キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみーぐる!読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)の個人的な目線で語っちゃいます!

カテゴリ: 音楽

どうも、キタローです!
まだ興奮冷めやらぬ、昨夜のナオキ屋ライブ。
本人のたっての希望で、特別に写真撮影、映像・音声、録音録画その他全てOKというオープンな展開に。
開演前の諸注意で、逆にフェイスブック、ツイッター、インスタグラム…ありとあらゆる方法で、ナオキ屋情報を拡散して欲しいという自己顕示欲の塊ナオキ屋節全開のお願いがあったりで、もうその時点でウケた…。
nl17073001
手書きの案内板が、イカしてます。
コレ、もらっておけばよかった。
(よく見るとコレ、街頭宣伝活動で使ってたプラカードじゃ…。)
nl17073005
はい、お約束のこのショット。
一応撮っておきましたよ。
nl17073003
入場の際には行列が出来ていました。(最大限に長く見えるように撮影/トリミングしています。)
nl17073007
会場内は、開演を待つナオキマニアの皆さんで異様な雰囲気が充満…というふうでも無く、比較的のんびりムード。
逆に結構シニア層も会場に…シニアにも密かに人気が浸透しているのか…それとも親戚関係最大限動員作戦なのか?この際、細かいことには触れずに…。
ちなみに、前のお兄さんは、あごがなんだか気になる様子。
nl17073004
そして、いよいよ、はじまりMAXXX!!!!
nl17073027
緞帳が上がると、青い幕(ブルーシート?)が左右に振られてました。
こ、コレ波ですよね?たぶん、波。いや、きっと波。
と、思ってたら、向こう側からナオキ屋がジャーンプして登場。
トランポリンか?手にはサーフボードならぬボディボードが…。
「のってるかーい?」「みんな、のってるかーい?」
って…コレからでしょノルのは。
あんたの曲聞いてから、と突っ込みつつウケる。
つかみはOKってことでしょうか?
1曲目は、「愛で地球を救う」。
nl17073009
2曲目は「オレオレロック」
赤を基調としたライティングで、そこはかとなく悪徳感を演出(?)
nl17073010
抱かれたい男No.1は、何曲目?
青を基調のライティング。
この頃には、グダグダ感 ナオキ屋のペースに巻き込まれて、良くわからなくなってます。
まさに、ナオキ屋ワールド全開!
失笑、苦笑、時々爆笑。決してコミックバンドではなーいと、本人は申しておりますが…。
nl17073011
真剣な感じも織り交ぜつつ。
nl17073012
売れっ子アーティスト風に、巨大ボールも会場に飛ばしつつ。
nl17073013
伝説のローカルサーフロックバンド、カサノバクラブ(!)のパンギャー氏を迎えて「お目出度い」from 1st。
音源のセット忘れとか…関係ないね!勢いでカミングアウトして無事通過。
それにしても、カサノバクラブ…結構好きなバンドだったなぁ。
バンド名は、アレだったけど。
でも、パンギャー。鍵盤ハーモニカを持って出てきたのは何だったんだろう?一切使用しなかったけど…。
nl17073014
コレは、たぶん「都落ち」。
普通に熱唱。
nl17073015
ストロベリーナプキン。名嘉太一氏と盟友84氏を迎えての「ラスタ三原色」。
打ち合わせしてねーのかよ!ってツッコミはヤボ。
