キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみーぐる!読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)の個人的な目線で語っちゃいます!

カテゴリ:工芸 > やちむん

どうも、キタローです!
いよいよやちむんの里の陶器市、始まりました。
tki17d101
とはいえ、なんだかんだと昼間の会場に行けず…。
夜8時過ぎに行ってみるとすっかり落ち着いていました…当たり前か。
共司工房でコーヒーに誘われて、こんな本格的なカフェラテをいただきました。
うーん、ラッキー!
共司さんに昼間の様子を聞いてみると、車の量も、人の数もハンパなかったって。
いやぁ、恐るべしですね、やちむん人気。
tki17d102
北窯の各工房をフラフラと回った、最後に與那原工房へ。
この日の出した商品は、ほとんど売れちゃったみたいで、やっぱりスゴい人出だったんですね。
一杯やりながらいろいろお話しましたが、最後は與那原さんを囲んで焼きもの談義。
今回の窯の自信作や面白い発見ものとかも見せてもらいましたよ。
tki17d103
コキュのゆっことか、吹きガラス工房 彩砂(るり)の小野田さんとかも興味深そうに與那原さんのお話を聴いていましたよ。
tki17d104
與那原工房で、この日、呑んだ酒は、長崎の普賢の夢。
なかなか手に入らないお酒だそうですが、コレは美味かったな!
陶器市だけど、会場の様子ややちむんとあんまり関係ない話題ですみません…。
やちむんの里の陶器市は、17日 日曜日までやっています!


◆ やちむんの里 陶器市
  開催日 2017(平成29)年12月15日(金)〜17日(日)
  時 間 9:00〜19:00
  場 所 読谷山窯、北窯、次郎窯、横田屋窯(やちむんの里エリア一体の特設会場) 
  問合せ 読谷山窯売店 098-958-4468
      読谷山窯北窯売店 098-958-6488

どうも、キタローです!
昨日(11日)は、北窯の窯出しでした。
なんというか…やっぱり、どんな感じで焼きあがってるのか気になったんでちょっくら行ってきました(笑)
kgk171201
行った時間がちょっと遅かったんですが、共司工房はまだ灯りがが点いていたので覗いてみると、共司さんがひとりで作業をしていました。
kgk171203
お皿やマカイ等の小物は、陶器市用にもうダンボールに詰めてスタンバイしているということで、比較的大きなものだけが工房の中に置かれていました。
「なかなかいい出来だったよ!」と、共司さん。
kgk171202
なかでも、この抱瓶(型の花器?)は、自信作だそうです。
なるほど、立派な抱瓶で形も素晴らしい!
kgk171205
ボク的には、こちらのハンドゥ(半胴)が気になるなぁ。
振り返ってみると、去年も同じようなこと言ってます…
kgk171206
何はともあれ、共司さんのこの笑顔を見れば、今回の出来がわかります。
陶器市楽しみだなぁ。
kgk171209
そして、與那原工房へ。
與那原さんは、ちょっとなぁ…って言っていましたが、こんな感じの良いブルー出てました。
kgk171207
かわいらしい蓋物。
向こうの方には、お皿や鉢がたくさん並んでいました。
kgk171208
このへんは、定番のシリーズって感じですね。
ポットやカップに角皿。
ペルシャの感じもいいんじゃないでしょうか?
kgk171210
この三段重ねの重箱みたいなやつ、いいなぁ。
この辺のモノは、ちょっとスペシャル感がありました。
kgk171211
こんな感じで工房の中には、陶器市用のヤチムンが所狭しと並べられていました。
欲しい器もいくつか…。
北窯は、陶器市に向けて会場の準備やなんやかんや慌ただしくも、なんだかお祭り前のワクワク感にあふれていましたよ。
これは、宮城工房や米司工房も気になる…それにしても、待ち遠しい!
kgk171212
そして與那原工房の一角では、お約束の宴会が、始まっていました。
kgk171213
コキュのゆっこの妹、ふゆさんの差し入れを手に笑顔の與那原さん。
いい笑顔。
楽しそうです。
そして與那原工房の夜は更けていく…。

今年の陶器市は、12月15日金曜日から17日日曜日までですよ!

