キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみたんをみーぐるぐる。読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)が勝手にウキウキウォッチング!?

カテゴリ:食べ物 > ラーメン

どうも、キタローです!
シロサキの twitter をチェックしてたら、またまた美味しそうな限定麺の情報が…。
ss19092201
コレは、行かねば!
ss19092203
ということで、行ってきました。
シロサキ。
ss19092202
今回のお目当ては、こちらです。
「きまぐれ限定 鶏唐麻婆麺」
以前も豚骨ベースの麻婆麺を食べたことがありますが、コレがめちゃくちゃ美味かった!
なので、今回も期待しまくりです。
ちなみに、限定麺は基本的に大盛りに出来ません。
が、全然大丈夫。
大盛りじゃなくても、しっかり満足できるようになっていますから。
ss19092204
はい、こちらが、その鶏唐麻婆麺。
麻婆麺の上に大きめの唐揚げ3個トッピングされてます。
ss2019092205
接写するとこんな感じ。
赤茶色のスープの海に、氷山のような唐揚げ。
白いネギと緑のカイワレが目に鮮やかです。
ss2019092206
麻婆の下には、麺がしっかりたっぷり隠れています。(当然ながら…)
麺にしっかり麻婆が絡んで…たまりませんな。
麻も辣もきちんと効いてて、辛旨い。
思わず、唸っちゃう。
ss2019092207
さっそく唐揚げを頂きましょう。
ss2019092208
うーん、ジュ〜シ〜。
外はカラッと、中はしっとりです。
美味いなー。
ss2019092209
太めのストレートの自家製麺は、断面が四角い麺です。(ちょっとピンぼけ…スミマセン)
モチモチ感もいい感じです。
ss2019092210
麺と麻婆豆腐の組み合わせを楽しんだあとは…お約束の、ライス投入。
至福。
ss2019092211
きれいサッパリ完食しました。
いやぁ、やっぱり美味かったッス!
期待どおり…というか、期待以上でした。
シロサキは、レギュラーメニューももちろん美味しいんですが、いろいろチャレンジしている週末の限定麺からちょっと目が離せないなー。

  所在地 読谷村長浜1720番地1
  電 話 098-989-9586
  営 業 シロサキ  11:00〜15:00(LO 14:45)
  定休日 木曜日

どうも、キタローです!
もつ焼きあぶさんの中にオープン(?)した、とんこつラーメンのらぶさん。
lsttm102
なんとなくややこしいくて、ラーメンマニアの方にとっては、ちょっとラーメン屋なの?居酒屋なの?的なもやもや感があるかもしれませんが、ボクなんか、お酒もラーメンも大好きなんで、大助かりです。
そもそも、大将が飲んだ後のシメにラーメンも提供したいなぁという思いからスタートしているから、それでいいんです。
lsttm103
と、いいつつ、すっかりラーメン作りにハマっているらぶさん…いや、あぶさんの大将。
lsttm104
今回は、前から食べてみたかった坦々麺を注文しました。
定番のとんこつラーメンの上に特製の肉味噌が乗っかっています。
なんというか、あぶさん…いや、らぶさん風担々麺ですな。
コレが、結構辛い。
大将曰く、辛さは無限に調整できるから!って…(苦笑)
lsttm105
いつものように、近づいてスープの水面を確認しつつ…
lsttm101
さらに近づいて…いろいろな要素が散りばめられていますが、こいつらをかき混ぜていただきます。
lsttm106
とんこつラーメンのツルツルシコシコの細麺に辛いスープがいい感じに絡んで…辛いが、美味いな。
lsttm107
で、麺を美味しく頂いた後は、結局こうなります。
あぶさんのランチタイムは、ご飯食べ放題。
「ごはん、入れちゃいなよ!」と、悪魔の声が…もちろん、あぶさん大将の声なんですけど。
lsttm108
はい、きれいサッパリと完食いたしました。
細麺の担々麺もいいですね。
そして残ったスープは、白いご飯にもベストマッチでした。
(替え玉より、ごはんかも…)
さて、次回は、スパイシーカレーラーメンに挑戦しよーかなー。

もつ焼 あぶさん(とんこつラーメン らぶさん)
 所在地 読谷村字波平1070番地1
 電 話 098-959-5649
 営 業 ランチタイム 11:30 〜 14:00
     居酒屋タイム 17:00 〜 24:00

