キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみたんをみーぐるぐる。読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)が勝手にウキウキウォッチング!?

カテゴリ:飲食 > たべるとこ

どうも、キタローです!
アジアン食堂 シロクマ がランチ営業を再開したというので行ってきました。
skl02
アジアンだけど、シロクマっていうのが、なんというかシャレが効いてますよね。
入り口はこんな感じ。
屋台風の雰囲気を醸し出しています。
skl04
お店の中に入ると、タイの屋台街をイメージしてか結構賑やかな感じ。
一応、テーブルとテーブルの間は仕切られているんですが、緩やかな感じがなんとなくアジアっぽいですね。トタン屋根もついてます。
skl05
個室の中は、こんな感じ。
skl06
カウンター席もあります。
skl15
そして、ランチタイムのメニュー。
うーむ。
どれも美味そう…どれにしようか悩みますな。
skl08
いろいろ悩んだ挙げ句。とりあえず注文しました。
まずミニサラダがやってきましたよ。
この日は、春雨のサラダ。
skl09
そして、やってきたのがこちら!
今回は、ガパオライス を注文しました。
目玉焼きがデンと乗ってるのが、なんか嬉しいですよねー。
skl10
ちなみに、ガパオって 香草のバジルの一種(ホーリーバジル) のことなんですね。(今回知ったんですけど…)
緑の葉っぱみたいなのが、たぶんガパオ。
鳥のひき肉とたけのこ(?)とか、いろいろ入っていていかにも美味しそうです!
skl11
さっそく、全体をぐちゃぐちゃに混ぜていただきます!
もちろん目玉焼きも一緒に混ぜちゃいます。
…うーむ、美味い!
skl12
途中、テーブルサイドにコーレーグースーみたいなのやナンプラーなんかの…調味料セットがあったので、適当にふりかけてみました。
skl13
うん、なんかタイの屋台で食べているみたいな感じッス!(…行ったこと無いけど)
細長くてパラパラしたタイ米(?)がやっぱり合いますね。
タイ飯、うまいな~。
skl14
はい、あっという間に完食!
アルミの食器が何となく本場っぽいです。(…行ったこと無いけど)
skl01
ランチで気軽に、タイご飯を食べられるっていいですね。
サイルーンもあるし、村内のアジアンランチの選択肢が複数あるってなんか贅沢な感じ。
ありがとう、シロクマ。
夜のタイビールとのタッグもいいですよねー。
今度は、夜も行かなくちゃ。

◆ アジアン食堂 シロクマ
  所在地 読谷村都屋304番地
  電 話 098−923-1980
  営 業 ランチ 11:00〜15:00 ディナー 17:00〜23:00
  定休日 水曜日

どうも、キタローです!
あの倉♡NY(クラブNY)、CAFE NYに続き、ついに満を持して肉バルNYがオープンするそうです!
津波センパイのFacebookにオープン告知がアップされていました。
nyno06

(以下引用)
******************

肉バルNYオープン日は、7月17日 火曜日
場所 丸大近くの波平ビル3階。
時間6時〜12時、ラストオーダー11時半
電話番号098-988-5529
皆さまお待ちしてます。宜しくお願いします。

