キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみたんをみーぐるぐる。読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)が勝手にウキウキウォッチング!?

カテゴリ: 施設

どうも、キタローです!
何かと話題のあの場所に、ついに行ってきました。
ystsfv01
それは、こちら!
そうです、 読谷村トレーニング室 。
ystsfv05
行ってみると、利用している方が結構いました。
結構本気でムキムキを目指している方々、という風にお見受けしました。
中には、ボクみたいなヘナチョコもいると思いますが…みんな、本格派に見えちゃいました。
ちょっと、緊張したりして…。
ystsfv03
ローイングマシーンは、2台。
水圧式っていうやつだと思います。
コレは、結構やってて楽しかったです。
初心者でも結構簡単に利用できました。
でも、有酸素運動用のマシンとしては、かなり効果的 なものみたいです。
ystsfv04
こちらは、足の、特に太ももあたりの筋肉を鍛えるためのマシン。
右側のウェイトの重さをいろいろ変えてトレーニングできます。
これも、初心者にも使いやすかったです。
ystsfv06
これ、たしか太ももの裏当たりを鍛えるやつだったような…。
結構、きつかったです。
ystsfv07
バーベルですね。
なんか、いろいろ種目がるようですが、素人が手を出したら怪我をしそうなので、ちょっと遠慮しておきました。今度、専門家の方に教えてもらおーっと。
ちなみに、バーだけで20kgあるんだよね。
ボクは、今のところバーだけでも十分…。
ystsfv10
そしてこちらが、もっとも驚愕した50kgのダンベル。
ダレが使うのか?
さすがワールドカップクラスが使うことを想定している施設ですな。
ボクには、両手でも無理です。
逆立ちしても無理です。(そもそも無理)
ystsfv11
お!コレは嬉しいお知らせ。
月水金の週3日間、トレーニングアドバイザーが配置されるようです。
ボクみたいな、初心者にはスゴく助かります。
6月以降も続けて欲しいなー。
(追記:6月も継続して配置されるそうです。)
ystsfv12
中高生も、もちろん使えまーす。
部活の筋トレとかも、本格的な機材を使ってできますね。
ystsfv09
もちろん、禁煙。(笑)
いろいろな機材があって、なかなかワクワクする施設でした。
料金も超お得だし…コレは、通っちゃうかも。
ちなみに、タオルと水分は自分で準備してください。
室内用シューズも必要です。

  所在地 読谷村字座喜味2079番地1( 位置図
  開 館 月〜金   8:30 ~ 21:30
      土、日  10:00 ~ 13:00、14:00~18:30
     (13:00~14:00の間は休憩時間の為閉館)
 休館日 火曜日
 利用料 村内 中・高生100円、大学・一般200円
     村外 中・高生200円、大学・一般300円
     ※村内、村外とも1人2時間あたり

どうも、キタローです!
話題の ユンタンザパークゴルフ場 に行ってきましたよ。
ypgfp10
クラブハウス前で、スコアカードをパチリ。
コレ、なかなか読谷らしいデザインでステキです。
ypgfp06
初めて行ったユンタンザパークゴルフ場のクラブハウスはピカピカ!コースの芝生もホント目にも鮮やかで、サイコーでした。
ypgfp07
良く管理された芝は、まるで絨毯のようでしたよ。
ホント気持ち良くプレーすることができました。
お客さんも結構、結構入ってて、楽しそうにプレーしていました。
ypgfp03
でも、あえて言いますが、ボクが最も気になったのは…。
ypgfp01
そうです!
読谷村のスーパーアイドル、よみとん。
よみとんは、ユンタンザパークゴルフ場でも大活躍していましたよ!
スコアカードやのぼりをは、もちろんのこと…。
ypgfp04
なんと、コースそのものが、よみとん!
やっぱりよみとんは、人気者だな。
ypgfp05
コースは、「よみとん」と「ジンベエ」コースがあって、それぞれ9ホール。
さらに、赤TEEと青TEEがあるので…9☓4で全部で36ホールを楽しむことができます。
ちなみに、こちらのユンタンザパークゴルフ場は、日本パークゴルフ協会の認定コースになる予定だということで、認定されると公式大会も開催することができるそうです。
と、いうことは…もしかしたらいつか「よみとんカップ」という名前の公式大会が開催されるかもしれませんね!
もちろん、優勝カップは、よみとんの形のヤツで決まり!ですね。
ypgfp02
お土産に持ち帰った、マーカーにもよみとん。
マーカーは、白とオレンジがありましたよ。
もちろん2つともゲット!
こういう細かいところにこだわっているところが、なんか嬉しいですね。
ということで、ユンタンザパークゴルフ場は、パークゴルフ好きにも、よみとん好きにも楽しめる素敵なところでした。
実際、パークゴルフ、かなり楽しかったです!
また、行かなくちゃ。