どうも、キタローです!
なにやら改装作業中だったあぶさん。
lmfi01
その改装作業も完了し、現在、こんな感じになっております!
lsfi10
あぶさんの隣にらぶさん。
実際には、あぶさんの中にとんこつラーメン屋のらぶさんができてます。
ラーメンスタートにあたって、あぶさんで飲んだお客さんに、300円(ラーメンのみ不可)の特別価格で提供しますよ!というFB情報に誘われて行ってきましたよ。
lsfi02
らぶめんの野崎さんの協力を得ながら、大将がついにリリースしたとんこつラーメン。
ラブメン☓あぶさんで、らぶさん!(笑)
わかりやすくていいです。
lsfi04
らぶさんの厨房に立つ、大将。
こちらは、以前、大将が自転車を止めていたスペースがラーメン用の厨房になっています。
会計は一緒だけど、厨房は別という、大将のこだわり(?)が詰まっております。
メニューは、とりあえず、ノーマルのラーメンとチャーシューメン、それに〆にサクッと食べたいという人向けにネギのみトッピングのかけラーメンでスタートするそうです。
lsfi06
きました!
まさにとんこつラーメン的(?)なとんこつラーメン。
lsfi05
近づいてみました。
lsfi07
そして、さらに接近。
大将に言わせると、ちょっと白濁が足りないようですが、充分美味しそうなとんこつラーメンじゃないですか!
食べてみると…美味い!
とんこつの特有の獣臭は、ほとんど感じません。
味はしっかりしているけど、くどすぎない。
何杯でも食べられそうです。
この辺は、マニアの方には、いろいろなご意見があると思いますが、コレは、誰が食べても美味しいと思います。
lsfi08
麺は、かん水を使わないタイプで、小麦の香りを感じられるようにしたそうです。
あと、絶品なのが、このチャーシュー。
とにかく柔らかくてしっとりしています。
何枚でも食べたい。(そういう人は、チャーシューメンをどうぞ。)
lsfi09
もちろん、あっという間に完食。
しっかり、美味かったです。
これは、ラーメン屋としても充分やっていけそうな気がしますよ。
大将に聞いたら、しばらくは夜のみ提供するつもりだけど、落ち着いたらランチメニューとしても提供するそうです。
うーん、またもや読谷村。
ラーメン屋の選択肢が増えちゃいました。

もつ焼 あぶさん & とんこつラーメン らぶさん
 所在地 読谷村字波平1070番地1
 電 話 098-959-5649
 営 業 ランチタイム 11:30 〜 14:00
     居酒屋タイム 17:00 〜 24:00

どうも、キタローです!
移転オープンしてからも大人気のシロサキ。
sstr101
自家製麺になって、ますます美味しくなったと評判ですよね。
sstr103
そんなシロサキに、友人のFBで、美味しそうな限定麺を食べている様子がアップされているじゃないですか!
13時過ぎていたので、限定麺は、もう無いんだろうなーと思いつつ、行ってみると…ラッキーなことに残っていました。
sstr104
はい、こちら「きまぐれ限定 醤油そば〜鶏と鯛〜」
見た目は、中華そばの王道的な感じですね。
スゴくいい感じ。
sstr105
近づいてみるとこんな感じ。
香りは…魚系の香り、します!
sstr107
麺は、移転を期に(というか、そのために移転したのかな?) 自家製麺 を提供しています。
いや、しか〜し、スープが…美味い!
鳥と鯛がちゃんとわかります。
優しい味だなぁ…染みます。
スープと麺のバランスも、ばっちり。
このスープには、この麺ですよね。
もう、つるつるいけちゃういます。
sstr108
で、このチャーシュー。
赤みの部分は、炙ってないやつ。
sstr109
油がある方は、炙ったやつ。
ボクの好みは…どっちも美味い!
いや、ほんと。
sstr110
ということで、一滴残さず、完食!
たいへん美味しくいただきました。
次は、時々限定で出てくるという鯛塩も食べてみたいなー。