◆ やちむんの里 陶器市
  開催日 2017(平成29)年12月15日(金)〜17日(日)
  時 間 9:00〜19:00
  場 所 読谷山窯、北窯、次郎窯、横田屋窯(やちむんの里エリア一体の特設会場) 
  問合せ 読谷山窯売店 098-958-4468
      読谷山窯北窯売店 098-958-6488

どうも、キタローです!
現在発売中の おきなわいちば に北窯の米司工房の記事が掲載されているということで、早速購入してチェックしました。
oki6001
おきなわいちばといえば、”作る人と食べる人をつなぐ、暮らしと食のマガジン”として毎回面白い企画を特集しているんですが、おきなわいちばの最新号、vol.60 2017冬号のテーマは、ズバリ「料理のこと。」。
沖縄の食材や器を使った料理のことや、料理にまつわる様々な話題が特集されています。
oki6002
その28ページ目から(なんと!)見開き4ページで北窯米司工房の取材記事が掲載されています。
「弟子入りの条件は ずばり”料理”」(!)
へー、そうだったのか!
oki6003
おひりごはんの風景は、こんな感じのようです。
あの火鉢というか…囲炉裏風のテーブルを囲んでる写真が、いい雰囲気です。
今度、お昼に確信犯的に遊びにいっちゃおうかな…なんちゃって。
oki6005
記事では、お弟子さんたちが当番制でお昼ごはんを作っていること。
工房の全員で一緒に食べていること。
そして、そういう風になった(した)意味なんかが書かれています。
oki6006
少しだけ記事の中の米司さんの言葉を引用しちゃうと、
「同じごはんを食べて、言葉を交わして、相手のことを少しずつ知る。」
「他人に合わせることは、時にストレスかもしれませんが共同作業の場では、みんなが足並みを揃えなければならない場合があります。」
「お互いのことを知っていれば、バランスを取り合いながら、助け合えるはず。」
うーん、深いな。
そのへんのところの北窯暮らしの様子や共同窯に対する思い(!)みたいなものも分かるいい記事だと思います。(ボクが言うのもなんですが…)
是非皆さんにも手に取って読んでみて下さい。
他にもいい記事、てんこ盛りですよ。
oki6007

一時体調を崩した米司さんも、ご覧のとおりの大きな笑顔。
だいぶ体調も回復されたようで、何だか一安心。

おきなわいちば vol.60  2018 Winter  
  発 行 光文堂コミュニケーション株式会社
  価 格 680円
  ※県内書店、コンビニで絶賛発売中

どうも、キタローです!
11月28日火曜日。
北窯は、陶器市に向けて登り窯に火を入れる日。
kghi171201
いつもは夕方までに窯詰めを終え火が入りますが、この日は、午後7時を過ぎても窯詰めが続いていました。
kghi171202
陶器市に向けて、できるだけ多くの器を準備するためにギリギリまで作業を行っていたんでしょうね。
ボクが行った時には、口が閉じられていた袋は、まだひとつもありませんでした。
kghi171203
袋の中をのぞいてみると…お、例の大きめの蓋物 の姿も見えます。
ここは、共司工房ですね。
kghi171204
こちらには、イッチンが!
宮城工房でしょうか?
このグレーや茶色の土の塊が、美しい器にへと生まれ変わっていくんですねぇ。
…なんか考えるだけで感動しちゃうな。
結局、この日、窯に火が入ったのは午後11時過ぎ。
それから約3日の窯焚きの後、ゆっくりと窯の中で熱を冷まし、来週には新しく器たちが産まれてきますよ。
楽しみだなー。
陶器市は、12月15日から3日間の開催です。

