キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみたんをみーぐるぐる。読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)が勝手にウキウキウォッチング!?

カテゴリ: 工芸

どうも、キタローです!
人気の3工房が東京のど真ん中で繰り広げるやちむんイベント。
OKINAWA 3rd WAVE。
今年も、開催されましたよ。
今年のサブタイトルは、LAST WAVE 。
o3w19rp01
このイベントも、今年で3回目。
1回目、2回目に引き続き、ボクもくっついて行っちゃいました。
そして、このイベント最終回だそうです。
まさに、ラストウェーブ。
o3w19rp02
やちむんやーの2人組(今回は、都合により志陶房のフートーは、沖縄でお留守番)は、7月5日金曜日の早朝に沖縄を出発し、(何故か)中目黒の驀仙坊(ばくざんぼう)というお蕎麦屋さんで昼ごはんを食べた後、いざJOURNAL STANDARD 表参道店へ。
o3w19rp03
会場に到着すると、すでにスタッフの皆さんの手で、会場のセッティングはほぼ完了していました。
今回の会場は、表参道店の、1階。
お店に入ってすぐの場所という、特等席でした。
コリャ、すごいね。
このイベントの注目度と人気の高さが伺えます。
o3w19rp04
イベントの本番は、7月6日(土)と7日(日)の2日間ですが、この日(5日)のお店の通常営業終了後に関係者を招いてレセプションパーティーが開催されるのです。
これも、このイベントの恒例となっています。
o3w19rp05
室生窯のやちむんの展示の様子を、真剣な様子でチェックする十鶴の康助。
「室生窯のやちむん…いいねー」
o3w19rp09
今回も、魅力的な器が用意されていたんだけど、一番手前の ポスターやフライヤー にも使われた縁の方に半円を散りばめた皿は、やっぱりステキだと思う。
o3w19rp17
室生先生(笑)も、やちむんの配置状況に納得の表情(?)
o3w19rp06
十鶴のコーナー。
o3w19rp15
稲妻紋様の大きな鉢がデンと構えてます。
人気のコーヒー豆やドクロのお皿やカップも揃ってます。
o3w19rp13
虎の絵の楕円皿とか…このへんは新作でしょうか?
フライヤーの載っていたお皿も、豆柄のお皿の下に隠れています。
o3w19rp16
昨年は、ドクロ、豆、ピーナッツの3種類の柄だったオリジナルシャツ。
今年は、ドクロ以外の柄が変わっていました。
素材も、レーヨンと麻の2種類。
o3w19rp10
志陶房のコーナーには、カーチーベーシリーズに加え、今、一押しのブロンズマンガンのシリーズが鎮座していました。
o3w19rp11
棚には、カーチーベーのお皿、カップ、小鉢が各種勢揃い。
o3w19rp12
ティーダアミ(太陽雨)シリーズも揃っています。
志陶房好きには、たまりませんね。
o3w19rp19
まもなく、レセプションパーティースタートするというところで、記念撮影。
今回都合により、上京できなかった志陶房の太志に代わって58worksの社長Mが参加。
o3w19rp18
フード&ドリンクコーナーでは、このイベントでは毎回おなじみの、読谷の地酒残波各種と残波ゆずスパークリング がスタンバイ。
o3w19rp20
午後7時30分。
いよいよ、レセプションパーティースタート。
続々とお客様がやってきて、スタート早々から大賑わいでした。
o3w19rp21
ドリンクコーナーでは、残波柚子スパークリングと残波の炭酸割りが大人気でした。
o3w19rp22
残波プレミアムは、やっぱり、いいよなー。
o3w19rp23
ムロオ先生は、柚子スパークリングを片手に上機嫌。
o3w19rp24
会場では、関係者の皆さんが、あちこちで残波を片手にやちむん談義。
o3w19rp25
レセプションパーティーとはいえ、気に入った器は購入できるとあって、皆さん結構真剣に品定めしていました。
o3w19rp26
この日は、お招きしている皆さんだけのパーティだったので、十鶴のコウスケもリラックスしてお客様と歓談中。
o3w19rp27
室生窯ムロオも、自分の作った器の前で、ご歓談。
毎回思うことですが、案内された皆さんも、そしてこのイベントを企画するジャーナルスターンダードの皆さんも、焼き物好きな方ばかりで、パーティーは終始いい雰囲気です。
o3w19rp28
とりあえずボクも、残波ゆずスパークリング で乾杯。
楽しい夜は、もう少し続きそうですが、明日からのイベントをレポートできるように、ほどほどにしときますねー!
では、また。

