キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみーぐる!読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)の個人的な目線で語っちゃいます!

カテゴリ:飲食 > たべるとこ

どうも、キタローです!
週末、友人や後輩たちと忘年会。
1次会居酒屋、2次会カラオケ、3次会ボーリング…といった、まるで大学生のようなヤングな展開におじさんは、もうヘトヘト。
…そういうことで、〆はサバ6へ。(何がそういうことかは、不問にしてください。)
sb617120801
深夜1時半、サバ6でサバ醤油そばを食う…美味し。
サバ節だよなぁ。
濃い味が染みるよなぁ。
呑んだ後は、こういうのいいなぁ。
ボソボソとつぶやきながら、友人Hとしみじみとすする醤油そば。

読谷でこの時間まで開いているのは、ほんとありがたいなぁ。
週末のサバ6の営業時間は、午前2時まで。
3時に行っても…食えません。
あと、日曜日から木曜日までは午後11時まで。
ご注意ください!

  所在地 読谷村字大木326番地6
  電 話 098−923-2408
  営 業 日~木・祝 11:30~14:00 18:00~23:00
      金、土・祝前日 11:30~14:00 18:00~翌2:00

どうも、キタローです!
先日、テイクアウトでポークプレートを食べた 大湾の国道沿いにあるギリシャ料理KITCHEN58に、今度はイートインしようと思いたち、さっそく行ってきました。
k58201
こちらのお店は、国道58号沿い比謝にあって…村民だと、レオンの隣って言ったほうがわかりやすいですね。(逆に村民以外には分かりにくいか…)
まぁ、58号比謝付近で青と白のカラーリングのお店なんで、すぐわかると思います。
k58202
ちょっと年季の入った雰囲気のドアには、OPENのサインと、オススメの料理のイラストが!
ムサカギロ がオススメなんですね。
k58203
こんな、感じでアピールしていたので、もうムサカを注文することに決定です。
ムサカは、MOUSSAKAって書くんですね。
ムサカを注文すると、店主(たぶんギリシャ系のアメリカ人)が、上手な日本語で、普通はマカロニサラダとコールスローなんだけど、今日は、ギリシャ風のサラダがあるからそれにする?って言うので、迷わずお願いしました。
k58204
こちらが、そのサラダ。
k58205
食べてみると、ぶどう(!)が入ってました。
あとレンズ豆 も。
ドレッシングの酸味と葡萄の甘さがいい感じで、豆の食感も含めコレはかなり美味しい
k58208
そして、いよいよムサカ。
見た目グラタンみたいです。
付け合せには、パラパラのごはんと、野菜を炒めのようなものがついています。
k58206
見た目は、ナスやじゃがいも(?)とミートソースが層になってて、その上にホワイトソース(?)を乗せてオーブンで焼いてる…って感じです。
食べてみると…やっぱり、イメージはグラタンですが、気のせいかハーブ系の香りやスパイスの風味も感じられてちょっとエスニックな感じもします。
ほほー、コレがギリシャ料理なんですね。
もー何だか、ギリシャ気分ですわ。
ワインにも合いますね、コレは。
うん、美味しいです!
最終的には、付け合せのごはんや野菜を炒めたものとグチャグチャにして食べちゃいましたが、そういう食べ方も美味しかったです。(食べ方があっているかわかりませんが…)
k58209
はい、キレイに完食。
いや、初めて食べましたが美味しかったです。
k58118
そういえば、前に行った時にもらったこのカード(フライヤー)を見せたら、ドリンク1杯が無料でいただけました。(また、次回も使ってねって、返された。)
実質、ドリンク付きって感じですね。
k58210
ちなみにドリンクもお水も、こちらのたっぷり入る大きなグラスででてきます。
…嬉しいかも。
フライヤーは、ぜひともゲットですね。
食べたこと無いメニューが他にもいろいろあったんで、次は、また別の料理にチャレンジしてみよーっと。

ちなみにこちらのお店、予約もできるしパーティーもOKだそうです。
5人以上で予約すると、ビール450円のところを350円で提供するそうですよ。

  所在地 読谷村字比謝22番地2
  電 話 098−960−3151
  定休日 月曜日、火曜日[水~金]
  営 業 11:00〜15:00、17:00〜20:00(土・日 11:00~20:00) 
      ※予約で22:00まで営業

