キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみーぐる!読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)の個人的な目線で語っちゃいます!

カテゴリ: スポーツ

どうも、キタローです!
先週の土曜日と日曜日の両日に開催された、KBCカップ第46回KBC学園杯争奪ラグビー祭り大会
(第17回中学校ラグビーフットボール大会)で読谷中学校と古堅中学校の合同チームが見事優勝したそうですよ!
yfjhsr101
やったね、素晴らしい!
2019年にはラグビーのワールドカップが日本で行われることになっていて、その事前キャンプ地に手を上げてる中、読谷の子どもたちがこういう風に結果を出すと益々盛り上がっていきそうですね!
おめでとうございます!

どうも、キタローです!
ちょっと遅くなったんですが、先週、嬉しいニュースがありましたよ。
公益財団法人日本ソフトボール協会が11月23日に発表した14歳以下の女子日本代表チームに、読谷中学校の喜屋原咲(きやはら・さき)さんが、見事代表に選出されました!
イェーイ!
sbwjt1
(沖縄タイムス 2017年11月24日 17面)
sbwjs1
(琉球新報  2017年11月24日 20面)
県内2紙とも、スポーツ面できっちり取り上げてました。
いやぁ、スゴいですね。
このまま世代別の代表に呼ばれ続けて、オリンピックにも出場して欲しいなぁ。
東京は、ちょっと早いかもしれないけど、次のパリオリンピックの時はバリバリじゃないッスか?
楽しみです。

と、いうことで、こちらもいいニュース!
タイムスの記事の中にも書かれていますが、喜屋原さんが日本代表で頑張ってる姿を読谷村内で観ることができます!
ソフトボール女子日本代表 の強化合宿が下記のとおり読谷村内で行われることが決定したそうです。
今回は、フル代表をはじめ、各世代別代表も参加する合同合宿のようですよ。

こりゃ、喜屋原さんを応援しながら、上野由岐子選手とか観に行かなくちゃですね!

◆ ソフトボール 女子日本代表 第6次国内強化合宿
  期 間 平成29年12月5日(水)~12月21日(木)(17日間)
  場 所 沖縄県読谷村 平和の森球場 及び 運動広場

どうも、キタローです!
兵庫県の ノエビアスタジアム神戸 、通称ノエスタに行ってきました!
vkyd1704
はい、こちらです。
キレイで大きなスタジアムですねー。
ピッチの状態も良さそうです。
ところで、なんでノエスタに行ったのか?
それはですねー…。
vkyd1706
あちらのほうに見える集団…。
vkyd1707
じゃーん、花笠と紅型が目立ちまくっているこの皆さん、読谷村婦人会の方々です。
ノエスタは、読谷でキャンプを行っている ヴィッセル神戸 のホームスタジアム。
今回は、ここで読谷村のPRイベントが開催されるということを聞きつけ、行ってきました。
読谷村婦人会の皆さんは、試合開始前に舞踊を披露しましたが、これはそのリハーサル風景。
何となく追っかけ気分。
vkyd1703
こちら、スタジアムの外に設置された読谷村PRブース。
特産品の無料配布(数量限定)や残波シークヮサーの試飲が行われましたが…これは、まだ嵐の前の静けさっていう風景です。
vkyd1710
始まると同時に、なななーんと、長蛇の列が!
コレには、さすがにビビりました。
vkyd09
婦人会の皆さんも、特産品や読谷村PRグッズの配布のお手伝いに大活躍!
vkyd1711
そして、この男。サガンの時 にも、頑張ってた(ちょっと悪めの)紅いも大使。
むらさきのハートのサングラスと髭と白いタオルが、もう怪しいですが、何故か大人気!
写真、撮られまくってました。
vkyd1712
日も暮れ始めた頃、婦人会の皆さん、いよいよ本番。
その前に、ベアスタでも登場していた松田教育長が、ノエスタでもご挨拶です。
教育長のお隣にいる赤いかりゆしウェアの方は、観光協会の大城副会長さん。
vkyd1720
はい、読谷レディの皆さん、緑が眩しいピッチを背に、堂々と四つ竹を披露。
しかし、やっぱりこの衣装は、華やかです。
スタンドから、写真や動画を撮る方、すごく多かったです。
vkyd1713
この日は、ヴィッセル神戸 vs 川崎フロンターレ戦。
優雅な舞を披露して、両チームのサポーターの皆さんに、きっちり沖縄・読谷をPRしていただきました!
vkyd1716
演舞の後は、選手がピッチに入場するところから、退場。
これも中々出来ない体験かも。
vkyd1715
試合は、上位(2位)のフロンターレが攻める展開でしたが、ヴィッセルも耐えて反撃。
サガン鳥栖でも活躍していた藤田選手のロングスローでゴール前に迫るシーンもありましたよ。
結果は、スコアレスドローでしたが、まぁ今回は引き分けでも良しでしょう。
vkyd1714
この日に、入場者数は、18,111人!
なかなかの入りでした。
vkyd1717
イベントの後の楽しみは、打ち上げ。
婦人会の皆さん、無事に役目を果たして、ほっとしたした笑顔です。
観光協会や役場の職員の皆さんも、お疲れ様でした。
vkyd1718
翌日、駅でも見かけたポスター。
10月には、ノエスタで読谷ダービー(!)が開催されるんですね。
これは、ちょっと楽しみですが、どっちを応援するかで…ビミョーかな。
どっちもガンバレ!(…大人の対応)

