キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみたんをみーぐるぐる。読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)が勝手にウキウキウォッチング!?

カテゴリ: 施設

どうも、キタローです!
この間、ひょんなめぐり合わせで、アリビラの隣に完成した話題の星のやを見学させていただけるということで、喜び勇んでいってきましたー。
hrfv01
正直、プライベートなリゾートだし、宿泊となると結構ハードルが高い(いろんな意味で…)のでこんな機会でもないとなかなか観ることをでいないし、ラッキー!
しかも、グランドオープン(7月1日だそうです)前に観ることができるなんて、超貴重です。
hrfv12
こちら、宿泊の際にチェックインとかの手続きを行うレセプションの入り口。
hrfv13
読谷(っていうか沖縄)のレジェンド陶芸家大嶺實清氏のシーサーが鎮座してました。
hrfv15
中もスゴイことになっていましたが、コチラは写真撮影不可…一度行ってみて欲しいです。
ホント、スゴイから。
hrfv14
ということで、まずはコチラの方の建物に。
バンタカフェエリア。
hrfv04
はい、バンタカフェ。
バンタって沖縄の方言(島言葉)で、崖とかそういう意味ですよね。
海沿いの斜面にあるカフェ、といった意味でしょうか。
hrfv06
こんなふうなオシャレなテラスもありますが…
hrfv07
海に向かって下っていく階段があったりして…
hrfv02
その先には、秘密の砂浜が!
hrfv08
と思ったら、琉球畳が敷かれた秘密の極楽エリアが!
ここは、海辺のテラスというそうです。
hrfv09
ここで裸足で足を伸ばしてごろ~んとしたら、最高だろうなー。
ある意味天国ですな。
夕陽が沈む時間になんか、すごくロマンチックな気分になっちゃうかも…。
hrfv10
と思いきや、こんなちょっとジャングル感を感んじるところもありましたよ!
hrfv11
岩陰にテーブルとデッキが。
ここは、ロッキーテラスというエリアだそうです。
洞窟ぽい感じもしますねー。
何だか、すごく魅力的。
今まで知っていた読谷の海辺じゃない感じです。
その他に、ゴロゴロラウンジとか、贅沢な空間てんこ盛りでした。
コレは、オープンしたら、行かなきゃ行けないですねー。
ビールとか飲みながら、リラックスした時間を過ごしたいものです。
hrfv18
その後、星のやの宿泊エリアも見学させたいただいたのですが、こちらはグランドオープン前なので、撮影禁止ということに…そりゃ、そうですよねー。
ここだけの話ですが、スゴく贅沢な空間が広がっていましたよ。
もー、ほんとスゴかったです。
いやぁ、さすが日本有数のブランドホテルですな。
hrfv17
この城壁(実は読谷山花織風のデザインが施されているんです)みたいな壁の向こうには、非日常の世界が広がっていました。
もうへー、ってしか言えない。
いつかは、クラウン(…昭和か)的な感じで、いつかは星のや…って感じですね。

星のや 沖縄
  所在地 読谷村字儀間474番地
  電 話 0570-073-066

どうも、キタローです!
梅雨明け、土曜日。
青い空が広がっています…夏ですねー。
気分がいいので海沿いを軽くジョッギングしてたら、新型コロナウイルス感染症の拡大でお休みしていたリゾートホテルの雄 ホテル日航 アリビラ が、営業を再開していました!
av2020ro01
青空の下、スパニュッシュコロニアルスタイルの建物が眩しかったです。
落ち着いた大人のリゾートホテルって感じがするよなー、アリビラって。
地元だけになかなか泊まる機会がないんですが、この機会にセレブ気分で泊まっちゃうというのもいいかもしれないなー。
チャンスかも?なんて思ったりして(笑)
今は、アリビラをはじめ村内の観光業界の皆さんにとっていろいろと厳しい状況だと思いますが、梅雨が開けて広がったこの夏空のように明るい未来が広がっていますように!

ホテル日航アリビラ
  所在地 読谷村字儀間600番地
  電 話 098-982-9111

どうも、キタローです!
この間、車を走らせていると銀色のタワーが西陽を受けて光っているのに気づきました。
ytay01
場所は、波平から座喜味城跡の裏手を通って長浜方面に向かう道路の途中。
建築物が建てられるところでは読谷で最も高いところ(…だと思う)に立っているこの鉄塔。
確か2代目だったと思います。
ytay02
コレ、確か…NTTドコモのタワーで、FMよみたんのアンテナもココに設置されていたはずです。(…ボクの記憶が確かなら)
これまで何年も見てきたこのタワーですが、西陽で光っているのを見たのは初めてだったので、思わず車を止めて写真を撮っちゃいました。(写真では、ちゃんと伝わらないんですが、キラキラしててキレイでしたよ。)
ちょっと、トキメイちゃいました。
コレまで、こんな瞬間をずっと見逃していたんだなー。
季節や天候や時間帯なんかのタイミングがあるんだろうけどこいういうなんか、今まで気づかなかったり知らなかった瞬間に出会えると、ちょっと感動してしまいますね。
そういうことで(どういうこと!)この鉄塔にボクは、勝手に読谷タワーと名付けちゃいます。
いいね、読谷タワー!

