キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみたんをみーぐるぐる。読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)が勝手にウキウキウォッチング!?

カテゴリ:見るとこ! > アート・オブジェ

どうも、キタローです!
いきなりですが、とあるところで発見シリーズです。(突然、始まってスイマセン…)
gjr01
読谷村役場のとあるところで、読谷山花織をモチーフにしたレリーフを発見しました!
コレ、コンクリートを型抜きして着色したものなんですが、カラーリングも含めて、秀逸だと思います。
さて、どこにあるのでしょう…。※1
結構、難易度高いと思いますが、ネット中継(!?)とかでもしかしたら見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。
実は、結構、面白いところがいろいろあるんですよね、読谷村役場って。
関係者の皆さん、読谷村役場の見どころツアーとか企画してみてはいかがでしょうか?

※1 正解しても、特に賞品とかはございません。

どうも、キタローです!
瀬名波の路地裏で謎のメッセージ(?)を発見してしまいました。
suh1901
一面に纏わりついた植物と錆びたトタンの組み合わせが、そこそこの廃墟感を醸し出しているこの建物。
しかし、この建物が独特なオーラを放ってるのは、そのせいだけではなかったのです。
suh1902
ちょっと、近づいてみると…!
もうお気づきですね。
何かの絵が、描かれています。
suh1903
さらに、近づいてみるとこんな感じ…そうです。
コレは、あきらかにUFO 。
しかも、見事な アダムスキー型
このシンプルでありながら堂々した形…ただの落書きであるはずがありません。
宇宙人からの何かのメッセージなのでしょうか?
も、もしかしたらここは、UFOの秘密基地のマークだったりして…。
いや、視点をかえれば バンクシー(というより、キースヘリングか…)的なストリートアートという見方もできなくはありません。
そうなると、東京都のようになんらかの保存措置をしなければいけないかも…。
うーむ。
またまた読谷の見どころが増えてしまった…。(そんな大げさなもんでもないような…)

◎発見場所 読谷村瀬名波(瀬名波公民館付近)

どうも、キタローです!
この間、世界遺産座喜味城跡界隈をウロウロしていたら、ステキなものを見つけました。
zjsg01
コレです、コレ。
何かの歯車的な大きな鉄の塊。
ステキなサビ具合にキュンとなりませんか?
zjsg02
ちょっと離れて見ると、こんな感じ。
世界遺産座喜味城跡の足元にあるユンタンザミュージアムの前に設置されていました。
zjsg03
コレが何なのかというと、サーターグルマ というやつです。
昔、サトウキビの汁を絞っていたやつですね。
三連歯車のステキなやつです。
zjsg04
こんなふうに、馬(とか牛)の力で歯車をぐるぐる回していたんですね。
zjsg05
ずいぶん前からあったように思いますが、あまりにもひっそり佇みすぎてちょっと見逃していました。
しかし、あらためて見てみるとかなりいい感じ。
コレって、ある意味沖縄の製糖業の歴史を伝える小さな 産業遺産 とも言えますね。
スターではないかもしれませんが、渋い脇役スポットとして要注目かも…。
あ!この場所、実は眺めもサイコーなんで、サーターグルマを中心に日よけとかベンチを置いて、休憩スポットにしちゃうもいいかもしれないッスね。

◆ 
世界遺産座喜味城跡 ユンタンザミュージアム (のサーターグルマ)
  所在地 読谷村字座喜味708番地6  
  開 館 9:00 ~ 18:00(入館は 17:30 まで)
  休館日 水曜日、年末年始(12月28日~翌年の1月4日)
      ※展示替え及び燻蒸などの臨時休館日 
      ※祝祭日が水曜日に重なったときには翌日が休館
  電 話 098-958-3141

どうも、キタローです!
実は、読谷村には隠れた見どころがいろいろとあるんです。
コレも、そのひとつ…。
kndtm01
喜名の観音堂公園に鎮座するこの物体。
何やら年季の入ったシブい風合いのこんもりとしたヤツ…何だこれ?
ナウシカに出てくるやつ か!?
kndtm02
と思いつつ、よくよく見ると(まぁ、ざっくり見ても)コリャ、てんとう虫ですな… しかも、ナナホシテントウ じゃありませんか。
(黄色いツノが生えているように見えますが…)
kndtm03
そうです。
実は、そうなんです。
コレは、喜名の観音堂公園 に存在する全国的にも珍しい(?)てんとう虫型の遊具なのでした。
なかなかいい感じにエイジング(あるいはウェザリング )が進んでいて、見方によっては、古代遺跡のように見えないこともない(?)です。
kndtm04
後方からみると、こんな感じ。
背中の真ん中がえぐれて、すべり台になっています。
黄色いツノのように見えたものは、階段&手すりなんですね。
滑るところの幅の感じからすると、対象年齢は小学校低学年くらいまででしょうか…。
残念ながら、大人はスッポリはまってしまいそうです。
まぁ、そういう楽しみ方もあるかもしれませんが…(ありません)
kndtm06
観音堂公園のてんとう虫型すべり台、なかなかいい味を出してるんじゃないでしょうか。
個人的には、喜名小学校のペガサス に匹敵するポテンシャルだと思うんだよなー。
ぜひ観に行って欲しい場所の一つです。
ちなみにこの角度からだと、上の方にきれいにリニューアルされた 喜名観音堂 も見えます。