どうも、キタローです!
本日開催された読谷村陸上競技大会は、天気にも大に恵まれました!
sonriku1701
いや、恵まれすぎて…逆に(?)暑過ぎ。
日差しもかなりキョーレツ!
選手の皆さんをはじめ、競技役員の皆さんホントにお疲れ様でした。
sonriku1702
そして、読谷村陸上競技大会のすごいところは、観客が多いところ!
読谷の陸上競技大会は、各自治会対抗になっているので盛り上がり方が半端じゃありません。
ご覧の通り、メインスタンドだけではなく周りの芝生スタンドにも各自治会のテント(いわゆる運動会テント!)がズラッと立ち並んでました。
会場の雰囲気も、気温に負けずおとらず熱く盛り上がってたな。
応援の皆さんも、お疲れ様でした!

朝9時から18時頃まで続いた熱戦は、最終種目の興奮の400m✕4リレーで終了。
いったい何種目あったんだろうってくらいてんこ盛りでした。
気になる最終順位は、次のとおりとなったようです。

・一般男子の部 1位 波平自治会 2位 楚辺自治会 3位 喜名自治会
・一般女子の部 1位 波平自治会と楚辺自治会(同点)3位 喜名自治会
・壮年の部   1位 波平自治会 2位 渡慶次自治会 3位 喜名自治会
・児童生徒の部 1位 波平自治会 2位 喜名自治会 3位 楚辺自治会  

