キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみーぐる!読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)の個人的な目線で語っちゃいます!

カテゴリ:食べ物 > そば

どうも、キタローです!
珍しく那覇に行く機会があったので、懸案事項だったミッション を決行して来ました。
kttnmbs101
そうです。
ミッションというのが、こちら。
金月そば金月そば 国際通りむつみ食堂店の麻婆ゆし豆腐そばを食べる計画。
kttnmbs102
うーむ。
そばの上に麻婆ゆし豆腐がたっぷりとかかっています。
これは、麻婆豆腐、金月そばのそば、両方好物のボクにはたまらない組み合わせですね。
kttnmbs104
スープを一口飲んで、麺を啜る。
うーむ…やみつきになりそうな辛さが来た後に旨味が広がります。
ウマイなぁ。
麺とのカラミもいいです。
無心で一気にズルズルごくごくと頂いちゃいました。
kttnmbs105
はい、もちろんソッコー完食。
ごちそうさまでした!
那覇の金月そばは、読谷店とは違うラインナップなので、たまに行くとテンション上がっちゃいますね。

◆ 金月そば 国際通りむつみ食堂店
  所在地 沖縄県那覇市牧志2丁目1番16号
  電 話 098−867−0862
  営 業 11:00〜17:00(金、土は、20:00まで)
  定休日 月曜日

どうも、キタローです!
金月そば が食べたくなって、喜名の金月そば読谷本店へ。
ktts18061001
実は、ボクが一番好きなのは坦々そばなんですが、最近はお店の名前を冠した金月そばに浮気(?)ぎみ…。
と、いうことで(何がということなのかわかりませんが…)金月そばの大を注文しました。
しばらく待って出てきた大は、デカ!
なかなかのボリュームです。
ktts18061002
金月そばの金月そば(ややこしい)は、ソーキが別皿。
ktts18061003
厚揚げ豆腐と三枚肉、青ネギ、生ショウガがトッピングされてます。
麺は、今年リニューアルされたやや太めの麺。
見た目もいいですねー。
ktts18061004
青ネギがパラパラと振りかけられた炙り軟骨ソーキが、與那原工房(たぶん)の皿に鎮座してます。
コレがまた、絶品なんですよねー。
ktts18061005
出汁がうまい具合に絡むように計算された、自家製麺…ウマイ。
出汁も、ウマイ。
いやぁ、まいったまいった。
ほんとにこいつは、トレビア~ンだなぁ。
そして、満腹です。
ごちそうさまでした!

◆ 金月そば 読谷本店
  所在地 読谷村字喜名201番地
  電 話 098-958−5896
  営 業 火曜日から土曜日 11:00〜15:00
      日曜日 11:00〜16:00
  定休日 月曜日

どうも、キタローです!
今日のお昼は、ソーキそばの田舎
ink18053101
おそばとじゅうしー、大量注文できるんですね。
それも、「できれば前日までに予約」って…なんだか、ソフトな感じでいいですね!
ink18053103
で、やっぱり注文はソーキそば390円。
麺は、細めの宮古そばです。
ink18053104
いやぁ、安定の美味しさ。
つべこべ言わずに食べるべきですね!
ink18053102
ちなみに、3月から年中無休になったようですが、6月1日と4日は、休業日だそうです。
むむ、明日はお休みだ!
良かった、今日来てて。
皆さん、ソーキそばの田舎、6月1日(金)と4日(月)は、お休みですよ!気をつけてください。