*********************
(引用終わり)
ということで、オープン前の様子を偵察に行ってきました。
nyno01
お店は、最近何かと話題のお店が相次いでオープンしているこのビル。
県道6号線沿い波平、丸大波平店の近くにあります。
nyno02
よく見ると、入居案内の看板がさり気なく掲げられてました。
1階には、ブーム加熱中のあぶさん。
2階にも気になる名前が…。
そして3階に、肉♥(ラブ)NYの文字がありました!
nyno03
このビルの3階といえば…そうです、オールドファンには懐かしい響きのスナック、ソノリテがありました。
と思ったら、ソノリテの看板、残ってました。
nyno04
懐かしい階段を登って、3階へ。
nyno05
なんと!ソノリテがあったその場所(知らない人は、ごめんなさい)に肉バルNYは、ありました。
お店の中にいた方にお願いすると、内部を見せてもらうことができました。
nyno07
おおお、内部は、ずいぶんオシャレな雰囲気にリノベーションされていました!
nyno08
オープンを控え3日後に控え、あちこちに荷物が運び込まれた状態でしたが、お店自体は、ほぼ完成していました。
テーブルもオリジナルぽかくて、作業台的な雰囲気がカッコいいなぁ。
nyno09
カッコいいカウンターもありましたよ。
そこには、オードリーがティファニーで朝ごはんを食べたときの写真が…。
nyno10
このグリーンの椅子もいい感じです。
nyno11
この椅子の席からは、東シナ海が一望できました。
きっと夕陽がキレイに見えるんだろうなぁ。
アリビラも見えますよ。
nyno12
入り口側には、ソノリテ時代のカウンターが残されて…。
nyno13
SONORITEのサインもそのまんま!
コレ、残しておくんですか?って聞いたら、笑って、そうですねって。
結構イキっていうか…ソノリテを知っている人には、なんだか懐かしくも嬉しいサプライズかも。
まぁ、知らない人にはナゾだと思いますが。(笑)
nyno14
そんな、肉バルNY。
いよいよ今度の火曜日、7月17日にオープンだそうです。
どんなメニュー構成なのか…肉好きには、かなり気になるところですな。
楽しみな店がまた一つ増えました。

◆ 肉料理居酒屋 肉バルNY
  所在地 読谷村字波平1070番地1 
波平ビル3階。
  電 話 098-988-5529
  営 業 18:00 〜 24:00 (ラストオーダー 23:30)
  ※2018年 7月17日(火)オープン!

どうも、キタローです!
前から気になっていた、あのお店…ついに潜入に成功しました。
mbnb02
その店の名前は、MEN BAR(めん ばー)!
今話題沸騰中の波平ビルの2階にあります。
mbnb01
どんな店なのか?
男の人が接客する、まさにMENバー?
それとも、ほんとに麺をすすることのできる、麺が食えるバーなのか?
ナゾがナゾを、妄想が妄想を呼んでいましたが、ついにその扉を開けるときがやってきました!
mbnb05
はい、オープン ザ ドア!
おっと、中に入ると普通のスナック?的な雰囲気。
カウンターの中には、確かに男性が多いような気がしますが、女性もいる様子…。
ちなみに、先客がいましたが、男性グループでした。
ふーん…と思いながらテーブル席につくと、テーブルには驚愕の光景が!
mbnb03
じゃーん。
こ、これは…ラーメンメニュー!!!
mbnb04
思わず拡大してみました。
そうです、このお店は、スナックの仮面を被った、ラーメン屋!?
いや、ラーメンを楽しみつつ、スナック気分も楽しめるという、麺&Bar…正確には、麺&スナック。
これは、新しい!
残波プレミアムのサンパ割(または、残波ゆずスパークリング)とラーメンがコラボしたラーメンセットは、まさに〆のお店にふさわしいコンセプトではないですか。
村内的には、じゃりんこの進化系ともいえるかもしれません。
mbnb07
とりあえず、一緒に行ってメンバーで全種類取って味見してみましたが…写真、撮り忘れました。
ただ一つ言えるのは、全部美味かった!
かろうじて、撮っていたこちらは、辛味噌ラーメンか!?
ご覧の通り、コレが、なかなかの本格派。
まいったなぁ。
お手元(割り箸)の袋もオリジナルでした。
mbnb06
MEN BAR。
またまた魅力的なお店が読谷にできちゃいましたね。
ここだけの話(…見ればわかる)実は、カラオケもあるみたいです。
〆のお店といいながら、きっかけ次第で飲めや歌えの再爆発をしてしまいそうな怖さを秘めたお店…かもしれません。
朝5時までやってるそうです
うーむ…恐ろしい。

