キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみーぐる!読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)の個人的な目線で語っちゃいます!

カテゴリ: 見るとこ!

どうも、キタローです!
またまた、ステキなチラシをゲットしましたよ。
bokh01
それが、こちら!
ボクネン展vol.21「向日葵〜太陽の使者〜」のチラシです。
向日葵の黄色をはじめ、相変わらず色彩豊かですねぇ。
版画家として有名な名嘉睦稔さんですが、
実は、株式会社プロジェクト・コア(北谷の美浜のAKANAやボクネン美術館、Tシャツ屋のHabu Boxを運営している会社)という会社の代表でその本社は、渡具知にあるんです!
知ってましたか?
読谷との繋がりも、結構(?)強いんですよ。
ちょっと、へー!ですよね。
そんな縁もあって、読谷村役場の3Fには、ボクネンさんの作品が飾られていたりします。
その作品も素晴らしいので、ボクは時々観に行ってますよ。
bokh02
とまぁ、小ネタは置いといて。
そのボクネンさんの企画展が北谷町美浜にある ボクネン美術館 で開催されるんですねー。
なんと、vol.21!(すごい)
北谷は近いんでコレは、いかなくちゃ。
ひまわり大好きだし。

詳細は、ボクネン美術館のHPかFacebook でご確認ください。

◆ ボクネン展vol.21 向日葵(ひまわり)〜太陽の使者〜
  会場 ボクネン美術館 北谷町美浜9-20 AKARA 2F
  期間 2017年7月14日(金)〜11月12日(日)

※8月1日〜8月31日の期間、このチラシをゲットして持参すると小・中学生は入場無料のようですよ!

sf2
※オマケ。
 数年前に撮った読谷のひまわり畑。

どうも、キタローです!
読谷村は、比謝川の河口から長浜川の河口までそのほとんがが自然海岸なんですね。
そこ、うちの村のアピールポイントです。
tgcb1-1
なんですが、この間、渡具知の海岸を歩いてたらこんな階段があるのに気づきました。
これ、すごくありません?
tgcb1-2
コンクリートとかじゃなくて、自然の琉球石灰岩を彫って作って階段なんです!
そんなに古いものじゃないけど、自然の景観にもマッチしていて…なんかいいなぁ。
あんまり手をかけすぎて違和感があるのもイヤな感じですが、
こんな風に加工したものは、そのうち風景にも馴染んで景色の一部分になるんだろうな。
すっかり、お気に入りの場所になりました。

どうも、キタローです!
突然ですが、本日より建物シリーズも始めることにしました!
とりあえず、初回はこちら。
ykh1-1
ちょっと、教会建築にも見えるこの建物。
ちょっとオシャレじゃないですか?
どこだと思います?
じつは、コレ、読谷村役場です。
へー(って思って欲しいというボクの願望)
正面からみると赤瓦がのった沖縄イメージの建物ですが、
別の角度からみると何となくヨーロッパ風にも見えるから不思議。
この写真は、役場1階の右奥のカフェスペース(パンを売っているところ)を東側から写したものです。
読谷村役場は、築20年。
少し風格が出てきた気もしますが、なかなか良い造りでまだまだ古びた感じはしませんね。
やっぱり、読谷を代表する建築物の一つだと思います。


どうも、キタローです!
この間、役場のロビーで(だいたい)等身大のよみとんを見かけました。
byto1
この間の記事で写真をちょっと使ってますが、
台座をいれると、2mくらい、よみとんだけでも160cmくらいあってかなり大きなオブジェです。
byto2
調子にのって接写(ボケてます)
byto3
さらに接写。
かなり可愛い感じにできてるな!
byto4
勢いにのってサイドに回り込んだら…見事にピンぼけ。(すみません)
このよみとん、てっきり役場のロビーだけにいるんだとばかり思ってました。
ところが…、
byto6
なんと、この間、残波岬のTi-da33に行ったら、そこにもいるじゃありませんか!
なんてフットワークが軽いヤツだ!なんて思ってよくよく見てみると、
台座の色が違ってます。
役場のやつは、黒で、こっちはグレー。
あと、役場のは(ドッキリのヤツみたいな)プラカードを持っていましたが、
残波のは、体の前に表示版があります…ま、まさか、
そうなんです!
こいつは、役場のやつとは違うやつだったんです。
匿名の情報提供者によると、なんとこのよみとんオブジェ、複数体制作されたようで、
今後、他のところにも出現する可能性があるということなんです。
ボクが予想するに、CSC(地域振興センター)に出現するのは、まず間違いないな…。
あとは…どこだ?
どこなんだ、気になる。
皆さん、もしよみとんオブジェを発見したら、情報の提供をお願いします!