  所在地 読谷村長浜1720番地1
  電 話 098-989-9586
  営 業 シロサキ  11:00〜15:00(LO 14:45)
  定休日 木曜日

どうも、キタローです!
喜名から長浜に移転オープンしたシロサキに行ってきました。
nsrsfv01
実は、居酒屋鬨のほうには、オープン初日に行ったんですが、シロサキのほうは、満を持しての初訪問。(同じお店なんですが、時間帯が違う…)
nsrsfv06
店内は、こんな感じです。
なんとなく居酒屋風(っていうか、実際夜は居酒屋です。)
喜名の店舗に比べたら、だいぶ広くなりました。
たくさんお客さんがきても、外で待つことはなさそうです。
nsrsfv07
厨房も広々!
そして、夜は居酒屋だけにグラスもたくさん。(笑)
nsrsfv03
こちらが、メニューになります。
以前とほぼ同じ感じでしょうか。
すっきりシンプル。
nsrsfv04
内側は、つけめんにサイドメニュー。
つけめんの、あつもりはできません!(いいと思います。)
…さて、何を食べようかな。
nsrsfv08
ところで、こちら。
新たに設けられた製麺室(!)です。
nsrsfv09
今回の移転を期に、シロサキは自家製麺で勝負しているそうです。
いやぁ、いいですね。
自慢のスープに合う麺を、いろいろ工夫しながら(あるいは、いろいろな麺に合うスープを作って)提供していくそうです。
楽しいし、嬉しいじゃないですか!
語弊 があるかもしれませんが、ラーメン馬鹿(…失礼)ですね。
nsrsfv02
最初の一杯は何にしようか、迷ったんですが…ウソ、最初からコレにしようと決めてました。
数量限定の豚骨醤油らーめん。
並800円也。
太麺濃厚。
限定麺は、これまでどおり、大盛りはできません。
nsrsfv10
はい、きました!
2種類のチャーシューが乗った、豚骨醤油。
nsrsfv11
アップで。
うんスープは、見るからに濃厚そうです。
実際、乳化した豚骨スープはトロ~リと濃厚でそこに醤油の風味が加わって美味いなぁ。
nsrsfv13
麺は、太麺ということでしたが、今回、諸々の事情(売り切れたか?)で中太の縮れ麺でいただきました。(もちろん、ちゃんと事前に説明と確認がありましたよ。)
しかし、中太でも全然OK。
いや、逆に中太でいいんじゃない?と思えるぐらい美味しかったです。
nsrsfv14
そして、チャーシューが2種類。
こちら炙ったやつ。
美味い。
nsrsfv15
こちらは、炙ってないほう。
ボクは、どちらかというと…炙ったほう派かな?
味玉トッピングすればよかったかなぁと、ちょっとだけ後悔。
次回は、味玉付きにしよう。
nsrsfv16
ごちそうさまでした。
美味かった!
トロ~リしたスープ。
さすがに濃厚すぎて、少しだけ残してしまいました。(…歳のせいでしょうか)
チャンスがあれば、すっきり豚骨バージョン(あるのか?)も食べてみたいッス。
nsrsfv05
こちら、メニューの裏面。
nsrsfv17
麺屋シロサキ。
移転してもやっぱり美味かったです。
昼は、シロサキ。夜は、鬨(とき)。
どっちもちょくちょく行っちゃいそうだな。
ちなみに、シロサキは、木曜だけ定休ですが、鬨は、月曜も休みです。

麺屋 シロサキ
  所在地 読谷村長浜1720番地1
  電 話 098-989-9586
  営 業 シロサキ  11:00〜15:00(LO 14:45)
  定休日 木曜日

どうも、キタローです!
時々無性に食べたくなる、オカゲサマ製麺食堂 。 
okgnt101
久方ぶりに行ってきました。
こちら、ご存知(?)の券売機。
もちろん、担々麺気分なんで、そのボタンを押そうと思ったら…ん?
なんか見落としていたボタンが!
okgnt102
濃厚というボタンがあるじゃないですか!
カレースパイスバージョン は、食べたことがあるんですが…うかつでした。
だいぶ前からあったみたいです…。
(KOBE BEEF 担々麺は、チェックしていたんですが…)
ということで…濃厚なヤツ、お願いします!
okgnt104
はい、きました。
こちらが濃厚担々麺。
見た目、通常の担々麺と同じような感じですが、お店の方に聞いてみると「ゴマペーストを増量しています」的なことを話していたような…すみません、もう食べたくて気もそぞろでした。
あ!あと、通常担々麺とは器の形が違ってました。
okgnt103
アップにしてみるとこんな感じ。
うーむ…たしかに若干濃厚な雰囲気を醸し出しているような気もします。
コレは、食べて確認するに限りますね。
okgnt105
さっそく、いただきまーす!
お!確かに、濃厚。(な気がします)
いや…そもそも通常版も味が濃いのでホントのところは良くわかりませんが、美味いのは間違いない。
今度、しっかり違いを聞いてきます。
通常版と、100円の違いですからね。
okgnt106
ちょっとセーブしようかなーなんて思っていた、ダイブ飯(ぶっこみ用のごはん)ですが、ガマンできずに注文しちゃいました。
濃厚だったせいでしょうか?
okgnt107
確かに、そこに残ったタレの色は濃いですねー。
白いごはんが、バッチグー!(死語か!?)です。
そして、梅干しが実にいい感じに効くんだということを再認識しました。
あー、美味かった。
ごちそうさまでした。