  所在地 読谷村字上地359番地3
  電 話 090-9786-0501
  営 業 11:00〜16:00
  定休日 日曜日

どうも、キタローです!
こどもの日の午後3時過ぎ、沖縄そばが食べたくなって…久しぶりに行ってきました。
根夢(ごん)読谷店 。
gony180501
さすがに、その時間になるとお客はボクひとり。
貸し切り状態のお店で、ナンコツそば(大)を注文しました。
こちらです!730円。
gony180502
ナンコツそばのアップ。
柔らかくにこまれたナンコツとカマボコ、太めに刻まれたねぎがトッピングされています。
ちょっと黄みがかったスープを啜ると、豚骨に鰹節の風味が…たまりませんな!
味も見た目も、王道の沖縄そばって感じです。
gony180504
お店のテレビを観ると、平和の森球場で中居くんが上野投手と対戦していました!
あー、コレか
たぶん収録したのは、女子ソフト日本代表チームが読谷でキャンプ をしていた時期でしょうね。
それにしても中居くん、読谷に来ていたんですね〜。
gony180505
そんなテレビ見ながら、ナンコツ(ソーキ)そばをいただきます。
麺は、中太の白い麺。
沖縄市にある 宮城製麺所 の麺を使用しているそうです。
麺とスープと具の味わいのバランスがいいですな。
しかし、大の麺の量は、なかなかのボリュームでした。
gony180506
はい、スープの一滴まで完食!
さすが、そば王 にも輝いたお店。
読谷には、金月そば とか番所亭毎日食堂…と、個性豊かな美味しいおそば屋さんがたくさんありますが、このお店も沖縄そばのスタンダードとしてオススメしたいお店です。
ボクは、美味しいそばだと思いますな。
今日も、ごちそうさまでした!

  所在地 読谷村字伊良皆230番地2
  TEL 098−956−1085
  営業時間 11:00〜17:00(売切れ次第終了)

どうも、キタローです!
金月そば 読谷本店、ついにリニューアルオープン。
と、いうことで早速行ってきました。
ktro301
11時過ぎに行くと、お店の前にお祝いで届けられたお花が飾られていました。
新装オープン気分が盛り上がります。
それでも外には誰もいなかったので、あ、結構すいてるんだなぁと思ってお店に入ると、すでに先客が何組もいました…そうですよね、皆さん再開を心待ちにしていたんですよね、やっぱり。
もちろんその後も、続々とお客さんがやってきたんですが…。
ktro302
お店の中に入ると、10周年&リニューアルオープンを知らせるポスターと貼り紙が…。
ktro303
見てみると、麺リニューアルのお知らせが!
…これは、食べてみなきゃいけませんね。
プレオープンの時は、坦々そばをいただきましたが、やっぱり今日は、太麺にチャレンジ!と、いうことで王道の金月そばを注文しました。
ktro305
お店の中の雰囲気も若干変わっています。
店主タッキーのシブカッコいいパネルもありました。
ちなみに、左の金月そばラベルのお酒は、アイデアにんべんの黒川さんが店舗リニューアル記念に、残波(白)にオリジナルラベルを作成して貼り付けて店主タッキーにプレゼントしたものです。
いいですねぇ。
ktro304
あ、金月そば10周年記念Tがシャツもありました!
プレオープンの時、スタッフの皆さんが着ていて、欲しいなぁと思っていたヤツ…買って帰ろう。
ktro306
カウンターに座って眺めてみると、先日は気づきませんでしたが、カウンター上部の棚(っていうーか仕切りの壁?)が低くなってて、その上のスペースが広くなっていました。
前は、仕切りの高さが高くて、上部ももっと狭かったと思います。
ktro307
コーナー部分もこんな感じに。
これは、注文の品を出したり下げたりするのにいいですね。
ktro308
そして、来ました!金月そば。
お店の名前を冠したメニューは、やっぱりその店の看板ですよね。
厚揚げ、三枚肉、ネギ、ショウガがトッピングされていて、あぶりソーキが別皿で出てきます。
コレも、グッドルッキングですな。
ktro310
アップでみるとこんな感じ。
坦々そばとは、違う景色ですが、これまた美味しそう。
太麺のモチモチ感が見た目で分かっちゃいます。
ktro309
こちらは、別皿で出される炙りソーキ。
いわゆる軟骨ソーキです。
よく煮込まれてて、すごく柔らかいです。
ktro311
とりあえず、ボクはそばにオン。
うん見た目が一層ゴージャスになりました。
ktro312
少し太く出汁に絡みやすくしたという自家製麺。
う!コレは、ヤバイ…。
イメージ的に少しあっさり目の出汁だと思っていたのですが…たしかにあっさりはしているんだけど、しっかりと旨味の効いた味わい深い出汁じゃないですか!
これは麺を太くした効果でしょうか?
いや、出汁もバージョンアップしていたんですね。
…坦々そばばっかり食べていたから、気付くのが遅くなってしまいました。
ktro313
とかなんとか言っちゃってますが、ただ美味しすぎてあっという間に完食しちゃいました。
あー、美味かった。
ktro314
そして、帰りには、リニューアルオープン記念のエコバックを頂きました!
ラッキー!
それから10周年記念Tシャツ(限定)も、もちろん購入しましたよ。
次回ご来店の際には、是非着て来てくださいって…ちょっと、テレるかも。

