キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみたんをみーぐるぐる。読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)が勝手にウキウキウォッチング!?

カテゴリ:飲食 > たべるとこ

どうも、キタローです!
いきたかったお店についに行ってきました。
lgkfv01
Little GREEK Kitchen(リトル・グリーク・キッチン)。
以前、伊計島にあったときに行ったことがありますが、読谷に移ってから初めての訪問になります。
読谷には、2016年12月に移転して来たそうですから、2年間も行けずにいたんだなぁ。
lgkfv02
ランチタイムのメニューは、お任せ1コースのみです。
最初に出てきたのは、こちら!
ギリシャのサラダだそうです。
lgkfv03
人数分が、大きめのお皿に盛られて出てきます。
これで、4人分。
lgkfv04
キュウリ、トマト、オリーブ、紫玉ねぎ。
白いやつは、手作りの フェタチーズ 。
コレ、シンプルだけどとても美味かったです。
lgkfv05
サラダの次は、その日の料理が一皿でババーンと出てきます。
メゼプレートと言うみたいです。
lgkfv06
この日は、グリルチキンにギリシャ風のハンバーグ(たしかラム肉だったはず)。
そして、レモンが乗ったフライは、とんかつではなくてナマズのフライでした。
あと、島にんじんのマリネ、惣菜パイ的なもの、そしてパン。
 中央に見えるのはザジキ(ジャジキ)と言うヨーグルトベースのギリシャの代表的なソースで、コレをつけるとなんでも美味しくなると、店主のパメラさんが言っていました。
lgkfv08
なので、どの料理にもたっぷり乗っけて食べました。
もちろんナマズのフライにも、
lgkfv09
ガッツリつけて食べました。
ナマズのフライ、サクサクフワフワで美味しかったです。 
ナマズ、バンザイ!
どれも、なかなか味わい深かったな。
同じギリシャ料理のお店でも、国道58号沿いの比謝にある KITCHEN58 とはまた違う雰囲気です。
どっちも美味しいんですけどね。
店主も個性的で味があるし。
lgkfv10
そしてもう一つこのお店の特筆すべきは、この眺めです。
今回は、テラス席でいただきましたが、いやぁ、実に良い眺めでした。
この日は少し霞んでいましたが、バシッと晴れた日にはたまらんでしょうな!
エメラルドグリーンの海の色は、ギリシャにも通じるものがある(かもしれません。行ったことないけど…)
特にランチタイムは、テラス席がおすすめです。
ワインやビールを飲みながらゆっくりできるとホント最高だろうな。

初めていった読谷の Little GREEK Kitchen 。
料理も眺めもホント、すごく良かったです。
ここは、県外から来た友人を連れていきたいお店のリスト入り決定ですな。
もちろん、村民の皆さんにもぜひ行ってみて欲しいです。
ただし、かなり人気のお店なので予約は必須ですよ。
(ボクは、メッセンジャーで予約しました。)

◆ Little GREEK Kitchen
  所在地 読谷村字長浜1189番地3 1F
  電 話 098-989-7777 or 080-8566-0802
  E-mail 
mylittlegreece@gmail.com
  営 業 
 ◎ランチタイム 12:00~ 月、木、金、土、日曜日(子ども可) 
  メニュー『シェフのおまかせランチメゼ』2,376円(税込み)
  ・ギリシャサラダ、メゼプレート(肉料理、魚料理、パイetcの盛合せ) 、デザート、コーヒー
 ◎ディナータイム 18:00~ 金、土曜日(完全予約制、子ども不可) 
  ディナーメニュー『シェフのおまかせランチディナーコース』3,240円(税込み)
  ・スターター、ギリシャサラダ、メゼプレート(肉料理、魚料理、パイetcの盛合せ)デザート、
   コーヒー