  所在地 読谷村字波平1070番地1 2F
  電 話 090-7585-3689
  営 業 23:00 〜 4:00
  定休日 日曜日、月曜日

どうも、キタローです!
もつ焼きあぶさんのFB を見てたら、今日(7/9)からランチ(しかもステーキランチ!)を始めるって告知されていたので早速行ってきました。
maslt101
開店時間の11時30分丁度に行ったら、どうやら先客はいない様子…。
maslt102
宣言どおりメニューは、潔くステーキのみ!
200gから200刻みで書かれていますが、注文すれば1kgだって(それ以上も…?)OKみたいです。
maslt103
お店の入ると、案の定一番乗り…やったー!って気持ちハヤリすぎですね。
ドンマイ、おれ。
ランチタイムは、基本セルフサービスです。
maslt104
ライスとスープは、おかわり自由。
コレって、大切なポイントですよね!
maslt105
スープは、こんな感じ。
ベーコンたっぷりな野菜スープ(玉ねぎ、キャベツ、ジャガイモ?が入ってました。)です…たぶん。
maslt106
ソースは、定番のA1ソースに、オリジナルのステーキソース。
そして、大将オススメのわさび醤油。
maslt107
サラダも付きます。
サラダは、食べ終えると、(ほぼ)大将がもっと食べる?って聞いてくるので、食べたいときは食べますっていえばいいかと…今回は、おかわり無しで。
maslt108
スープとサラダ。
このスープ…美味し。
スープとごはんだけでいいような気になります。(ウソです)
maslt109
来ましたー、肉!
今回は、初回記念ということで、600gにチャレンジ。
禁断(!)のたっぷりのバターと刻みニンニクが乗っかってます。
さすがにランチタイムにこの量のニンニクは、ちょっと引きますが…ま、まぁいいか!
maslt110
アップにするとこんな感じ。
ジュージューと湯気が上がって…このビジュアル、肉好きにはたまりませんなー!
maslt111
大きめにカットして口に運ぶ…たまらんな。
焦ってピントが変なとこに合ってますが、いいんです。
柔らかお肉が、まじウマいッス!
大将に聞いたら「ローストビーフとかに使うランプだから、柔らかいし脂は少なくてほぼ赤身。スポーツ選手なんかは、ごはん少なめ肉多めでもいいよね〜」だって。
ボクは、スポーツ選手ではまったくありませんが、肉多めで攻めてみました…。
maslt112
はい、あっさり完食!
いやぁ、肉。やっぱり、いいね。
ソースも3種類試してみたけど、それぞれ良さがあるので食べ飽きずに楽しめました。
次回は、1,000g超えを目指してみようかしら…(財布と相談ですね。)
あぶさんのステーキランチ、準備したお肉が無くなり次第終了だそうです。
日曜日以外は、毎日やってるそうですよ!

◆ もつ焼 あぶさん
 所在地 読谷村字波平1070番地1
 電 話 090-1858-5063
 営 業 ランチタイム 11:30 〜 14:00
     居酒屋タイム 17:00 〜 24:00

どうも、キタローです!
村内をぶらぶらパトロールしていたら、都屋の十字路付近でタイ屋台食堂という年季の入った案内看板を発見しました。
お!これは、アジアン食堂シロクマ のものですね!
雨風に晒され、いい味出てきてます。

skmlrs01
ところで、そんなシロクマ。
Facebook をチェックしてみると、しばらく休止していたランチタイムの営業を、7月7日からいよいよ再開するそうです!
sklr01
※写真は、シロクマのFBより拝借しました!

(以下、シロクマのFBのより)
********************

【ランチタイム営業再開のお知らせ!!】

長らくお待たせしました!

2018年7月7日(土)より、

ランチタイムの営業を再開することになりましたので、お知らせ致します。

■営業時間■
【Lunch】11:00〜15:00
【Dinner】17:00〜23:00
【定休日】水曜日

皆さまのお越しを心よりお待ち致しております。
***********************

コレは、嬉しいですね!
またまた美味しいお昼ご飯の選択肢が増えちゃいますね。
醤がしばらくお休み なんで、そういう意味でもありがたい。
シロクマさん、コープクン・クラッ!