各自治会の皆さん、順位に関わらずお疲れさまでした。
きっと、反省会というか慰労会というか…夜も大いに盛り上がるんでしょうね!?
ほどほどにー。

どうも、キタローです!
サガン鳥栖の本拠地、鳥栖市のベストアメニティスタジアムで行われる読谷村のPRイベント”読谷村PRESENTS でーじ、大好き!!サガン鳥栖”。(通称 読谷デイ)
この読谷デイは、読谷村で春季キャンプを行っているサガン鳥栖のJ1公式戦をスポンサードしながら読谷村をPRするイベントで、回を重ね、今回で6回目ということです。
yd1722
ということで、今回、サガン鳥栖読谷サポータ−ズクラブ(タとズの間の長点は短め)に同行して、その読谷デイに参加するために佐賀県鳥栖市まで行ってきました!
サポ−ターズクラブは、開幕戦を含め、年に数回ベアスタまで応援に行っているそうです。
yd1702
読谷サポータ−ズクラブの伊波フーミー会長(APスポーツ)をはじめとした一行は、読谷デイ前日に福岡入りし、早速前祝いを敢行。
福井県からツボっち氏(真ん中の、親方タイプの方)も合流して、いきなり全開モード!(というわりには、会長すでにお疲れのような…)
そしてその後、博多の長い夜が…。(以下省略)
yd1727
翌日、お昼過ぎには無事聖地ベアスタに到着。
スタジアムは、鳥栖駅のすぐお隣です。
サッカー専用スタジアムで、なかなかの迫力!
yd1717
駅を出て、スタジアムに近づくにつれ、選手のノボリや人のざわめきが…。
気分がどんどん盛り上がってきます。
yd1726
サポータ−ズクラブの皆さん。
スタジアムに着くと、まずはサガンドリームスの竹原社長にご挨拶。
お土産を渡して記念撮影。
勝ち点3を!ということで、Vサインならぬ指3本立てサインでパチリ。
yd1720
その後、試合開始まではまだまだ時間があったので会場付近の広場を覗いてみると、読谷村の特設ブースが!さすが読谷デイ。
アンケートに答えてくれた方に、紅いもタルトをプレセントしていました。
結構な皆さんが、アンケートに答えてましたよ。
と、思っていたら、歩きスマホのフーミー会長…。
yd1721
はい、ごぞんじ、よみとん。
でも、今回のよみとん、ちっちゃい上に少しぼこぼこしているような…両側から耳持たれてるし…。
ま、細かいことは、き、気にしないで…いろいろ事情があるんだろうから。
yd1718
と、突然、フーミー会長が、地元サガTVの取材を受けることに。
読谷サポータ−ズクラブや読谷村のことをしっかりPRしていました。さすがです!
写真には、通りすがりの若者が写り込んでいますが気にせずに(ホントは、お茶目なU12読谷サッカーチームの指導者の皆さんです。)
取材の後は、いよいよスタジアムに入場。
yd1707
試合開始前のスタジアムでは、読谷村関係者がグランドから読谷村をPRしていました。
なんと、紅いも大使(やや、懐かしい…)も登場!
でも、前よりちょっとワルい感じになってるのが、気になります…。
yd1708
「めんそーれ♪読谷村」
しっかり、キャンプ地をPR。
yd1709
芸能団(今回は、ちょっと少なめ)も手を降ってPR。
試合前のセレモニーでは、松田教育長が読谷村を代表して挨拶をしていましたよ。
yd1710
そして、いよいよ試合開始!
試合は、サガン鳥栖が前半見事な攻撃で、2点先取。
スタンドは、否が応でも盛り上がってます。
しかし、この日は、南の方の台風の影響なのか、すごいキレイな夕焼けでした。
(後から写真でみると、なんとなくエスパルスカラー)
夕暮れ迫るなか、すごくいい雰囲気のスタジアム。
yd1713
と思っていたら、試合開始30分過ぎにサポ−ターズクラブの面々は、急遽、ハーフタイムに出番があるということで呼び出され…。
yd1712
わけもわからないまま、紅いも大使や芸能団、そして、この日は浴衣姿のサガンティーノ(サガン鳥栖のチアチーム)と一緒にスタンバイして…。
yd1725
ハーフタイムにピッチでカチャーシー!
サポ−ターズクラブの新垣氏とヨミトス(サポ−ターズクラブの非公認キャラ?)も踊ります。
yd1724
同じくハマガワ氏もとりあえず頑張ってノボリを降ってます。
ヨミトス(会長では、ありません)も楽しそうに踊ってました。
来場のサポーターの皆さんも、思いのほか盛り上がって一緒に踊っていたので、良かった良かった。
突然の出番でしたが、少しはお役にたてたようで、これは鳥栖まで来たかいがあったってことでしょう。
yd1715
試合は、後半清水エスパルスの猛攻にあいましたが、2対1で見事サガン鳥栖の勝利!
これで、読谷デイは、4勝1敗1分の高勝率。
しかも、サポータ−ズクラブが応援に行った読谷デイに限れば無敗!やりますね〜。
yd1723
試合の後は、鳥栖のお隣、久留米にあるサガンサポが集まるお店”武将”にてお約束の祝勝会!
お店の大将や地元サポの方と記念撮影で、今回の応援ツアー終了です。
yd1719
サガン鳥栖は、今回の勝利で、現在J1で9位。
ちなみに、同じく読谷キャンプを行っているヴィッセル神戸は10位。
両チームには、もっともっと上位に進出して欲しいですね。
yd1701
今回の読谷デイに合わせて、サガン鳥栖から読谷村のサッカー小僧たちが招待されて、サガン鳥栖のU12のチームと交流試合を行った他、公式戦のエスコートキッズも務めていましたよ。
いい思い出になったでしょうね。
昨年に続いて2回目の企画のようです。
こちらは、沖縄タイムスの記事。
yd1716
そして、こちらは琉球新報。
両紙の記者も同行したようです。
サポ−ターズの皆さんのツアーもそうですが、サガン鳥栖と読谷の結びつきを感じますね。
これも、永年キャンプを行ってきたからでしょうね。
これからもいい関係を築いていけるといいなぁ、って思いました。