どうも、キタローです!
この間、海岸沿いの農道を朝ジョグしていたら(健康アピール)
気になるあのリゾートの建築現場がちらりと見えちゃいました。
hny101
こんな感じ。
赤瓦の琉球クラシックスタイル。
hny102
バリケードやフェンスの囲まれて、工事現場は立ち入りできない状態になっているので(あたりまえか)、フェンス沿いにぐるりと回ってみました。
だって、気になるじゃないですか。
しかし、コレがかなりの距離なんです!
1km以上あるんじゃないでしょうか?
しばらく行くと、またまた雰囲気の変わった建物群が…。
hny108
城壁のような壁で囲まれているように見えます。
座喜味城跡をイメージしているんでしょうか?
hny103
よく見ると、その城壁のようなものに何か紋様なものが…。
hny110
おお、コレは読谷山花織の紋様 じゃありませんか!?
凝ってるなー…さすがです。
hny104
さらに、アリビラ側まで行ってみるとまたまた違う雰囲気の建物が。
hny107
屋根の形が鋭角で、モダンな感じがします。
こちらは、もしかしたらフロントとかレストラン棟なのかもしれません。(あくまでも個人的な予想)
hny105
工事の表示版があったのでちょっとチェック。
hny106
(仮称)読谷リゾート北地区開発計画とあります。
建築は、本土の大手建設会社(ゼネコンっていうんですか?)なんですね。
これだけ大掛かりですもんねー。
工事期間は、今年の秋頃までのようですが…ちょっとだけ遅れているんでしょうか?
でも、年内には完成しそうな感じでした。
どんな名前のリゾート施設になるんでしょうか?
家に帰ってからネットをチェックしてみると…ありました!
星のや 沖縄」に決定したそうです。
「星のやよみたん」じゃないんですね…ちょっと残念。(個人的感想)
でも、沖縄本島ではじめての星のやということなので、コレは仕方ないですね。
hny109
道向かいを見てみると、なんだか宇宙基地みたいな施設も出来上がっていました。
これ、超大型の貯水タンクのようです。
ステンレスパネルタンクって言うんでうすね。

村民の皆さんも(たぶん)気になっている「星のや沖縄」は、来年春の開業を目指して、着々と工事が進行しているようです。
あー、完成したら一度中に入ってみたい…っていうから、一度でいいから泊まってみたいなー。(…無理か)

どうも、キタローです!
何かと用事があって読谷村役場へ。
3階に行こうと階段を登っていると、踊り場にいろんなポスターが張られていて…
ztcupc1902
その一番下のほうに何やらパソコンで印刷したようなチラシが張られているのを発見しちゃいました!
何となく気になったので、よくよく見てみると…
ztcupc1901
残波岬灯台と美ら海フォトコンテスト2019」のチラシでした。
このコンテスト…知ってます!
ってゆーか、毎年応募しようと思いつつ、未だに応募できてないやつだな。
郵送や持参(!)の他、メールでも応募できるみたいだし、今年こそは応募してみようかしら。

ということで、応募締切は、9月20日の金曜日。
ワレこそは!と思う方は、ぜひご応募ください。
詳細は、コチラ をどうぞ。

どうも、キタローです!
今日(8月5日)の沖縄タイムスに、ロマンチックな記事が掲載されていました。
rszt01
沖縄タイムス 2019(令和元)年8月5日 25
それが、こちら。
あの残波岬の灯台が「恋する灯台」⇒ロマンスの聖地として認定されたそうです!
じつは…ボクぁーねー、ずっとそうなんじゃないかなーって思っていたわけですよ。
残波岬灯台は、ちょーロマンチックな灯台だって!
ようやく、公式(?)に認めていただいて、感激です。
これで、全世界からロマンチックを求めて、たくさんのボーイズ&ガールズがやってくること間違いなしですね!
ロマンスの聖地だけに、ロマンスの神様も時々やってきるだろうし、ロマティックが止まらない感じですね。
rszt02
役場の村長室の前で認定証の実物を発見!
残波岬灯台と一緒に、読谷村自体も恋する灯台のまち(むらだけど)として認定されているんですね。
まぁ読谷は、ある意味日本一ロマンチストが多い村でもありますからね。(…個人的感想)
しかし、日本ロマンチスト協会さん。
残波岬灯台を見逃さなかったなんて…あなどれんな。(ってゆーか、入りたい)

