キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみたんをみーぐるぐる。読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)が勝手にウキウキウォッチング!?

カテゴリ: まちの風景

どうも、キタローです!
読谷最強!と、言ってもいい看板を発見しました。
fmzg01
それが、こちらです!
飲酒運転「モゥ〜」許さん!!と、古堅モーターズ号が睨んでます。
古堅モーターズ号といえば、平成の名横綱、闘牛界の千代の富士と呼ばれ、惜しまれつつ2012年(平成24年)に引退した、名牛です。
その彼が、親志の国道58号線沿いで睨みを効かせていました。
古堅モーターズ号が、許さないっていうんだから、飲酒運転はホントやめたほうがいいですね。
鋭い角を相手の顔面などに突き立てる「割り技」から相手の腹に回り込んですくい上げる「腹取り速攻」を繰り出す攻撃型の彼を怒らせたら、ホント、怖いですよ!
ところで、古堅モーターズ号って嘉手納地区(嘉手納・読谷)の飲酒運転根絶イメージキャラクターだったんですねー。
嘉手納地区交通安全協会…目の付け所が、シブいね!さすがです。

◎発見場所 親志地内国道58号沿い

どうも、キタローです!
いつものジョギングコースに立っている看板。
前から気になっていました。
何故か?
それは、読谷なのに粟國の塩…だから。
agsk02
読谷なのに、粟國の塩って…なんでだろ〜と思っちゃいますよね?
と、思ってよくよく見てみると、粟國の塩…県内販売元ってあります。
ネットで調べてみると、HPがあって(有)沖縄ミネラル研究所 は、たしかに「粟國の塩」と「粟國のにがり」の県内販売元になっています。
そして塩自体は、粟国島にある(株)沖縄海塩研究所というところで作られているそうです。
あー、なんか、スーッとした気分です。
agsk01
そんあ気分で見た、粟國の塩の看板全景。
この400(m)先に牛苑があって、そこを右折すると、沖縄ミネラル研究所があります。
読谷ですが、粟国の塩と粟國のにがりが購入できるようですよ。
(問合せしてみたら、「不在の場合もあるので、事前に電話連絡したほうがいいです」とのことでした。)

 有限会社 沖縄ミネラル研究所
  所在地 読谷村字瀬名波926-5
  電 話 098-958-0063

どうも、キタローです!
最近、ふと気づいた、ココいいなぁと言う場所を紹介しまーす。
gjmt01
それがこちら!
ガジュマルがつくった緑のトンネルです。
長さは、100mくらいでしょうか。
役場の北側にある多目的グランドと中央駐車場の間の通路を、グランド側に植えられたガジュマルがいい感じで覆ってます。
木漏れ陽の感じとか、ステキじゃないですか?
ここを歩くと、昼間でも涼しい感じがします。
盲点(?)でしたが、ホント良いところです。
お気に入りの場所に追加しちゃいましょう。

どうも、キタローです!
雑木林沿いの道を歩いてたら、こんな看板を発見しました。
ongfn02
茂みのところだったんで、ハブに注意!の看板かなぁと思って、よく見てみると…。
ogifn01
同じようにとぐろを巻いてるやつには違いませんが、ウ◯コのほうでした。
…ちょっと似ているところが悩ましいです。
糞(ふん)をさせないで下さい、書かれているので、たぶん犬のウ◯チですね。
わんちゃんの飼い主の皆さん、ご注意のほどよろしくお願いします。
今回は、そんな看板のお話でした。
あ、もちろん茂みにはハブがいるかもしれませんので、そっちも注意してくださいね。

どうも、キタローです!
ちょっと前から、瀬名波バス停付近に気になるカンバンが…。
kws101
こちらです。
遠目からも、イカのイラストとイカの文字が見えます…イカがなもんでしょう?
kws03
昂和(こうわ)水産。
イカプレス焼き、海鮮丼…。
もしかしたら、海産物系の食堂がオープンするんでしょうか?
イカプレス焼き、気になるわー。
kws04
入り口らしきところにまわってみると、もうすっかり海産物のお店っぽいです。
でも、ガラス越しに中を覗くと、厨房の機器みたいなものはありましたが、テーブルや椅子らしきものは、まだ準備されていないようでした。
kws05
昂和水産。
ネットで調べてみても、糸満に同じ名前の水産関係の株式会社がヒットするだけでした。
カンバンに書かれている、098-800…って、糸満あたりの電話番号っぽいので、もしかしたら関係あるのかもしれませんが…今のとこを、不明です。
コレは、しばらく目を光らせて置かなければいけませんね!

◎発見場所 瀬名波バス停(下り)付近。

どうも、キタローです!
思い出のヤン 。
ついに…いよいよ…とうとう…姿が無くなっちゃいました。
yanb01
このように、あのピンクの建物がすっかり…。
yanb02
斜めの角度から見ても、ご覧の通り。
やっぱり寂しいなぁ…。
建物を撤去したということは、新しく何かを建てちゃうのかもしれませんね。
県道に面した角地(しかも、国道58号に繋がる中央残波線の交差点)なんで、コンビニとかができちゃうのかな?
も、もしかしたら、ヤン2ができちゃったりして!
…なんてね。
でも、気になるところだよなぁ。
yanb03
近づいていみると、壁が一部だけ残されていました。
この部分は、ヤンがあった記念に「ヤンの壁」として保存されるそうです。(ウソです。)

↑このページのトップヘ