どうも、キタローです!
この間、役場にいってふと中庭を覗いてみると
眼鏡のおじさんの銅像が建ってました。

ycd1
どっかで見覚えあるなぁ…と思ったら
朝苗さんじゃないですか!
戦後沖縄の偉人の1人である、屋良朝苗(やら・ちょうびょう)さんの銅像でした。
ycd4
屋良さんは、沖縄の復帰運動(このへん知らない人もおおいんだろうなぁ)の象徴とも言われた方で、読谷村瀬名波の出身です。
沖縄がまだ米軍統治下にあった時の琉球政府の主席(当時は知事じゃなくて、主席)選挙で当選し、1972年の日本復帰後に行われた知事選挙でも当選し県知事となりました。
ボク(ボクたち世代)にとっては、屋良知事と言ったほうがピントきます。
手を腰にあて、ちょっと険しい表情で前を見据える朝苗さん(屋良知事)。
沖縄が今よりもっと困難な時代に、県民の先頭に立っていろんなことと闘った彼の強さと苦悩を表しているんでしょうか…。
ちょっと真面目に思っちゃいました。
この銅像は、その功績を称えるために2016年に建立されたそうです。
ycd3
銅像の隣には、屋良さんの経歴や功績を記した碑文があります。
興味のある方は、是非こちらを読んで欲しいと思います。
ycd2
読谷村役場の中庭の奥の方にそっと佇んでいる銅像。
何だか少し寂しげだったんで、皆さんも機会があれば一度会いに行ってみてください。
そのうち、笑顔になってるかも…。

◆ 読谷村役場
  住所 読谷村字座喜味2901番地
  電話 098−982−9200

どうも、キタローです!
金曜日の新聞(沖縄タイムス)に、今年のサッカーキャンプの記事が大きく載ってました。
ちょっと拝借しちゃいますが…。
sc1 
今年は、J1,J2だけじゃなく中国スーパーリーグのチームも結構やってくるんですね。
おー!上海申花といえば、あの世界最高給で話題になった(?)テベスがいるチームじゃないですか!
でも、注目はするのは、そこではなくて…
sc2
こちらですよ!
なんと、今年も読谷にはJ1の2チームがやってきます。
サガン鳥栖とヴィッセル神戸。
昨年は、ヴィッセル神戸はなかなか好調で2nd ステージは、浦和に継いで2位。
年間順位も7位でした。
今年もなかなかいい補強をしたようで、2017シーズンは上位を狙ってますよ。
サガンは、昨年の1stステージは、いい試合をしながらなかなか勝てずに苦戦していましたが、
後半は、持ちなおして年間11位でフィニッシュ。
今年は、監督の戦術にも馴染んだきたと思うので、やってくれるんじゃないでしょうか!
両チームで優勝争いしてくれるといいなぁ。
今年は、トレーニングマッチも何試合か組まれるんじゃないかなぁ。
楽しみです。

ご存知だと思いますが、この季節の読谷は、スポーツキャンプ真っ盛り!
サッカーをはじめ、ラグビー、陸上、ソフトボール、そして野球とてんこ盛りです。
スポーツ好きには、たまりませんなぁ。

読谷村観光協会のサイトには、キャンプ情報掲載されていますよ。
要チェック! 