どうも、キタローです!
何かと話題のあの場所に、ついに行ってきました。
ystsfv01
それは、こちら!
そうです、 読谷村トレーニング室 。
ystsfv05
行ってみると、利用している方が結構いました。
結構本気でムキムキを目指している方々、という風にお見受けしました。
中には、ボクみたいなヘナチョコもいると思いますが…みんな、本格派に見えちゃいました。
ちょっと、緊張したりして…。
ystsfv03
ローイングマシーンは、2台。
水圧式っていうやつだと思います。
コレは、結構やってて楽しかったです。
初心者でも結構簡単に利用できました。
でも、有酸素運動用のマシンとしては、かなり効果的 なものみたいです。
ystsfv04
こちらは、足の、特に太ももあたりの筋肉を鍛えるためのマシン。
右側のウェイトの重さをいろいろ変えてトレーニングできます。
これも、初心者にも使いやすかったです。
ystsfv06
これ、たしか太ももの裏当たりを鍛えるやつだったような…。
結構、きつかったです。
ystsfv07
バーベルですね。
なんか、いろいろ種目がるようですが、素人が手を出したら怪我をしそうなので、ちょっと遠慮しておきました。今度、専門家の方に教えてもらおーっと。
ちなみに、バーだけで20kgあるんだよね。
ボクは、今のところバーだけでも十分…。
ystsfv10
そしてこちらが、もっとも驚愕した50kgのダンベル。
ダレが使うのか?
さすがワールドカップクラスが使うことを想定している施設ですな。
ボクには、両手でも無理です。
逆立ちしても無理です。(そもそも無理)
ystsfv11
お!コレは嬉しいお知らせ。
月水金の週3日間、トレーニングアドバイザーが配置されるようです。
ボクみたいな、初心者にはスゴく助かります。
6月以降も続けて欲しいなー。
(追記:6月も継続して配置されるそうです。)
ystsfv12
中高生も、もちろん使えまーす。
部活の筋トレとかも、本格的な機材を使ってできますね。
ystsfv09
もちろん、禁煙。(笑)
いろいろな機材があって、なかなかワクワクする施設でした。
料金も超お得だし…コレは、通っちゃうかも。
ちなみに、タオルと水分は自分で準備してください。
室内用シューズも必要です。

  所在地 読谷村字座喜味2079番地1( 位置図
  開 館 月〜金   8:30 ~ 21:30
      土、日  10:00 ~ 13:00、14:00~18:30
     (13:00~14:00の間は休憩時間の為閉館)
 休館日 火曜日
 利用料 村内 中・高生100円、大学・一般200円
     村外 中・高生200円、大学・一般300円
     ※村内、村外とも1人2時間あたり

どうも、キタローです!
話題の ユンタンザパークゴルフ場 に行ってきましたよ。
ypgfp10
クラブハウス前で、スコアカードをパチリ。
コレ、なかなか読谷らしいデザインでステキです。
ypgfp06
初めて行ったユンタンザパークゴルフ場のクラブハウスはピカピカ!コースの芝生もホント目にも鮮やかで、サイコーでした。
ypgfp07
良く管理された芝は、まるで絨毯のようでしたよ。
ホント気持ち良くプレーすることができました。
お客さんも結構、結構入ってて、楽しそうにプレーしていました。
ypgfp03
でも、あえて言いますが、ボクが最も気になったのは…。
ypgfp01
そうです!
読谷村のスーパーアイドル、よみとん。
よみとんは、ユンタンザパークゴルフ場でも大活躍していましたよ!
スコアカードやのぼりをは、もちろんのこと…。
ypgfp04
なんと、コースそのものが、よみとん!
やっぱりよみとんは、人気者だな。
ypgfp05
コースは、「よみとん」と「ジンベエ」コースがあって、それぞれ9ホール。
さらに、赤TEEと青TEEがあるので…9☓4で全部で36ホールを楽しむことができます。
ちなみに、こちらのユンタンザパークゴルフ場は、日本パークゴルフ協会の認定コースになる予定だということで、認定されると公式大会も開催することができるそうです。
と、いうことは…もしかしたらいつか「よみとんカップ」という名前の公式大会が開催されるかもしれませんね!
もちろん、優勝カップは、よみとんの形のヤツで決まり!ですね。
ypgfp02
お土産に持ち帰った、マーカーにもよみとん。
マーカーは、白とオレンジがありましたよ。
もちろん2つともゲット!
こういう細かいところにこだわっているところが、なんか嬉しいですね。
ということで、ユンタンザパークゴルフ場は、パークゴルフ好きにも、よみとん好きにも楽しめる素敵なところでした。
実際、パークゴルフ、かなり楽しかったです!
また、行かなくちゃ。

