キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみーぐる!読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)の個人的な目線で語っちゃいます!

カテゴリ: 伝統芸能

どうも、キタローです!
またしても、立看板発見です。
teatk1801
こちらは、4回目開催と、いよいよ恒例行事となってきた渡慶次エイサーあしび祭りの立看板です。
今年は、秋分の日の9月23日日曜日開催だそうです。
この祭り、渡慶次青年会が、毎年村外から豪華ゲストを招いて開催することで知られていますが、今年はどこの団体がやってくるのでしょうか?
と、気になっていたら、横断幕も発見しました。
(気が付いたら、立看板も横断幕も、結構あちこちに出現していました。)
teaom01
な、な、なんと、渡慶次青年会の他に、あの沖縄市の中の街青年会(!)や嘉手納町千原エイサー保存会(!)、沖縄市東青年会と、例年以上に豪華な面子じゃないですかー!
これは、かなり盛り上がっちゃうんじゃないでしょうか。
スゴイなぁ、渡慶次青年会。
そして、毎年ながら、他1団体っていうのが気になります。
シークレット感満載で…(笑)
23日は、クーラーボックスにビールを詰めてキャンプ用の椅子を持って渡慶次公民館に行かなくちゃだわ!ですよね。
あ、ビールも泡盛も販売していると思いますので、現地調達もいいですね。
(もちろん、飲まずに観るだけでもOK!です。)

◆ 第4回 渡慶次エイサーあしび祭り
  日時 2018年年 9月23日(日) 18:30〜
  場所 渡慶次公民館前広場 
  ※渡慶次公民館 読谷村字渡慶次180番地 098-958−4922

どうも、キタローです!
ご存知かもしれませんが、横断幕ラバーです。
ymg901
さて、こんな横断幕が張り出されてました。
第9回 読谷村民俗芸能祭
調べて見ると、読谷村民俗芸能祭は「村内に受け継がれてきた伝統芸能の継承」を目的に、2年に1度開催されているそうです。
今年は、その開催年なんですね。
2部構成になっていて、第1部が「胎動」と題して子ども達の演舞を、第2部は「躍動」と題して大人の演舞が披露されるそうです。(前回のプログラム
村内各地に伝わる民俗芸能が、こんなふうに一同に会する機会はなかなかないと思うので、コレは貴重なイベントだと思います。
村民の中にも楽しみにしている方は多いと思いますが、村外・県外からこのタイミングで読谷に来る予定がある方は、かなりラッキーかも!
入場無料だし、ぜひ見に行くベシ!ですね。

◆ 第9回 読谷村民俗芸能祭
  日 時 2018年10月 6日(土)  開演 18:00 
  場 所 読谷村文化センターふれあい広場(中庭)
  料 金 無料
  ※雨天時は、場所が読谷村文化センター鳳ホールへ変更となります。

どうも、キタローです!
はい、今年もやるってよ、エイサー天国。
tet1801
と、いうことでポスター発見しました。
道ジュネースタイルってやっぱり、いいですよねー。
しかし、このエイサー天国、もう24回目なんですね。
実は、今年で最後というウワサを耳にしましたが…まだまだ続けて欲しいなぁ。
楽しいもの。
せめて、30回までは…とか勝手に思っていますが、どうなんでしょう?
それはともかく、今年は日曜日開催!
きっと、たくさんの方が沿道に繰り出すことでしょうね。
ボクも、椅子とクーラーボックス(!)を持って、参加(観覧ね)しちゃいますよ。

◆ 第24回 高志保大通りエイサー天国
  会 場 読谷村高志保大通り(県道6号線)
      ※海邦銀行読谷支店 〜 アイテイク の間ぐらい
  開催日 2018年 8月26日(日)
  時 間 15:00 〜 18:00 
  問合せ 読谷村観光協会 098-958-6494

