キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみーぐる!読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)の個人的な目線で語っちゃいます!

カテゴリ:飲食 > のむとこ

どうも、キタローです!
毎日、暑いですねぇ。
というところで、ヒジョーに気なるこんなカンバンを発見しました!
sg101
みなさん、FROZEN Cocktail ですよ。
カタカナで書くと、フローズンカクテル(!)
緑に白抜きのシンプルかつシックなデザインがクールです。(カタカナが多い…)
こう暑いとやっぱりフローズンタイプのカクテルですよねぇ。
そうだなぁ…今の気分は、なんだかヘミングウェイ(?)なんで、フローズンダイキリ をガンガンいっちゃいましょうか!オレの欲望、The sky is the limit. (なーんちゃって)

県道6号線下り(読谷バスターミナル向け)宇座公民館前バス亭の向かいのある Bar Stay Gold の前にある看板でした。まだ、一度も行ったことないけど、この夏一度チャレンジしてみたいです。

Bar Stay Gold
  所在地 読谷村字長浜1818番地4
  TEL 098−911−5734
   営業時間 20:00〜5:00(月〜日) 

どうも、キタローです!
いやぁ、毎日ホントに暑いですねー。
こう暑いと、いやでも気になっちゃう横断幕(縦なので縦断幕?)
yuntaku1-1
宇座公民館前の 居酒屋ゆんたく で見つけましたよ。
乾杯企画。
最初の1杯100円!
水曜日除く17時〜20時まで。
2杯目からは、190円。
サッポロ 麦とホップ The gold の樽詰。
いや、いいじゃないですか、この企画!
麦とホップ The gold ってとこがレアな感じで、また素敵。
フラフラと行っちゃいそうです。
ヤバいね、ゆんたく。

居酒屋 ゆんたく
  所在地 読谷村字長浜1841番地
  TEL 098−958−6666

どうも、キタローです!
先日、割烹 に行ってまいりました。
ryuka103
こちら、長浜給油所近くの県道6号線沿い(かなりアバウト…)にある割烹琉花(りゅうか)へ。
じんわりと村民の皆さんに愛されているお店ですが、ここ数年は結構観光客の皆さんも多く来店しているようです。
割烹っていうと、なんだか高級そうな感じがしますが、琉花はどっちかっていうと大衆的。そこがまたいいですね。
ryuka105
店内には、プロ野球選手(たぶん)のサインも結構飾られてます。
どうもホークスって書かれているような…今度、じっくり見てみます。
ryuka106
テーブル席のほか、座敷も完備しています。
こちらはオープンな感じの席ですが、障子で仕切られた席もありますよ。
ryuka104
タイムサービスで、夕方6時から8時までは、麦職人が200円!
コレは、嬉しいですね〜。
オリオンドラフトじゃないけど、コレで全然OKです。
ryuka107
で、お約束の麦職人。
ガンガン行きます。(行きました!)
お通しは、枝豆。
ryuka108
こちら天ぷら盛り合わせ(食べかけ)
ryuka109
こちら、串焼き盛り合わせ。(食べかけ…鳥皮だけみたいになってます。)
ryuka110
こちら、大人気の海鮮サラダ。
ボリュームがハンパないです。
画像は、もちろん食べかけ…。
その他にも、この日のオススメ(?)だったピリ辛餃子も美味しかったし、
ラフテーやソーメンチャンプルーといったいわゆるウチナー料理も美味かった。
そんな感じで8名でいろいろ食べて飲んで、ひとり3,000円いくかいかないか…安っ。
まいりました!
あ、飲んでといえば、琉花は、一人432円(!)で泡盛飲み放題もやっています。
コリャ、いろいろと破格ですね、嬉しいけど。
ryuka111
おかげでみんな、ニコニコ大盛り上がり!
(※写真は、イメージです。)
ryuka102
そういう、琉花。
表のサイン(白黒のやつ)は、何故か海産物 琉花になっていますが、割烹です。
あ、大将や女将さん(そんな雰囲気)もいい感じですが、バイトのコたちもいい感じなところも高ポイントです!
また、近々行っちゃうんだろーなー。