どうも、キタローです!
ウワサのオカゲサマ製麺食堂。
okssod01
本日(18日)オープン!ということで行ってきました!
okssod02
サバ6時代とは、すっかり雰囲気が変わってしまいました。
看板の「麺」の文字の雰囲気も、台湾チックです。
okssod04
入り口の雰囲気は、なんだかランタンフェスティバル状態です。
okssod07
入ってスグ食券機。
このポジションは、前と一緒ですね。
でもメニューのアピールが、アグレッシブな感じになっています。
okssod05
テーブルなんかの配置は、ほぼ変わりませんが、やっぱり、店内は中華風…というか台湾チックです。
この雰囲気大好きかも。
okssod08
台湾でよく見る、イチゴみたいな飾り。
そして、「おかげさま」と書かれた金色のダルマ(コレは和風ですね。)。
okssod11
店内の様子①
okssod12
店内の様子②
okssod09
こちら、メインメニューその1「担々麺」(汁なし)。
何やら、ミシュランビグルマンの文字が!
okssod10
こちらが、メインメニューその②の「飛魚(あご)だしラーメン」(麺大盛無料)
okssod13
サイドメニューの唐揚げも押しメニューのようです。
okssod14
残ったスープに、ぶち込むその名も「ダイブめし」(!)
マル得セットなら、実質0円で付いてます。
okssod06
テーブルの上には、三種の酢が。
後半、味変するときに大活躍です。
煮干し酢、辣粉酢、オレンジ酢。
okssod15
来ました−!こちらは、同行者がチョイスした、飛魚だしラーメン。味玉、大盛り。
マル得セットなんで、ダイブ飯付きです。
okssod17
ボクは、こちら!
担々麺。
いろんなトッピングが乗っかってますが、柴漬けが乗ってるのが面白い。
ナッツが、いい味だしてました。
辛さ・シビレ増しは、Level5をチョイスしました。
okssod16
担々麺の食べ方の説明書を渡されます。
とりあえず、はじめての方は、この作法でやってみるといいと思います。
okssod18
写真を撮ったので、グジュグジュかき混ぜて、いただきまーす。
う、う、美味い!じゃん。
麻味も辣味も、しっかり効いてます。
シビレる感じ、いいなー。
okssod19
食べ方指南にしたがって、温玉を投入します。
okssod20
こんな感じで…
okssod21
こんな感じにかき混ぜて…うん、確かにまろやかになります。
コレもいいですねー。
辣粉酢や煮干し酢とかもちびちび投入した…カオスです。
okssod23
麺をほぼ食べ終わったら、続いて、ダイブめしを投入!
梅干しも一緒に投入です。
ますますカオス。
okssod24
うーむ…思ったとおり、コレも美味い。
梅干しも合うのが不思議ですが、違和感はないです!
okssod25
あっという間に、完食!
ボク的には、大満足ですな。
コレは、サバ6より人気が出るのではないのでしょうか。(サバ塩そばは、今でも大好きですが…)
良かった良かった。
なぜだかホットしましたよ。
okssod26
次は、飛魚だしそばのダシ濃いめを食べてることにしようーっと。
またスグいっちゃいそうだな。
そんなオカゲサマ製麺食堂。
コレは、いい店できちゃたなー。

オカゲサマ製麺食堂
  所在地 読谷村字大木326番地6
  電 話 098-923-2408
  営 業 11:00~15:00 18:00~24:00
  定休日 水曜日

どうも、キタローです!
伊良皆の国道58号沿いのそば処 根夢(ごん)読谷店。
gonl01
このオレンジに黒のカンバンが目立っていますが、何だか最近閉まってるような気がして覗いてみると…。
gonl02
ガーン!
11月末で閉店していたんですね。
サバ6に続き…夢根まで。
そういう噂も耳に入っていたのはいたんですが、事実だったんですね。(泣)
諸事情って、まさかカルロス・ゴーン氏の事件とは関係ないと思いますが…。
個人的には、月に1回行くか行かないかの割合だったんですが、いつまでもあるものとばかり思っていたので、喪失感ハンパ無いです。
食べたいときに根夢は、いない…。
今は、ただありがとうと言いたいです。
これからは、根夢のそばが食べたいときには、宜野湾に行かないといけないんですね。(沖縄市にもありますが…)

どうも、キタローです!
先月、惜しまれつつ(個人的に)閉店したサバ6製麺所PLUS 。
この間、その前を通りかかったら、新しいお店のカンバンに付け替えられていました。
okss101
「ラーメン 麺大盛り無料」という魅力的な文字が(!)
オカゲサマ製麺食堂…って(サバ6もそうだけど)、関西を中心にチェーン展開している 鳥貴族 と同じ系列のお店 のようです。
麺大盛り無料も非常に魅力的ですが、黄色地に赤文字の担々麺の文字も気になります。
12月18日にオープンする ようですよ!
これは、目が離せませんね。