アジアン食堂シロクマ
  所在地 読谷村都屋304番地
  電 話 098−923-1980
  営 業 ランチ 11:00〜15:00 ディナー 17:00〜23:00
  定休日 水曜日

どうも、キタローです!
昨日、ごはん食べに行こうと醤(じゃん)に行ってみると、何やら様子が…。
jkgom01
いつもと建物の様子が違うし、何やら横断幕が張られています。
ん、何?
「いつもご来店ありがとうございます。厨房メンテナンスの為 7/3より約1ヶ月間休業します」
…な、なぬー!
1ヵ月も四川担々麺が食えないって思うと結構、キツイです。
まぁ、普通に1月以上、醤にいかないこともあるんだけど、宣言されちゃうと…。
結構、ダメージを受ける醤マニア・ファンの方も多いと思います。
昼食難民や、晩ごはん難民になっちゃう方も多分いるだろうな。
それほど、村民生活(!)の中に入り込んでいる醤(じゃん)。
あらためて貴重だよなぁって気づいちゃいました。
jkgom02
うらを覗くとオーナーの江田くんがいたんで、お話を聞いみると、
「これまでコンテナを利用した厨房でやってきたんですが、さすがにガタが来たんで。今度は、ちゃんと建築します。まぁできる範囲は、自分たちでやってみようかと思ってるんですが…」とのことでした。
なるほどね、まぁ仕方ないですよね。
厨房、大切だから。
再オープンの予定は、8月上旬。
順調に作業が進むといいな。
美味しい(個人的に大好物な)四川担々麺が、早く食べられますように!

どうも、キタローです!
この間、看板を発見して激しく気になっていた あのお店 に行ってきました。
kft101
そうです。
スパイスカレー コフタ 。
もうスパイスってだけで、気になりまくりです。
お店の場所は、大木海産物 の後ろあたり。
小さな路地の奥にありました。
kft103
ちょっとわかりづらいですが、こちらが入り口。
外人住宅を改装したお店ですね。
一見、普通のおウチみたいです。
kft104
ドアを開けて中に入ると、右手にカウンター。
その奥が厨房。
厨房の壁がオレンジ!
お店のイメージカラーでしょうか?
いい感じです。
kft105
カウンターの反対側には、2人がけのテーブルが3つ。
このテーブルは、場合によってはくっつけることもできそうです。
床は、外人住宅のよくあるPタイルをはがした跡をそのまま残こしてます。
ざっくりとした感じで雰囲気でてます。
さっきのオレンジの壁以外は白くペイントされていて、なかなか広々とした爽やかな空間です。
kft109
そして、奥の方にもう一部屋。
こちらも、個室感がありました。
kft111
壁際の窓から、トリイ基地越しに嘉手納北谷方面が一望できます。
コレがなかなかの絶景です。
夜景とかいいかも。
ただし、営業時間は19:00までのようですが…。
kft114
こちらが、メニュー。
本日のメニューを基本に、2種盛り、3種盛りが選べ、さらにドリンクとデザートのセットメニューがあります。
3種盛りは、1日7食限定のようですよ。
kft115
すべてのカレーに、豆のスープとヨーグルトサラダ、おかず、アチャール2種が付いてくるそうです。
なるほど、これは楽しみ。
kft132
ちなみに、この日のカレー&付け合せは、こんな感じ。
kft118
もちろん、迷わず3種盛りを注文。
そして、待つこと数分。
来ましたきました。
何となくオシャレな感じです。
kft119