どうも、キタローです!
11月22日 大湾東のラーメン魁力屋 がオープンしたっていうので、遅ればせながら行ってきました。
kry104
魁力屋といえば京都発祥のラーメン屋さんですね。
沖縄では、3店目になるようです。
kry105
入り口の雰囲気は、こんな感じ。
読谷店の営業時間は、11:00〜24:00となっております。
kry117
お店の中に入るとこんな感じ。
カウンター席が13席。6人がけのB0Xシートが5つ配置されています。
食券ではなく、席で注文をする形態でした。
kry106
テーブルの上には、メニューと調味料。
刻みネギとたくわんも置かれてます。
ネギの追加が自分でできるのも嬉しいかも。
ヤンニンジャンは辛みそみたいな感じですが、かなり辛いです。
入れすぎ注意ですね。
kry109
お店の一番人気は、特製醤油味玉ラーメン。
確かに、コレは美味そうです!
プラス230円で、定食にできます。
餃子定食と唐揚げ定食は、ごはん大盛りにもできるみたいです!
これは、嬉しいかも。
kry110
気になるのは、数量限定の特製醤油ネギラーメン。
短冊切り(ネギを縦に切ってます)のネギの量が半端ない感じです。
kry111
醤油味がメインですが、味噌ラーメンや、辛味噌ラーメン、
kry112
塩ラーメン、コク旨ラーメンといったラインナップも。
コク旨…今度、食べてみよう。
kry114
生ビールやチューハイ。
そして、ちょっとしたオツマミ系のメニューもあります。
ちょい飲みもできますね。
kry116
ハイボール、ウーロンハイ、ビンビールもありますよ。
kry107
オーダーの際には、麺の硬さ、背脂の量、ねぎの量を指定します。
硬め、多め、多め、にしたいところですが…背脂は、普通でお願いしました。(ちょっと後悔)
kry118
オーダーしたのは、悩んだ結果、数量限定の特製醤油ネギラーメン(大盛り)!
ねぎの多さにビックリ。
ねぎの森です。
でも、背脂は、普通で…。
kry121
にも関わらず、餃子定食セットにしてごはん大盛り…って。
かなりボリューミーになってしまいました。
980円+230円。
kry122
しかし、すごいなーネギ。
kry123
短冊切りのネギと麺を一緒に食すと…旨なぁ。
シャキシャキ感もサイコーです。
ネギは、京野菜の 九条ネギ 。
京都の契約農家でつくられているそうで、なんか贅沢な感じがします。
さらに、勢いでテーブルにある刻みネギも投入しましたよ。
kry124
はい。
しっかり、完食!
しかーし…若干の反省点も。
ラーメン大盛り+ごはん大盛りは、おじさんには、かなりキツイです。
後半、スープにお酢を入れたり辛くしたり味変をして乗り切りましたが、次から定食にする時は、並+普通盛りにします。
欲張ったらダメですね…。
kry103
ラーメン魁力屋。
京都

