キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみーぐる!読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)の個人的な目線で語っちゃいます!

カテゴリ: 発見!

どうも、キタローです!
先日、座喜味城跡の楔石のことを紹介しましたが、その楔石をモチーフにしたキャラが存在していた!という衝撃の情報を入手しました。
kb01
それが、こちら…クサビー!?
zkmj106
こちらが、楔石。(真ん中の三角っぽい石)
kb02
こちら、クサビー。
…そのものですね。
左側の変顔(?)のやつは、ちょっと怖いんですが。
キャラの説明をみてみると、
kb03
ということです。
座喜味城の妖精って…何だか素敵♡
もしかしたら、よみとんが優勝した、あの読谷村キャラクター総選挙に立候補していたかもしれないかもしれないわけですね。
クサビーが出ていたら…いやいや、やっぱり、よみとんかな?
でも、いいキャラですね。
そうだ!座喜味城址のふもとに新しくできる博物館のキャラにどうでしょか?

どうも、キタローです!
十鶴さんから、お年賀をいただきました。
jkf04
袋から出してみると、なんと、十鶴デザインのふきんじゃありませんか!
jkf02
可愛さ爆発のおなじみコーヒー豆柄と、
jkf01
これまたキュートなピーナッツ柄。
jkf03
一個だけ、スマイル豆(豆ではないか…)が紛れ込んでます。

jkf05
十鶴の文字も入っています。
jkf06
このふきん、保水・吸水力が、綿ふきんの2.6倍(!)だそうです。
セルロース とコットン(綿)という天然素材できているということですが、抗菌仕様で速乾性もあるなかなかのスグレモノですねー。
jkf07
裏面をよくよく見てみると、ドイツ製でプリントはスェーデンというインターナショナルなやつでした。
このふきん、あ e.スポンジワイプ という名前で、あちら(ドイツとか北欧)の方では、ふきんと言えば、コレなんだそうです。
へー。
そんなふきんに、十鶴のデザインが採用されているなんで、ちょっとビックリ!
しかし、何だか面白い展開ですね。
やちむんの柄が他のプロダクトのデザインに転用されるなんて!
どんな経緯でそんなことになったのか気になるなー。
今度、康助に聞いてみよーっと。

このふきん、輸入元(!)のイーオクト株式会社が運営するショッピングサイト の他、アマゾンでも購入できるみたいですよ!
気になる方は、”e スポンジワイプ 十鶴”で検索してみてください。

どうも、キタローです!
この間、ぶらぶらと村内をパトロール(?)していたら、横田自治会近くの村道沿いで衝撃的なヤツを発見しちゃいました!
yktd01
それが、こちら!
満面の笑みを浮かべるカレ(たぶん)。
こ、これは、明らかに全世界的に有名な、あのネコ型ロボット…ハッキリ言えば、ど、ドラ◯もん、じゃありませんか…?
い、いや、しかし、コレをド◯えもんといえば、いくらなんでも…という意見も多いだろうし、大人の事情的にもアレなんで、これは、ドラえ◯ん風ですが、全く別のものですと言わせてください。
たぶん…たぶんですけど、漁網用の浮きを使って製造されたと思われる、このネコ型ロボット(風)なやつは、よ、ヨコタえもん?
そう!これは、ヨコタえもんです。
ドラえも◯のパクリではなく、似ているけど、ヨコタえもんですからね!

◆ ヨコタエもん
  発見場所 親志公民館から横田地区向け、小さな十字路の角

どうも、キタローです!
いろいろ新しい展開が始まってる大湾東地区。
既に営業しているシナジースクエアの南側に、この間このページでも紹介した魁力屋なんかの建設がススメられていますが、その他にもこんなお店がオープンするようですよ!
ss2101
鳥と卵の専門店、鳥玉読谷店!
ss2102
県内で飲食チェーンを経営している、みたのクリエイトの直営店のようです。
みたのクリエイトっていえば、銀次系の居酒屋を運営している会社ですからね。
コレは期待大です。
鳥玉は、すでに何店か営業しているようななんで、たぶん間違いないと思いますが、楽しみですねぇ。
ss2103
と、思ってたら、気になる横断幕(?)を発見!
ss2104
Segafredo ZANETTI 12月下旬OPEN 沖縄初出店!!
Segafredo ZANETTIってなんだ?と思ったら、
イタリアのボローニャが本拠地の飲食店チェーンらしいじゃないですか!
→ サガフレード・ザネッティ
エスプレッソ一杯、300円!
ワインやビール、おつまみもあり!らしい…。
おいおい。
しかも、東京(広尾とか渋谷とか恵比寿とか…)、神奈川、埼玉、千葉と仙台にのみ展開しているお店のようです。
やばいよ、読谷。
どうしちゃったんでしょうか?
これは、楽しみってゆーか、すごく興味深いです。
12月が、待ち遠しいなー。
ss2106
ま、それはそれと…魁力屋、すでに外観は完成しております。
ss2105
そして、何かと期待大のダイレックスもスタンバイ。
こちらは、間もなくオープンとなりそうです。
読谷村の東側エリアも、なんだか賑やかになりそうですね!
目が離せない感じでーす。
と、いうことで。

どうも、キタローです!
突然ですが、コレ、何かわかりますか?
uskzj01
コレ、実は、座喜味城跡(ざきみじょうあと)が、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」としてユネスコの世界遺産に登録されたことを証明する登録証書なんです!
座喜味城跡の麓にある歴史民俗資料館の壁に掛かっていました。
ひえ〜、なかなか貴重なものじゃないですか?
yskzj02
こちらが、日本語に訳した説明書。
今、新しい資料館を建設中 で、もうそろそろ古い建物は取り壊しになるようだから、この登録証書もお引っ越ですね。
しばらく見ることができなくなると思いますが、新しい資料館ができたら是非みなさんもチェックしてみてくださいね。
へぇー!って気分になります。(たぶん)