どうも、キタローです!
今年もやってきましたね。この季節。
ysefp1801
旧盆前になると聞こえてくる太鼓の音…そうです、エイサーです。
今年の旧盆は、8月23日(木) 〜 25日(土) の3日間。
その旧盆を前に、恒例の読谷村青年エイサーまつりが開催されますよ!
なんと、今年で35回目。
今年は、村内12の青年会の他に、初日は、北谷町の栄口区青年会が、そして2日目には、うるま市の赤野区青年会がゲスト出演するそうですよ。
いやいや、いいですねー。
今年も大盛況間違いなし!ですな。
プログラムを始め詳細は、読谷村青年団協議会のFBをチェックしてくださーい。

◆ 読谷村青年エイサーまつり
  日 時 2018年 8月11日(土)18:00 〜
       2018年 8月12日(日)17:00 〜
 会 場 読谷村平和の森球場 読谷村字座喜味2901番地
 主 催 読谷村青年団協議会

どうも、キタローです!
台北・沖縄伝統芸能交流会 が行われるということで、行ってきました。
台湾から海を超えてやってきた伝統芸能団の皆さん、コレは見ておかなきゃ!ですよね。
tzdgk1801
この日、午前中の天候不良のため、座喜味城跡で予定されていた交流会の会場が急遽座喜味公民館に変更になったそうです。
ボクは、HP をチェックしていなかったので、座喜味城跡に行ってしまいました。
だって、午後は午前と打って変わってスゴくいい天気になってたから…。
tzdgk1802
で、気を取り直して座喜味公民館へ。
公民館には、座喜味区民の皆さんを中心たくさんの人々が集まっていましたよ。
tzdgk1803
交流会の幕開けは、渡慶次子ども獅子舞クラブ
スタンダードな二人(?)でやる獅子舞も上手でしたが、一人(?)でやる、小さな獅子舞がぴょんぴょん飛び跳ねる姿がめちゃくちゃ可愛らしかったです。
コリャ、獅子舞のニューウェーブですね。
tzdgk04
続いて登場したのは、琉球王府路次楽の皆さん。
路次楽 というのは、琉球国王の行列や 江戸上り などの際に演奏されたものだそうです。
聴いていると、中国の影響を強く受けてものだなぁっていうことが良くわかります。
でも、なんか新鮮。
tzdgk05
そしてこちらは、大龍洞金獅子団の獅子舞。
日本の獅子舞とはだいぶ雰囲気が違います。
結構カラフル。
tzdgk06
獅子の胴体は、柔らかい素材でできています。
それを広げたり膨らましたりしながら、ダイナミックに舞っていました。
この獅子は、耳のない、台湾でも珍しい獅子だそうです。
その謂れのお話もありましたが、それはまた別の機会に…。
tzdgk07
永樂聴の皆さん。
若手の芸能家の皆さんで結成された、伝統音楽の楽団です。
台湾の伝統楽器を見事に弾きこなして、美しい音楽を披露してましたよ。
tzdgk08
そしてもちろん地元座喜味の座喜味棒も登場!
いつにも増して(?)気合の入った演舞を披露してました。
キレキレですな。
tzdgk09
最後の締めは、締太鼓でおなじみの拍子。
tzdgk10
こちらは、台北市和華楽社。
和は、日本の和。(和食の和)
華は、中華の華を表しているそうです。
12月に台湾に行ったときに、街なかで行われていたパレードで聴いた曲の感じと似てました。
何だか思いっきり台湾気分になりましたよ。
でも、どことなく路次楽にも通じるものがあるような気もしましたよ。
tzdgk11
最後は、永樂聴と和華楽社のコラボ演奏。
いやぁ短い時間でしたが、すっかり台湾(台北)の伝統芸能を満喫できました。
逆に台湾の皆さんが、読谷の伝統芸能をどんなふうに感じたのか気になりますが…。
でも、こんなふうな芸能交流っていいですね。
またまた台湾に行ってみたくなりました。

どうも、キタローです!
今度の土曜日、座喜味城跡でなかなか興味深いイベントが開催されるようですよ!
otdtkr1801
それがこちら、台北−沖縄伝統芸能演奏交流 。
世界遺産座喜味城跡で読谷と台湾の伝統芸能が披露されるそうです。
しかも、入場無料!
これは、かなり気になるなぁ。
台湾ってすぐお隣だけど、その伝統芸能を観る機会ってなかなか無いですよね。
ぜひとも行ってみなくちゃだわ!
今度の土曜日、気になる方は、座喜味城跡にレッツゴー!です。