◆ 読谷山焼陶器市
  開催日 2017(平成29)年12月15日(金)〜17日(日)
  場 所 読谷山窯、北窯窯場(やちむんの里エリア) 
  問合せ 読谷山窯売店 098-958-4468
      読谷山窯北窯売店 098-958-6488

どうも、キタローです!
先日開催されたまるき市
小さなマルシェ、楽しかったな。
毎週…せめて、毎月あるといいなぁ。
ということで、今回の戦利品を自慢しますよ。
mi1711g02
こちらの皆さんでーす!
mi1711g03
まずは、工房ツチノヒの七寸皿。
ツチノヒの石坂くんは、常秀工房で修行して、現在は恩納村の喜瀬武原で工房を構えてます。
ちょっとポップだけど甘すぎない感じの色合やデザインが、ステキです。
mi1711g05
こちらもツチノヒのマカイ。
サイズ的には、16cmちょい…五寸半ですね。
これもモダンな雰囲気。
沖縄そば用に使っちゃおうかな。
mi1711g06
こちらは、座喜味城跡の近くに新しく工房を立ち上げた、工房マチヒコのリム皿。
七寸半…実寸で、23cmちょい。
そう言えば、マチヒコの町田さんも常秀工房出身だそうです。
リム部分にイッチンで流れるような文様がツケられているところがカッコイイ。
さっそく、このお皿でカレーを食べましたが、美味しさ倍増!(個人的な感想です。)
mi1711g08
コレは、最近気になっている楠戸さんの工房、ヒネモスノタリのマグカップ。
ちょっとクールな感じ。
北欧っぽくもあるな。
mi1711g07
これも、ヒネモスノタリ。
直径10cmくらい。
三寸半の小皿。
これはもう、お皿のふちの唐草文の雰囲気とコバルトの掛け具合が気に入ってます。
mi1711g09
そして、今回の一番お気に入りが、こちら。
ヒネモスノタリお得意(?)のマグネット。
木のやつ(右)は、季節のせいか何だかクリスマスっぽく感じるし、
リュックを背をって登山をしている風のお兄さんのやつは(左)、なんかこう、とぼけた感じがもう可愛らしすぎます。
mi1711g10
そして最後は、暁硝子のコップ。
モールの入りが甘いということでB級品として安く売っていたものですが、こういうシンプルで透明感のある手作りのカップを探していたので、2個購入。
サイズに若干違いがありますが、全然OKです。
mi1711g01
今回のまるき市(MARUKI ICHI)には、若手の皆さんが出店していたんですが、こういう感じで発表と言うかたくさんの人達に手にとって見てもらう機会があるっていいなぁ、と思いました。
ボクらのようなユーザーにとっても新しい作り手に出会える機会になるし…。
しかし、身近でこんなステキな工芸品が手に入るなんて、いいですねぇ、読谷。
毎日の生活が楽しくなっちゃいます。
ありがとう、まるきさん!
次回の開催も期待していますよ!

どうも、キタローです!
いよいよ、11月も後半…もうすぐ師走ですね。
と、いうことで今年もこのカンバンが登場しましたー!
tki1701
読谷山焼陶器市 !!!
こちらのカンバンは、読谷山焼の売店手前の交差点に設置された大型カンバン。
今年は、12月15日(金)、16日(土)、17日(日)の3日間なんですね。
tji1702
こちらは、北窯の工房前に立てられた少し小さめのカンバン。
今年で、37回目の開催なんだなぁ。
看板も年季が入ってます。
いやぁ、しかし、楽しみ楽しみ!