ユンタンザパークゴルフ場
  所在地 読谷村字座喜味2901番地1
  電 話 098-958-5566 
   F A X  098-958-5577 
  営 業 ①【通常日】8:00 〜 19:00まで(最終受付 17:45)
      ②【10月1日から翌年2月末日まで】8:30 〜 18:00まで(最終受付 16:45)
  定休日 毎週火曜日、年末年始(12月29日から翌年の1月3日)
      ※臨時休場または臨時開場となる場合があります。
  料 金 読谷村民 400円(高校生以下 200円、65歳以上 300円)
      村外在住の方 700円(高校生以下 300円)
 
  ※施設情報  ●全18ホール ●用具(クラブ・ボール)貸出あり ●シャワー室あり ●専用駐車場あり

どうも、キタローです!
Royal Hotel 沖縄残波岬(まだ残波ロイヤルホテルって言ってしまいそうになりますが…)に行ってきました。
rhoz1903
青空をバックに白い建物が映えます。
昨年かな?お色直しをしたので、真っ白です。
rhoz1902
何故、残波ロイヤル(でいいか、もう…)に行ったのか?…実は、3月末日が有効期限のランチチケットがあるということで誘われたからなのです。(ラッキー!)
rhoz1907
ランチ会場は、ホテルの最上階にあるレストラン ラ・ファール。
残波ロイヤルの最上階に上がるのは、ホント久しぶりです。
rhoz1904
まぁ、キレイだろうなぁとは思っていましたが、やっぱり最上階からの眺めは格別でした。
こちらは、南側を見たところ。
宇座ビーチがキレイに見えます。
ウザテラスやアリビラも一望できましたよ。
この日は、残念ながら薄くモヤがかかったように遠くの方は霞んだ感じだったのですが、空気が澄んでいる日には、北谷那覇方面まで一望できるはずです。
きっと夜景もキレイに見えるはず。
rhoz1905
こっちは、東の方角。
真ん中に右手の赤瓦の建物は、御菓子御殿。
中央奥の方は、座喜味城跡になります。
rhoz1906
こっちは、北側の眺め。
残波岬公園の展望台が見えます。
海の向こう側は、この日は、はっきり見えなかったけど本部半島方面。
rhoz1901
北北西から北西方面には、残波岬の灯台と残波ボールパーク。
残波いこいの広場と残波大獅子も見えますね。
ちなみに残波ボールパークは、4月から「ZANPAプレミアム残波ボールパーク」になります。
この日は、7人制ラグビー日本代表(たぶん)のメンバーが練習をしているところが見えました。

残波ロイヤル(ロイヤルホテル沖縄残波岬ね)の13階からの眺めは、サイコーでした。
たまには、ここで絶景を見なきゃもったいないかもしれませんね。
今更ながらですが、ステキなところだということに気付いちゃいました。

あ、ランチ!
久しぶりすぎて、景色に圧倒されちゃって写真を撮るのを忘れてました…。(すみません)
でも、たくさんのお客さんで賑わっていましたよ。

Royal Hotel 沖縄残波岬
  所在地 沖読谷村字宇座1575番地
  電 話 098-958-5000 (受付時間 9:00~18:00)

どうも、キタローです!
このあいだ、県道6号線沿いをジョギングしてたら、ふと気になる掲示物が…。
gdsob01
それが、こちら。
そうです、瀬名波のローソンの向かいに建設中のホテル 。
だいぶ出来上がってきたなーと思っていましたが、周りを覆っているネットに何やら大きな掲示物が掲げられています…。
gdsob02
寄ってみると…こんな感じ。
おー、もうホテルの名前もグランドオープンの日程が決定したんですね!
gdsob03
グランドオープンは、2019年7月20日(土)。
ホテルの名前は、GLAMDAYS STYLE HOTEL & RESORT OKINAWA YOMITAN(グランディスタイル沖縄読谷 ホテル & リゾート)。
グラマラスな1日を過ごすためのリゾートだそうです。
なんと、屋上にプールができちゃうそうですよ。
めちゃくちゃ眺めのいいプールになりそうですね。
公式HPもできていて、宿泊予約も受け付けているようです!
かなりいいお値段のようですが…。
一度は、泊まってみたいものです。
とにかく、完成が楽しみですね。
見学会とかやってくれないかなぁ。