付け合せのプレートがこちら。
左側の器が、ダル(豆スープ)、その上から時計回りにパイナップルのピクルス、ゴーヤーのピクルス、ジャンボインゲンのココナッツ炒め、紅芋のヨーグルトサラダ!
ダルとヨーグルトサラダの間には、ナンの薄いせんべいみたいなヤツが…コレ、たぶんパパド(パーパル)っていうものじゃないでしょか。パリパリです。
kft120
ターメリックライス を中心に、右に県産メカジキのココナッツカレー。左に豚と牛肉のあいびき肉団子( コフタ )カレー。コフタって、肉団子のことなんですね。
kft121
そして、別皿になっているのが、3種のキノコと豆のカレー。
やちむんの器に入ってました。
カレーにやちむん。
いいですね。
将来的に、與那原さんのカレー皿なんかを使ってくれたら嬉しいなぁ。
っていうか、村内の作家さんにカレー皿を作ってもらって好きなお皿がチョイスできるシステムとかがあったら面白いなぁ…などと妄想にふけりつつ、ふと目の前を見ると。
kft117
黃ピクと赤ピク。
ナンだかカワイイ名前。
ピクって、なんだろう?
なんというか、インドの言葉かな?と思ったら、ピクルスの略だそうです。
あ、なるほどね。
kft122
黃ピクは、こんな感じ。
ちょっとピリ辛です。
kft123
そして、赤ピクはこんな感じ。
見た目は、より辛そうです。
kft124
とりあえず何も入れずに、まずはメカジキのカレーから…うん、魚のカレーですね。(当たり前)
魚とココナッツって合うんだな。
辛さも控えめな感じです。
kft125
次に、コフタカレー。
お!これは、美味い!
合いびき肉の団子の食感もいい感じ。
kft126
こちらは、きのこと豆のカレー。
ヘルシーな感じがします。
お味も、なんとなくさっぱり目なように感じました。
しかし、どれも本格的なカレーで、カレー好きにはたまりませんね。
お店のオススメどおり、黃ピク、赤ピクを加えることでより美味しくなったような…。
どれも美味しい…それでもあえて言うならば、ボクは、コフタカレーが一番好きかな。
今度は、コフタカレーの大盛り!っていうのを食べてみたいです。
kft127
こちらは、最後に取っておいた、コーグルトのサラダ。
紅芋とヨーグルト。
これまた合うね。
サラダでありながら、デザート感もありました。
kft128
はい、もちろん即完食!
いやぁ、やっぱりカレーはいいですねぇ。
カレーの美味しいお店は、読谷にもいくつかありますが、こんな感じのカレー専門店は、シマウマカレー食堂 以来、無かったと思います。(たぶん)
いやぁ、嬉しいですね。
kft129
メニューの裏側には、トッピングメニューとドリンクメニューが。
アルコールメニューもありますよ。
kft130
ちなみに、店主が山梨県の出身ということもあって、近々、山梨ワインの提供を始める予定だそうですよ。
カレーには、白ワインが合う!っておっしゃってました。
カレー&冷えた白ワイン…ワオ。
コレまた、楽しみです。
kft102
お店の前に数台分の他、数カ所に駐車場が確保されています。
お店のfacebook にUPされているので、事前にチェックしていたほうがいいかもせれませんね。
kft131
スパイスカレー コフタ 
  所在地 読谷村字大木375番地 A-23
  電 話 080−4612−3204
  営 業 11:30 〜 19:00(ラストオーダー 18:30)
  定休日 水曜日(5月12日から1ヶ月無休)

