キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみーぐる!読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)の個人的な目線で語っちゃいます!

カテゴリ: 看板

どうも、キタローです!
いつものジョギングコースに立っている看板。
前から気になっていました。
何故か?
それは、読谷なのに粟國の塩…だから。
agsk02
読谷なのに、粟國の塩って…なんでだろ〜と思っちゃいますよね?
と、思ってよくよく見てみると、粟國の塩…県内販売元ってあります。
ネットで調べてみると、HPがあって(有)沖縄ミネラル研究所 は、たしかに「粟國の塩」と「粟國のにがり」の県内販売元になっています。
そして塩自体は、粟国島にある(株)沖縄海塩研究所というところで作られているそうです。
あー、なんか、スーッとした気分です。
agsk01
そんあ気分で見た、粟國の塩の看板全景。
この400(m)先に牛苑があって、そこを右折すると、沖縄ミネラル研究所があります。
読谷ですが、粟国の塩と粟國のにがりが購入できるようですよ。
(問合せしてみたら、「不在の場合もあるので、事前に電話連絡したほうがいいです」とのことでした。)

 有限会社 沖縄ミネラル研究所
  所在地 読谷村字瀬名波926-5
  電 話 098-958-0063

どうも、キタローです!
またまた、立看板部です。
tkkktk092201
こんな立看板を発見しました。
読谷村立図書館主催で、絵本作家のなかもとみちさん講演会、題して「心の砂漠に絵本を一滴」を開催するそうですよ。
心の砂漠…なんか最近、心が乾いているような気がするボクには、気になるフレーズです。
行ってみようかなぁ…。
絵本も読んでみようかしら…と、まぁ、個人的なことは置いといて。
心が乾いている方も、そうでない方も、参加費無料のようなんで気軽に参加してみてはいかがでしょうか?
定員60名で、申し込み制のようです。
気になる方は、お早めに読谷村立図書館にお問い合わせください。
(託児所も準備するようです。こちらは、先着10名。予約制)

◆ 絵本作家 なかもとみちさん講演会「心の砂漠に絵本を一滴」
  日 時 2018年 9月22日(土) 14:00 〜 16:00
  会 場 読谷村文化センター 講座室A・B
  主 催 読谷村立図書館
  問合せ 098−958−3113

どうも、キタローです!
雑木林沿いの道を歩いてたら、こんな看板を発見しました。
ongfn02
茂みのところだったんで、ハブに注意!の看板かなぁと思って、よく見てみると…。
ogifn01
同じようにとぐろを巻いてるやつには違いませんが、ウ◯コのほうでした。
…ちょっと似ているところが悩ましいです。
糞(ふん)をさせないで下さい、書かれているので、たぶん犬のウ◯チですね。
わんちゃんの飼い主の皆さん、ご注意のほどよろしくお願いします。
今回は、そんな看板のお話でした。
あ、もちろん茂みにはハブがいるかもしれませんので、そっちも注意してくださいね。

どうも、キタローです!
久しぶりの立看部です。
fybhtk01
中央残波線沿いで ビビッド な立て看板を発見しましたよ。
地域振興センター1Fで 読谷漁協 が経営する天ぷら屋、FRY-ya 。
天ぷらは買いに行ったことがあります が、お弁当も始めたんですね。
冷やし中華始めました。」ならぬ「弁当始めました。」
まぁ、季節限定では無いと思いますが、漁協の天ぷら屋…どんな弁当なのか、コレはちょっと楽しみですね。
早速チェックしに行かなくては!だな。

FRY-ya
  所在地 読谷村字喜名2346番地11
  営 業 10:00 〜 17:30
  定休日 火曜日
  電 話 098−923−0555

どうも、キタローです!
今、読谷で一番ホットな場所といっても過言ではない(個人的見解)あの波平ビルに、またまた気になるお店ができてます…。
bsnb01
その名も、バー深夜勤。
手書き風の書体のシンプルな看板が、なんというかシュール。あ
オシャレ感は無いんですが、インパクトはありすぎるほどあります。
bsnb02
勤務時間は、22:00〜5:00まで、名前の通り深夜勤。
その中で、早番、残業もあるという…。
22:00〜24:00は、日付をまたいでないので、きっと早番なんでしょうね…。
しかし、最近ネーミングにインパクトのあるお店増えてます。
ただでさえ楽しい読谷の夜が、ますます楽しくなりそう…。