割烹 琉花(りゅうか)
  所在地 読谷村字長浜1817番地3
  電 話 098-958-6639

どうも、キタローです!
毎日暑いですねー。
こんな日には、冷たいビールでも…ということで行ってきました!
rylbg08
今年一発目のローヤルスカイビアガーデン!
トリイ基地前にそびえるローヤル・ホテル&レストランの屋上にあるビアガーデンです。
いやぁ、日が暮れる前からのビール…サイコーですね。
ここは、ホントに眺めが良くて、晴れた日には、渡名喜島や粟国島まで見えちゃいます。
rylbg01
はい、サンキュー、サンセット!
美しい夕陽に乾杯!って感じで、気分も盛り上がりまくりです。
rylbg02
そしてトワイライトタイムからマジックアワーにかけて、見事な空の色、海の色も楽しめちゃいますよ。
rylbg03
夜の帳が降りてきたらきたで、今度は嘉手納から那覇にかけての夜景が美しい!
これで、ビール、泡盛、ハイボール、ワインなんかが2時間飲み放題だから、たまりませんな。
ビール(オリオン生。他に麦職人もあり。)を、ジョッキに注ぐのはセルフサービスなんですが、それもまた楽しい。
ごらんおとおり今年は、ちょっとリニューアルして、全面ウッドデッキになってます。
(去年までは、池?があったりしましたが、こっちのほうがいいかも!)
rylbg06
2時間飲み放題で、男性2,000円、女性1,800円、さらにハンドルキーパー800円!(ソフトドリンクのみ)っていう値段設定もなかなかいいですね。
ちなみにおつまみは、注文すると下のローヤルレストランで作って持ってきてくれます。
そっちも、なかなかイケますよ!
夏季限定のこのビアガーデン、今シーズン何回お世話になるのでしょうか?
週一くらいになりそうな予感が…。

ROYAL SKY BEER GARDEN
  所在地 読谷村字楚辺1315番地
  電 話 098-956-3321

どうも、キタローです!
いやー、ホント夏ですね。
gajirou063001
やっぱ、こんな日(こんな日だけでないが…)には、涼しいところで美味いものと旨い酒を飲みたいなぁと、ということで行ってきました、がじろう飯店
まずは麦職人でキューッといきました!(がじろう飯店の生は、麦職人)
ちなみに、その他にオリオンのドラフトの中瓶とアジアンビールが三種類(台湾ビール、ベトナムの333、シンガポールのTiger)ラインナップされていますよ。
gajirou063006
そして今回は、酔っ払う前にいろいろ注文しました!
写真も撮りました!
(しかし、結局忘れて、後日店主のケンケンさんに教えてもらいました。とほほ)
gajirou063002
こちら、いぶりがっこinクリームチーズ。
細かく刻んだいぶりがっこをクリームチーズに混ぜて整形しています。
これ絶品です。
ワインにも日本酒にも合うという、万能選手。
考えた人、天才ですね。
なんと、お店のオリジナルだそうです。さすがです!
gajirou063003
こちらは、スパイシー上海春巻。
味は、スパイシーな上海風春巻(そのまんま!)ですね。
しかし、コレも美味い。
いいんです、美味ければ。
こちら、お店のオススメ。
gajirou063004
そして、そして、青パパイヤのタイ風サラダ。
みんな大好き(たぶん)ソムタムでーす。
しかし、うちで作ってもこうはならない。
そもそも県民は、パパヤーはイリチャーにしてしまいますからね。
タイの人、偉い。
これは、もういつも注文しちゃいますよ。
gajirou063005
こちらが、タイ風手羽先。
ガイヤーンです。
何だか強そうな名前のですが、優しい味です。
ほんのり甘みもあって…まさに骨までしゃぶってしまいたいくらい!(しゃぶりましたが…)
gajirou063007
最終的に飲み物は、お店のご厚意で、日本酒の一本取り!
この日は、チョーレアなお酒をいただきましたよ。
あー美味かった…。
(このお酒は、なかなか手にはいらないので、注文しても出てこないと思います…ゴメンなさい。)

アジアンテイストのごはんに、日本酒が合うってことを実感した夜でした。
ま、ビールもワインも合いますけどね。
がじろう飯店。
この夏、夏酒まつりやっているみたいですよ!

◆ がじろう飯店
  住所 読谷村字都屋261番地4
  電話 098−988‐7272 
  営業時間 18:00〜23:00

どうも、キタローです!
高志保交差点、焼き鳥のしま作付近をあるいていると…。
ん?何か発見。
SSN1-1
しま作。
この間、友だちに誘われたのに行けなかった…今度、リベンジじゃ!
って話ではなくて…
SSN1-2
コレですよ、コレ!
この黄色い少し短めの横断幕。
ssn1-4
しま作の下に、どうも新しいお店ができたようです。
「DARTS & MUSIC BAR  M's 」ですか?
たしか、以前は、謎の店、通称地下作(?)があったはずですが…。
いつの間に!って感じ。
そのへんの事情に詳しい(と思われる)、しま作常連のY子氏から情報を収集して、
ちょっくらパトロールしてこなくちゃな、って思っているところであります。
しばし、お待ちを。