どうも、キタローです!
今回は、読谷の新名所と言うべき場所を発見しちゃったので、そちらをご紹介しまーす。
knfi01
それが、こちらです!
こちらの建物は、「農村女性の家」いう公共施設なんです。
一見、なんの変哲もない建物に見えますが…ある特徴を備えているのす。
knfi02
この距離でもなんか良くわからないかもしれませんが、この壁部分こそ読谷にしか存在しえない…読谷の壁」とでも言うべきものだと思うのです!
knfi03
もっと寄ってみると…はい、この通り!
もう、おわかりですね。
そうです、なんと一面にやちむんの欠片が埋め込まれた壁なのです。
knfi04
さらに寄ると、マカイやお皿の欠片がびっしりと埋め込まれているのがわかります。
登り窯でやちむんを焼く場合、くっついたり割れたりいびつな形になったりと、失敗してしまうものが出てくるそうで、それを割って壁の装飾に使用しているんですね。
何だか見覚えのある雰囲気のお皿(の欠片)も見受けられます。
そういうのも探すのも楽しいかも。
コレって、ある意味、やちむんの里よみたんだからこそ存在するとも言える壁なのではないでしょうか!
まず、他の場所では、なかなか思いつかないだろうと思います。
遊び心が溢れてて、なんともステキです。
コレは、読谷の隠れた名所に指定しても良いと思うのですが、いかがでしょうか?

※現在、こちらの施設は改修工事を行っていて、4月から新たに「読谷村農林水産物加工場」としてリニューアルオープンするそうです。


◆ 読谷村農林水産物加工場(読谷村農村女性の家)
  所在地 読谷村字都屋167番地2

どうも、キタローです!
読谷村についに、筋トレ施設ができちゃいました。
ytos03
その名も「読谷村トレーニング室」。
本日(1月30日)落成式があるというので、覗いてきました。
ytos01
今回のトレーニン室の建設にあたっては、中日ドラゴンズさんにも多大なご協力をいただいたということで、ドアラもよみとんと一緒に落成式に参加です。
ytos04
テープカットの様子。
右から教育長、村長、中日球団社長、村議会議長、そしてドラゴンズの平田選手
そして、両脇によみよんとドアラ。
ytos05
テープカットも終わったのでちょっと中を覗いて見ると、こんな感じのカッコいい赤いウェイトの機材(パワーラック?)とか、
ytos06
こんな感じのヤツや、ローイングマシン とか…
ytos07
さらにダンベル(40kgくらいのやつも!)も各種揃っていました。
プロ野球選手のトレーニングはもちろん、ラグビーのワールドカップに参加するナショナルチームのトレーニングにも対応できる機材が揃っているそうです。
スゲーな!
ytos08
ドラゴンズ平田選手によるバーベルの使いぞめ(笑)。
平田選手、お疲れ様です。
ytos09
石嶺村長は満面の笑顔でレッグマシーンのデモンストレーション。
このマシーン、超本格的なやつでした。(他もだけど)
ytos10
と、思ったらドアラもこっそりトレーニングしていました。
やっぱり、隠れたところでいろいろ鍛えているんですね。
さすがです。
キャンプ期間中は、一般使用はできないそうですが、4月の後半からは一般開放されるそうですよ。
楽しみですね!

読谷村トレーニング室
  所在地 読谷村字座喜味2079番地1( 位置図
  開 館 月〜金   8:30 ~ 21:30
      土、日  10:00 ~ 13:00、14:00~18:30

     (13:00~14:00の間は休憩時間の為閉館)
 休館日 火曜日
     ※但し、平成31年4月29日~5月7日は閉館。
 利用料 村内 中・高生100円、大学・一般200円
     村外 中・高生200円、大学・一般300円
     ※村内、村外とも
1人2時間あたり

どうも、キタローです!
改修工事が予定より長引いていた残波岬の灯台ですが、ついに工事が完了したようです。
ztns01
この間、残波岬に行ったら足場が完全に撤去されていました。
ztns04
この日は、雲が多いどんよりとした天気でしたが、新しい灯台は真っ白な姿ですくっと凛々しく立っていました。
(曇りの夕方だったんで、光量が少なく写真では少し暗い感じがしますが…)
晴れていれば、ピカピカ感のあるまさに白亜の灯台の姿が観れると思います。

ztns03
残波岬の灯台って、やっぱり雰囲気あるよなー。
灯台らしい灯台っていうか。(灯台らしくない灯台ってどう言うの?って聞かれると答えづらいのですが…。)
観ても美しいし、登ることもできて、上から眺める景色も素晴らしいので、ぜひ晴れた昼間に行ってみることをオススメします。
ボクも今度、久しぶりに行ってみよーっと。

◆ 
残波岬灯台
  所  在  地 残波岬の先っぽ(読谷村宇座1861番地の先のほう)
  参観時間 5月~9月 9:30~16:30、10月~4月 9:00~16:00
  問  合  せ  098-958-3041(残波岬支所)