どうも、キタローです!
那覇に行く機会があったので、あのお店に行ってきました。
ktm180401
金月そば国際通りむつみ食堂店!
ここは、読谷店とメニュー構成がかなり違うので、何を食べようかいろいろ悩んじゃうんですよね…。
ktm180402
でも、まぁ、結局こうなっちゃいました。
五目そば!
間違い無い感じです。
ktm180403
と思って、ふと壁を見てみると…ん?
ガーン!
な、なんと、麻婆ゆし豆腐そば!!!!
「やみつきになる辛さ」って。
こ、これがあったかー。
き、気が付かなかったぁ、迂闊(うかつ)でした。(涙)
しかたない、次回は必ず。
麻婆ゆし豆腐そば、にロックオンだぜ。

  住 所 沖縄県那覇市牧志2丁目1番16号
  電 話 098−867−0862
  営 業 11:00 〜 17:00
  定休日 月曜日

※去年の5月3日のブログも、このお店だった…なんたる偶然。ビックリ!

どうも、キタローです!
最近気になるにくや。
満を持して、昼ごはんを食べに行ってきました。
nkygj01
そう、まずはコレから!
と、いうことで牛汁定食(700円)を注文。
牛汁は、単品(たしか…600円)もありましたが、ここはやはり定食ですね。
ごはんとポテトサラダが付いてました。
nkygj02
これは、もう見た目から味くーたーです。
あちこーこーのスープを飲んでみると…うーむ、牛の出汁がしっかり染み出してます!
これは、美味いね!
nkygj03
美味い美味いとスープを飲んで、ふと丼に目を戻すと具が姿を表しました!
ご覧のとおり、まさに肉がゴロゴロ入ってます。
お肉は、しっかり煮込まれてるので、口に入れるとホロホロと崩れるほど柔らかいです。
nkygj04
そしてご覧のように、モツというか、ホルモンも!
さすが畜産農家がやっているお肉屋さんの牛汁。
いろんな部位が、ぶち込まれていました。
こういうのが良いんですよね〜。
楽しみながら、美味しくいただきました。
もちろん、あっという間に完食。
ごちそうさまでした!
次回は、何を食べようか…悩むなぁ。

◆ にくや読谷店
  所在地 読谷村字伊良皆126番地 マンション58 102
  電 話 098-956-0290
  営 業 10:00 〜 20:00
  定休日 なし

どうも、キタローです!
伊良皆にできた にくや 、早速行ってきました!
nkyy02
ピンクのカラーリングが、なんとなく読谷的。
にくやって、株式会社 伊江牛のグループ企業なんですねー。
ってことは、取り扱っている和牛も伊江牛なんでしょうか?
これは、ちょっと期待大です。
nkyy03
ところで、にくやって言うだけあって、お肉屋さんですよね?
ランチやってますののぼりがあがっているので、ちょっとわからなくなりました。
販売中心か、食事中心か…まぁ、行けばわかる!ですね。
さっそく、中に入ってみました。
nkyy04
入り口には、貼り紙が…。
nkyy05
当店の豚牛肉はすべて沖縄県産品…さすがです!
このへんがこだわりだって、チラシにもたしかに書いてありました。
nkyy16
お店のなかにはいると、木製の椅子付きテーブルが』セットされていました。
5台…だったかな。
お肉屋さんというよりも、どっちかっていうと県産牛・豚の食堂といった趣です。
食事中心ですね。
nkyy06
メニューは、こんな感じ。
なかなか魅力的なラインナップです。
この日は、お昼を済ませちゃたたんで、実食は、次回に。
nkyy07
こーゆーのも、ありました。
県産和牛の1ポンド ステーキ!
1ポンドって450gちょいだから、かなりお得ですね!(でも、やっぱり良いお値段)
読谷店限定だそうです。
nkyy09
食事中心とは言え、お肉の販売コーナーもありました!
こちらは、牛肉のコーナー。
オープン記念セールということで県産和牛が、表示価格から半額になっていました。
nkyy12
でも、牛肉コーナーで一番気になったのは、こちら。
県産和牛の牛すじ1kg 1,080円!
これ、煮込みにしたり、かれーにしたり、いろいろ使えそう。
nkyy10
豚肉も結構オトクな感じ。
豚バラ、いいですね。
nkyy11
なんと、ヤギ刺しもありましたよ。
ヤギは、やっぱり高級品ですな。
nkyy13
伊江島産とうがん、1個 200円。
程よいサイズで、ソーキ汁なんかいいですね!
そういう意味では、商売上手!
nkyy14
結局、今回は、こちらの県産豚バラを購入。
これは、油を落としながら焼きて、塩コショウすると美味しいやつです。
nkyy15
500gで410円は、なかなかお得じゃないでしょうか。
2パック買って、1kgをゲット。
GWにいただきましょう。
nkyy08
現在、オープニングセール中ですが、毎月29日は、にくの日ということで、県産和牛半額で販売するそうです。
牛汁、多量注文の場合、配達してくれるそうです。
お祝いとかイベントにいいかもですね。
nkyy01
ピンクが目を引くにくや読谷店。
5月6日まで、オープニングセール実施中だそうです。
個人的は、食事がかなり充実していたのが、嬉しいな。
まずは、牛汁定食にチャレンジしてみよーっと。

◆ にくや読谷店
  所在地 読谷村字伊良皆126番地 マンション58 102
  電 話 098-956-0290
  営 業 10:00 〜 20:00
  定休日 なし

↑このページのトップヘ