  所在地 読谷村字大木326番地6
  電 話 098-923-2408
  営 業 11:00~15:00 18:00~24:00
  定休日 年中無休

どうも、キタローです!
地元メンバーで飲み会ですよ、ということで行ってきました。
tssno01
居酒屋鬨(とき)。
改装中だということでしたが、この日、リニューアルオープンしたそうです。
tssno02
鬨は、6月7日(金)18:00に新装開店。
そして、喜名にあった麺屋シロサキが、10日(月)11:00に移転オープンするそうです。
鬨って、シロサキのシローさんのお父さんのお店なんですよね。
そういえば、シロサキが開店する前に、ここ(鬨)でランチタイムにラーメンを出していました。
そういう意味では、凱旋って感じでしょうか。
tssno03
鬨の看板とシロサキの看板(喜名のときのヤツだ!)が誇らしげにふたつ並んでいます。
長浜の住宅街が、昼も夜も賑やかになりそうですね。
tssno04
鬨で、オリオン!
この日は、リニューアルオープンということで、常連さんが次々に訪れていましたよ。
そういえば、店内に製麺室ができてました。
月曜日のシロサキのオープンも楽しみですね。
再開を待っていた、ファンの皆さんが次々にやって来ること間違いなしでしょう。
(行列ができるかも…いや、できるな、きっと。)
天気だけが、ちょっと心配。

◆ 居酒屋 鬨 / 麺屋 シロサキ
  所在地 読谷村長浜1720番地1
  電 話 098-989-9586
  営 業 シロサキ  11:00〜15:00(LO 14:45)
      居酒屋 鬨 18:00~24:00
  定休日 未確認

どうも、キタローです!
令和元年初日、つまり5月1日。
令和、初(このフレーズが溢れてますが…)ゆんたまーさむんに小路。
lbm19gw01
今回の目的は、こちら。
ラブメン読谷店。
ゴールデンウィーク限定のメニューがあるということで行ってきました。
lbm19gw02
それが、こちら!
背脂煮干ラーメン、780円。
しかも、GW(4月29日〜5月5日まで)にもかかわらず、大盛り無料です。
lbm19gw03
そして、な、な、なんと!
令和がスタートしたお祝いということで、この日のみ肉増も無料!
コレは、嬉しいなぁ。
lbm19gw05
はい、こちらが、背脂煮干しラーメン麺大盛り+肉増し。
そして、さらにサービスであさりの炊き込みごはん付き!という、まさに令和スペシャル。
lbm19gw06
煮干しラーメンの上に、メンマ、海苔、肉、玉ねぎのみじん切り。
そして背脂がたっぷり!
背脂は、普通、多め、オニがチョイスできます。
今日は、多めで。
lbm19gw07
麺は、ご存知、特注手揉み麺。
プリプリでスープに良く絡む麺です。
玉ねぎも適度にくっついて、食感もサイコー!
美味し!
lbm19gw08
そして、驚きの肉量。
たまりませんな。
もういたれりつくせりですな。
lbm19gw09
いやぁ、このあさりの炊き込みごはんも、ほんとウマかった!
lbm19gw12
背脂たっぷりのスープも含めて、しっかり完食しました。
大満足!
し、しかし…食べ終わった後の満腹感が、ハンパない!
背脂のせいか夜までお腹いっぱいで苦しかった…苦笑。
おっさんは、背脂普通で充分ですね。
lbm19gw13
この日は、途中、辛味噌、しょうが、エビ油を段階的に投入して味変を楽しみました。
カウンターに各種準備されているので、小皿に取っていろいろとチャレンジしてみるのも楽しいんだよなー。
ちなみに、白ネギの輪切りも取り放題です。

◆ ラブメン読谷店
  所在地 読谷村字喜名2346番地11 読谷村地域振興センター1Fゆんたまーさむん小路内
  電 話 090-9783-2289
  営 業 11時〜売り切れまで?(たぶん)
      ※ 公式twitter に開店時間や売り切れ情報がUPされます。ご確認ください。
  定休日 水曜日(?)

