キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみーぐる!読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)の個人的な目線で語っちゃいます!

カテゴリ:いろんなお店 > 理容・美容室

どうも、キタローです!
高志保の老舗散髪屋、理容 巨人(りよう・きょじん)。
この間、息子のやってるほうの巨人(ややこしい…)に髪を切りに行ったとき、ちらっと覗いてみました。
ppg104
看板(直書き)の文字は、巨人らしく大きめです。
実は、ボクも高校生の頃お世話になりました。(中学生の頃は、坊主だったので家刈り)。
その頃と外観は、ほぼ変わっていません。
ppg102
入口のドアを見てみると…そこはかとなく昭和の香りがします。
なかでも、「ハイセンス」「な」「ジュニア」(?)のステッカーがスゴく気になります。
ppg03
ジュニアがハイセンスなのか?
シニア向けの店ではないのか?
たしかに、昭和の時代には、老若男女(女性は違うか…)御用達のお店でしたが…。
そういえば読谷には、巨人、ホープ、騎士…結構老舗の理髪店が多いんです。
名前を聞いただけで、懐かしさ爆発ですが、気のせいかなんとなく強そうな雰囲気の名前が多いですね。
ppg105
そんな、理容巨人。
現在は、隣で巨人理容館(息子)が絶賛営業中です。
しかし、この名前…ややこしい。

◆ 理容 巨人(お父さんのほう)
  所在地 読谷村高志保258番地
  営 業 詳細不明
  定休日 詳細不明
  TEL 098-958-2902

どうも、キタローです!
高志保大通り(!)の老舗散髪屋 理容巨人の隣のコインランドリー跡で開店準備をしていた散髪屋 の名前は、やっぱり巨人でした。
kjn102
理容巨人の隣に巨人理容館。
なかなかユニーク、ってゆーか、シュールですらありますね。
しかも、巨人といいながら、文字のサイズが控えめ。
kjn103
こちら、店内の様子。
3月20日にオープンしたそうです。
オープン初日に、いきなり中国系の一家が飛び込みで髪を切りにきたそうです。
さすがです。
なかなかインターナショナル!
オープンしたばかりってことで、お花がたくさんありました。
すっきりシンプルで、なかなかいい感じの内装じゃないですか。
少し手作り感があるところも良いですね。
kjn104
基本的に、カリスマ理容師ダイスケが一人で切り盛りするお店ですが、バーバー(理容)椅子は、2台設置されていました。
kjn106
こちら椅子のアップです。
結構、デラックスな感じの椅子。
いいじゃないですか!
kjn105
洗髪台。
前向き、後ろ向き(仰向け)両方、対応できるそうです。
理容館は、前向き(顔を突っ込むような感じ)で先発するのが一般的(?)なんで、仰向けは、ちょっと照れくさいというお客さんもいるそうです。
ですよねー。
kjn107
こちらが料金表です。
超シンプル!
しかも一部鉛筆書き。
カット、1,000円。
カット、シャンプー、ひげそりの3点セットでも、1,800円。
中学生は、シャンプー込みで1,000円。
小学生以下、800円。
コレは、なかなか男気のある価格設定じゃないですか!
ヤルね、ダイスケ。
kjn108
お気に入りだという、 ペパーミントグリーン に塗った(表側だけ)サッシと一緒にポーズを取る、カリスマ理容師ダイスケ。
ボク的には、歩いていける場所にこういうお店ができて、スゴく嬉しいです。
毎月と言わず、毎週行きたいくらいです。(少し、ウソ)
気のいい男のやっているお店なんで、是非、たくさんの皆さん(観光客の皆さんにも)に理容…利用して欲しいですね。
kjn109
24日(土曜日)の夜には、オープニングパーティーが開催され、地域の皆さんの他に、北窯の與那原さん や 室生窯 のムロオ、コキュ のゆっこのやちむん組や、鉄板焼き杉 の杉さん、黒将 の与儀くん、 の江田くんや地元高志保しま作のケンサク氏といった飲食組も参加して、大いに盛り上がっていましたよ。

kjn101
そんな、巨人理容館。
電話が入るのが4月になっちゃうようで、電話での予約はいまのところできないようですが、「今はまだヒマなんで、いつでも来てください。だいたい大丈夫ですから」とのことです。(笑)

◆ 巨人理容館館(新しい方)
  所在地 読谷村高志保258番地
  営 業 9:00〜19:00
  定休日 日曜日
  TEL 098−958−1510

↑このページのトップヘ