キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみたんをみーぐるぐる。読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)が勝手にウキウキウォッチング!?

カテゴリ: 北窯

どうも、キタローです!
一昨日の9月13日は中秋の名月でしたが、その翌日の14日(つまり昨日)、北窯のお月見ライブが開催されました。
kgtml1901
與那原さんから、「14日はお月見ライブやるから。会費1,000円を持って遊びにきてね」と連絡があったので、張り切って行ってきました。
kgtml1902
北窯の中庭(?)共司工房と米司工房の前のスペースが会場です。
会場に行くと、こんなふうな手作り感満載の特設ステージが設置されていました。
kgtml1903
会場は、ディナーショースタイル!(こちらも手作り感溢れています。)
北窯の親方の皆さんを始め、お隣近所の工房の方々の顔もチラホラ。
kgtml1904
受付やドリンクコーナーは、各工房のお弟子さんたちが分担しながら頑張っていましたよ。
ライブ楽しめたか、ちょっと心配ですが…まぁ、それなりに楽しんでたんじゃないかと思います。(希望的観測)お疲れ様でした!
手前のちょっと怖い雰囲気の方は、役場(?)の方だと…。
kgtml1905
ライブの出演者は、北窯ライブではおなじみのJAZZピアニストマチューさんにサックスの有田康信さん。ボーカルは、西平和代さん。
月夜にJAZZ!サイコーじゃないですか。
kgtml1906
そして今回は、三線唄者西泊嘉則さんとギターのTomさんのライブも。
月夜に島唄も、なんかこう、キモチイイもんですね。
西泊さんは、トークもお達者で、楽しかったです。
会場を見渡すと、おっと、大宜味の田村窯の田村くん一家もいますね。
コキュのゆっこや180+の長谷川奈美さん一家の姿も!
そういえば、なかどまり工房登川さんや十鶴のコウスケ一家も来ていました。
北窯卒業生の皆さんも大勢集まっていました。
こういう集まれる機会があるのもスゴくいいし、集まれる雰囲気が北窯のいいところなんですよねー。
kgtml1907
ほろ酔い気分で空を見上げたら、雲に隠れていた満月が顔を出してくれました。
いい感じ。
下の方には、なんかボンバーなヘッド(カリスマ理容師?)が写っていますが、気にぜずに(笑)
北窯にJAZZと島唄が響いた夜。
十六夜のキレイな月が、輝いていましたよ。

どうも、キタローです!
昨日(27日)の夜、北窯に今年最後の火が入ったと聞いたので、ちょっと見に行ってきました。
kgh181201
昨夜の9時半くらいに火が入ったそうですが、今日(28日)のお昼時に行ってみると、まだ窯口で大きな薪(丸太)燃えていました。
kgh181203
近寄ってみると、こんな感じ。
まだまだ燃え盛っていますが、もうしばらくすれば燃え尽きそうな感じでもあります。
kgh181202
13連房の北窯を下から見上げてみると、1番目と2番目の袋の横の穴から炎が吹き出していました。
上のほうは、煙もモウモウと立ち上がっています。
kgh181204
この時間の当番は、米司工房でしたよ。
炎を見守る、米司さんの背中。
kgh181205
第143回目となる今回の窯焚きのスケジュールは、こんな感じ。
火曜日の夜に火が入って、徐々に上の袋に移動していき最後の13番目の袋が終わるのが、金曜日の夕方になります。
kgh181206
窯焚きが終わると、いつもだと次の週の水曜日が窯出しとなります。
今回は、どうなんだろう?
今回は、いつもの12月の窯より1週早く窯を焚いているようです。
陶器市は、12月14日(金)から16日(日)までの3日間。
良いもの(器)がたくさん生まれてくるといいなぁ。

↑このページのトップヘ