京都北白川 ラーメン魁力屋 読谷店
  所在地 読谷村字大湾35番地1
  電 話 098-989-9999
  営 業 11:00〜

どうも、キタローです!
読谷に、お好み焼のお店ができたということで、さっそく行って来ました!
uns101
お店の名前は、お好み焼き 馬之助。
宜野湾発祥の、県内では有名店ですね。
場所は、比謝橋近く、以前ファミリーマートや焼肉五苑とかがあったあのビルです。
その昔は、ベスト電器が…知らない人も多いか…。
(あ、純喫茶リバーサイド!いつか行こうと思いつつまだ未開拓の老舗)
uns102
はい、こんな感じで、バーンとカンバンがでてます。
uns107
営業時間は、11時から23時まで。
ラストオーダーが、22時のようです。
uns104
お店の前には、こんな詩が掲示されています。
なるほど。
ふむふむ。
メリケン粉野郎…ステキです。
宮沢賢治好きにも、お好み焼き好きにも、ジーンとくる(?)詩ですね。
uns109
ということで、入店!
入ると、正面にカウンター席(鉄板無し)。
その左右に、テーブル席(鉄板有り)が配置されています。
uns112
テーブル席は、こんな感じ。
鉄板がお好み焼気分を盛り上げてくれますねぇ。
uns110
そして、右手奥には座敷スペース。
小さなお子さんとかがいる場合は、ここが良いかも。
uns111
入り口からカウンター席を挟んで一番奥にキッチンが。
オープンキッチンですね。
お好み焼を注文すると、基本的にこちらの鉄板で店員さんが焼いてくれて、それがテーブルに運ばれてきます。
お好み焼づくりに慣れて無くても、全然OKです!
uns113
鉄板に油を引いてスタンバイ。
期待感、半端ない瞬間…ワクワクですな。
uns114
というところで、お品書きのチェック!
読谷店の他に、真栄原店、豊見城店があるんですね。
uns115
お!ランチメニューもあり。
フード1品+ソフトドリンクで、500円(!)
これは、コスパ高いですねー。
uns117
食べ放題、飲み放題プランもありました!
1,800円+1,500円=3,300円で90分間食べ飲み放題っていうのは、ある意味ありですなー。
(16時までに入店なら食べ放題は、1,500円!)
粉モンで、ビール。
いいじゃないですか!
サイコーです。
uns118
こちらが、お好み焼のレギュラーメニュー。
個人的には、豚モダン焼、一押しかな。
uns119
焼きそばやもんじゃもありますよ。
uns120
アルコールは、こんな感じ。
uns121
そんなこんなで…はい、やっぱり、ビール!
オリオンの生。
一杯やってると、注文したお好み焼が届きます。
uns126
届いたお好み焼きを、テーブルの鉄板で仕上げます。
むむむ…みんなやりたがり!
uns123
焼きあがってきたお好み焼きにトッピングしたり、ソースをつけたり…いやぁ、コレが、なかなか楽しい!
uns127
コレを、人数分に切り分けて。
uns128
みんなで鉄板を囲んで、和気藹々とやるのがたまりません。
uns129
〆は、もんじゃで。
20年くらい前に月島で初めてもんじゃを食べた時、沖縄でこんな本格的なもんじゃが食べられるとは、夢にも思いませんでした。
何故か、もんじゃを食べた後に隅田川沿いを歩いた時に見た、アサヒビールの屋上のオブジェを思いだします。
…関係ないか。
uns130
はいこちら、兵(つわもの)どもの夢の後、っていう感じですね。
楽しく美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。
uns108
壁に「ENJOY OKONOMIYAKI!」の文字が。
やっぱ、お好み焼きは、楽しまなきゃね。
uns106
そんな馬之助ですが、12月から水曜日が定休日になるそうですよ。
ご注意ください。

◆ お好み焼き 馬之助 読谷店 
  所在地 読谷村字比謝矼100番地 伊波ビル1F
  電 話 098-956-7858
  定休日 水曜日(2017年12月から)

どうも、キタローです!
(じゃん)と一歩(いっぽ)。
江田フードサービスの両雄ですが、どちらも担々麺が美味い。
(担々麺好きなんで…)
なので、ちょっと比べてみました。
cj02
こちら、おなじみ、醤の暖簾。
jyant01
そしてこちらが、醤の担々麺。780円。
醤には、2種類の担々麺があるんですが、ボクが好きなのは四川担々麺。
チンゲン菜と鷹の爪が、平行に盛り付けられています。
豚骨スープがベースとのことですが、濃厚でクリーミー、ほんとクセになる味なんだよなぁ。
cjch01
ちなみに。
ランチタイムには、麺類を注文するとミニチャーハンが付いてきます。
担々麺のスープには、白飯投入!が合言葉(あくまで、個人的に)でしたが…
チャーハンも、合います。
禁断の組み合わせですが…。
rippo102
こちら、琉球麺屋一歩のカンバン。
醤の印鑑(?)が押されてますね。
ippot02
こちらは、一歩のコク旨 担々麺。780円。
よく見ると、チンゲン菜と鷹の爪の配置が、醤とは違ってますね。
このへん面白いなぁ!(…ボクだけか)
お味の方は、醤に比べて若干辛味がライトでかつ若干甘みが強いような…。
以前、江田くんが、一歩のスープはいろんな野菜とミンチ肉だけで取った出汁だって言ってたので(たぶん)、味の違いは、出汁の違いかもしれませんね。
(違ってたらスミマセン…)
rmi2x
一歩のランチタイムサービスは、麺大盛り無料。
ランチタイムには、無料で大盛りがチョイスできます。
たくさん食べたい人には、嬉しいですね。
もちろん、大盛りにしなくてもOKです。

さて、食べ比べた結果、どっちが美味しいか?
気になるところだと思いますが、結果は…
…どっちも。
ははは…スミマセン。
どっちも美味しいです。
ただ言えるのは、どちらも愛と誠に溢れてます。(わかりにくくて申し訳ない!)