どうも、キタローです!
一昨年(こちらこちら)、昨年と東京で開催され大好評を博したやちむんイベント「OKINAWA THIRD WAVE」。
その、最新フライヤー(DM)をゲットしました。
o3wlw1901
3回目を迎える今年のサブタイトルは、LAST WAVE…なんと、最終回となるそうです。
o3wlw1903
以下、フライヤーから。
『毎年大きな反響を頂いている「オキナワン サードウェーブ」を今年も開催致します。
"やちむん"の枠に捉われない、確かな技術と想像力に溢れる作品を多数ご用意致します。
まだ世にでていない新作も入荷予定です。
人気3工房が一同に会する奇跡的なこの企画は3年目の今年で最後。
是非この機会に御来場ください。』
確かに、3人が一同に会するっていうイベントは、良く考えるとなかなか貴重です。
それぞれで個展を開けるくらいの人気者だし。
その3人が、日程を合わせて開くイベント…しかも、3年連続で。
確かに、奇跡的です。
o3wlw1902
ボクも、なぜか毎回同行させていただいて(勝手について行っただけですが…)、その人気ぶりにビックリしたり喜んだり…。(今回も、公式ブログを見ると、結構混乱を避ける対策をしてるんですねぇ。)
愉快な3人の東京珍道中(?)もなかなか見ものでしたけど、今年で最後なのかとも思うと名残惜しいような…。
でも、3人それぞれがまた別のアプローチで東京をざわつかせることができるんじゃないでしょうか。
3人のますますの飛躍に期待したいです。
ということで、今回もちゃっかり付いていこうと思っています。
”まだ世に出ていない新作”が気になるし。
来年以降、どんな展開が繰り広げられるのかも気になるし。

◆ OKINAWA 3rd WAVE - LAST WAVE -
  開催日 2019(令和元)年 7月 6日(土)、7日(日) 11:00 – 20:00
    ※両日とも、陶工(十鶴、室生窯)が会場にいます。
  所在地 東京都渋谷区神宮前6-7-1
  電 話 03-6418-7961
  営 業 11:00〜20:00

どうも、キタローです!
オシャレなフライヤー(DM)をいただきました。
那覇のmiyagiyaで、またまた素敵な個展が開催されるようですよ。
oi19ex01
古堅に工房を構える小野田郁子さん(いくちゃん)の個展です。
小野田さんのガラスは、ボクも大好き なんです。
oi19ex02
小野田郁子個展 「光のカケラがカタチになる時」 at miyagiya ON THE CORNER 
ステキな言葉じゃないですか、光のカケラ(欠片)がカタチ(形)になる…って。
oi19ex03
初日となる7月6日土曜日には、小野田さん…いくちゃんも在廊するそうですよ。
あのキュートな笑顔に会いに行くのもいいんじゃないでしょうか。
あと、7月7日のに日曜日は、スペシャルなパフェが食べられるイベントも計画されているようです。
いくちゃんのガラスの器でパフェをいただく…コレもいいですねー。

◆ 小野田郁子個展 光のカケラがカタチになる時 
  期  間 2019年 7月 6日(土)〜  7月15日(月) 12:00 〜 19:00
  会 場 miyagiya ON THE CORNER
     所在地 那覇市松尾20-19-39
  電 話 098-869-1426

どうも、キタローです!
先日行ってきた、陶器三人展 で手に入れたものを、ご紹介(自慢です…ね)します。
kk3nt1902
はい、まずコチラです。
コキュのマグカップ。
サイズは、高さ約9cm☓直径約9cm。(くらい)
kk3nt1903
下かから見ると、こんな感じ。
胴の半分くらいまでしのぎが施され、全体に白い化粧土がかけられています。
しのぎを施して山になったところと飲み口部分が、地の土の色なのか濃い茶色になっていて、それがいいアクセントになっています。
ひと目で、気に入って、即ゲットです。
kk3nt1904
三人展の会場で、コキュのゆっこに「コレ、いいねー」って言ったら「実は、新作なんです」とのこと。
似たような感じで底がコロンとしたもの はあったように思いますが、確かにこいういう形は、初めて見るかも。(…新作だから)
kk3nt1901
色合いといい形といい、活かしてるよなぁ。
シャープでクールな雰囲気がたまりません。
コレで、コーヒーを飲むと、なんだかカッコよくなった気が、しないでもない…かも。
さっそく試してみよう。(笑)

