キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみたんをみーぐるぐる。読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)が勝手にウキウキウォッチング!?

カテゴリ:イベント > 展示会

どうも、キタローです!
新型コロナウイルスの影響で世界的にいろいろたいへんなことになっていますが、沖縄はとりあえず今の所新たな感染者もなく、読谷でも小中学校に授業が再開しました。
そして当面の間、閉館となっていたユンタンザミュージアムもいよいよ本日(16日)から、開館です。
yyt20p01
もしかしたらこのまま再開せずに終了してしまうんじゃないか…そんな心配をしていた方もいらっしゃったかもしれない読谷やちむん展も、もちろん再開してます!
しかも、楽しみにしていた皆さんのために、3月31日(火)まで期間を延長 しちゃうそうです。
コリャ、嬉しいじゃありませんか。
ある意味、記憶に残りそうな今年のやちむん展。
コレを見逃す手はありませんね。
ボクも、もう一回観に行こうかなー。

  会 期 令和2年2月6日(木) ~ 3月31日(火) (毎週水曜休館)
  会 場 世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアム 新館2階企画展示室
  開 館 9:00 ~ 18:00(最終入館は17:30まで)
  入館料 無料(企画展のみ観覧の場合)
      ※常設展示室1・2・3を観覧する場合はチケットが必要。
       大人 500円、小中学生 300円

どうも、キタローです!
沖縄県立博物館・美術館で、気になる展示館をやってるということで行ってきました。
twzom2001
前に共司さんが、沖縄県の事業で古い焼物の復元をやっていると言っていたんですが…
twzom2010
それが、コレだったんです。
手わざー琉球王国の文化ー
『近代化や戦争で失った美術工芸品を製作する手わざ(技術等)を、科学分析等の最新研究による情報をもとに模造復元し、さらには王国文化として発信する』ための事業で再現された工芸品(模造復元品というらしい)を中心にして開催される特別展です。
コレは、非常に興味津々。
twzom2003
はい、さっそくですが、こちらが共司さんが、チャレンジした「擬宝珠形丁子風呂」。
手前が共司さん作。
ちなみに奥にあるのが、オリジナルです。
twxom2014
制作過程のパネルもあったりして。
共司さん、結構、苦戦していたようでもありつつ、楽しんでいるようでもありました。
twzom2002
しかし、この出来具合…さすがです!
twzom2004
読谷山花織の関係者が関わったものもありました。
twzom2014
このウッチャキもそうだし。
twzom2006
それからコレも。
twzom2015
今回の取り組みは、読谷山花織にとっても、技術の再確認と失われた技術の最発見のために貴重な機会となったに違いありませんね。
しかし、美しいな。
twzom2007
こちらは、有名な赤絵枝梅竹文椀の復元品。
twzom2016
こちらは、常秀工房、島袋常秀さんの仕事です。
これまた、さすがですね。
twzom2008
こちらが、オリジナルです。

twzom2011
今回は、展示されていませんでしたが、共司さんは、こちらにもチャレンジしているようです。
コレ…歴史的価値とか置いといて(?)、純粋に欲しいかも。
コレって、炭火かなんか入れて、暖を取るやつですよね?
twzom2012
そして、やはり巨匠もこの事業に関わっているそうです。
やっぱりなー。
今回は、見ることができないのが、ちょっと残念。
twzom2013
展示会の最後には、こんなメッセージが。
この取組が、レガシーとなり、先人たちが積み上げてきた技術が過去から未来へ引き継がれていくなら、ホント、意義ある事業だと思うな。
そして、この事業に、多くの読谷の皆さんが関わっていることを誇りに思います。
twzom2009
この企画展、手わざー琉球王国の文化ーは、3月15日(日)まで。
コレは、必見です!お見逃しなく。