どうも、キタローです!
正月三が日も穏やかな日和で、平和な読谷村。
何よりです。
ftbbs2
ところで、この間、県道6号線の瀬名波から長浜に向かう坂の途中で、ひっそりとたたずむバス停を発見しました。
「船地原」。
調べてみると「ふなちばる」と読むそうです。
このへんに昔、港か船着き場があったんでしょうか…。
ftbbs1
ここを通る路線は、読谷バスターミナル発の石川〜読谷線のみ。
乗ったことが無いとはいえ、何度もこの前を通過していたはずなのに…恥ずかしながら、正式には初対面です。
ごめんなさい。
ftbbs3
バス停の先には、長浜の慰霊の塔「真砂之塔」が建っていました。
その裏手は海がすぐそこになっていて、残波岬に続く断崖や本部半島あたりが一望でき、なかなかの眺望でしたよ。

船地原は、読谷バスターミナルから3つ目のバス停になります。
次のバス停は、長浜バス停になるんですけど、
バスターミナルから長浜までのおよそ1,500mの間に、4つもバス停があります。
1日の乗降者は、何人くらいなんでしょう…気になります。
余計なお世話かもしれないけど。
村民なら、一度は見に行ってもいいかもしれません。

平和なお正月にふさわしい(?)、レアなバス停発見のお話でした。

どうも、キタローです!
今日は、クリスマス・イブですね。
メリー・クリスマス!
ところで、うっかりしていましたが、
読谷で今、ドライブイン・シアターがオープンしてます! 
bg_event
23日から25日までの3日間限定なんですね。
もう、観に行った方もいらっしゃるかもしてませんが…。
うっかりはしておりましたが、一番観たいなぁと思っていた
「ニュー・シネマ・パラダイス」は、明日の昼の部なんで、セーフでした。
良かった。
皆さん、残すは、明日(25日)の昼と夜の回のみです。
フードエリアもあって、いろいろ出店しているようなので、
もし予定がないなぁ…っていう方は、いかがでしょうか?
当日券もあるそうですよ。

でも、ドライブイン・シアターって、何だか懐かしい響きだなぁ。
こどもの頃、沖縄にもありましたよ。
たしか、屋宜原のほうに…知ってる人のほうが少ないかも。

※画像は、CINEMA CIRCUS のHPから拝借しました。すみませーん。

どうも、キタローです。
皆様、師走で慌ただしい中、いかがお過ごしでしょうか?
ただいま、読谷村では、夜あかりプロジェクトの提灯が増殖中です。
yyap1
村内のいたるところで、赤、黄色、白、3色の提灯が揺れてます。
何だかお祭り気分で、いいなぁ。
ところで、YYAP。
何だか紛らわしいですが、
よみたん夜あかりプロジェクト(Yomitan Yoru Akari Project)の頭文字です。
勝手に頭文字にしちゃったけど…。

どうも、キタローです!
この間、座喜味城跡に行ったら、お城の麓にある資料館が閉まってました。しかも、お隣の美術館には、工事用の囲いが…。聞いてみると、歴史民俗資料館が老朽化のために立て替えなんだそうです。美術館も含めてリフレッシュするということで、今年から平成30年3月までの予定で休館だって。
休館のお知らせ(読谷村HP)
skms1
 毎年のやちむん展とか、楽しみにしていたんですけど、しばらくお休みなんですね。残念。
でも、まぁ、新しい資料館・美術館ができるのも楽しみです。しばし、ガマンですね。
ところで、資料館の前に鎮座していた2匹のシーサー 。中々の大きさで、見た目もカッコいいなーって思ってたら、シーサー作りの大家、新垣栄用さん(琉球新報記事)の作品でした。やっぱりさすが、現代の名工!腕が違いますね−。
でも、よく見ると口が開いてる方の口の中に、小石が…何故だか入れたくなってしまうんでしょうねぇ…ちょっとカワイソウな気もしましたが、そんな事に動じる様子もなく威風堂々と佇んでましたよ。こちらのシーサーは、今のところいつでも見ることができます。 

↑このページのトップヘ