どうしても、甲乙を付けたい方…実際に、ご自分で食べ比べてみてください。
よろしくお願いしまーす。

中華ラーメン 醤(じゃん)
  所在地 読谷村字都屋275番地1
  電 話 098−956−8851
  営 業 11:00〜15:00、17:00〜22:00 年中無休

  所在地 読谷村字喜名458番地3
  電 話 080−6491−0141
  営 業 11:00〜20:30
  定休日 木曜日

どうも、キタローです!
ハッピーハロウィーン!(…あってるか、不安)
と、いうことで、本日、どうもHalloweenらしいです。
何だか猫も杓子も ハロウィーン で浮かれてますが、おじさんたち世代は、クリスマスで浮かれてたことを思い出します。
今は、クリスマスより、ハロウィンなんですね。
(でも、ハロウィンは、キリスト教のお祭りじゃないらしいですよ…関係ないか?)
そんなこんなの10月31日。
まーさむん小路にある HAPI TAPI(ハピタピ) が、本日までハロウィンスペシャルメニューを販売しているということなんで行ってきましたー。
hthw1701
はい、こちらが、HAPI TAPI(ハピタピ)。
地域振興センター(CSS)のまーさむん小路に入ってすぐ右側にあるお店です。
行って見ると、店舗も何だかハロウィン仕様になってました。
hthw1702
で、そのハロウィンスペシャルがこちら!
目玉ゼリーソーダ(Bloody Eyes Soda)。
シャリシャリ目玉ゼリーとクモの形のグミが、ストロベリーソーダに浮かんでいるようです。
ナタデココとタピオカ入りだって。
hthw1703
もちろん、迷わず注文。
出てきたソレは…目玉、沈んでます。
しかし、逆に血の中に沈んだ目玉みたいがでリアルにコワい…。
hthw1704
ひえ~、見られてます…。
食べる(飲む?)のがはばかられましたが、ココは、一気に行ってみました。

…うん?思ったよりおどろどどろしくない(?)感じです。
目玉ゼリーは、確かにシャリシャリしたユニークな食感で面白いし。(口に入れた時は、さすがにちょっとヘンな感じがしましたが…)
血の海(ソーダね)は、ストロベリー風味で爽やか。
底に沈んだスパイダー(クモね)グミは、冷えて少し硬かったけど、全然OK!です。
hthw1705
目玉ゼリーソーダ、シャレが効いてていいじゃないですか!
普通に美味しいし。
ハロウィン気分に浸りたいあなたにオススメでーす。
まーさむん小路のハピタピは、本日は、夕方5時くらいまで営業しているそうですよ。
ハロウィンスペシャルの目玉ゼリーソーダを味わい方は、今すぐまーさむん小路へ急げ、だわ!