◆ オカゲサマ製麺食堂
  所在地 読谷村字大木326番地6
  電 話 098−923-2408
  営 業 未確認

どうも、キタローです!
県道6号線沿いを走ってたら、気になる看板をみつけてしまいました。
nana01
じぃじの野菜畑 Mam's kitchen NaNA (マムズキッチン ナナ)。
マムズキッチンという名前からして、食堂的なお店なんでしょうね。
見た目が、いかにも食堂!とか、カフェ!とかという感じの建物ではないので、今まで気づきませんでした。
でも看板は、黒板にチョークで書いたような優しい感じ。
名前のとおり、ホントにお母さんがやっているような雰囲気のお店なんでしょうね。
nana03
ちなみに、お隣は、読谷消防署です。
マッチョなイメージの消防署のお隣に、ひっそり佇むなんだか優しそうな感じのお店。
どんなメニューを提供しているのか、気になります。
nana02
看板によると、営業日は、週3日。
お昼から夕方までの開いているようです。
これは、近々チェックしに行ってみようかな。
(おっさんが、ひとりで行っていいお店なのか気になるところですが…)

どうも、キタローです!
前から気になっていた、焼肉屋が、いよいよオープンしたみたいです。
yye01
お店の名前は、読谷焼肉 縁(えん)。
美味い焼肉食って、縁を深めましょう的な意味がありそうです。
確かに、焼肉には、そんなパワーありますもんね。
ところで、以前、嘉手納に同じ名前のお店があったんですが、何か関係あるのでしょうか?
そっちのほうも、何げに気になります…。
場所は、最近話題の波平ビルの1階。(思い出しました!以前は、コンパルビルって呼んでました)
8月23日にオープンしたそうです。
ネットをチェックすると、FMよみたんのYOUTVの人気番組「 琉球泡盛残波Presents 読谷大好き!飲み歩き! 」でも、早速紹介されていました。
いい感じじゃないですかー。
yye02
現在、期間限定で、17:00〜18:30までに来店すると、ドリンク(生ビール含む!)1杯0円キャンペーン実施中のようです。
「厳選した和牛でチョイと一杯」っていうコピーが誘ってますな!

しかし、コンパルビル、肉戦争の様相を呈してきましたね〜。
肉バル、串焼屋のステーキ、和牛の焼肉…うーん、どれも魅力的でキーちゃん迷っちゃう♡

◆ 読谷焼肉 縁(えん)
  所在地 読谷村字波平1070番地1 波平ビル1階
  電 話 098-923-2984
  営 業 17:00〜23:00
  定休日 水曜日

どうも、キタローです!
8月31日、ついに中華ラーメン醤(じゃん)が、リニューアルオープンしました。
njfv01
しかし、うっかりオープン日をチェックしていませんでしたー。
と、いうことで初日には行けず昨日の夜、リニューアル醤に初訪問してきましたよ。
リニューアルオープンということで、お店の前にはお花がたくさん。
njfv05
店の中ですが、入ってすぐの座敷席は、ほぼそのまんま。
真ん中のカウンターはちょっとだけ雰囲気変わった感じ。
仕切りの壁が高くなってます。
njfv04
壁のメニューは、ほぼ同じ感じだと思います。
こんな感じに、
njfv03
こんな感じ。
何にしようか…と、迷うはずもなく、もちろんアレにしました。
njfv07
そうです、四川担々麺(中辛)。
会いたかったよ、担々麺。
リニューアル、一発目は、コレにすると決めておりました。
njfv08
愛しの四川担々麺…。
色合いも、変わらず素晴らしい!
njfv09
アップにしても…いいですねー。
豚骨スープに、肉味噌、ラー油、白ネギ…たまりませんな。
njfv11
あっという間に、完食。
お店はリニューアルしても、やっぱり四川担々麺は、変わらず美味かったです。
もちろん、もれなくついてくる白飯も、スープにぶち込んでやっつけました。
njfv10
餃子も注文しました。
醤、餃子も美味いんですよね。
いい感じで焼けてます。
コレにウマ辛ねぎトッピング…サイコーです。
njfv13
落ち着いたところで、店内の様子を。
少し広くなって、ゆったりした感じです。
入り口、入ってすぐの座敷席。
畳は、新調でしょうか?
njfv12
こちら奥の方の席。
これまでこのあたりは小上がりがありましたが、それが無くなって、円卓席になってます。
なんとなく高級感が…。
左側に見えるドアは、お手洗いへ。
njfv14
円卓席の方から、キッチンを望む。
冷水機の設置ポジションは、ほぼ変わりませんが、設置されたところがカウンターっぽくなってます。
そして、何より、キッチンがオープンな感じになってます。
njfv15
奥行きも幅も広くなって、広々スッキリ!
調理環境が向上してますね。
醤(じゃん)のテーマカラー(?)の赤も効いてます。
これは、ますます美味しい中華が食べられそうです。
njfv16
リニューアルオープンした、中華ラーメン 醤(じゃん)。
この日も、20時を過ぎたというのに超満員。
順番待ちのお客さんもいました。
22時まで空いてて、美味しい中華が食える…やっぱり、貴重なお店ですな。
お店は、新しくなっても、味は変わらず。
ますます大人気の醤。
これからもお世話になりますよ!
あ、看板も大きくなってました。