どうも、キタローです!
「陶器三人展 読谷からこんにちは」に、読谷から一人で行ってきました。
t3t1901
会場は、リウボウ7階美術サロン。
北窯の與那原さんとコキュの柴原雪子さん(ゆっこ)、そして十鶴の柄溝康助さん(コウスケ)の三人の合同展です。
ゆっことコウスケは、與那原工房出身なんで、いわば師弟展ですね。
しかし、読谷からこんにちはって…タイトルが可愛らしい。
t3t1904
会場に行くと、たまたまお客さんが少ない時間だったようで、3人が出迎えてくれましたよ。(ちょっと恐縮)
しかし、なぜか與那原さん裸足。(笑)
t3t1903
さっそく、会場をチェック!
こちらは、與那原さん作品です。
中央のグレーの蓋物。
石棺 みたいな雰囲気を醸しだしています。
他の作品も、アフリカ的なイメージだったり、古代インカとかマヤ文明の紋様のようでもあり…独特な世界観を表現していますよねー。
與那原節全開です。
t3t1908
與那原さんのカップと蓋物。
ペルシャブルーのカップは、與那原さんの代名詞みたいなものですね。
t3t1910
こちらも、與那原作品。
大胆であり繊細でもある…もう完全に與那原ワールド。
t3t1905
こちらは、十鶴のコーナー。
さすがに、会期終盤とあって、残りはわずかに…。
t3t1906
この周りがギザギザになったお皿、いいですね。
結構大きなサイズです。
ギザギザ、最近のコウスケの作品でよく見かけるような気がします。
t3t1907
與那原さんの作品をチェックしている、弟子2人。
足がたくさんついているグレーの蓋物(?)にコウスケも興味津津といった感じですね。
実は、與那原さんと…展示しているものの、実はコレ売りたくない(!)そうです。
きっと思い入れのあるヤツなんでしょうね…でも、そういう話を聞くとよけいに欲しくなってしまうのは何故でしょう。(笑)
t3t1911
そして、コキュのコーナー。
真ん中ののお花をいけてある水差しも…いいなぁ。
周りの鉢も、実は使い勝手のいい定番のシリーズですね。
t3t1912
蓋物やコーヒーカップ。
コキュの蓋物は、ついついコレクションしたくなっちゃう可愛らしさがありますよね。
t3t1914
ゆっこは、今回の三人展のために、この壁掛けの一輪挿しをたくさん作ってきたそうです。
可愛らしい…。
もちろん大人気で、ほとんど売れてしまったそうです。
t3t1915
というこことで(?)、再び3人をパチリ。
なんというか、カメラを向けると何かしらのポーズを取ってくれるのがありがたいです。(笑)
何はともあれ、三人展の大成功、おめでとうございます。
t3t1902
おまけ。
58worksの社長Mから、お花が届いていました。
気が利くじゃないですか!
さすがです。

どうも、キタローです!
またまた、気になるフライヤーをゲットしました。
tk3yk01
はい、こちら!
「陶器3人展 読谷からこんにちは」
ちょっととぼけた…というか、ユルイ…というか、ほんわか?した感じのタイトルが、イカしてます。
ところで、3人って、誰と、だれと、ダレでしょう?…写真を見ただけでわかった方は、かなりのマニア(?)かも。(笑)
tk3yk02
はい、そうです。
3人とは、與那原工房の與那原さん、十鶴のコウスケ、コキュのゆっこのことでした。
與那原工房の師弟展なんですね。
親方與那原さんとコウスケは、東京で2人展 を開催したことがるようですが、3人でやるのは初めてのようですよ!
会場は、那覇のリウボウ 。
コレは、見逃せないですね…ってゆーか、逆にリウボウさん大丈夫でしょうか?
開店前から行列ができちゃたったりして…。
そんなことも気になっちゃったりします。
いずれにしても、楽しみだなー。
必ず行きたい、ってゆーか行こうっと。

◆ 陶器3人展 読谷からこんにちは
  会 期 2019年 5月28日(火)〜 6月 3日(月)
  時 間 10:00 〜 20:30(最終日は、17:00まで) 
  会 場 リウボウ7F 美術サロン
  所在地 那覇市久茂地1-1-1 
  電 話 098-867-1291