観音堂公園のてんとう虫型すべり台
  所在地 読谷村字喜名448番地1

どうも、キタローです!
こんなものがありました。
yi18si02
…イモです。
…紅イモです。
ただし、巨大です。
若干、風雨に晒された感がありますが、皮が白くて中が紫なんで、たぶんコレは、備瀬 ですな。
yi18si01
こんな感じに、ゆんた市場 の真ん前に、鎮座していますので、記念写真とか撮っちゃたらいいんじゃないでしょうか?
※上に乗ってはいけません。

◆ JAおきなわ 読谷ファーマーズマーケット ゆんた市場
  所在地 読谷村字喜名2346番地11
  電 話 098-958-1124
  営 業 9:00 〜 19:00
  定休日 正月3日間、旧盆1日休業

どうも、キタローです!
残波岬の公園 をぶらぶらしてたら…ん?
この間まで、何も書かれていなかった倉庫の壁に、なんかお世辞にも上手い!とはいえない、ちょっとした落書きのようなものを発見。(ちなみに反対側の壁には、大きな蛇の絵が描かれてます。)
m8h01
誰だ誰だこんなの描いたやつは!と思いつつ近づいて見てみると…
m8h03
ん?
…MONGOL800?
宝物?
m8h02
よく見ると、かなりシュールですがモンパチのメンバーの顔のような絵も…え、マジ?
これ落書き(失礼!)じゃないかも…。
ネットを検索してみると…あ、ありました
MONGOL800 の皆さんが、宝物っていう曲のミュージックビデオ撮影のために描いた壁画だったんですねー!
うーむ、最初見たときからやっぱりなんか一味違いうなぁって思ってました。
アート感満載です。(すみません…落書きではないです。)
ちなみに、上のほうに書かれている オキナワ技研 さんというのは、この 壁画制作に協力 した企業さんだそうです。
m8h04
しかし、色合いといい、雰囲気といい、さすがです!
この日は、あいにくの曇り空でしたが、青空だと余計に映えて見えるんでしょうね。
繰り返して言いますが、落書きではなくアートですから。
すでに撮影スポットになっているようです。
(ネットやインスタにいろいろアップされています。)
ファンの方にとっては、ある意味、巡礼地になっちゃうかもですね。
残波岬に新たな名所ができましたー、って感じです。
ありがとう、モンパチ。

場所は、残波岬ボールパーク のすぐ東側。
残波岬公園のこども用遊具のある場所付近です。

◆ 残波岬公園
  所在地 読谷村宇座675番地
  問合せ 読谷村役場都市計画課 098-982-9220
      残波岬いこいの広場  098-958-0038
     ( Ti-da 33 )

どうも、キタローです!
皆さん、ご存知ですか?
読谷村役場のにあるステンドグラス。
yyot03
読谷村役場の門をくぐって建物へのアプローチ(ピロティ)の正面突き当りに見えるのが、ソレ。
左側にある郵便ポストと比較すると良くわかると思いますが、縦横3mくらいある大きなものです。
よくよく見てみると(よくよく見なくてもだけど)キレイなんだよなぁ。
yyot01
鳳が羽ばたく姿を表してますね。
読谷村の形も表現していて、ゆんたんざ鳳 という名前だそうです。
デザイン(原画)は、ご存知 名嘉睦稔 氏。
yyot02
読谷村商工会青年部 の設立20周年を記念して制作されたようです。
読谷村の公式サイト
 によると役場が、波平から今の場所に移転したのが平成9(1997)年のようですから、その1年後にこの作品が完成したことになりますね。
平成10年3月15日ってことは…もう、20年目(!)になるですね。
(ちなみに、読谷村役場は、建設から21年。商工会青年部は、設立40周年。)

20年経っても色褪せない、鳳凰のステンドグラス。
これは、村民の方もついつい見逃しているかもしれませんが、これは一見の価値があると思いますよ!