◆ 中華ラーメン 醤(じゃん)
  所在地 読谷村字都屋275番地1
  電 話 098−956−8851
  営 業 11:00〜15:00、17:00〜22:00 年中無休

どうも、キタローです!
アジアン食堂 シロクマ がランチ営業を再開したというので行ってきました。
skl02
アジアンだけど、シロクマっていうのが、なんというかシャレが効いてますよね。
入り口はこんな感じ。
屋台風の雰囲気を醸し出しています。
skl04
お店の中に入ると、タイの屋台街をイメージしてか結構賑やかな感じ。
一応、テーブルとテーブルの間は仕切られているんですが、緩やかな感じがなんとなくアジアっぽいですね。トタン屋根もついてます。
skl05
個室の中は、こんな感じ。
skl06
カウンター席もあります。
skl15
そして、ランチタイムのメニュー。
うーむ。
どれも美味そう…どれにしようか悩みますな。
skl08
いろいろ悩んだ挙げ句。とりあえず注文しました。
まずミニサラダがやってきましたよ。
この日は、春雨のサラダ。
skl09
そして、やってきたのがこちら!
今回は、ガパオライス を注文しました。
目玉焼きがデンと乗ってるのが、なんか嬉しいですよねー。
skl10
ちなみに、ガパオって 香草のバジルの一種(ホーリーバジル) のことなんですね。(今回知ったんですけど…)
緑の葉っぱみたいなのが、たぶんガパオ。
鳥のひき肉とたけのこ(?)とか、いろいろ入っていていかにも美味しそうです!
skl11
さっそく、全体をぐちゃぐちゃに混ぜていただきます!
もちろん目玉焼きも一緒に混ぜちゃいます。
…うーむ、美味い!
skl12
途中、テーブルサイドにコーレーグースーみたいなのやナンプラーなんかの…調味料セットがあったので、適当にふりかけてみました。
skl13
うん、なんかタイの屋台で食べているみたいな感じッス!(…行ったこと無いけど)
細長くてパラパラしたタイ米(?)がやっぱり合いますね。
タイ飯、うまいな~。
skl14
はい、あっという間に完食!
アルミの食器が何となく本場っぽいです。(…行ったこと無いけど)
skl01
ランチで気軽に、タイご飯を食べられるっていいですね。
サイルーンもあるし、村内のアジアンランチの選択肢が複数あるってなんか贅沢な感じ。
ありがとう、シロクマ。
夜のタイビールとのタッグもいいですよねー。
今度は、夜も行かなくちゃ。

◆ アジアン食堂 シロクマ
  所在地 読谷村都屋304番地
  電 話 098−923-1980
  営 業 ランチ 11:00〜15:00 ディナー 17:00〜23:00
  定休日 水曜日

どうも、キタローです!
あの倉♡NY(クラブNY)、CAFE NYに続き、ついに満を持して肉バルNYがオープンするそうです!
津波センパイのFacebookにオープン告知がアップされていました。
nyno06

(以下引用)
******************

肉バルNYオープン日は、7月17日 火曜日
場所 丸大近くの波平ビル3階。
時間6時〜12時、ラストオーダー11時半
電話番号098-988-5529
皆さまお待ちしてます。宜しくお願いします。