どうも、キタローです!
なんだかんだと、のんびりと過ごした10連休…終わっちゃいましたね。
kkr101
さて、そんな10連休の最終日。
県外に住む友人が帰省してて、村内の工房めぐりをしたい!とのリクエストがあったのでご案内してきました。
kkr103
こちら、芝原雪子さんの 工房コキュ 。
kkr104
実は、コキュの工房兼住宅の一角に、ギャラリーがあるんです。
kkr105
箸置きなんかも、あったり。
kkr106
角皿や、ちょっと変わった感じの小皿があったり。
kkr107
カップも。
kkr108
こーゆーいかにもコキュらしいもの。
素敵ですよね。
kkr112
といいつつ、このタイプの壁掛けの一輪挿しは、新作のようです。
オーバル型の鏡のようにも見えますね。
kkr111
実は、最初に使った写真のコレもそう!
最近、ゆっこがお気に入りのチロリ型の一輪挿し。
コリャ、かわいいなー。
kkr109
そして、今回ボクが最も注目したのは、こんなトレイみたいな四角いお皿。
コレ、欲しいかも…。
案内した新婚のお二人も、いろいろ気に入ったものがあったようで、いくつか購入していましたよ。
よかった、よかった。
kkr102
そして見送るゆっこ(雪子さん)。
個展を控えて、忙しい中、対応してくれてありがとうございました。
リウボウでの個展、期待していますよ!

◆ 工房 コキュ
  住所 読谷村字渡慶次1114−1
  電話 098−958−4170

どうも、キタローです!
県外から来た知り合いが、おおやぶみよさんのガラスの器をみたいということで、渡慶次のギャラリーに向かいました。
hzkkt02
しかーし、渡慶次の工房&ギャラリーがあったところに行ってみると…。
hzkkt03
あ、あれ?
な、なんと更地になってるじゃありませんか。
ガーン!
たしか、工房が恩納村に引っ越したことは知っていました が…全部なくなってるとは!?
hzkkt04
と、思ってよく見たら…小さな案内板が。
HIZUKI ← P20M先。
これって、「この先に日月があって、駐車場は20m先ですよ!」っていう意味ですよね?
ということで、先に進んでみると…
hzkkt05
ありあました!
20mと案内板にはありましたが、60m以上は、あったと思います。
でも、確かに駐車場と日月の仮店舗と思われる建物(現場事務所的な…)がありました!
hzkkt06
こちらが、仮店舗(らしい)プレハブ。
華やかさや情緒的な側面からいえば、少々、アレですが…なんというか、なかなかクール。
シンプルで機能的な雰囲気を醸し出しています。
あくまでも仮店舗なので、コレでいいんです。
hzkkt07
入り口には、さり気なくアウトレット品が、さり気なく置かれてました。
50%OFFって!
ちょっと見にはわからないようなキズとかくすみのせいで、アウトレットになっているみたいです。
しかし、普通に使う分には、全く問題ありません。
コレは、掘り出し物があるかも…。
hzkkt08
と、思いつつ、建物の中に。
おっと、中は、シンプルながらも目眩く日月ワールド!
日月のガラスの器がキレイに並べられています。
さすが、日月の直営ギャラリー。
hzkkt09
こちらセンターの台の上のガラス器たち。
hzkkt10
店内の様子①
hzkkt12
店内の様子②
hzkkt13
この日は、たまたまみよさんが店番をしていました。
ちょっとラッキーかな。
みよさんは、作る側なので普段はほとんど工房のほうにいるそうです。
新しいギャラリーのことを聞いてみると、
「うーん。10月くらいには建物が完成する予定なんだけどねー」とのこと。
そして、そちらでの営業は年明けくらいになるんじゃないかなーとおっしゃってました。
センスのいいみよさんのことですから、きっと素敵なギャラリーができるんだろうなー。
うーむ、コリャ今から楽しみです。
hzkkt01
とは、いえ。
仮設のギャラリーに行く体験というのも貴重かも。
日月(みよさん)ファンの方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

ちなみにボクは、アウトレットセールのコーナーにあった、旧ギャラリーで使用されていた日月製ガラスのランプシェードをゲットしましたよ。
いつか紹介(…自慢)しまーす。

日月(hizuki)
  所在地 読谷村字渡慶次273番地
  電 話 098-958-1334 
  営 業 月曜日〜土曜日 10:00〜17:00
  定休日 日曜日

