キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみーぐる!読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)の個人的な目線で語っちゃいます!

カテゴリ:イベント > 個展

どうも、キタローです!
琉球新報本社ビルで開催されている「 JISSEI OMINE 〜大嶺實清の仕事〜 」展に行ってきました。
jors1801
琉球新報社の新しいビルは、旧本社の三角(実際は台形?)なイメージはそのままに、スタイリッシュなビルに生まれ変わっていました。
JISSEI OMINE 展が開催されている新報ギャラリーは、2階にありました。
jors1802
エスカレーターで2階へ上がると、いきなりJISSEI OMINE展の会場です。
(ピンぼけですみません。)
jors1803
読谷村長からのお花も届けられてました。
jors1804
床に直接置かれたオブジェ。
この質感というかなんというか…カッコいいなぁ。
大嶺實清の仕事というサブタイトルが付けられただけあって、会場はめくるめく大嶺實清ワールドが展開されていました。
jors1806
パッチワークのような壺。
jors1837
陶器の柱たち。
渋くてカラフル。
jors1810
お茶碗。
茶の湯をやっている人なら垂涎の器たちだと思います。
jors1811
表と裏で表情がまったく違うこの茶碗…ボクは、茶の湯の世界はほとんど知らないんですが…単純にいいなぁ。欲しいなぁ。
jors1813
何かが溢れ出したような壺。
ダイナミック!
jors1815
放射状に線が刻まれた石版のように見える…陶器。
銀彩陶。
jors1816
うーむ。
いちいち唸っちゃう。
jors1817
青彩鉢。
美しく光っていました。
jors1819
ペルシャ色の塊の存在感がスゴイ。
jors1820
見事なコントラスト。
奥の壁には、實清さん(あえてこう呼ばせていただきたい。)と炎のパネルが。
jors1821
陶器工房壹からのお花が。
實清さんは、壱岐さんの恩師であり師匠なんですよね。
jors1822
ペルシャのシーサーが鎮座。
スポットライトを浴びていました。
jors1823
会場には、作品とともに實清さんの作陶風景のパネルが掲げられていました。
實清さん、ホント絵になります。
赤いシャツに蛍光色のスニーカー。
イカしてるなぁ。
jors1824
チューカー。
素敵です。
jors1827
重厚な陶器の平皿。
jors1828
家シリーズ。
家型の陶器のオブジェ。
色も形も自由自在です。
jors1830
炎と實清さん。
炎と同じオレンジ色のシャツ。
jors1831
シックな皿。そして壺。
jors1832
このあたりの染め付けは、奥さんが絵付けしたものだそうです。
jors1834
今回の個展の図録も販売されていました。
もちろんゲットしましたよ。
完全保存版ですね。
jors1836
大嶺實清が好きな人も、そうでない人も、充分に満足できる素晴らしい展覧会だと思います。
これで入場無料っていうんだから、スゴイなぁ。
琉球新報さん、さすがです。
堪能させていただきましたよ。
ありがとうございました!

  会 場 琉球新報ギャラリー(那覇泉崎)
  会 期 2018年6月12日(火)〜6月21日(木)
  時 間 10:00〜18:00(入場受付 17:30) 
  主 催 琉球新報社
  問合せ 琉球新報社営業局事業開発部 098−865−5200(平日 10:00〜17:00)

↑このページのトップヘ