どうも、キタローです!
以前、トンネル工事のカンバン を紹介しましたが、進行具合が気になったので現場にいってみました。
ytk101
場所は、読谷飛行場跡の南端。
現場では掘る作業が終わり、いよいよトンネル本体(?)の建築工事が始まっていました。
工事は、着々と進行していますね。
ytk108
コレは、掘削したところの上にかけられた仮設の橋の上から北側を見たところ。
奥のほうが、地域振興センター側になります。
北の方から徐々に掘り進めて…。
ytk107
コレが、仮設の橋。
東側から西の方を見たところです。
ytk109
で、こちらが南側を見たところ。
北谷、那覇方向が見渡せます。
北から南にどんどん掘り進んで行った感じですね。
だいぶ深く掘ってます。
今回のトンネル工事は、開削トンネル という工法で行われているそうです。
トンネル工事というと丸い穴をグリグリと掘っていくっていうイメージですが、地面を削ってそこに鉄筋コンクリートで四角い筒状のトンネルを作って埋め戻すっていうやり方だそうです。
ytk104
そのコンクリートのトンネルの一部がこちらです。
距離があったのでリアルな大きさを体感することができなかったんですが、クレーン車と比較すると3階建ての建物以上の大きさがあると思います。
コレが徐々に、北側に向けて伸びてくるんでしょうね。
坂道に四角い箱を置いていくようなイメージでしょうか。
とりあえず、今年度の工期は3月15日までのようですが、トンネルの完成はまだまだ先になりそうです。
ytk102
そして、最後はこちら。
工事現場は、高さもあって危険なので、もちろん立ち入り禁止です。
立ち入り禁止のカンバンには、なんと4ヶ国語が表示されています。
インターナショナルですな。
そして、ネコ…ね、ネコ?(トラとかライオンじゃないんですね。)
とにかく、ネコが、見ています。
つぶらな瞳が可愛らしいけど、実際は怖いかもしれません。
工事現場には、立入禁止ですよ!

どうも、キタローです!
こんな、チラシが貼られてました。
tdc181201
「読谷村立図書館年末企画 雑誌付録プレゼント2018 大抽選会」
付録の抽選会?
何の事かと思ったら、図書館で定期購読している雑誌(主に女性誌)についてる付録(エコバックとかポーチとかみたい。雑誌の名前はわからないんですが…)を応募者に抽選でプレゼントする企画だそうです。
雑誌の付録って、昔は紙をくり抜いて組み立てる(?)ようなイメージでしたが、最近のヤツはかなりクオリティー高いですからねー。
図書館利用者へプレゼントするっていうのは、なかなイケてる嬉しい企画なんじゃないでしょうか!
やるね、村立図書館さん。
応募期間は、12月1日(土)から16日(日)までのようです。
ちなみに、抽選券は1人1枚の配布のだそうですよ。
気になる方は、ぜひチャレンジしてみてください。

読谷村立図書館
  所在地 読谷村字波平37番地
  電 話 098-958-3113
  開 館 月、水〜金 10:00〜19:00 土、日 10:00〜17:00
  休館日 火、祝祭日、第4木曜日

どうも、キタローです!
週末、天気が良かったので残波岬までいってみました。
ztk1801
残波岬灯台は、まだまだ改修工事中
工事のお知らせの看板が設置されていました。
ztk1802
見てみると、改修工事の工期は11月15日までとなっています。
いよいよ、今週の木曜日までなんですね。
ztk1803
こうしてみると、足場のない1階部分も心なしか真っ白に塗装されているように見えます。
足場が外れると、真っ白でピカピカの灯台が出現するんだろうな。
内外装の補修工事なので、内部もキレイになっているはずです。
全国的にも珍しい(たぶん)登れる灯台なので、完成&再公開がホント楽しみ。
螺旋階段をヒーヒー言いながら登った後に見る、灯台の上からの眺めはサイコーですよ!
ztk1804
一般公開が再開されるのも、ほんともうすぐ。

と、思ってたら、公益社団法人燈光会のHPに以下の情報が掲載されていました。

「残波岬灯台は、灯台改修工事のため灯台参観を平成30年11月15日(木)まで休止予定でしたが、改修工事の再延長に伴い、灯台参観の休止を平成30年12月27日(木)まで再延伸します。」

むむむ。
残念ですが、待つしか無いですね

残波岬灯台
  所  在  地 残波岬の先っぽ(読谷村宇座1861番地の先のほう)
  参観時間 5月~9月 9:30~16:30、10月~4月 9:00~16:00
  問  合  せ  098-958-3041(残波岬支所)

↑このページのトップヘ