◆ 読谷山焼陶器市
  開催日 2017(平成29)年12月15日(金)〜17日(日)
  場 所 読谷山窯、北窯窯場(やちむんの里エリア) 
  問合せ 読谷山窯売店 098-958-4468
      読谷山窯北窯売店 098-958-6488

どうも、キタローです!
9月に北中城にある ten で開催された「つちのしごとぬののしごと」展で購入した、工房いろはのピーナッツ型の小皿。
kbi207
形といい、こげ茶色に…このなんというかそら豆(?)っぽい絵付けといい、実にキュート!ですごく気に入っています。
大きさは、長いほうが17cm、短い方は上が10cmで下が11cm。
kbi202
裏は、こんな感じ。
たたらづくりで、縁のところ以外は、釉薬がかかっていません。
小さくイロハのサインが入ってます。
kbi204
こちらは、2013年に読谷のLOTTAで開催された「器の点と線」展で購入した6寸のお皿。
表はウロコのような形に細かく削られてて(たぶん)その上に緑がかった釉薬が掛かってます。
(写真では、白っぽくなっていますが…すみません。)
kbi205
裏はこんな感じ。
こちらはろくろ整形で高台もあります。
裏面までキレイに釉薬が掛けられていて表面とのコントラストもいい感じ。
このお皿にもサインが…ん?
kbi206
こちらは、6寸皿のサイン…。
サインというより何かのマーク?
(向きは定かではありません…)
kbi203
これは、ピーナッツ型のお皿のサイン。
これは、完全にカタカナでイロハ、です。
わかりやすい。
dsc07903x
こちらは、ネットを検索してみつけた、前の写真の2つとも少し違うサイン。
( Gallery shop 空庵 さんのHPから借用しました。)

なんか、こうしてみると面白いですね。
裏のサインは、だんだん変化しているのか?それとも、いろはのお皿だと思っていたんだけど、実は違う人のものなのか…。
うーん、面白い。
けど気になる…ってゆーか、気になってしょうがない
これは、チャンスがあればぜひとも多賀橋さんに聞いてみたいものだなぁ。(お話したことは、ないんですけどね。)

どうも、キタローです!
北中城の ten で開催されている、つちのしごとぬののしごと展を観に行きました。
tgh101
壁に掛けられていた、ピーナッツ型のお皿。
植物の絵が描かれているけどこれは、何でしょう?
有機的な雰囲気がステキです。。
thgh103
会期も終盤ってことで、だいぶ作品も少なくなっていましたが、まだまだいいモノが残っていましたよ。
布の作品もステキなモノがたくさんありましたが、やっぱりいろはの器に目が行ってしまいます。
tgh102
ほらね。
ぱっと観ただけでいい感じ。
tgh118
こちらは、盃?
結構なバリエーションがあるので、目移り。
tgh108
どんぐりみたいな蓋物も残っていましたよ。
形がほんとキュート。
中には、陶製の小さなスプーンが隠れてました。
tgh109
これも蓋物。
これは、比較的プレーンな形(?)。
なかなかステキな質感。
tgh107
お皿お、魅力的なヤツが残っていました。
tgh117
上から観ると鳥のように見えたお皿。(個人的な見解)
白いところが羽の用に見えます。
カワイイなぁ。
tgh119
こちらは、シャープにも見えるし有機的な…動物的な感じにも見える絵付けのお皿。
ちょっとアフリカ(?)感じ、かな。
tgh111
色合いのいいなぁって思ったお皿。
青い色合いが海で、模様が何だかサンゴのように見えました。
工房いろはの器は、いろんなイマジネーションが湧いてくるあたりが魅力かも。
tgh106
質感にグッとくるマグカップ。
真ん中のやつは、木彫りのカップみたいな感じ。
tgh113
これは、ニワトリですね。
笑うニワトリ。
高台に鳥の足が描かれているあたりが、キュート。
tgh105
一番最初のお皿と同じ絵付けの、耳付きのお皿。
スープ皿?
コレもすごく良かったな。
tgh112
こちらは同じ絵柄の角皿。
何だか、この植物が何を表現しているのか、機会があれば聞いてみたいなぁ。
何となく生命力を感じるな。
tgh114
最初のピーナッツ型のお皿のバリエーション。
絵付けも、そら豆ぽくていいな。
今回は、コレを家に連れ帰ってきましたよ。