*********************
(引用終わり)
ということで、オープン前の様子を偵察に行ってきました。
nyno01
お店は、最近何かと話題のお店が相次いでオープンしているこのビル。
県道6号線沿い波平、丸大波平店の近くにあります。
nyno02
よく見ると、入居案内の看板がさり気なく掲げられてました。
1階には、ブーム加熱中のあぶさん。
2階にも気になる名前が…。
そして3階に、肉♥(ラブ)NYの文字がありました!
nyno03
このビルの3階といえば…そうです、オールドファンには懐かしい響きのスナック、ソノリテがありました。
と思ったら、ソノリテの看板、残ってました。
nyno04
懐かしい階段を登って、3階へ。
nyno05
なんと!ソノリテがあったその場所(知らない人は、ごめんなさい)に肉バルNYは、ありました。
お店の中にいた方にお願いすると、内部を見せてもらうことができました。
nyno07
おおお、内部は、ずいぶんオシャレな雰囲気にリノベーションされていました!
nyno08
オープンを控え3日後に控え、あちこちに荷物が運び込まれた状態でしたが、お店自体は、ほぼ完成していました。
テーブルもオリジナルぽかくて、作業台的な雰囲気がカッコいいなぁ。
nyno09
カッコいいカウンターもありましたよ。
そこには、オードリーがティファニーで朝ごはんを食べたときの写真が…。
nyno10
このグリーンの椅子もいい感じです。
nyno11
この椅子の席からは、東シナ海が一望できました。
きっと夕陽がキレイに見えるんだろうなぁ。
アリビラも見えますよ。
nyno12
入り口側には、ソノリテ時代のカウンターが残されて…。
nyno13
SONORITEのサインもそのまんま!
コレ、残しておくんですか?って聞いたら、笑って、そうですねって。
結構イキっていうか…ソノリテを知っている人には、なんだか懐かしくも嬉しいサプライズかも。
まぁ、知らない人にはナゾだと思いますが。(笑)
nyno14
そんな、肉バルNY。
いよいよ今度の火曜日、7月17日にオープンだそうです。
どんなメニュー構成なのか…肉好きには、かなり気になるところですな。
楽しみな店がまた一つ増えました。

◆ 肉料理居酒屋 肉バルNY
  所在地 読谷村字波平1070番地1 
波平ビル3階。
  電 話 098-988-5529
  営 業 18:00 〜 24:00 (ラストオーダー 23:30)
  ※2018年 7月17日(火)オープン!

どうも、キタローです!
前から気になっていた、あのお店…ついに潜入に成功しました。
mbnb02
その店の名前は、MEN BAR(めん ばー)!
今話題沸騰中の波平ビルの2階にあります。
mbnb01
どんな店なのか?
男の人が接客する、まさにMENバー?
それとも、ほんとに麺をすすることのできる、麺が食えるバーなのか?
ナゾがナゾを、妄想が妄想を呼んでいましたが、ついにその扉を開けるときがやってきました!
mbnb05
はい、オープン ザ ドア!
おっと、中に入ると普通のスナック?的な雰囲気。
カウンターの中には、確かに男性が多いような気がしますが、女性もいる様子…。
ちなみに、先客がいましたが、男性グループでした。
ふーん…と思いながらテーブル席につくと、テーブルには驚愕の光景が!
mbnb03
じゃーん。
こ、これは…ラーメンメニュー!!!
mbnb04
思わず拡大してみました。
そうです、このお店は、スナックの仮面を被った、ラーメン屋!?
いや、ラーメンを楽しみつつ、スナック気分も楽しめるという、麺&Bar…正確には、麺&スナック。
これは、新しい!
残波プレミアムのサンパ割(または、残波ゆずスパークリング)とラーメンがコラボしたラーメンセットは、まさに〆のお店にふさわしいコンセプトではないですか。
村内的には、じゃりんこの進化系ともいえるかもしれません。
mbnb07
とりあえず、一緒に行ってメンバーで全種類取って味見してみましたが…写真、撮り忘れました。
ただ一つ言えるのは、全部美味かった!
かろうじて、撮っていたこちらは、辛味噌ラーメンか!?
ご覧の通り、コレが、なかなかの本格派。
まいったなぁ。
お手元(割り箸)の袋もオリジナルでした。
mbnb06
MEN BAR。
またまた魅力的なお店が読谷にできちゃいましたね。
ここだけの話(…見ればわかる)実は、カラオケもあるみたいです。
〆のお店といいながら、きっかけ次第で飲めや歌えの再爆発をしてしまいそうな怖さを秘めたお店…かもしれません。
朝5時までやってるそうです
うーむ…恐ろしい。

  所在地 読谷村字波平1070番地1 2F
  電 話 090-7585-3689
  営 業 23:00 〜 4:00
  定休日 日曜日、月曜日

↑このページのトップヘ