◆ 台北−沖縄伝統芸能演奏交流
  日 時 2018年5月12日(土) 16:00〜18:00
  場 所 読谷村座喜味城跡 
  入場料 無料
  出 演 台北市和華樂社、琉球王府路次楽、永樂聴、座喜味棒(座喜味区芸能団体)
      座喜味エイサー、渡慶次獅子舞クラブ 他
 ◎問合せ先 座喜味公民館 098-958-2228

どうも、キタローです!
結構すごいイベントのチラシを手に入れましたよ。
cgm01
それが、こちら!
喜名区(自治会)で演じられている「組踊 忠臣護佐丸」の国立劇場おきなわ公演のチラシです。
チラシには、実際に出演している地元の皆さんが、役柄の衣装で登場してます。
コレって、スゴいなぁ。
めったにない晴れ舞台ですね!
ボクだったら家宝にします…という話は、まぁおいといて。
この忠臣護佐丸、喜名では100年以上にわたって演じられる芸能です。
実は、昨年10月に地元喜名で4年ぶり(?)の公演があったんですが、見逃してしまってたんですよねー。コレは観に行きたい。
cgm02
しかも、組踊 忠臣護佐丸の前に、座喜味棒、宇座の上り口説囃子、瀬名波の真福地のはいちょう、楚辺の高平良万歳の4つの伝統芸能も披露されるっていうんですから、もう3月3日の国立劇場おきなわは、読谷芸能てんこ盛りです!
いやぁ、読谷村、実は伝統芸能の村なんですよねー!
国立劇場おきなわの檜舞台で演じられる、読谷村の芸能、コレは観る価値ありありですねー。

読谷村各地に息づく民族芸能の競演 忠臣護佐丸(平成30年3月民俗芸能公演)
  会 場 国立劇場おきなわ 大劇場
  日 時 2018(平成30)年3月3日(土)14:00開演
  観劇料 3,100円(大学生2,000円、高校生以下1,000円)

どうも、キタローです!
喜名で見つけた、ブロック塀に書かれた「忠臣護佐丸・長者の大主」の看板。
なかなか斬新ですね!
cgm1701
喜名区(喜名自治会)のFBによると、喜名区で4年ごとに開催されている村芝居で、100年以上の伝統があるそうです。
今年は、その上演の年となっているんですね。
これは、ぜひ観とかなくちゃだわ。
cg1702
こちらが、喜名屋外ステージ。
公演に向けてステージには緞帳が設置され、観客用の大型テントも準備されています。
明日は、村内外から伝統芸能ファンがあつまるんでしょうね。
しかし、日曜日(8日)の読谷村は、イベントてんこ盛りですねー。
渡慶次のエイサーあしび祭りくるちの杜関係のイベントもあるようだし、どこに行こうか悩んじゃいますね。
うーむ…贅沢かも。
あ!この忠臣護佐丸は、来年の3月には国立組踊劇場での公演が決定しているみたいです!

◆ 喜名伝統芸能組踊保存会 第17回 忠臣護佐丸・長者の大主
  公演日時 2017年10月8日(日) 17:00開演
  会  場 喜名屋外ステージ(喜名公民館向かい)
 ※お問合せは、喜名公民館