太一氏の、どうすんだっけ?ってボケ。
84氏の適当な雰囲気。
全て計算づく。
そのへんは、もうナオキ屋しかわからない…。
nl17073016
そして、「寝るっきゃナイト」from 1st。
この曲のラップのパートが一番安定感あって安心して聴けた…って今回のライブにボクと同行していただいた皆さんが一様に申しておりました。
たしか、MCでも活躍していたNAOTOと TOMOYA クーニーの二人だったと思うけど…違うかな?
(すみません、確認したところ、クーニーさんでした。ゴメンナサイ)
nl17073017
そして、シャオロン・トゥ・ザ・スカイの當山”魂”貴史氏もゲスト出演!
ちょっとちょっとーって感じもしますが、なぜかギターバトル勃発。
無謀な挑戦のような気がしますが、結果は…魂氏からギターを渡されたフロアのお客さんが、かっこいいリフをかまして勝つという予想外の結末。
曲は…えーっと、何だっけ?あ、「YES NO まくら」。
nl17073018
そしていよいよ最後の曲「後で会いましょう」(たぶん)を歌い終えるというところで、突然ナオキ屋が悶絶。
ステージ横のスクリーンに浮かぶ、赤い文字。
????
な、なんだ、この…仕込まれた感満載の新喜劇的展開は。
nl17073019
悶絶するナオキ屋を抱きかかえる、NAOTOたち。
nl17073020
大丈夫、痛いけどボク頑張るよ!というナオキ屋に、いつの間にかステージ上に勢揃いしているゲストやスタッフの面々が拍手と声援を送る…な、なんだ、この茶番。
nl17073021
この写真を一見すると、観客の皆さんへのお礼のあいさつをしているように見えますが、たぶん、痛風と無職を言い訳にして物販のことを話していたんじゃないかと…本人的には、ライブ2割、物販8割って言ってたし。
nl17073022
そして、お約束。
アンコール無しと言いつつも、無理やり本日2回目の「紅芋タウン」とともに、ステージに上がれという煽り。そして、大物アーティストだったら間違いなくスタッフに制止される、前に来いよ!と観客を無理やりステージ前に呼ぶ行為。コレ、最終的に名前呼ばれるもんだからたちが悪いです。(イヤじゃないけど)
nl17073024
ということで、予定調和的に大団円。
主催者(本人)発表、本日の有料観客数705名。*1
こうして見ると、ほんとにそれっぽい感じ。
ホールというより、ライブハウス風ですが…。
後方のお客さんも、全員前に呼び寄せてソレ風にって…とても言えないよ。
そして全員集合の写真を撮影してライブ終了。
nl17073025
終了後、いち早くステージを降り、先回りして帰宅する観客を物販に無理やり誘導しようとしているところを、竜海くんにたしなめられるナオキ屋。
nl17073026
CDやTシャツを買ってくれたお客さんのために設置されたサイン席。
ライブ終了後にも関わらず、頑張ってサインしてました。
その辺さすがです。
nl17073006
ナオキ屋レコ発ライブ。
たぶん、アリーナツアーとかドーム公演とか無いと思うけど(…当分は)、読谷で一番の箱を一杯にすることにチャレンジしたナオキ屋の熱いソウルはたぶん、読谷村伝説の一つになることでしょう。
いろいろご意見はあるでしょうが、コレがナオキ屋だ!ってことは間違いなく示せたんじゃないでしょうか。
以下、ナオキ屋と親交の深い宮平真一氏が自身のFBに書いたライブ評を引用します。(宮平さんごっつあんです。)