どうも、キタローです!
この間、読谷村総合福祉センター(通称:福祉センター)に行ったら…
fkc101
何気に視線を感じたので、よくよく見てみると…。
fkc103
ん?
何かいる!
fkc109
おそるおそる近づいてみると…おー!
コレは、なんだかヤバそうなやつ発見!!
fkc105
見るからに獰猛そうです…頭から鉄筋飛び出てるし。
fkc107
虎?ライオン?
牙が猛々しくて、かなり強そうな感じです…仮に、福祉センタイガーと名付けましょう。(あくまで仮に)
fkc106
こちらは、バックショット。
筋骨隆々(お尻の筋肉が盛り上がってる)ですが、尻尾も見逃せない感じです。
fkc108
近づいてみると、こんな感じ。
トゲトゲの付いた棍棒のようです。
なんか、恐竜(?)の尻尾みたいな感じですね。
Ankylosaurusx
動物JP アンキロサウルスのページから拝借しました。)
こんなやつ。
…似てます。
と、いう話はおいといて。
情報を収集(というほどの話でも無いんですけど…)してみると、この福祉センタイガー(仮)は、読谷在住の彫刻家 金城実 さんの作品だそうです。
福祉センターを守る、シーサー的な役割を担っているのでしょうか?
金城実さんといえば、残波岬の大獅子も作者としても有名です。
zuz01
コレ。
と、いうことは…この福祉センタイガー(仮)は、残波大獅子の弟分ということになりますね!(?)
これは、貴重…というか、発見といっても過言ではないのではないでしょうか!
スゴいぞ!!

ということで、残波大獅子の弟分、福祉センタイガー(仮)に会いに、皆さんも福祉センターまで足を運んでみてはいかがでしょうか。ぜひぜひ。
ちなみに、福祉センターのロビーには、大嶺實清さんの作品 もあるので、それも要チェックですよ。

◆ 読谷村総合福祉センター
  所在地 読谷村字座喜味2975番地
  電 話 098−958−2939

どうも、キタローです!
またまた、ステキなチラシをゲットしましたよ。
bokh01
それが、こちら!
ボクネン展vol.21「向日葵〜太陽の使者〜」のチラシです。
向日葵の黄色をはじめ、相変わらず色彩豊かですねぇ。
版画家として有名な名嘉睦稔さんですが、
実は、株式会社プロジェクト・コア(北谷の美浜のAKANAやボクネン美術館、Tシャツ屋のHabu Boxを運営している会社)という会社の代表でその本社は、渡具知にあるんです!
知ってましたか?
読谷との繋がりも、結構(?)強いんですよ。
ちょっと、へー!ですよね。
そんな縁もあって、読谷村役場の3Fには、ボクネンさんの作品が飾られていたりします。
その作品も素晴らしいので、ボクは時々観に行ってますよ。
bokh02
とまぁ、小ネタは置いといて。
そのボクネンさんの企画展が北谷町美浜にある ボクネン美術館 で開催されるんですねー。
なんと、vol.21!(すごい)
北谷は近いんでコレは、いかなくちゃ。
ひまわり大好きだし。

詳細は、ボクネン美術館のHPかFacebook でご確認ください。

◆ ボクネン展vol.21 向日葵(ひまわり)〜太陽の使者〜
  会場 ボクネン美術館 北谷町美浜9-20 AKARA 2F
  期間 2017年7月14日(金)〜11月12日(日)

※8月1日〜8月31日の期間、このチラシをゲットして持参すると小・中学生は入場無料のようですよ!

sf2
※オマケ。
 数年前に撮った読谷のひまわり畑。

どうも、キタローです!
いきなりですが、キミはペガサスを知ってるか!
pgs1-2
知らない人は、どうぞ、この写真をご覧ください!
そうです、これが(まさに)知る人ぞ知る、読谷村が誇るペガサスでーす。
ペガサスとは、なんだ?
世界的には、ペーガソス ともいうらしい。
日本では、天馬。
ボクらの世代は、五十嵐浩晃のあの唄 を思い出してしまいますが、
ま、ようするに羽の生えた馬です。
pgs1-3
…ペガサス。
これは、読谷村の隠れた名所といっても過言ではありません。
pgs1-4
横から見るとこんな感じ。
絶妙(…微妙?)なバランス感が超クール。
是非、一度観に行って欲しい…そして、記念写真の一枚でも撮って欲しい、そんな読谷の名所ペガサス像。
pgs1-1
※サービスカット。
 ミニバラとペガサス。




↑このページのトップヘ