キタローのよみたんみーぐるぐる!!

よみたんをみーぐるぐる。読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)が勝手にウキウキウォッチング!?

タグ:よみたん

どうも、キタローです!
長浜の美味しいバインミーのお店 CAFE NY が、もとBar NYだったところを改装してリニューアルオープンしたという情報は耳にしつつもなかなか行けずにいたところ、今度は フォー の提供を始めるらしいという情報が!
コレはいかねばなりませぬ!と、いうことで早速行ってきましたー。
cnyff01
CAFE NYの営業は、水曜から土曜日。
水曜日の昼下がりに行ってきましたよ。
cnyff16
新装オープンしたCAFE NYのエントランスはこんな感じ。
入り口の両脇でベトナム(たぶん)の女性の木像がお出迎えしてくれます。
cnyff09
ドアを開けて中に入ると、カウンターがあって、
cnyff03
その上にメニューが書かれた黒板。
cnyff04
ちなみに、カウンターにも手書きの(本日の)メニューが。
ありましたありました!
この日のフォーは、鶏肉のフォー。
ピリ辛ひき肉が追加できるようです。
もちろん、迷わずに注文しました。
(しかし、自家製ハムとクリームチーズのバインミーも魅力的…)
cnyff05
ちなみに、裏面にはドリンクのメニューが。
ベトナムの缶ビールなんかもおいてるそうですよ。
cnyff18
カウンターには、レモングラスのハーブティーとお水。
セルフで、自由にいただけます。
レモングラスティーが、なんとなくあちらの気分になるんでオススメ。
cnyff08
イートインスペースは、さり気なくベトナムっぽい雰囲気の内装。
cnyff19
渋かっこいい(ベトナム風ではないが)ライトがあったり(コレ、まじ欲しい…)
カウンター上の棚にあるカゴ的なの(こちらはベトナムっぽい)もステキ。
cnyff20
と思えば、デザインもさることながら、サビ具合が越妙な鉄製の柵が間仕切りに使用されてたりして。
なかなかクール。
cnyff07
テーブルの上には、各種調味料類がセットされていましたよ。
ニョクマム(ヌックマヌ)の他に、マスタード、タバスコ(島スコ)、コーレーグースーも…結構チャンプルーですな。
沖縄の食堂定番の赤黄箸も。
cnyff06
席についてしばし待っていると…来ました!
鶏肉のフォー、ピリ辛ひき肉追加。950円也。
cnyff02
上から見るとこんな感じ。
鶏肉にピリ辛ひき肉、ネギ、きのこ…それにトマトがトッピングされています。
香草類とライムは別皿に。
cnyff11
フォーに、
cnyff12
バジル、ミント、水菜…かな?それにライム。
cnyff13
葉っぱ類を全部のせて、ライムを絞っていいただきまーす。
cnyff14
いや、美味いっす。
鶏のスープがスッキリさっぱりしてて、軽やかでいいですねー。
出汁が身体に染み渡る感じです。
フォー(米粉の麺)は、お箸使いの下手なボクにはツルツル滑っちゃう感じですが、レンゲも活用しながら無事いただきました。
cnyff15
はい、もちろんスープ一滴残さずに完食。
いやぁ、いいねフォー。
フォーは、水曜日と土曜日限定のメニューだそうです。
ちなみに、今度の土曜日(8月24日)は、エビとアサリのフォーを提供するそうです。
海鮮系ですか…いいですな!
バインミーにフォー…CAFE NY が、ますます魅力的になっちゃって困っちゃうナ。
cnyff17
入り口のドア越しに真栄田岬が見えました。