*****************
ナオキ屋セカンドアルバム「Z宅ROCK音」発売記念ライブ無事終了!
いわゆる平均以下の風貌・歌唱力・演奏技術、自意識過剰で適当な性格と上滑りトークに加え、パクリ、デタラメ、ごまかし、偽善、露骨な押売と経費削減、準備練習不足に歌詞忘れ、アクシデント続出、場当たり的進行等々 負の要素満載にも関わらず、それらが全てプラスに作用してしまう類稀なるライブ。
皆さんもぜひ一度、唯一無二の「ナオキ屋マジック」をご体感あれ!(引用終わり)
**************

もう、なんていうか…そのとおり。
ビバ、ナオキ屋!
ありがとうナオキ屋マジック。
伝説ナイトに立ち会えて、感無量です。

※追伸
今日、改めてナオキ屋の1stと2ndを聴き直しましたが、結構いいんだよね〜。やっぱり。
クセが強いだけに、クセになります。

*1 翌日、本人のブログで、当日の入場者数が、302人だったと発表されました。それでもスゴいよ!

どうも、キタローです!
今日は、ナオキ屋レコ発(CDだけど…)ライブでした。
nl17073002
満員のオーディエンスを前に、完璧(?)なライブパフォーマンスを見せたナオキ屋。
最後の最後、深刻なアクシデントに見舞われるも無事に感動のフィナーレを(無理やり)観せてくれました!
ビバ、ナオキ屋(というよりナオキ屋ファン)。
詳細は、次回を待て。

◎ナオキ屋CD発売記念ライブ Z宅ROCK音
 ⚡ナナジュウハッテン⚡ロック LIVE⚡
 2017年7月30日(日) 19:10〜21:50 ※終了

どうも、キタローです!
読谷のロックヒーロー、ナオキ屋のセカンドアルバム”Z宅ROCK音”(ジタクロックオン)ついに入手しました!
ztro01
(内気でシャイで気弱なくせに妙に自意識過剰で自己顕示欲満載な、あの名作マンガ バタアシ金魚 のカオルみたいな)ナオキ屋らしさ溢れるアルバムジャケット(?)に早くも涙…。
コンセプトアルバムっていうか…トータルアルバムというか…台湾の老街の市場(?)の猥雑さを感じさせると言うか、とにかく色々てんこ盛りの13曲+2シークレットトラック。
最高です。何かがあります…それが何かって上手く言えないけど。
ナオキ屋の声って、ウマいかヘタかっていうより、何というかそういうのを超越した哀愁さえ感じさせるんだよね。そう、哀愁。妙に物悲しいんだよな、そのへんブライアン・ウイルソン 的。(ゴメン…言い過ぎた)
夜更けに聞く、”後で会いましょう”(13曲目)なんか、涙ちょちょぎれモノです。
あーなんというか、やっぱりナオキ屋ワールド全開。ホント、我らのロックスターは、唯一無二のミクロコスモスを旅する旅人なんですね。
コレは、一家に1枚(できたら2枚)な、迷作…いや名作です!(ベタですいません)

ところで、アルバムをゲットしたら、ライブも行きたくなってきたなぁ…あ、7月30日には、鳳ホールでレコ発ライブ があるんだ!これは、是非行かなくちゃ!!
…って、すみません。ボク、既にゲットしてました。まだの方は、是非!

どうも、キタローです!
近所に住む香港出身のマットさんから、面白い情報を教えてもらいました。
jwytss2
それが、こちら。
香港のアーティストJWこと、王灝兒(ジョーイ・ウォン)さんの 「自由飛翔」という曲のミュージックビデオです。
自由飛翔。歌詞は、もちろんわからないのですが、ちょっと物悲しいでドラマチックな雰囲気のなかなかいい曲なんだけど、なんとそのMVの2分18秒から2分47秒あたりにかけて、見覚えのある景色がバッチリ映ってます!
jwytss1
オーマイガッ!ここ、あそこの交差点じゃないですか。
残波岬や灯台もバッチリ映ってます。
なんか、ビックリ!だけど嬉しいかも。
貼り付けてみたので、こちらからご覧ください。


マットさんによると、
”The artist, JW (王灝兒), is a Hong Kong, American, Spanish, & Philippino mix. She is a new emerging artist active in Hong Kong.”
ということで、訳すると
「アーティストの
JW (王灝兒)は、香港、アメリカ、スペイン、そしてフィリピンの血が混ざってます。彼女は、香港の新進気鋭のアーティストです。」ってことらしい。(…たぶん)
その彼女が、読谷に来てたんだ…生で見てみたかった、ははは。
読谷を撮影地に選んでくれてサンキュー、JW!

でも、外国の方が読谷の風景を見ると、どんなふうに感じるんだろうな。
ちょっと気になります。

マットさん、教えてくれてありがとう!