金月そば 読谷本店
  所在地 読谷村字喜名201番地
  電 話 098-958−5896
  営 業 火曜日から土曜日 11:00〜15:00
      日曜日 11:00〜16:00
  定休日 月曜日

どうも、キタローです!
金月そば のプレオープンということで、行ってきました。
ktro201
金月そばの、リニューアルオープンは4月14日(土)なんですが、その前に関係者の皆さんを招いてオペレーションチェックを兼ねたプレオープンでした。
ボクも、声をかけてもらいました。
ありがとう、タッキー!
ktro204
はい、入り口を入って正面のカウンターは変わらずそのまま。
厨房は、なんだか前にもましてピカピカになっていました。
いいですねー。
ktro203
メニューは、ほぼ変わっていないようです。
でも、麺の太さや加水率なんか変わったそうですよ。
うーむ、楽しみ。
ktro202
で、決まったらこちらの券売機で食券を買います。
ktro220
店内の様子は、こちらのベンガラ色の丸い柱が目につきました!
これは、前は無かったですよね。
ktro211
この赤い柱が4本。
いいアクセントになってます。
そしてこの柱が、新たに設置された4人掛けのテーブルの足を兼ねていました。
あ!壁の色も白くなっています。
以前は、確か黒かったような…。
お店の中が、明るく感じます。
ktro212
それから、以前はL字カウンターだったところが、コーナーのところで、カットされています。
ktro213
そして、座席エリアがその分拡張されて、4人掛けのテーブルが設置できたんですね。
色が違っている部分が、拡張した部分。
確かに、以前は座席が狭かったような印象がありました。
グループで来たお客さんにとっては、嬉しい改善点ですね。
きっと。
ktro223
で、カウンターが取り除かれた部分には、ステンレスの食器の出し下げ口が新たに設けられていました。
オペレーションもしやすそうで、いい感じです。
ktro210
こちらお店に入って左側にあるの製麺室入口。
前から製麺室はありましたが、よりキレイに立派な部屋にあっていました。
ktro209
製麺室に鎮座する製麺機。
これで、あの金月の美味しい麺が作られるんですね。
タッキーのこだわりが詰まってます。
ktro205
厨房で躍動する知花店長。
ほんと楽しそうに麺を茹でてる姿に、再オープンの嬉しさがにじみ出ていますね。
ktro206
いい笑顔!
そして、キンチチソバ10周年記念Tシャツがステキです。
ktro214
で、やっぱり食べたのは、坦々そば(大盛り)。
ktro216
うーん、コレですこれ!
やっぱり、いいですねー。
まさに、待ってましたって感じです。
見た目も麗しい。
ktro217
坦々そばとそら豆みそ野菜そばの麺は、ちょっと丸めの細麺です。
他のそばの麺は、少し太めに変化したようですが、この麺は変わってないのかも…。
ktro218
と思ったら、加水率を変えたそうで、たしかにモチモチ感がアップしていました。
うーん、バージョンアップした麺も美味しいし、スープも相変わらず美味しい。
坦々そばは、やっぱりいいな。
ktro219
ということで、大盛りですがあっという間に完食。
ごちそうさまでした!
ktro215
みなさーん!金月そばは、今度の土曜日、4月14日にリニューアルオープンですよ!
さらに美味しくなった金月そば、要チェックです。
ボクも、坦々以外のそばを食べに行かなくっちゃだわ。

金月そば 読谷本店
  所在地 読谷村字喜名201番地
  電 話 098-958−5896
  営 業 火曜日から土曜日 11:00〜15:00
      日曜日 11:00〜16:00
  定休日 月曜日