どうも、キタローです!
ウークイの翌日(6日)に行われた高志保大通りエイサー天国。
今年は綱引きもあるというので、折りたたみイスとクーラーボックス抱えてやる気満々で行ってきました!
tet1702
9月の平日に昼間ということもあって、お客さんの出だしはちょっと鈍いように感じましたが(そのせいで、観覧場所はベストポジションをゲット)、だんだんと増えて、最後は大盛況状態になってました。
tet1701
今回は、青年会のエイサーが4団体。
そして、こども会のエイサーが3団体。
それに、スペシャルイベントの綱引き、といったラインナップでした。
こういう道ジュネー方式のエイサーイベントっていいですねぇ。
トップバッターは、波平青年会。
この後、こども会のエイサーが続きました。
tet1703
そして、いよいよ綱引き。
護佐丸チームと泰期チームの対戦です。
ちなみに高志保交差点(海邦銀行読谷支店)側が護佐丸チーム。
残波岬(アイテイク)側が泰期チーム。
とりあえず、好きな方で引っ張っていいようだったので、ボクは、護佐丸チームに。
tet1705
この綱は、大綱挽で有名な与那原町から頂いてきたもののようです。
本物の大綱挽用のやつじゃなくて、子ども用だって…確かにテレビで観たことのあるやつに比べると小さいような…それでも、運動会とかで引っ張ったものに比べるとかなり太いです。
15mの縄2本(男綱と女綱)の先端が輪っかになっててそれを丸太の棒で結合できるようになっている本格的なやつです。
それぞれ100人ずつくらいで引けるそうなので、200人が参加できることになりますねぇ。
tet1714
こんなふうに片一方の先端の輪っかをもう一方の輪っかに通して、マルタを差し込んで抜けないようにします。
tet1706
最初は、なんだか参加者も恐る恐るって言う感じで少ないかったのですが、そのうち続々と…参加希望者が!
tet1707
石嶺村長も鉦(かね)打で参加して、盛り上げていました。
まずは大人の部が行われ、泰期チームが勝利。
tet1708
次にこどもの部が行われ…皆んな引きたいので、もうこんな様子に!
こどもの部は、護佐丸チームの勝ち。
今年は、1勝1敗で引き分けでした。
いやぁ、盛り上がりますね、綱引き!
みんなで純粋に楽しめる参加型のイベントって貴重かも。
観光協会の方は、いつかオリジナルの大綱をつくって読谷大綱挽きをやりたいって言ってましたが、コレはホントに楽しいし盛り上がるのでぜひ実現して欲しいなぁ。
tet1715
綱引きの後は、再びエイサー。
なんたって、エイサー天国ですからね。
瀬名波青年会。
ヨシタツ君も頑張ってました。
tet1709
渡慶次青年会。
エイサーの演舞の前に、サンラーがコッケイ踊り(?)を披露してます。
tet1712
そしてオオトリは、地元高志保青年会。
tet1711
地域の伝統芸能 うまめー(んまめー) を取り入れた締太鼓の動きがダイナミック!
観ていて楽しいけど、やってる方はすごくハードなんだろうな。
いやぁ、青年会それぞれの個性があって、やっぱり面白いなぁ。
スタジアム的なところで行われるエイサーまつりもいいけど、やっぱりこの同じ目線で観るエイサーは、汗の感じや息づかいもより身近に感じられて、やっぱりいいなぁ。
今年の高志保大通りエイサー天国、綱引きも参加できたし、すっかり堪能しちゃいました。
終わったばっかりですが、今から来年が楽しみです。
また来年もいこーっと。

どうも、キタローです!
皆さん、ウークイの本日、いかがお過ごしでしょうか?
大雨が降ってビックリしましたが、回復して一安心です。
さて、明日(6日)は、高志保大通りで 恒例のエイサー天国 が開催されますよ!
高志保大通りエイサーPOPコピー
※画像は、読谷村観光協会から パクリ 拝借(ももこさんの許可済)しました。

県道6号線を通行止めにして行われる夢のエイサー天国。もう23回目になるんですねー。
すっかり読谷村の年中行事のひとつになりました。
そして、なんと今年は、綱引きも行われるそうです。
今年は、観るだけではなく参加もできるんですね!
いいねー!コリャ、楽しみだ。
ぜひ行かなきゃだな。
では、皆さん、6号線で会いましょう!
えっと、プログラムや細かいお知らせは、読谷村観光協会のHP にバッチリ掲載されていたので、そちらをごらんくださいね。

◆ 高志保大通り エイサー天国
  主 催 高志保大通りエイサー天国実行委員会
  日 時 2017年9月6日(水) 15:00〜18:00
  場 所 県道6号線高志保付近(高志保交差点〜アイテイク前間の特設会場

 ※通行止めにあたり、迂回路が設定されているそうです。
  詳しくは、読谷村観光協会のHP をごらんください。
 ※お問い合わせ先 098-958-6494(読谷村観光協会)

↑このページのトップヘ