工房いろは ✕ tsuyu つちのしごとぬののしごと、会期は明日(10月1日)の日曜日まで。
気になる方は、是非足を運んでください。


◆ 工房いろは ✕ tsuyu つちのしごとぬののしごと
  会 期 2017年9月22日(金)〜2017年10月1日(日)
  会 場 ten
        ※北中城村字島袋1497番地
       098−894−2515

どうも、キタローです!
先日、ノモ陶器製作所におじゃました時 に、いくつか器をゲットしてきました。
今回は、それをちょっと自慢しちゃおうかなぁ…と、いうことで。
いっちゃいますよ!
kcnm06
こちら、野本さんの一番の人気シリーズオーグスヤー(緑釉)のお皿。
サイズは、約15cm(5寸)。
鍋料理の時の取り皿的な使い方をしようかなと思っているのですが、実は、この器は裏側もいいんです。
kcnm08
このように、白土のイッチンが施されています。
結構、手が込んでいるし、丁寧に作られている感じがいいんですよね。
kcnm07
横から見ると、こんな感じ。
表裏で、表情が違うのも面白いですね。
kcnm10
こちらは、同じ絵付けのワンブー(鉢)
サイズは、こちらも約15cmですね。
kcnm09
同じデザインでも、釉薬のタレ具合とかの違いで若干イメージが変わりますね。
これは、緑釉がそんなに底の方まで下がってなくて白地の部分が多めなので、煮物とかおひたしとかそういうのを真ん中に盛り付けると映えそうです。
kcnm11
裏は、こんな感じ。
黒い釉薬に白いドットが、かわいらしい感じです。
ドットの数が多すぎないので甘すぎないのがいいですね。
kcnm02
今回、一番お気に入りなのが、こちらのそば猪口。
白地にこげ茶色の釉薬で絵付けがされています。
口径9cm(3寸)、高さ7cm。
kcnm03
何でしょう?
写実的ではない、何かの文様が描かれています。
ちょっと民芸の作家さんの器みたい。
何ていうか、河井寛次郎風?
形もキレイです。
kcnm104
こちらも、そんな感じ。
端正なかたち。
口径12cmちょい(4寸)のマカイ。
kcnm105
黒字に白い釉薬で、ふたつの◯がくっついたものに横棒が一本通ってます。
kcnm13
ちょっと似たような感じですが、こちらは、のの字のようなぐるぐるを描いたようなお皿。
18cm(6寸)ですから、使い勝手のいいサイズですね。
kcnm14
裏は、ごらんの通りシンプルな仕上げ。
質感もいいんで、登場回数の多いお皿になりそうです。
野本さんといえばオーグスヤーのイメージが強いんですが、それ以外もイカしているんですよね。
個人的には、そっちのほうが好きかも…。
野本さんの、今後の展開に期待しちゃいますよ、

どうも、キタローです!
朝夕、何となく秋っぽい感じもする今日この頃ですが、昼間はやっぱ暑いですね。
さて、そんな中、工房いろは の多賀橋明美さんから展示会開催のお知らせをいただいていたことを思い出しました。
kirh101
場所は、北中城村にある小粋なクラフトショップ ten
多賀橋さんといえば、常秀工房で修行されたそうですが、ちょっとどんぐりっぽい器とか森とか土とか自然を感じさせるキュートな作品がステキですよね。
今回の展示会は、布作家の tsuyu さんとの2人展とのことです。
kirh102
うっかりしていましたが、9月22日からの開催…え、明日からだ!
うーむ、これは行かなくちゃだわ。
でも、週末は予定が入っているので…来週…あ、tenは、月火水お休み…。
これは、来週末に気合入れて行くしかないな。
気になる皆さんは、是非足を運んでください。

◆ 工房いろは ✕ tsuyu つちのしごとぬののしごと
  会 期 2017年9月22日(金)〜2017年10月1日(日)
  会 場 ten
        ※北中城村字島袋1497番地
       098−894−2515 

↑このページのトップヘ