ちなみに、このお店にあうのは、やはりこんな曲でしょうか?
Deep Night/Sonny Clark 。 
それともムード歌謡的な…こちら

◆ バー深夜勤
  所在地 読谷村字波平 番地1070番地1 波平ビル2階
  電 話 098ー958−7033

どうも、キタローです!
先日、こんなものを発見してしまいました。
ynynp01
丸大波平店の近く、あの 串焼き あぶさん の入ってるビルの斜め前くらいで見つけた専用駐車場の看板。
よく見ると、上部にペンキを上塗りされて消された文字が透けて(?)見えます。
ynynp02
さらによくよく見てみると、カタカナの文字が…ヤ、ン、ヤ、ン?
あ、ヤンヤン!って、あの 今はなきカラオケハウス・ヤン の2号店(※1)だったお店の名前じゃないですか。
そっかー、ありましたー、ヤンヤン。
青春のカラオケハウス第2章とも言えるヤンヤン(大げさ)
ヤンの2号店だった(と思う)、ヤンヤン。
幻の3号店は、ヤンヤンヤン。(…すみません、ウソです。)

ヤンヤンの閉店後にスパニッシュとフレンチのレストラン、オ・シック・パリジャンができて、さらに今は別の飲食店とゲストハウス(?)になっています。
場所に歴史ありですね。

しかし、この看板。
文化的歴史遺産としてずっと残しておいて欲しいものですね。

※1 ホントのところは不明ですが、当時、まことしやかにそう言われていました。

◎発見場所 県道6号線丸大波平店近く。もつ焼きあぶさんから見て斜め右付近の村道沿い。

どうも、キタローです!
中央残波線を走っていると(もちろん車で…)、おおお!な看板を発見しました!
rsbg1801
それが、こちら!
ローヤル・スカイ・ビアガーデン
6月1日、いよいよオープンするそうです。
いやぁ、今年もそういう季節になりましたね。
特に今年は、空梅雨なんでボクもカラカラ(?)です。
しかし、スカイっていうだけあって、あそこの眺めは最高ですよねー。
特に、夕陽が見える時間からマジックアワーにかけては、絶景。
夜景も楽しめるし、デートにもいかもよ。(ボクには関係ありませんが…)
今年は、飲み食べ放題プランもあるそうです。
こりゃ、サイコーですね。
行かねば!

◆ ローヤル・スカイ・ビアガーデン
  ※読谷ダイニング ROYAL1967(旧ローヤルレストラン)屋上
  所在地 読谷村楚辺1315番地
  TEL  098-956-3321
  営 業 18:00 〜 22:30(ラストオーダー 21:30)
  料 金  男性 2,500円、女性 2,000円。時間無制限
       その他のプランはこちらをチェック !

どうも、キタローです!
ちょっと前から、瀬名波バス停付近に気になるカンバンが…。
kws101
こちらです。
遠目からも、イカのイラストとイカの文字が見えます…イカがなもんでしょう?
kws03
昂和(こうわ)水産。
イカプレス焼き、海鮮丼…。
もしかしたら、海産物系の食堂がオープンするんでしょうか?
イカプレス焼き、気になるわー。
kws04
入り口らしきところにまわってみると、もうすっかり海産物のお店っぽいです。
でも、ガラス越しに中を覗くと、厨房の機器みたいなものはありましたが、テーブルや椅子らしきものは、まだ準備されていないようでした。
kws05
昂和水産。
ネットで調べてみても、糸満に同じ名前の水産関係の株式会社がヒットするだけでした。
カンバンに書かれている、098-800…って、糸満あたりの電話番号っぽいので、もしかしたら関係あるのかもしれませんが…今のとこを、不明です。
コレは、しばらく目を光らせて置かなければいけませんね!

◎発見場所 瀬名波バス停(下り)付近。

どうも、キタローです!
村内パトロール中に、古堅小学校入口バス停(下り)付近で、謎の小さな看板を発見しました。
sckft01
スパイスカレーコフタって…。
もしや、新たなカレー屋ができているのか?
コレからできるのか?
き、気、気になる。
というか、心奪われちゃった。
で、早速ネットで検索すると 開店情報がUP されているではないですか!
しかも、本日オープンだと。
HP や facebookインスタもしっかり開設されていました。
しまった!コレは、またまたうかつでした。
しかし、スパイスカレーの店って…嬉しすぎますな。
本日は、お昼ごはんを食べちゃったので、偵察は近々お昼時にでも…。

どうも、キタローです!
県道6号線沿い大木付近が最近何だか賑やかな感じになっています。(個人的感想)
で、このカンバンも気になってました。
kw03
手書き文字で「まぐろ」「Sushi(筆記体)」…。
電話番号も手書きで、携帯(?)の番号。
なんというか… アバンギャルド な雰囲気を放っています。
怪しい…いや、手作り感満載なところが、好奇心をくすぐりまくりです。
kw01
で、お店を正面から見てみると…ん?
この名前、どこかでみたことがあるなぁ。
たしか、嘉手納にあったお店 じゃないですか?
調べてみると確かに、嘉手納町の県道74号線(嘉手納から沖縄市に向かう県道)沿いにあった、結構、老舗で人気店だった(と思う)あのお店です。
読谷に引っ越してきたんですね。
コレは、一度、内部も調査しに行ってみなければ!

↑このページのトップヘ