どうも、キタローです!
この間、シロサキのTwitter にアップされていた、まーさむん小路のあの店の新しいメニューのことがとっても気になったので、行ってきました。
lmysr101
その店とは…そうです。
肉煮干し中華そばのラブメン読谷店。
lmysr102
じゃーん!
こちら。
最近、すっかり人気店ですね。
お昼時に行ったら、お客さんがひっきりなしでした。
店主の野崎さん、調理中。
lmysr103
気になるメニューは、こちら。
スパイシーラーメン旨辛正油、800円也。
lmysr104
ちなみに、ラブメン読谷店。
平日は、大盛無料だそうです。
やりますね。
lmysr105
はい、来ました。
こちらが、スパイシーラーメン(全景)。
全体的に赤くて、見るからに、か、辛そうです…。
自家製の魚介系辣油をふんだんに使用しているようです。
lmysr106
アップしてみると、辛味噌とでもいうのでしょうか?
辛さの塊みたいなものがトッピングされてます。
lmysr107
麺は、このような状態となっています。
お店のTwitter によると、「読谷店の麺。特注手揉み麺に統一しました!本店よりも細く、コシがあり、わずかに全粒粉をいれた麺。スープを飲む中華ソバではなく、麺が美味しい中華ソバを目指して、よい仕上がりだと思います。 本店のブリブリ麺に対し、読谷はプリプリ麺」とのこと。
確かに、プリプリ。
ご自慢の手揉み麺に、自家製魚介辣油がたっぷり入った正油スープがしっかり絡んでいました。
lmysr108
でっかいメンマが隠れていました。
結構、嬉しかったりして。
lmysr109
そして、チャーシューもしっかりと。
lmysr110
フレッシュ唐辛子が、2本入っていました。
しかし、スープは、ホント赤い。
lmysr111
チャーシューアゲイン。
チャーシューもたっぷり入ってます。
肉、うまいな。
lmysr112
はい、完食!
辛さも思いの外、キョーレツではなかったです。
辛いもの好きとしては、旨さと辛さがナイスなバランスで、むむむと唸っちゃいました。
あー、美味しかったー。
コレは、またまた、何を食べようか迷っちゃうパターンですね。
ただ、いつもはスープを一滴残さず飲み干すのですが、今回はさすがにちょっと残してしまいました…カロリーも高そうな気がしたし。
すみません。
次回は、全部飲み干します。

◆ ラブメン読谷店
  所在地 読谷村字喜名2346番地11 読谷村地域振興センター1Fゆんたまーさむん小路内
  電 話 090-9783-2289
  営 業 11時〜売り切れまで?(たぶん)
      ※ 公式twitter に開店時間や売り切れ情報がUPされます。ご確認ください。
  定休日 水曜日(?)

どうも、キタローです!
醤(じゃん)に行ってきました。
jmzs102
それは、何故か?
そう先日、iphone の電池切れで写真を撮ることができないかった、醤(じゃん)の新メニュー を再び食するためなんです。
jmzs105
そしてジャーン!
こちらが、前回写真を撮ることができなかった幻(ウソ、毎日やってます)の「まぜ麺」(大盛り)です。
本体に、スープと生卵付きで 740円なり!
大盛りだと、+100円です。
jmzs104
アップにするとこんな感じ。
麺の上に茹でたもやしがワシワシと乗ってその上に、うすく削った削り節、刻み海苔、青ネギがトッピングされています。
大きなチャーシューも嬉しいですな。
jmzs106
もやしをちょっとどかしてみると、そこにいい感じの色合いの麺がどっさりと隠れているじゃありませんか!
添えられたレモンを絞ると、香りと酸味がオリジナルの醤油タレにピッタリマッチして美味しさがマシマシ。
コレは、ぜひ試して欲しいトコです。
jmzs107
麺を持ち上げてると、ご覧のとおり極太。
しかし、タレがしっかりと絡んでいますな。
コレは…すっかり二郎系じゃないですかー。
一見、沖縄ソバの麺にもみえないこともないとこが、面白いですね。
jmzs108
生卵は、このようにすき焼き風に麺につけて食べるのがオススメだそうです。
たしかに、ウマい!
でも、かき混ぜて、上からぶっかけちゃってもいいですね。
jmzs109
はい、完食。
美味かったッス。
大満足。
でも、大盛りはさすがに満腹…いや、大満腹になっちゃったなー。
やっぱり、ボクの場合、普通盛りでもダイジョウブですね。

◆ 中華ラーメン 醤(じゃん)
  所在地 読谷村字都屋275番地1
  電 話 098−956−8851
  営 業 11:00〜15:00、17:00〜22:00 年中無休

※ インスタ 始めたそうですよ。

↑このページのトップヘ