琉球王国文化遺産集積・再興事業博物館特別展 手わざ -琉球王国の文化ー
  会 期 2020年02月04日(火) ~ 2020年03月15日(日)
  会 場 沖縄県立博物館・美術館 特別展示室1,特別展示室2,企画展示室
  観覧料 一般 ¥800(¥650、高校・大学生 ¥500(¥400)、小・中学生 ¥300(¥250)
      ※( )内は前売ならびに20名以上の団体料金。
      ※障がい者手帳か療育手帳をお持ちの方と介護者の方1名は当日料金の半額。
  時 間 9:00~18:00(金・土は20:00まで) ※入場は閉館の30分前まで
  休館日  毎週月曜日 ※ただし2/24(月)は開館

どうも、キタローです!
ボクが、毎年楽しみにしている読谷村のイベント。
いろいろあるんですが、その一つがこちらです。
yytc2001
そう、「 読谷やちむん展 」!
うっかりしておりましたが、もう始まっていました。
会場は、もちろん世界遺産座喜味城跡 ユンタンザミュージアム 。
27回目となる今回のやちむん展には、な、なんと、村内で作陶する60窯元(69名)の作品、136点が展示されているそうです。
昨年より参加者増えてるー!
コリャ、ホントに読谷中の工房がほぼほぼ参加していると言っても過言ではないッスね。
やちむん好きなら(そうじゃなくても)コレは、必ず観に行くべし!
ボクは、そう思いますよ。
入場無料だしね。

  会 期 令和2年2月6日(木) ~ 3月24日(火) (毎週水曜休館)
  会 場 世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアム 新館2階企画展示室
  開 館 9:00 ~ 18:00(最終入館は17:30まで)
  入館料 無料(企画展のみ観覧の場合)
      ※常設展示室1・2・3を観覧する場合はチケットが必要。
       大人 500円、小中学生 300円

※追記(3月5日)新型コロナウイルス感染症拡大防止のため3月5日〜3月15日までの間休館することが決まったそうです。致し方ないか…詳しくは、こちら。 

どうも、キタローです!
美浜にあるボクネン美術館で、ボクネンさんの新しい展覧会が始まっているようですよ。
b36ik01
ボクネン展Vol.26 異郷の風 〜旅情への誘い〜
ボクネン美塾館のボクネン展も、もう26回目なんですね。
b26ik02
今回の展覧会は、タイトルにある「異郷」「旅情」という言葉が示すとおり、いつもの沖縄の島々の風景ではなく、ボクネンさんが県外に赴いた際に心に残った 風景や景色 を描き出した作品を集めたものだそうです。
ボクネンさんが描く世界とは、また違う世界を観ることができるかもしれませんね。
コレは、楽しみ!
街の空気を吸いに、美浜まで行ってみますか。

◆ ボクネン展Vol.25「生命の息吹」〜地球のまつり〜
  会 場 ボクネン美術館
  所在地 北谷町美浜9-20 AKARA 2F
  電 話 098−926−2764
  期 間 2018年11月16日(金)〜 2019年 3月24日(日)
  時 間 11:00〜20:00
  入場料 大人 800円、高校生以下 500円、シニア 400円
      ※年間パスポート(大人1,500円)もあるようです。

どうも、キタローです!
世界遺産座喜味城跡 ユンタンザミュージアム(長いので、通称SIZYM(シジム)と勝手に呼ぼう。)で、恒例の企画展「読谷やちむん展」が開催されますよー。
yyt1901
今回のやちむん展には、な、なんと、59名の方の作品が並ぶようです!
コリャ、ほぼ読谷中の工房が参加していると言っても過言ではないッスね。
これほど多くのやちむんやーの作品や器が一堂に介する機会は、他には無いと思います。
やちむん好きなら(そうじゃなくても)コレは、絶対に観に行くべきじゃないでしょうか?
いや、観に行くべきです。
ボクは、そう思います。
入場無料だし!(常設展を見る場合は、チケットが必要)

  会 期 平成31年2月1日(金) ~ 3月24日(日) (毎週水曜休館)
  会 場 世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアム 新館2階企画展示室
  開 館 9:00 ~ 18:00(最終入館は17:30まで)
  入館料 無料(企画展のみ観覧の場合)
      ※常設展示室1・2・3を観覧する場合はチケットが必要。
       大人 500円、小中学生 300円