どうも、キタローです!
この間、黒猫屋のせんべろのことをご報告したばかりですが、
あらたな「千円でベロベロ派」のお店を発見してしまいました!
hry1-3
その証拠写真が、コレですよ。
こちらは、ひらがなではなく、漢字とカタカナで「千ベロ」。
しかし、なんかもう、ココロ乱されちゃう魔法の言葉だなぁ…千ベロ。
システムは、ドリンク3杯に料理1品で同じみたいです。
あと、千ベロもそうですが、昼飲み大歓迎!!の文字もまたボクには眩しい…。
hry1-1
そして、ビックリなのは、この千ベロをやってるお店が、いまいゆ料理とおいしいお酒で有名(!)な はりゆん ってとこですね。
むむむ…コレは、いよいよ我が読谷にも千ベロ(あるいは、せんべろ)時代が到来するのか?
立ち飲みのお店もそのうちできるのか…いや、出来て欲しい。
最後は、願望も混ざってしまいましたが、
はりゆんには、近いうちに偵察に行かないといけないですね。

居酒屋 はりゆん
  所在地 読谷村字大木467番地3
  電 話 098-989-5062
  営業時間 11:00〜24:00(L.O.23:00)
  ※ランチタイム営業やってます!

どうも、キタローです!
突然ですが、このコインのようなもの、なんだと思いますか?
kny1-2
コレはですね、実は、都屋にある 黒猫屋(やきとり工場炭屋読谷店)のせんべろ用コインなんです。
せんべろっていうのは、千円でベロベロ(になるくらい酔っ払う)って言う意味で使われてます。(個人的には、燃費が悪いのでもう少し飲まないとベロベロにはならないけど…)
kny1
よく見るとコインには、「大衆酒場」「一串入魂」って刻印されてます。
なんか、ちょっと凝ってますね。
せんべろは、県内では、たぶん宜野湾の 足立屋 が最初に初めたんじゃないかと思いますが(違ってたらごめんなさい)でも、最近ではあちこちでみかけますね。
ちなみに足立屋では、コインではなくビンの蓋でした。
その、せんべろ。
読谷では、ここ黒猫屋が初めてだと思います。
システムは、最初に千円を払うと、このコインが3枚もらえます。
そしてまずリストからおつまみ1品と飲み物を注文し、その飲み物が届くとこのコインを1枚渡します。
飲み終わるとまた飲み物を注文して引き換えにコインを渡す…そんな感じで3杯飲めるってわけです。
krn1-4
まぁ、ちょろっと飲んで、バスの有るうちにさっさと帰ろうかなぁって時にはありがたいサービスですね!
でも、それだけで終わらないパターンがあるのがコワイ…。

◆ やきとり工場炭屋読谷店 黒猫屋
  所在地 読谷村字都屋263番地1
  電 話 098−956−8588
  営業時間 17:30〜26:00(L.O.25:00)

どうも、キタローです!
この間、あの居食家しむじゃりんこチエリの入っているビルの前を通ると…ん?
hand1-1
おっと、瀬名波にあった、隠れた(?)名店”旬菜食房はんだま”の看板が上がってるじゃありませんか!
いつの間にかお店が閉まっていて、どうしたんだとうと心配していましたが、ここに移転してたんですね!何か、嬉しい…。
hand1-2
しかし、このビル(名前は知らない…)、居食家しむ、じゃりんこチエリと結構強力な組み合わせでしたが、そこにはんだまが加わったということは、もうヤバいッス!
これはもう、近々パトロールに行かないといけないなぁ…仕方ない、仕方ない。

◆ 居食家 はんだま
  所在地 読谷村大木416-3 
  電話  (未確認)

どうも、キタローです!
いよいよ今年ももうすぐ、5月30日。
5月30日と言えば…
i5301-1
そうです、530(ゴサマル)の日!ということで、
あの 読谷ダイニング護佐◯ のこんなチラシが出回ってます!
ガビーン!なんと、
麦職人、53円!
にぎり一貫、53円!
ステーキ、530円!(…53円ではないのね)
あ、でも、530の日なんで530円が正しいのか…まぁいいか!
ステーキ(気になってしょうがないヤツ!)お代りして、麦職人を10杯飲んでも、2,000円からお釣りが来るじゃねーの⁉
ヤバイっす、護佐◯。
こりゃ行くしかないですね。
社長K地氏に聞いてみると、予約もOKということだったので…さっそく、予約しちゃった♡
ということで、皆さんも是非!
530は、護佐◯で会いましょう。

読谷ダイニング 護佐◯
  住所 読谷村字楚辺1093番地
  電話 098−957−0530

↑このページのトップヘ