※追記 8日の琉球新報29面、9日の沖縄タイムス21面には、U12の交流事業の取材記事がから写真付きで掲載されていました!

どうも、キタローです!
先日、県内2紙におー!?って記事が掲載されてて、ちょっとビックリしました。
rcnzn01
ラグビーのニュージランド代表チームが読谷に来るかも!?
ちょっとちょっと、ニュージランドの代表って、あのオールブラックスですよね!
7月29日(土)の沖縄タイムス1面に掲載された記事によると、あのニュージランドの7人制ラグビーナショナルチームのフィリップさん(知り合いではないんですが…)が読谷に来てて、しかも、「あ、読谷、結構いい感じじゃない?東京オリンピックの直前キャンプにいいかもね!」(たぶんそんか感じ)って言ってたらしいじゃないですか。
おおいおい、マジかよー!って感じです。
rcnzn02
そして、こちらは同じ日のスポーツ面に掲載された記事。タイムスは、2面にわたって記事を掲載してますね。結構な取り上げ方です。
フィリップさんは、ハイパフォーマンス・マネージャーという役職で、NZ7人制の男女ナショナルチームのキャンプ地を決定することができるポジションの方ということで、これはかなり期待持てるんじゃないでしょうか?
rcnzn03
さらに、翌日の7月30日(日)には、琉球新報にもこの記事が掲載されてました。
世界でも有数のラグビー強国のニュージーランドナショナルチームってあのオールブラックスがうちの村でキャンプするってことは、ラグビーファンにはスゴい嬉しいことだけど、それだけにとどまらず読谷の名前を世界に発信できるってことですよね!
…これはスゴい。
決まると、いいなぁ。
ちなみに、さっそく村長が音頭をとって、村民を巻き込んだラグビー応援団を立ち上げるみたいですよ!オリンピックを前にいい感じで盛り上がって来そうですよ。
これは、乗らなきゃいけませんねー。
楽しみ!

どうも、キタローです!
先月行われた FC琉球の読谷村民デー の際に撮った一枚。
YJ1-1
よみとんは、やっぱりかわいいけど、FC琉球の新マスコットキャラ ジンベーニョ もなかなかイケてます!
この日の試合は、ボロ負け(…トホホ)でしたが、ジンベーニョに会えたからいいか…。
いやいや、読谷出身の 山内くん と 儀保くん にもっともっと活躍してもらって、今度は勝つとこ見てみたいなぁ。
頑張れ、FC琉球!

どうも、キタローです!
役場のロビーにいるよみとんが、何やらお知らせしていました。
kyt1
なんと、ZBP(残波岬ボールパーク)に、またまたラグビーチームがキャンプでやってくるみたいです!
実は、GW(ゴールデンウィーク)には、男子7人制ラグビーの日本代表がキャンプしてたみたいなんですが…見逃してしまったー、残念!
と、思っていたら入れ違いに今度は、トップリーグの豊田自動織機シャトルズ が10日からキャンプインするんですね。シャトルズは、ここ数年連続して読谷でキャンプをしてくれてますね。なんか、嬉しいなぁ。
一度、シャトルズ歓迎のBBQ大会に参加したことがありますが、食べるのも飲むのも豪快!でした。
昨シーズンは、入れ替え戦を闘って残留を決めたみたいなんで、このキャンプで上位を目指して再出発って感じですかね。
週末は天気が心配ですが(梅雨入りするかも…)ちょっと応援に行ってみようかなぁ。
皆さんも、シャトルズを応援しにぜひZBPへ足を運んでみてください。