Hapi Tapi(ハピタピ)
  住所 読谷村字喜名2346−11(地域振興センター内)
  電話 080−6336−9867

どうも、キタローです!
最近、何かとお世話になっている大湾の セントラルモータース の帰りに、古堅地区で大人気のあのお店に行ってみました。。
yzs101
その名は、読谷山(ゆんたんざ)そば。
読谷山は、読谷の古い呼び方ですね。
「沖縄料理とそばの店 読谷山」と目立つ黄色いカンバンが掲げられています。
でも、お店の方には読谷山そばの表示…どっちなんだ!って言いたくなるんですが、昔から読谷山そばって呼んでるので、読谷山そばに統一します。
yzs102
以前は、古堅派出所近くにあったんですが、7〜8年くらい前に現在の場所に移転して、今では結構…いや、かなりの人気店です。
以前のお店は、ある意味とても趣のあるお店(山小屋風?)だったんですが、こちらのほうは、どっちかっていうと外観はそっけないほどシンプル。
でも、そこがいかにも大衆食堂っぽくて、いい感じなんですけどね。
yzs104
はい、コチラが入り口。
この日のおすすめは、とん汁定食750円。
yzs106
お店の中は、こんな感じ。
センターに4人掛けのテーブル席が2つ。
yzs107
左手に座敷。
こういうの小上がりっていうんでしょうか。
yzs109
左手奥には、さらにテーブル席。
一度に30人近くが食事できますが、お昼時には順番待ちのお客さんもでるほどの人気。
家族連れも多い感じです。
ちなみに、写真右手のイスは、順番待ち用のイス(!)です。
yzs108
今回、ボクが行った時もこんな状態。
満席です。
壁に千客萬來の額が掛けられていますが、まさに千客万来状態です。
yzs110
テーブルには、そば屋の基本アイテムのコーレーグースーに七味唐辛子。
おはしと爪楊枝の入れは、読谷らしくやちむんを使用してます。
yzs111
さて、メニューをチェック。
そばは、スタンダードな感じですが、中味そばがちょっと気になります。
みそ汁もいいな。
yzs112
そばだけではなく、チャンプルー系も基本は一通り揃ってます。
安定感、ありますね。
yzs113
定食やカレーもあります。
カレーは、若干黄色系かな?
最近は、そばだけのそば屋(そば専門店?)も増えていますが、ここは昔ながらのというか、なかなかしっかりとした大衆食堂ぶりです。
そのへんも人気の理由なんでしょうね。
いろいろ迷いましたが、今回は、野菜チャンプルー650円を選択。
yzs122
そして、嬉しいことにチャンプルーや定食についてくるミニそばは、プラス100円で大盛りにできます。
これは、いくしかないでしょう。
迷わず大盛り!
yzs115
はい、きました、野菜チャンプルー!
なかなか端正な面構えです。
オリジナルのあんだんすー(油味噌)も付いてます。(左上)
そばの上にある容器には、紅しょうがが入ってます。
yzs116
野菜たっぷり(…当たりまえか)の野菜チャンプルー。
豆腐&ポークが入ってます。
そして、なかなかのボリューム!
yzs117
いい感じにカツオの香りが漂ってくるスープ。
麺は、中太というにはやや細めの縮れ麺。
トッピングは、青ネギのみ。
yzs120
まずは、そばから。
トンコツ+鶏ガラ+カツオ節…でしょうか?
澄んだ色からもわかるように、あっさりすっきりした美味しいスープです。
それに、太すぎず細すぎずのもちもち麺がいい感じにフィットしてます。
コレは、いいね。
yzs118
そして、メインの野菜チャンプルー。
うん。美味い!
もやしとキャベツのシャキシャキ感が残ってて、食感もいいなぁ。
ポークと野菜の相性は、もちろん言うことありません。
そばもそうでしたが、バッチリ濃い味っていうよりは、優しい味わいでした。
yzs119
オリジナルあんだんすーも、美味しい!
ごはんが足りなくなりそうでした。
ただ、ごはんは、ぼくには少し柔らかめな感じだったな。
あんだんすーは、お持ち帰り用に販売もしているそうです。
yzs121
ということで、きっちり完食。
ごちそうさまでした!
yzs103
実は、テラス席(?)もあります。
冬以外の季節は、オススメかも。
あ、全メニュー、お持ち帰りもできますよ!