どうも、キタローです!
店舗改装のため閉店していた、金月そば読谷本店。
この間、お店の前を通りかかると…、
ktyno01
ん?
何か、貼り紙が!
ktyno02
4月14日(土)リニューアルオープン!
ついに、決まったんですね。
いやぁ、首を長くして待っていましたが、いよいよです。
ktyno03
が、まだ店内はご覧の様子。
本格的な製麺用の部屋ができるということですが…どんな風に変わるのか、楽しみです。
連日の追い込み作業が、続きそうですね。
タッキーも職人さんも頑張ってください。
ktyno04
季節は、冬から春(…夏みたいだけど)に変わりって、金月そばもいよいよ始動ですね。
早く、坦々そばが食べたいゾ!
あと、新メニューもあるのかな?
いろいろ楽しみです。
14日は、金月チェーック!ですね。

金月そば 読谷本店
  所在地 読谷村字喜名201番地
  電 話 098-958−5896
  営 業 火曜日から土曜日 11:00〜15:00
      日曜日 11:00〜16:00
  定休日 月曜日

どうも、キタローです!
一歩が撤退したという話を聞いて残念に思ってたら、その後に早くもそば屋ができたという記事が タイムス新報 の両紙に掲載されていたので、さっそく行ってきました。
msmrh103
お店の名前は、沖縄そば専門店 まるは。
看板の上に巨大な(左利きの)シーサーくん(仮)がそびえています。
このお店のウリは、都屋漁港 であがったミジュン(イワシ)を出汁に使っているろことらいいです。
場所は、琉球麺屋一歩(その前は、はちれん)があったところ。
一歩、最近開いてないなぁとおもったら、閉店してたんですね…。(涙)
しかし、”ゆいまーる”といい”たいしょう”といい、最近○○が△△になってました!っていうのが多いような気がするなぁ。
msmrh102
ところで、かんばんのこちら…どこかでみたことが。
太陽と小魚…あ、コレ、はりゆんじゃん?
hryk01
はい。参考までに、こちらが、はりゆんの看板。
もうひと目で分かっちゃいます。
そうです、こちらはりゆんが出店しているお店だそうです。
msmrh105
シーサーくん(仮…とりあえず、そういう名前かわからないので、仮をつけておきます。)が、「めんそーれ」とお店の前でもお出迎え。
このシーサーくん(仮)、店長に似ているとかいないとか…。
msmrh110
入り口はお店に向かって左側の、若干狭めなこちら。
はちれん、一歩の時と同じです。
ちなみに、出口はお店の正面側。これも変わらずですね。
msmrh106
券売機も変わらず。
msmrh107
営業時間は、午前10時から午後8時まで。
ただし、スープが売切れたら終了だそうです。
msmrh120
で、こちらがスープの紹介と、メニュー。
スープは、ミジュンの濃縮ダレ+ミジュンスープ、豚骨スープ、両方(ダブル)スープがチョイスできるそうです。
セットメニューもかなり充実している感じです。
うーむ、何にしようか…。
msmrh112
店内の様子。
カウンターは、相変わらずいい感じです。
この少し狭い感じが、いいんですね。
msmrh111
そして、ちょっと変わっていたのがこちら。
北側(共同販売センター側)にあった小上り(座敷)が、テーブル席になっていました。
4人がけのテーブルが2つ。
ちょっとデブなおじさん(…ボクか)には、座敷はちょっとキツイ場合(?)もあるんで、コレはいいですねー。
ナイスいチェンジだと思います。
msmrh115
でも、小さいお子様連れの方は、やっぱり座敷が…安心してください!
奥の座敷は、ちゃんと残っていますよ。
msmrh113
いろいろ悩んだ結果、初めてなので、ここは基本の沖縄そば(M)650円をチョイス。
ミジュンと豚骨のWスープでいただきます!
msmrh114
うーん、コレは、なかなか美味そうじゃないですか。
基本の三枚肉にカマボコ。
緑はたぶんネギ。
ほのかに魚汁の香りも漂ってきます。
そして器が、表の看板のシーサーくん(仮)が持っていたのと似ている!
…このへんは、ちょっとしたこだわりなんがいいですね。
msmrh116
さっそく、食べてみると。
キッチリお魚のスープの味と香りがします。
でもカツオ出汁とは、はっきり違う味わいです。
うーむ、コレは魚系がダメな人は、ちょっと苦手かもしれないな。
msmrh117
テーブルの上には、まるはのフーチーバー漬けが。
フーチーバー(フーチバー)は、よもぎのことですね。
これ、たぶん酢漬け(?)だと思いますが、スープに投入するとなかなかいい仕事してくれます。
気に入りました!
苦さは、それほど感じなかったですよ。
msmrh118
また、みじゅんの(ここはひらがなで、みじゅんですね…)粉末も。
コレも投入すると、魚(いわし)の風味がさらに広がります。
msmrh119
はい、完食!
そば屋のそばとしては、初めての味わいのスープでした。
どっちかっていうと海産物店のスープ(?)って感じでしたよ。
器の底(横にもだけど)には、ミジュンの煮干の粉が。
この感じ、サバ6のサバ節の粉と似た雰囲気ですね。
今回は、Wスープでしたが、次回は、ミジュンスープにチャレンジしてみようかな。
msmrh109
まるはの定休日は、基本的に水曜日のようですが、4月1日の日曜日は、お休みになるようです。
msmrh101
まるはの外観全景。
なんだか賑やかでいいいですね。
読谷の海でたくさん捕れるミジュン(いわし)を使った、新たな特産物づくりに挑戦するまるは。
コレは、ちょっと応援した気分ですね。
たぶん、味もどんどんブラッシュアップしていくとおもうので、大いに期待したいです。