どうも、キタローです!
コレもやってました…あぶなく見過ごすとこでした。
omkt01
比嘉ブラザーズの沖縄のマジムンと怪異展」が、現在、あの県立博物館・美術館(!)で開催中です。
これは、実に夏休みにふさわしい(?)企画ではないでしょうか。
比嘉ブラザーズといえば読谷村が誇る、SFXスペシャリストにしてマジムンマスターのツインズ。
その比嘉ブラザーズが贈る今回の展示会におけるメインの展示は、昨年発売された書籍 に掲載されているイラスト(原画?)だということですが、数体の造形物や現地写真、関係物に魔除け道具なども展示されているそうですよ。
造形物は、大きなものもあれば、フィギュアサイズのものもあるということですが…フィギュアサイズなら、欲しいよなぁ…マジムンフィギュア。
とりあえず、読谷メンバー、各地で大活躍中です!

◆ 沖縄のマジムンと怪異展
  会 期 2018年8月7日(火)〜12日(日) 9:00〜18:00 ※金土は、20:00まで
  会 場  沖縄県立博物館・美術館 県民ギャラリー2
  所在地 那覇市おもろまち3-1-1

どうも、キタローです!
こんな、ちょっとカラフルなチラシをゲットしました。
sss1801
「しろま せいゆう 作品展」。
毎週日曜日に沖縄タイムスと一緒に届けられるワラビーに月1回のペース(第1日曜日)で連載されている「読み聞かせ劇場」のパネルと原画の巡回展だそうです。
読み聞かせ劇場って しろませいゆう さんのカラフルでダイナミックな絵とちょっとトンチの効いた面白いお話が結構ツボなんですよね。大人が読んでも面白いです。沖縄の方言がテーマになっているし。
コレは、もしかしたら観光客の皆さんにもオススメかも!
7月19日水曜日からスタートだそうです。
土曜日あたり、台風の影響が心配ですけど…。
日曜日には、作者のしろませいゆうさんによる読み聞かせ(!)もあるみたいです。
無料のイベントだし、何気に要チェックですね!

◆ しろま せいゆう 作品展
  会 期 平成30年7月19日(木)〜7月29日(日)
  時 間 平日 10:00〜19:00、土日 10:00〜17:00 
      ※火曜・祝日休館
  会 場 読谷村立図書館
  問合せ 098-958−3113

 ◎読み聞かせ会
  7月22日(日)14:00〜 (30分程度)
  ・作者による絵本の読み聞かせ
  ・しまくとぅば(方言)クイズ
  ※参加プレゼント(ポストカード)あり!

どうも、キタローです!
ダジャレなタイトルですみません。
今日(30日)読谷村の第45回畜産まつりが行われるという情報をゲット。
何だか面白そうなので、覗いてきましたよ!
ytm1701
行ってみると、こんな感じで肉牛の品評会が行われてました。
コレは若牛の部ですね。
牛をうしろからの撮ってみました。ウッシッ…オヤジのせいか、ついついダジャレが。
再びすみません。
でも結構、お尻の張りとか肉付き具合って大切みたいです。
ytm1702
しかし、じっくり見てみると一頭ずつやっぱり姿カタチが違うんですねぇ。
…あたりまえか。
審査後の審査員講評も、言われてみるとなるほど~って感じでした。
ここが良い牛だよっていうポイントを指摘されたとこを見ると、やっぱり違うんだよなぁ。
さすがです。
でも、牛もこのくらいのサイズだと、かわいらしいですね。
大きくなると、迫力が出てきて、少しコワいんだけど。
ytm1703
とか何とか思っていたら、その後、会場で振る舞われた牛汁…。
良いのか悪いのか、ちょっと複雑ですが…ありがたくいただきました。
美味しかったです。
ごちそうさまでした!

↑このページのトップヘ