yzs105
読谷山そば。
味も雰囲気も店員さんの対応も含めて、トータルでいいお店です。
観光で読谷に来る皆さんにもオススメですね。

読谷山そば
  所在地 読谷村字古堅485番地7
  電 話 098−956−9010
  営業時間 11:00〜20:30
  定休日 月曜日

どうも、キタローです!
国道58号沿いに前から気になっているお店があったんで、ちょっくら行ってきました。
k58102
それは、こちら!
KITCHEN58(キッチン58)
このカンバンでは、GRIL&BBQって書かれてますが、ギリシャ料理のお店のようです。
ほほー。
そうすると、読谷には、2件のギリシャ料理屋があるってことになりますね。
食べログ をチェックしたら、なかなかいい感じ。
k58101
外観は、こんな雰囲気です。
青と白のペイントが、何となくギリシャっぽいですね。
お店の場所は、比謝の国道58号沿い。シナジースクエアの向かいあたり。
以前は、おそば屋さんだったところです。
ちなみに、ギリシャ語でカジュアルなレストランのことを、タベルナ(タヴェルナ)って言うそうです…だからといって、どうってこともないんですが…。
k58104
近づいて窓らしきところを見ると…思いっきり主張しています。
これはもう、ギリシャ料理店に間違いありませんね。
k58120
お店に入ると、右手に注文カウンター。
その手前にテーブル席が幾つかあります。
左手は、さらに幾つかテーブル席。
結構大きなテーブル席もあって、10名位は座れそうです。
k58109
注文カウンターの奥はキッチンになっています。
オレンジ色のシャツの大柄の方が、ギリシャ人(たぶん)のオーナーさんのようでした。
日本語、結構…ってゆーか、かなりペラペラです。
k58106
さっそく、メニューをチェック。
外国人のお客さんも多いようで、メニューは日本語と英語のものがありました。
何故か、英語のメニューを…。
Gyro(ギロ)とかMoussaka(ムサカ)っていうのが、いかにもギリシャ料理っぽくてこちらにしようかと思いましたが、例のオーナーさんが、「豚肉大丈夫?」っていうので「大丈夫ですよ」って言うと
k58107
今日のファーストカットだから美味しいよ!と、コチラを勧めてくれました。
ポークプレート。1,000円。
(食事メニューは、だいたい1,000円前後)
ススメられたら、食べないわけにはいかない。
と、いうこと迷わず(?)オーダー。
店内で食べるのも有り、でしたが、今日はテイクアウトにしてみました。
k58111
で、こちらがテイクアウトしたやつ。
たしかにお肉は熱々の厚々でした。
コールスローサラダとマカロニサラダが付いてきます。
ローストポークには、香辛料が。
付け合せは、ヘチマのソテー(!)とフライドポテト。
k58113
まずは、マカロニサラダから。
結構なボリュームです。
味は、まぁ…普通にマカロニサラダです、ね。
k58114
こちらは、コールスロー 。
これも、普通に美味しいです。
思ったよりたっぷりあるんで、お肉の箸休め的に食べるといいんじゃないでしょうか。
k58115
はい、そしてコチラがメインの香草をたっぷり使ってローストされた豚肉。
こういうのが、ギリシャ風なんですね。
しっとり柔らかくて、いい感じに味も染みてて…美味しい!
パサパサ感は、まったく感じなかったな。
これは、いいなぁ。
k58117
ごはんは、何かの野菜(たぶんブロッコリー?)が、混ぜ込まれています。
彩りでしょうか?
とにかくごはんに、お肉。
相性ピッタリって感じでした。
もちろん完食!
(味わって食べてたら、お昼時間終わっちゃって、完食写真を撮り忘れ…。)
しかし、こんなに美味しいかったら今度は、お店で食べてみたいなぁ。
k58118
帰りにこのフライヤーをいただきましたよ。
次回、このフライヤーを持参すると、ドリンク1杯が無料になるそうです。
k58119
近々、また行かなくちゃだな。
今度は、ムサカを食べよーっと!
しかし、読谷村、魅力的なお店が多くて困っちゃうなー。