◆ 読谷村立歴史民俗資料館・美術館
  所在地 読谷村字座喜味708番地4
  電 話 098-958-3141

どうも、キタローです!
気になる看板を発犬…いや、発見しました!
kkn03
それが、こちら。
危ないに犬と書いて、危犬。
たぶん、きけん…いや、ゼッタイに「キケン」と読むと思います。
「きいぬ」とか「あぶいぬ」とか「あぶけん」…ではないよなぁ。
しかし、言葉のインパクトに比べ、字体や色合いをトータルで見るとキュートでクールですらあります。
こ、これは、只者では無い!
発見したのは、村内の某所にある一見ちょっとメルヘンチックなお宅の前。
パッと見、危ない感じの犬はいなさそうでしたが…。
とりあえず、この看板を見かけたら注意しなくちゃですね!

どうも、キタローです!
最近、どんどん建物が建ってきている読谷の玄関口、大湾東エリア。
シナジースクエアは、すでに多くの皆さんがお世話になっていることでしょう。
ss1
コンビニ、焼肉屋、ラーメン屋にファーストフード店…ちょっとこれまでの読谷にはない感じがするエリアですよね。
ss25
そして、その南側に現在建築中なのが、何を隠そう(隠してないはず)シナジースクエアⅡ!(ベタだが、わかりやすくていいね!)
ここにどんなお店がオープンするのか、気になっていたところですが…最近そこに一枚の横断幕が!
ss21
この赤い横断幕が、ソレ!
ss22
じゃーん、グランドオープンとスタッフ大募集の文字がハッキリ見えます。
ss24
よくよく見てみると、なんと! ラーメン魁力屋ってあるじゃあーりませんか。
魁力屋(かいりきや)っていうと、背脂醤油ラーメンがウリの京都ラーメンのチェーン店ですね。
ライカムや美浜にも出店していますが、まさか読谷進出とは!
ss23
しかも、読谷店ではなく、読谷村店(!)
…でも、何となく新鮮な響き。好きかも。
魁力屋は、美浜の北谷店に行こう行こうと思っていましたが、コレは11月(来月!)下旬まで待つしかないな。

インバウンドの方々もターゲットなのかもしれませんが、シナジースクエアで既に営業している北海道ラーメンの追風丸(はやてまる)とも競合しちゃうんじゃないでしょーか?
ラーメン選択肢が増えるのは嬉しいけど、ちょっと心配。(よけいなお世話か)
ローカルラーメン店も頑張ってるし、読谷もラーメン激戦区になっちゃうんでしょうか?
とりあえず、出来たら行くゾ!

※他にどんなお店ができるのか、引き続きチェックしちゃいますよ。

どうも、キタローです!
読谷村内でも結構、イカした車を見かけますよねー。
ということで、個人的な趣味(そもそも全部そうなんですが…)丸出しで、イカした車を見かけたよ!シリーズを始めちゃいますよ。
lc01
第1回目は、某オシャレなカフェ付近で見かけたこの車!
質実剛健なスタイルながら、こうして見るとレトロモダンってゆーか今の車よりよっぽど魅力的。
フロントから見ても(写真撮ってないけど)、バックスタイルもイカしてます。
コレは、ピカピカにレストアされたトヨタ ランドクルーザー の40系…たぶん、ミドルホールベースのBJ46Vではないでしょうか?(間違えてたらすみません…)
しかしまぁ、カッちょい−!
一度乗ってみたいなぁ…。

どうも、キタローです!
ロバです。
senw1
ちょっと前になりますが、座喜味でロバに会いました。
パン屋 水円(すいえん) の看板娘(?)で、名前は”わら”。
ロバって、すごく有名なのに実際に会える機会ってなかなか無いよなぁ。
なので、結構感動!
で、パンを買うのは忘れました。
次回は、パンを…。

パン屋 水円
  所在地 読谷村字座喜味367番地
  TEL 098-958−3239

※わらは、お店の裏手の上のほうにいます。

どうも、キタローです!
近所に住む香港出身のマットさんから、面白い情報を教えてもらいました。
jwytss2
それが、こちら。
香港のアーティストJWこと、王灝兒(ジョーイ・ウォン)さんの 「自由飛翔」という曲のミュージックビデオです。
自由飛翔。歌詞は、もちろんわからないのですが、ちょっと物悲しいでドラマチックな雰囲気のなかなかいい曲なんだけど、なんとそのMVの2分18秒から2分47秒あたりにかけて、見覚えのある景色がバッチリ映ってます!
jwytss1
オーマイガッ!ここ、あそこの交差点じゃないですか。
残波岬や灯台もバッチリ映ってます。
なんか、ビックリ!だけど嬉しいかも。
貼り付けてみたので、こちらからご覧ください。


マットさんによると、
”The artist, JW (王灝兒), is a Hong Kong, American, Spanish, & Philippino mix. She is a new emerging artist active in Hong Kong.”
ということで、訳すると
「アーティストの
JW (王灝兒)は、香港、アメリカ、スペイン、そしてフィリピンの血が混ざってます。彼女は、香港の新進気鋭のアーティストです。」ってことらしい。(…たぶん)
その彼女が、読谷に来てたんだ…生で見てみたかった、ははは。
読谷を撮影地に選んでくれてサンキュー、JW!

でも、外国の方が読谷の風景を見ると、どんなふうに感じるんだろうな。
ちょっと気になります。

マットさん、教えてくれてありがとう!

↑このページのトップヘ