粉感がありますが山椒のピリリ感もあって、まぁ美味しいです。
でも、やっぱり辛さはそこそこですね。
もう少し辛さがあってもいいかな。
ネット情報だと、店舗によっては辛さの調整もやってくれるそうなんで、今度チャレンジしてみよーっと。
ocoo115
そして、餃子!
コレは、もう普通に焼餃子。
ビールのお供にいいやつですね。
ごはんにもあう。
ニオイも気にならないので、お気楽にいただけます。(八茶坊の餃子も平気で食べますが…)
ocoo116
とか何とかいいつつも、しっかり完食!
結構なボリュームでした。
まんぷくまんぷく。
次来る時は、麻婆豆腐の辛いやつにできるかの確認をしてみようかなぁ。
でも、本音で言うと、ごはんセット(ごはんと玉子スープ。ごはんは無料で大盛り可)254円に餃子2人前480円が本命…いや、大本命かな!?

大阪王将 大湾シティ店
  読谷村字大湾343番地
  098−956−3332
  営業時間 11:00〜18:00(L.O.17:00)
  ※近々、営業時間延長の情報あり。

↑このページのトップヘ