どうも、キタローです!
こんなパンフレットを発見(?)しました。
tso1-1
はい。島嶼音楽祭(とうしょおんがくさい)です!
確か、一昨年、沖縄で開催されてましたよね。
読谷でもいろいろプログラムが行われたと思います。
それから昨年は、渡慶次区の皆さんが台湾に行ってエイサーを披露したとか…。
でも、島嶼音楽祭ってなんだ?
ということで調べてみました。
以下、HPからの引用です。
***********
このプロジェクトはさまざまな地域からの活力を集め、音楽を通じコミュニケーションを行い、互いに刺激を受ける事で文化的な火花を引き出します。
「島嶼音樂季」は長期計画です。沖縄と台湾で毎年交互に開催を目指します。
沖縄の地方自治体や市民社会組織との連携を図り、継続的な交流をもち、良い協力関係を構築する方法をめざしています。
異文化にふれあう事で刺激を受け、新たな創造を用い、オリジナル楽曲の活力と成熟度をより広げ、地元に限らず、外にも広がる事を目指します。

************
引用終わり。
ふむふむ、なるほど。
えーっと、ざっくりいうと、たぶん「音楽を中心とした文化交流を通じて新しい音楽を世界に向けて発信していきましょう!という目的で沖縄と台湾で交互に開催される音楽祭」ってことですよね。(間違っていたらごめんなさい…)
個人的な感覚かもしれませんが、同じ島人…アイランダーっていうんですか?のせいか、台湾にはなんかシンパシーを感じるんですよねぇ…。
で、その島嶼音楽祭。
今年は、沖縄開催の年ということで、6月19日〜26日の間に県内各地でいろいろなプログラムが行われるようです。
tso1-2
ラインナップをみると、読谷村でも6月23日の慰霊の日に 映画上映とコンサート が開催されます!
台湾の映画の太陽の子(邦題)上映の後、コンサートが行われるようですよ。
tso1-3
ちなみに会場は、この間 ナオキ屋がレコ発コンサートの開催することを発表した 鳳ホール!
出演者を見ると…おっと、台湾のバンドやカチンバの他に、ボクのオススメの知花竜海くんも出演するんだ!
これはますます楽しみなだなぁ。

◆ 島嶼音楽祭沖縄2017 読谷 -OKINAWA DREAM 慰霊の日平和コンサート・上映会
  日 時 2017年6月23日(金)16:30〜 映画上映会 19:00〜 コンサート
  会 場 鳳ホール

HPが充実しているので、事前にチェックしておくと楽しみも数倍増し間違いなし!(…きっと) 

どうも、キタローです!
あの、伝説(?)の専業ロックスターにして稀代の内気なナルシスト、ナオキ屋が、ついに2ndアルバムを発売するというニュースで、読谷界隈は話題騒然となっております!(まだのところは、これから)
nky172-1
そのアルバムのタイトルは、”Z宅ROCK音”(ジタクロックオン)!
さすがです。
嘘偽りなく正面から切り込む、まさに真のロックスピリッツ!を感じさせるタイトル。
伝説の刀工が、一人工房に篭って魂を削りながら刀を鍛える様に、自宅に引きこもって作り上げた珠玉の名曲が収められていると、もっぱらの噂です。(まだ、聴いてないんで…)
伝統工芸の村、読谷村にふさわしいまさに家内制手工業ともいうべき手作り感満載の作品なのは間違いないことでしょう。
nky172-3
キャッチコピーは、「自己満足度120%宣言 ナオキ屋史上最高傑作遂に爆発」というから、まさに自信満々。
さらに、「ナオキ屋というミクロコスモスから生まれた宇宙的自己愛中毒作品」…も、も、もう気になって気になってしょうがありません。早く聴きたい!
そんな、ニューアルバムは全13曲(創作落語含む)で2,000円ポッキリ!
発売Xデーは、6月30日(金)
まいったなぁ…これは、もう買うしかないな。
nky172-2
そして、な、なんと、
レコ発ライブは、読谷一のロックスターにふさわしく、鳳ホールワンマンを敢行!
未だかつてこんな漢(おとこ)がいただろうか?
いいや、いなかった!
たった700枚しか用意していないというチケットは、プレミア化必至。
(6月1日現在販売数、2枚)
さぁ、余裕こいてるあなた、気がついたときには買えなかったという星野講演会の例もありますよ。
後悔先に立たず、善は急げだ!