KITCHEN 58
  所在地 読谷村字比謝22番地2
  電 話 098−960−3151
  定休日 月曜日、火曜日

どうも、キタローです!
台風襲来…のはずが、思ったより影響の無かった土曜日。
ふと思い立って、久しぶりに行ってきました。
ysy101
読谷食堂 ゆいまーる
共販センターと言ったほうが、村民の皆さんには、ピン!とくるかもしれません。
座喜味の国道58号沿い、アロハゴルフ場の手前にあるあのお店です。
ysy103
こちらが、共販(読谷村共同販売)センターのエントランス。
かなり、年季が入ってます。
…昭和の香り、ぷんぷん。
共販センターは、中央にちょっとしたピロティ状のスペースがあって、そこから左右に対称な形で建物が建っています。
向かって左側の建物が、村内のやちむん工房や伝統工芸を網羅した売店。
右側が、ゆいまーるです。
ysy116
こちらが、ゆいまーるの入り口。
どっちかっていうと、まぁ、そっけない感じ…かな。
ysy115
ですが、中に入るとこんな感じ。
結構広いし、明るい!
手前に、どっしりとしたテーブル席。
奥のほうには、20名はゆうに座れる座敷があります。
お昼時にもなると、村内外からのお客さんで一杯になる隠れた(?)人気店なんですねー、これが。
案の定、週末の店内は、ほぼ満員状態でした。
ysy105
テーブル席に陣取って、早速メニューチェック。
こちらが、表側。
人気メニューの写真が…どれも、美味そう!
ysy106
裏面に実際のメニューが写真付きで載ってています。
写真付きは、県外や外国の方にもわかりやすくて、いいですよね。
しかし、こうして改めて見ると結構どれもリーズナブルだなぁ。
一番高いもので、800円!
定食類も充実しています。
しかもボリュームたっぷりなんで、コストパフォーマンが高い。
うーん、何にしようか…?
カレーもいいなぁ。
などと迷いましたが、結局、軟骨ソーキそばに決定。
ysy109
はい、きました。
こちらが、軟骨ソーキそば、600円也。
見た目も正しい感じの沖縄そばです。
器は、もちろん読谷のやちむん。
たぶん、北窯…共司さんかな。
使い込んだ感じがステキです。
ysy111
さっそく、いただきます!
しっかりとした感じの中太ストレート麺がたっぷり入っているし、軟骨ソーキもどっしり乗っているので、やはりかなりボリューミーです。
ysy112
こちらが、軟骨ソーキ。
かなりデッカイくて嬉しいなぁ!
味も染みてて、美味かったんだよね、コレが。
ysy113
ちなみに、おそばにはセットでジューシーが付いてきます。
この日は、フーチバージューシーでした。(いつもかな?)
ジューシーは、フーチバー(よもぎ)の香りが気になるかなぁと思ったんですが、全然嫌な感じではなく、むしろ爽やかな感じで美味かった!
あまり炊き込みごはん系は、好きじゃないんですがコレは、完食。
ysy114
もちろん、そばも完食!
出汁も、優しい穏やかな感じの味わいで、自然に最後まで飲み干せます。
(いつもどこでも飲み干しちゃうけど)
ysy104
そば以外のメニューは、15時まで。
15時からは、そばのみ注文できるそうです。
営業時間は、16時までなんですが、ラストオーダーが15時30分なんで、遅い時間に行く場合には、注意が必要ですね。
ysy102
赤瓦が使われた外観も、歳を経て古民家風の味わいが出てます。
あと、内外に昔電柱として使われていた丸太が再利用されているのも、見どころの一つかな。
ysy108
こちら、昔、実際に使われていた電柱(木柱)を再利用した梁。
こーゆーところも気にしてみると面白いですね。(木だけに…ははは…)
あ、あと、お食事の後は、腹ごなしにお隣の共販センターでやちむんの品定めをするってゆーのもおすすめですよ!

◆ 読谷食堂ゆいまーる(読谷共同販売センター)
  所 在 地 読谷村字喜名2723番地1
  電   話 098-958−6719
  営業時間 11:00〜16:00
  定 休 日 木曜日

どうも、キタローです!
金月そばのタッキーが、FBで今日は 沖縄そばの日 だから金月そば全店で麺大盛り無料!ってアナウンスしていたので、コリャ行かなきゃ!と、さっそく行ってきました。
kts17101701
金月そば、読谷本店。
なかなかいい風情の店構えですね〜。
kts17101703
早速店内に入って券売機を見ると、各種そばの大に✕印が。
そう、売り切れではなく、並の料金で大盛りサービスなんで、今日は大の販売は無いんですね。
並の料金を支払って、お店の方に券を渡す時に並か大を告げればいいいんですねー。
オーソドックスなスタイルのそばもいいですが…ボクは、金月ならやっぱり坦々そばかなぁー。
もちろん、迷わず大盛りで。
kts17101704
しばらくすると、坦々そば(大)が登場!
やはり大盛りは、麺のたっぷり感が違います。
しかし、あいかわらず美しい色合いだなぁ。
kts17101705
ほら、こんな感じ!
麺が盛り上がってます。
ん?心なしか前より麺が細くなったような気が…気のせいかな?
kts17101706
でも、そんなことはお構いなしに、いただきます!
しかし、そこはやはり大盛、結構食べごたえがありました。
ところがこともあろうに、店長知花くんが、「よければライスをサービスしますよ!」と悪魔の囁き…。
断る理由もなく、じゃお言葉に甘えて、と…満腹です。
もう、ホントに満腹。
大&ライスは、結構手強いっス。
kts17101707
でも、まぁ、美味しいから、もちろん完食。
いやぁ、ごちそうさまでした!


◆ 金月そば 読谷本店
  所 在 地 読谷村字喜名201番地
  電   話 098-958−5896
  営業時間 火曜日から土曜日 11:00〜15:00
       日曜日 11:00〜16:00
  定 休 日 月曜日

↑このページのトップヘ