キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみーぐる!読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)の個人的な目線で語っちゃいます!

カテゴリ: 読谷DNA

どうも、キタローです!
先日行った、田村聡士陶芸展 で気に入った器をいくつか購入したんで、ご紹介(自慢)したいと思います。
stfes01
まずは、こちら。
タイルを貼り付けたような感じのカップ。
サイズは、直径9.0cm、高さ7.0cm、高台の経が3.2cm。
タイル型に線彫りした中を色違いの釉薬でランダムに塗り分けています。
ポップな感じがステキだと思います。
stfes02
真上から見ると、こんな感じ。
見込みのところが、キラキラしてて。
周囲は、微妙なグラデーション…こんな感じなんて言うんでしょう?
なんとなく宇宙を感じるような(…少し大げさか)
キレイです。
stfes03
下から見た感じ。
高台の中に、何か書き込まれているようですが、残念ながら読めません…。
こんど、田村くんに聞いてみよう。
stfes04
続いてこちら。
コロンとした形ながら、どこかスタイリッシュでクールなカップ。(なんとかカップとかじゃなくて、単純にカップと言う表記で展示されていました。)
直径9.5cm、高さ6.5cm、高台の経3.0cm。
黒のマットな質感が、いいですね。
なんとなく艶めかしくて、ちょっとエロ…。
stfes05
中を覗くとこんな感じ。
ろくろの跡がかすかに見えます。
stfes06
ひっくり返してみると、高台は、キュッと絞られてて器の口径に対して小さめな感じです。
それが、スタイリッシュな印象を与えるのかもしれません。

stfes07
こっちのほうが、すぼまっている感じが分かりやすいです。
ルーシー・リーな感じがしないでもないです。
stfes08
そして、最後にこちらの ゴブレット 。
直径6.5cm、高さ9.5cm。
小ぶりですが、なかなかの質感です。
stfes09
真上から見たところ。
stfes10
真下から見たところ。
stfes11
ひっくり返してみたところ。
こうしてみると、なかなか彫刻的です。
いわゆるステムの部分のデコボコ感は、なんだか石っぽい感じがするし、白と黒のコントラストは、シャビーな雰囲気も醸し出しています。
オシャレですな。
コレで赤ワインでも飲むと、美味そうだなぁと、思わずお買い上げです。

ということで、田村聡士くんの初個展で、3点の器をゲットしちゃいました。
いろいろな技法やデザインに挑戦している田村くん、ちょっと目が離せないかも。
また、面白い陶工さん出てきちゃいましたね。
皆さん、要チェックですよ!

◆ 工房 mano619( 田村聡士 )
  所在地 うるま市石川651番地
  電 話 080-3488-7581

どうも、キタローです!
那覇市久茂地の青砂工芸館 で開催されてる田村聡士さん(便宜上?タムちゃんと呼びます。※1)の個展に行ってきました。
タムちゃんは、北窯の宮城工房で修行した後、うるま市石川で作陶を続けています。
tsst1801
会場入口から。
田村聡士陶芸展。
墨書きがいい感じですね。
tsst1802
青砂工芸館
初めて行きましたが、広くてステキな展示室です。
tsst1803
ガラスの棚に並ぶ、器たち。
結構なバリエーションです。
個展の終盤なので、少し空いたスペースもありますね。
tsst1804
ちょっと、ポリネシアチックな紋様 や鮮やかな着色の器が目に付きます。
と、思ったら、ちゃんとポリネシアンカップなんていう名前がついた器がありました。
tsst1805
こちらは、ピンクとブルーの雲のような文様のマカイ。
夕焼け文と名付けられていました。
なかなか、ロマンチック。
tsst1806
こちらは、大振りな花文。
結構キュートですね。
タムちゃんの風貌からは…でも、逆に微笑ましい。
tsst1807
この文様と風合い、結構迫力がありますね。
新しいのに歴史を感じさせるような…一見すると似たような感じがしますが、バリュエーションも豊富です。
tsst1808
こちらのお皿は、フライヤーでメインを飾った写真のお皿。
7寸皿なので、直径約21cmです。
たしかに、なかなかの迫力。
骨董のような雰囲気もあります。
欲しいなーと思いましたが、すでに売約済でした。
tsst1809
個人的にすごくビビッときた、丸湯呑(?)でしょうか?
よく見ると、シンプルにカップとだけ表示されていました。
マットな質感がクールですな。
コレは、かなり好きかも。
tsst1810
…とは別に、こっちの器にも目が釘付けになりました。
一見タイルを貼り付けたような感じの器。
じっくり手にとって見ると、貼り付けじゃなくて、いろんな色の釉薬が四角い枠の中に塗られていました。なかなかのカッコよさ!
tsst1813
コーヒーカップセットやマグカップやスープカップ的なものもありましたよ。
初の個展ながら、バリエーションも豊かで、いろいろチャレンジしていて…面白かったです。
tsst1814
田村聡士陶芸展。
ステキでした。
またまた注目の陶工がでてきちゃいましたね。
もちろん、いくつか持ち帰ってきましたよ。
それは、また改めて自慢しますね。