ユンタンザパークゴルフ場
  所在地 読谷村字座喜味2901番地1
  電 話 098-958-5566 
   F A X  098-958-5577 
  営 業 ①【通常日】8:00 〜 19:00まで(最終受付 17:45)
      ②【10月1日から翌年2月末日まで】8:30 〜 18:00まで(最終受付 16:45)
  定休日 毎週火曜日、年末年始(12月29日から翌年の1月3日)
      ※臨時休場または臨時開場となる場合があります。
  料 金 読谷村民 400円(高校生以下 200円、65歳以上 300円)
      村外在住の方 700円(高校生以下 300円)
 
  ※施設情報  ●全18ホール ●用具(クラブ・ボール)貸出あり ●シャワー室あり ●専用駐車場あり

どうも、キタローです!
Royal Hotel 沖縄残波岬(まだ残波ロイヤルホテルって言ってしまいそうになりますが…)に行ってきました。
rhoz1903
青空をバックに白い建物が映えます。
昨年かな?お色直しをしたので、真っ白です。
rhoz1902
何故、残波ロイヤル(でいいか、もう…)に行ったのか?…実は、3月末日が有効期限のランチチケットがあるということで誘われたからなのです。(ラッキー!)
rhoz1907
ランチ会場は、ホテルの最上階にあるレストラン ラ・ファール。
残波ロイヤルの最上階に上がるのは、ホント久しぶりです。
rhoz1904
まぁ、キレイだろうなぁとは思っていましたが、やっぱり最上階からの眺めは格別でした。
こちらは、南側を見たところ。
宇座ビーチがキレイに見えます。
ウザテラスやアリビラも一望できましたよ。
この日は、残念ながら薄くモヤがかかったように遠くの方は霞んだ感じだったのですが、空気が澄んでいる日には、北谷那覇方面まで一望できるはずです。
きっと夜景もキレイに見えるはず。
rhoz1905
こっちは、東の方角。
真ん中に右手の赤瓦の建物は、御菓子御殿。
中央奥の方は、座喜味城跡になります。
rhoz1906
こっちは、北側の眺め。
残波岬公園の展望台が見えます。
海の向こう側は、この日は、はっきり見えなかったけど本部半島方面。
rhoz1901
北北西から北西方面には、残波岬の灯台と残波ボールパーク。
残波いこいの広場と残波大獅子も見えますね。
ちなみに残波ボールパークは、4月から「ZANPAプレミアム残波ボールパーク」になります。
この日は、7人制ラグビー日本代表(たぶん)のメンバーが練習をしているところが見えました。

残波ロイヤル(ロイヤルホテル沖縄残波岬ね)の13階からの眺めは、サイコーでした。
たまには、ここで絶景を見なきゃもったいないかもしれませんね。
今更ながらですが、ステキなところだということに気付いちゃいました。

あ、ランチ!
久しぶりすぎて、景色に圧倒されちゃって写真を撮るのを忘れてました…。(すみません)
でも、たくさんのお客さんで賑わっていましたよ。

Royal Hotel 沖縄残波岬
  所在地 沖読谷村字宇座1575番地
  電 話 098-958-5000 (受付時間 9:00~18:00)

どうも、キタローです!
このあいだ、県道6号線沿いをジョギングしてたら、ふと気になる掲示物が…。
gdsob01
それが、こちら。
そうです、瀬名波のローソンの向かいに建設中のホテル 。
だいぶ出来上がってきたなーと思っていましたが、周りを覆っているネットに何やら大きな掲示物が掲げられています…。
gdsob02
寄ってみると…こんな感じ。
おー、もうホテルの名前もグランドオープンの日程が決定したんですね!
gdsob03
グランドオープンは、2019年7月20日(土)。
ホテルの名前は、GLAMDAYS STYLE HOTEL & RESORT OKINAWA YOMITAN(グランディスタイル沖縄読谷 ホテル & リゾート)。
グラマラスな1日を過ごすためのリゾートだそうです。
なんと、屋上にプールができちゃうそうですよ。
めちゃくちゃ眺めのいいプールになりそうですね。
公式HPもできていて、宿泊予約も受け付けているようです!
かなりいいお値段のようですが…。
一度は、泊まってみたいものです。
とにかく、完成が楽しみですね。
見学会とかやってくれないかなぁ。

↑このページのトップヘ