ナオキ屋CD発売記念ライブ
◆日時 2017年 7月30日(日)(ナナサンマルって覚えてね。)
    開場 18:00 開演 19:00
◆場所 読谷村文化センター鳳ホール
◆料金 前売 2,000円(小学生以下 1,000円)
    当日 2,500円(小学生以下 1,500円)

チケット販売情報は ナオキ屋のブログ で確認できますよ!

あ!ボクもチケットまだ買ってなかった…ヤバイヤバイ。

どうも、キタローです!
本日、ミュージシャンの知花竜海くんがCDを持って来てくれました!
竜海くんの1stソロアルバム「新しい世界」と最新シングル「海鳴りの島」。
ctcd2
ふと思い立って、竜海くんに、CDどこで買えるのかな?と問い合わせたところ、
「あ、なんなら届けましょうか?」
と言ってくれたので、ありがたくお言葉に甘え配達してもらいました。
ctcd1
爽やかな笑顔の竜海くん。
ありがとうございます!
竜海くんといえば、ボクらの世代では(今はなき)NHKの青春メーッセージにおいてラップで沖縄のハートを全国にぶちかましたスゴいやつなんですけど…当時、テレビを見てぶっ飛んじゃったのを覚えてます。
その後、バンド活動を経て、今は、ソロで頑張っているそうです。
オキナワミクスチャーサウンドの先駆けのひとりですよね。
そのあたりは、竜海くんのブログで詳しいので、そちらを御覧ください。
たしか、みなさんおなじみのFMよみたんのジングル(ナオキ屋のとか)のアレンジなんかは竜海くんだったんじゃないかな?。(ジングルは、全部やってるのかも?)
ctcd3
こちらが、1stソロアルバム「新しい世界」。
10曲入り。
キュートな花笠ガールが微笑んでいるイラストのジャケット(っていわないな、今)です。
で、早速聴いてみると…完成度高いなぁ。
2012年のリリースですが、カッコいい。
失礼かもしれないけど
思っていたより、尖ってないというか…POPで耳に残るサウンド。
あーたーらしーい せかーいでー、とつい口ずさんじゃうような、
それでいて、沖縄風だけではなくいろんな音楽の要素が散りばめられてて
懐かしさと新しさも同居するまさにミクスチャーサウンド。
たぶん、竜海くんは、言葉の力も信じてて歌詞にいろいろメッセージを込めてると思うけど
それに気づけば、また深いし。
そうでなくても、純粋に音楽として楽しくて面白い。
口ずさんでいるうちに、ふと気づいてココロ揺さぶられることがあるなら…それこそがPOPミュージックの力なんでしょうね。

ctcd4
そして、これが最新シングル「海鳴りの島」。
2016年8月の発売です。
こちらは、海鳴りの島とサンの2曲が入ってます。
ドライブ感溢れるサウンドが、今の竜海くんの気分を表現しているのでしょうか。
激動の時代感?
なんだか、バンド的な躍動感も感じました。
今回の歌詞は、ウチナーグチが前面にでてて、そこにいろんなメッセージが込められていると思う。
そこは、竜海くんが、青春メッセージ出た頃から変わらない想いがあるんだろうな。

ボクは、音楽の専門家じゃないのでうまく伝えられないんだけど、
たぶんこれからボクの車の中では、ヘビーローテーションになりますね。
ボクは、竜海くんの音楽を聴いて楽しく嬉しくノリノリになれたので、
たくさんの人に直接聴いてもらって、そういうのを感じて欲しいなぁって思います。
2ndアルバムが、待ち遠しいなぁ。

※竜海くんのブログ(知花竜海の音楽凡楽)で試聴できますよ。

しかし、ナオキ屋(全然タイプは違うけど。あと、近々2ndアルバム発売予定…らしいけけど)をはじめ読谷には、なかなか素晴らしいミュージシャンがいるもんだな。ちょっと誇らしい気分。

↑このページのトップヘ