しかし、残波ボールパーク、すっかりラグビーキャンプのメッカになりましたねぇ。
新聞にも「聖地」(!)って載ってましたもんね。
芝生の管理もキチンとされているし、周辺の環境ともマッチしててホントいいグランドだと思いますよ。キャンプするほうも気持ちよくトレーニングできるんでしょうね。

どうも、キタローです!
突然ですが、明後日の30日(日)に沖縄県総合運動公園陸上競技場で行われるFC琉球のJ3公式戦試が行われますが、読谷村民&比嘉さんは、集合!みたいですよ。
FCR_leaflet_omt_copy
何故ならば、あの泡盛残波の比嘉酒造がマッチスポンサーになって、比嘉酒造presents 比嘉さん&読谷村民DAYが開催されるからでーす!
なんと、比嘉酒造にちなんで、比嘉さんは無料。
そして読谷村民は、当日券1,300円のところ500円(A自由席)で観戦できるんです!
比嘉さんって、沖縄で一番多い名字みたいだし、読谷村民も4万人超えですからね。
FC琉球さんと比嘉酒造さんって太っ腹!
ちなみに、FC琉球に所属する山内達朗選手と儀保幸英選手は、読谷ちゅです。
読谷出身(渡慶次FC出身!)の2人のJリーガーを応援に行かない手はないな。
しかも500円だし!(比嘉さんにいたってはタダ…)
ということで、大型バス2台をチャーターして応援ツアーも計画されております!
(以下、読谷村観光協会のHP のコピー)

***

2. 当日読谷村役場からバスがでます!
集合:14:00  出発:14:30
集合場所:運動広場中央駐車場(読谷村役場北側)
料金:往復1000円です。(入場チケット込み)
※役場への戻りは20時頃予定
バス申込・お問い合わせは読谷村役場企画政策課(098-982-9205)まで。

***

これは、行かなきゃですね!
多くの村民の応援で山内くんと儀保くんが大活躍してFC琉球が勝利するように、みんなで県総に行っちゃいましょう!
バスだと、ビールとかも飲めそう…あ、比嘉酒造プレゼンツだから、残波か!

どうも、キタローです!
この間の土曜日、J1リーグ、サガン鳥栖 vs ヴィッセル神戸 の試合がありました。
もうお気づきの方もいらっしゃると思いますが、
どちらも読谷でキャンプをしているチーム。
そう、いわゆる読谷ダービーです!
ydn1
ということで、ココは一丁集まって応援しようじゃないか!と、
サガン鳥栖サポ−ターズクラブの皆さんや、読谷村サッカー協会の皆さん、それに両チームの宿泊先である沖縄残波ロイヤルホテルホテル日航アリビラのメンバーが、地域振興センターの大型ビジョンの前に集まって即席の応援合戦が繰り広げていましたよ!
サガン鳥栖サポ−ターズ(ポとタの間の長点が、短いそうです…なんでかな?)は、定期的に集まってテレビでサガン鳥栖を応援するほか、年に数回は、サガンの本拠地鳥栖のスタジアム(ベアスタ)に応援に行っているそうです。
熱いですね!
こうなると、ヴィッセルのサポーター集団もあったらいいなぁ…。
試合は、ヴィッセル神戸が押してる展開でしたが、応援が熱かったサガン鳥栖が、1対0で勝利!
もちろん試合が終わったら、ノーサイドでしたよ。
しかし、みんなで集まって観戦すると、スタジアムにいるような気分になりますね〜。
こういうイベント、もっと多くの村民や関係者が集まってできたら楽しいだろうなぁ。
え、ボクは、どっちを応援したかって?
それは…どっちもです!

↑このページのトップヘ