どうも、キタローです!
毎年、その年のやちむん市でゲットしたものを紹介(自慢)させていただきておりますが、今年は完全に出遅れてしまい、ちょっとどうかなーとか思ったりしたんですが…。
何とかお気に入りをゲットできました。
fkg1902
それがこちら!
全て深貝公拓さんの深貝工房(ふかがいこうぼう)のものです。
深貝さんは、山田真萬さんの元で6年間修行をして独立したということで、今回手に入れた器をみたら、なるほどー!って思いますね。
fkg1903
まずこちら。
このコバルトと飴釉のバッテン柄(?)のお皿のサイズは、直径約22.5cm。
7.5寸皿ですね。
バッテンが9つ描かれています。
いかにも山田工房的な端正でモダンな雰囲気がステキ。
fkg104
裏側は、こんな感じ。
高台は低めです。
fkg1901
こちらは、4.5寸皿(直径約13.5cm)。
バッテンが4つ描かれています。
fkg105
作り自体は同じで、サイズ違いになります。
fkg108
こちらは、マカイ。
しっとりとした釉薬の具合が、いい感じの4寸マカイです。
ヤングな皆さんには、少し小さいかもしれませんが、おぢさんにはごはん椀としてちょうどいいぐらいののサイズです。
fkg106
裏側からみるとこんな感じ。
伝統的な絵付けだけど、間に打たれた緑の釉薬が効いててなんかフレッシュな感じがします。
形もキレイだなー。
使い勝手もスゴく良さそうです。

今年は、この3点だけ。
でも気分は、満足まんぞく。

やちむん市は、今回初参戦の深貝工房。
ボクは、すっかり気に入っちゃいました。渡慶次に工房を構えているということなので、近々、工房に遊びに行ってみようかなー…。

どうも、キタローです!
読谷やちむん市2019のその②です。
yyi19d228
今年のやちむん市には34工房が参加したようです。
読谷にある全工房の過半数が参加しているんですね。
さすが読谷最大の陶器イベントだけあって、集客力もバツグンです。
(ということは、沖縄最大!?)
yyi19d208
陶器工房虫の音(むしのね)。
さりげなく、3月9日のライブのお知らせも…。
yyi19d226
虫の音の器の向こうで、微笑むユキちゃん。
yyi19d227
このマカイ、いい感じだったなぁ。
yyi19d229
左奥の壷は、とっくりというより花器ですね。
虫の音でよく描かれる鳥のモチーフが実に可愛らしい。
手前の皿の波型の文様は、指描きでしょうか?
ステキです!
心惹かれちゃいました。
yyi19d205
そして、今回ボクが一番注目していて、実際いいなーと思ったのがこちらの工房です!
深貝公拓さんの深貝(ふかがい)工房。
yyi19d233
深貝さんは、あの読谷山焼山田真萬さんの工房で修行をされて、たしか昨年(?)独立されたそうです。
いかにも山田工房の出身らしく、端正な器じゃやないですか。
yyi19d234
お皿もいい感じ。
yyi19d236
こちらは、マカイ。
絵付けも丁寧だし、形もキレイです。
yyi19d235
4.5寸(約13.6cm)の皿シリーズ。
とりわけ皿にピッタリのサイズですね。
これはいろいろと揃えてみたいなぁ。
yyi19d224
こちらは、畑田耕介さんのやちむん漂窯
畑田さんは、北窯の松田共司工房で修行したあと独立し、今は瀬名波に工房を構えています。
yyi19d225
北窯DNAが濃いですねー!
いい感じです。
yyi19d240
はい、そしてこちらは大人気の志陶房
ふーとー、接客中ですが…商品は、もうほとんど残っていませんでした。
yyi19d241
新作のブロンズマンガン釉シリーズのお皿がチラホラと…。
yyi19d242
金属的な輝きが、シックでクールな雰囲気ですな。
カーチベーやティーダアミといった人気シリーズは、もちろんとっくに完売してました。
そりゃ、そうですよねー。
yyi19d243
2日目のこの日、志陶房でも整理券の配布と購入点数の制限をしたそうです。
人気者は、辛いですね。
しかし、この黒のマカイもカッコいいなー。
yyi19d244
とまぁ、そんな感じで会場をぶろぶら放浪しました。
やっぱり、今年もたのしかったなぁー。
帰ろうと思ったら、YCSC(読谷村地域振興センター)の前になにやら人だかりが!
yyi19d245
何かと思ったら、やちむん市恒例のチャリティーオークションでした。
與那原さんや壹岐さん(昨日のブログ参照)もこちらのオークションの商品解説に駆り出されていたんですね!
ということで、今回のやちむん市レポート終了です。
来年は、やっぱり初日から参戦しうよーっと。

↑このページのトップヘ