◆ 沖縄そば専門店 まるは
  所在地 沖縄県中頭郡読谷村喜名458番地3
  TEL 098-987-8031
  営 業 10:00~20:00
  定休日 水曜日

どうも、キタローです!
わ琉 から ゆいまーる にかわった高志保のあの店、さっそく行ってみました。
syt104
店名だけ変わったのかと思ったのですが、経営者も変わったようです。
メニューのラインナップもだいぶ変わっていました。
基本、沖縄そばのお店ですね。
女性の店主が、一人で切り盛りしている感じでした。
yst101
何にしようかちょっとだけ悩みましたが、ここは、店名を冠したヤツが一番のオススメに違いないと、ゆいまーるそば(大)を注文しました。
昆布の佃煮付き。
器は、やちむん(陶器)ではなく、磁器 でした。
yst103
うむうむ、なかなかの見た目です。
三枚肉、軟骨ソーキ、ゆしどうふ。
食堂ゆいまーるのそばのトッピング全部のせのメニューですね。
スープは、あっさり系ですね。
カツオ節と豚骨の優しい味わいのスープです。
yst106
紅しょうがを乗せた後、昆布の佃煮も投入していただきます。
麺は、ごくスタンダードな感じ。
コレは、あっちのほうのゆいまーる と同じ雰囲気です。(同じものかな?)
yst107
軟骨ソーキ(三枚肉も!)は、よく煮込まれてて柔らかく、味もかなりいい感じでした。
yst108
あっさり完食。
美味しかったです。
クセのないスッキリした感じのおそばでした。
ただ、まぁ、なんというか、その分インパクトに欠けるというか…。
前のお店(わ琉)が、最近では貴重な大衆食堂の王道を行くメニュー構成で、いろんな客層の皆さんに愛されていただけに、最初は結構苦戦するかもなー…。
そばが美味しいだけに、頑張ってこれからどんどん特色出していって人気店になって欲しいなぁ。

◆ 食堂 ゆいまーる
  所在地 読谷村字波平945番地
  電 話 080-6487-5665
  営業時間 11:00~15:00
  定休日 日曜日、月曜日
※電話、営業日、定休日はわ琉の時の情報です。

どうも、キタローです!
昼ごはん、何食べようかなぁ。
今日は、ちょっと肌寒いし…。
ink18030801
そういう時には、田舎でソーキそば。
ここのは、ソーキは柔らかく麺とスープのバランスが良くて美味しいし、注文したらすぐ出てくるし、しかも400円でお釣りがきます。(390円)
うまい、早い、安い(どこかで聞いたことがある…)の三拍子揃ってるなー。
熱々をハフハフしながらささーっと食べて…。
うん、今日も満足でした。

  所在地 読谷村字上地359番地3
  電 話 090-9786-0501
  営 業 11:00〜16:00
  定休日 日曜日

↑このページのトップヘ