※1 実際には、タムちゃんと呼んだことはありません。田村くん、くらいです。

どうも、キタローです!
6月25日、月曜日。
イベントを終えたO3W(Okinawan 3rd Wave)の面々と一緒に、58works社長Mの案内で群馬県太田市へ。
目指すは、ケンちゃん(…ちょっとナレナレしい)の 強戸窯 。
gdg1802
高速を乗り継いで、強戸窯に到着!
到着早々、窯をチェックしている後ろ姿は、近々、薪窯建設を企んでいる谷口室生先生。
室生先生、名前のほうが室生。名字は、谷口。最初、名字が室生だと思って混乱しました。
gdg1805
工房の中に入るとケンちゃんこと島村憲市、和美夫妻が迎えてくれました。
島村憲市くんは、北窯の共司工房で10年修行をした後、奥さんの和美(おみ)さんの地元である群馬県太田市に窯を構えました。
要するに北窯(共司)仕込の窯元です。
読谷やちむんDNAがきちんと受け継がれています。
そんなケンちゃん。
久しぶりに会ったら、なんだか スアレス みたいな風貌になってます。
(実際、サッカー、かなり上手いです。)
そして偶然ながら、麦わら帽子が、でっかい ソンブレロ みたいな感じに…。
ちなみに、読谷村のHPの Kajimai Yachimun/Glass ページのトップを飾る写真は修行時代のケンちゃんその人です。
gdg1807
O3Wご一行様は、やはり窯が気になるようで。
熱心に覗いては、ケンちゃんに質問を投げかけていました。
やっぱりやちむんやーだなぁ。
gdg1809
なんとなく見慣れた景色。
北窯にいるような気もしてきます。
gdg1810
御一行、登り窯見学を終えて再び工房の中へ。
gdg1811
すると奥さんのおみ(いきなり呼び捨て!)とお義母さんが、お昼ご飯を準備してくれていました。
コリャ、嬉しい!
gdg1812
ということで、みんな笑顔でカンパーイ!
下戸の社長Mだけ炭酸水。
gdg1813
地元産のズッキーニとトマトのチーズ焼き。
これは美味い。
gdg1814
こちらも地元のお野菜の天ぷら。
これまた美味い。
gdg1816
そして、地元のお酒…赤城山。
申し訳ないが、これまた美味い。
けんちゃん、なんとなくソムリエ…っていうか利酒師(?)の目。
それにしても、料理はもちろんなんですが、器が素敵です。
全部、強戸窯のものです。
gdg1815
器と言えば…強戸窯には、ちょっとしたギャラリースペースがありました。
こんな感じ。奥の方がそのスペースになっています。
gdg1820
工房の一角に設けられた、ギャラリー…というか、展示即売所って言ったほうがいいかもしれません。
決してオシャレではないけれど、その器が作られた場所で、間に第三者を挟まずに作り手から直接購入することができるって、かなり贅沢な気分になれますね。
gdg1817
もちろん、ボクも物色しました。
みーぐるぐるしながら、かなり真剣に!
gdg1818
うーむ、どれもいい感じ。
これは、なかなかチョイスが難しいなぁ…。
gdg1819
ピッチャーもいいなぁ。
コーヒードリッパーも欲しいかも…。
というふうに、あれこれ悩んだあげく何を選んだのか…それは、また改めてってことで。
gdg1801
※この写真は、強戸窯のInstagramからいただきました。ありがとうおみさん!

最後にケンちゃんを真ん中に、みんなで肩を組んで記念撮影。
みんないい笑顔じゃないですか!
楽しい再会でした。
こういうのすごくいいなぁ。
全国の北窯(&読谷の窯)卒業生を訪ねる旅、シリーズにしちゃおうかな!?

強戸窯 島村憲市
  所在地 群馬県太田市北金井町556番地1
  電 話 080-6552-3039

↑このページのトップヘ