キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみたんをみーぐるぐる。読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)が勝手にウキウキウォッチング!?

カテゴリ: 本・雑誌

どうも、キタローです!
今日は、モズクの日でした。
結構、好きなんです、モズク。
ところで、このあいだ 北窯の窯出し のことをこのブログで書きましたが、北窯を題材にした絵本があったことを思い出しましたよ。(話変わりすぎ)
kto1
それがこちら、「きのぼりとかげへおくりもの」。
2001年4月30日初版発行。
今から、16年前に出版された絵本です。
kto2
中を開いてみると、まさに北窯の風景が描かれてます。
ここは、米司工房ですね。
kto3
こちらは、窯詰めの様子が描かれてます。
やっぱり 今もかわりません ね。
kto4
これもまさにそのとおり!
焚口と、火入れの時の慰労会(?)は、ほんとこんな感じです。
kto6
この絵本は、北窯ファンの皆さんにとっては、たまらないものなんじゃないでしょうか。
この絵本の中でメインで描かれているのは、米司工房です。
そのへんは、あめつちの日々 にも繋がるものがありますね。
この絵本の主人公の”けんご”は、米司さんの息子の健悟くんだと思いますが、当時小学生(?)だった彼は、今では、若手陶工として米司工房を背負って頑張ってます。
ktp5
これは、窯出しの後の業者販売の様子でしょうか。
右奥にお茶を飲んでいる米司さんらしい背中が…。
今は、人気沸騰中の北窯なんで、こんなにのんびりした様子ではないですね。
全国からバイヤーが集まって、あっという間に商品が無くなってしまいます。
北窯や沖縄のやちむんを巡る状況は、ここ10年でだいぶ変わってしまいましたが、
北窯でのものづくりの営みは、相変わらず同じように行われています。
絵本のストーリーは、けんごが工房の近くで捕まえたきのぼりとかげに、自分で作ったとくべつな焼物の小さな椅子をプレゼントするといったものですが、その背景に北窯の日常の様子がかわいらしく、でもしっかりと描かれています。
この絵本は、北窯の歴史を記録した貴重な資料かもしれませんね。
今なら、Amazonでも探せるかも!
気になる方はネットでチェックしてみてください!

◆ きのぼりとかげのおくりもの
  作 今関信子 絵 西村繁男
  発行所 朔北社
  定価 1,600円+税

どうも、キタローです!
今日は、朝から冷たい雨…イヤですねぇ。
ところで、先日嘉手納の宮脇書店でこんな本を見つけましたよ。
枻出版社が出している「別冊DiscoverJapan_DESIGN [完全保存版]うつわの教科書」
ukk1
過去にDiscoverJapanシリーズ等枻出版社が出した器の雑誌をまとめたものみたいです。
この本、教科書というだけあって、全国各地の器の産地や作家・陶工さんから、民藝のこと、陶器と磁器の違いなんかも結構丁寧にしかも読みやすく説明されてて、すごくいいと思います。
さすがに、2,000円近くするんですが、焼物が好きな方にはオススメです。
そして、読谷のヤチムンも紹介されていますよ。
ちょっと、アレなんですけどね…。
というのも、
ukk2
ジャーン、こちらです。
民藝の2大産地、読谷焼と小鹿田焼。
読谷焼?
ukk5
ボクは、個人的には聞いたことがないんですが、
いつの間にかそういう名前になっているんでしょうか?
…気になります。
ukk3
読谷には、まだ読谷で作られているヤチムンを総称する名前はないと思います。
60以上ある工房毎の振れ幅も広いし壺屋焼のような組合もまだないので、(細かいことを言えば)そういう定義もないと思います。逆にいえば、どっちかっていうと自由にいろいろな表現をしていることが多様性に繋がって、だからこそ面白いんじゃないかな。
自分で読谷焼を名乗っている工房もないと思うし…。(いたらごめんなさい)
まぁ名前がないのもアレなんで、いろいろひっくるめて「読谷焼」っていうふうに表現したんですかねぇ。「読谷のやちむん」的な意味で。
その点、小鹿田焼とはちょっと事情が違うと思います。
若干誤解を招きそうな表現もあるし(勘違いしちゃったのかなぁ…)
ここで書かれてことが、一人歩きしちゃって、読谷焼という焼物の産地があるんだと思われて、「読谷焼ってどこで作ってますか」とか「どこで売ってますか?」って言われたら困っちゃうと思うな。
そこは、個人的にはちょっと感心しませんね。
ukk4
読谷焼(ないけど)のつくり手として、読谷山焼北窯の松田共司さんと、横田屋窯の知花實さんが紹介さいれています。どちらも、登窯で伝統的な沖縄のやちむんを作っている方ですね。
きっとそういう、読谷山焼窯や北窯の周辺の伝統的な作り手の皆さんが作るやちむんを読谷焼って言いたいんだろうな。でも、そういうものも含めて今の読谷のやちむんはもっと広がりがあるような気がします。
民藝のニ大産地のひとつに小鹿田と一緒に読谷があげられるのは、嬉しいけど、読谷焼って言われると、やっぱりちょっと違和感があります。(ボクだけかもしれませんけど…)
産地としての読谷と、焼物の名前は一緒にしないほうがいいんじゃないかなぁ。
いつか、読谷焼という焼物が産まれてくるかもしてましれませんが、今は、読谷のやちむんでいいと思います。
でも、この本、
そういう細かいことを気にしなければ、中々楽しめる内容になってます。
今日みたいな、雨の日に、コーヒーでも飲みながらパラパラと眺めるのは最高です。

● 別冊DiscoverJapan_DESIGN [完全保存版]うつわの教科書
 エイムック3579(枻出版社)
 1,800円+税

↑このページのトップヘ