  所在地 読谷村字長浜135番地3
  電 話 090−8668−0980
  営業日 水、木、金、土 11:30〜 16:00

どうも、キタローです!
知り合いがFBで、いい感じのカフェができたと紹介していたので、早速行ってみました。
vvlcfv01
お店の名前は、VIVA LA COFFEE(ヴィバ ラ コーヒー)。
大湾の丘の上(?)にある外人住宅を改装したお店です。
店主ご夫婦は、2年がかりで世界39カ国を旅したそうです。
そんな二人のお店のコンセプトは「世界を旅するカフェ」。
確かにお店の中には、旅の記憶がちりばめられていましたよ。
vvlcfv03
テーブルに置かれていた、この日のメニュー。
ボクがお店に行ったときは、ブラジルを旅する週だったようです。
写真を撮り忘れたんですが(…すみません)確かオススメとしてブラジルのコーヒーが3週類くらいラインナップされていました。
vvlcfv05
お店の中の様子①
板張りの床が、手作り感を醸し出していていい感じです。
vvlcfv07
お店の中の様子②
入口側のテーブル席から、カウンター側をみた風景。
vvlcfv08
お店の中の様子③
入り口の部屋以外に、奥の部屋にももう一部屋ありました。
vvlcfv09
奥の方の部屋の壁一面には、旅の写真が張られていました。
いろいろなとこ行ってるんだなー、と感心。
旅をしているときに使っていた(たぶん)2つのバックパックが並んで部屋の片隅に置かれていました。
vvlcfv10
ということで、コーヒーを注文。
なんと、テーブルでドリップしてくれました!
ちょっとビックリしたけど、ライブ感満載で楽しいじゃないですか。
ちなみに、ブラジルの伯父さんの農園(!)から仕入れている生豆を自家焙煎しているそうです。(焙煎してから1週間以内の新鮮なコーヒー豆のみを提供しているそうですよ。)
しかも、すべてシングルオリジン(単一農園)のスペシャルティコーヒーなんだそうです。
vvlcfv11
コーヒーの説明や、ちょっとした世間話などをしながら、コーヒーが淹れられていきます。
適温のお湯が注がれると、パーッと芳しいコーヒーの香りが漂ってきました。
vvlcfv12
待つこと数分。
はいどうぞ、と差し出されるカップ。
vvlcfv13
コーヒーって、じっくり見てみるといろんな色が混ざってるんですねー。
香りも、豆の種類や焙煎の仕方、淹れ方によってもいろいろ違ってくるし…奥が深い。
豆の名前はちょっと忘れてしまったんですけど、美味しいコーヒーでした。
vvlcfv14
気分は、遥かブラジルへしばしトリップ…。(笑)
最後の一滴まで、美味しくいただきました。
vvlcfv02
若い店主ご夫婦の笑顔がステキで、店内の雰囲気も気負った感じがなくナチュラルでのんびりと長居してしまいそうです。
スゴくいい感じ。
自家焙煎、シングルオリジン、スペシャルティとか…いろいろな魅力的なキーワードにワクワクしてしまいますが、何より飲んで美味しいコーヒーといい気分になれる雰囲気が溢れててステキなお店でした。
vvlcfv04
今回は、閉店間際に訪問したので飲み物だけいただきましたが、食事やデザートメニューもしっかり用意されているそうですよ。

ちなみに、9:00〜11:30は、お得なドリンク付きのモーニングセットが、そして11:30からは、ブラジル料理をメインとした世界の料理が楽しめるランチタイムとなっているそうです。
近々「ブラジルアマゾンのスーパーフルーツ、アサイーを使ったアサイーボウルも仲間入り予定です♪」だそうです。
ブラジル料理!アマゾンのスーパーフルーツ!。
今度は、ランチタイムに行ってみようかと企んでいます。
いやぁ、いろいろ楽しみですな。

VIVA LA COFFEE
  所在地 読谷村大湾662 D-201
  電 話098-953-8728
  営 業 9:00-17:00
  定休日 水曜日

どうも、キタローです!
読谷村観光協会のFacebookを観ていたら(知り合いが…ですが)新しいよみとんグッズがリリースされたようなんでさっそくチェックしに行ってきました。
yg19n01
こららがNEWグッズの皆さんです。
巾着袋にコップ、そしてキーホルダー。
yg19n03
まずは、巾着袋。
表は、よみとんTシャツと同じようによみとんの顔のアップ的なデザインです。
yg19n04
裏は、よみとん七変化的なイラシとに、With ジンベエ。
よみとんファンにはたまりませんな。
650円也。
yg19n05
お次は、メラミン樹脂のコップ。
全体に、よみとんイラストと花織デザインが散りばめられています。
まず、こんな感じ。
yg19n06
で、こんな感じ。
yg19n07
さらにこんな感じです。
結構、よみとん大サービスな感じですね。
面取りされてて、八角形になってます。
こちらもカラフルでいいですな!
650円也。
yg19n08
こちら、キーホルダー。
革製です。
色は、黒と茶がありました。
表と裏にそれぞれイラストが入ってて、表は、読谷一番!のイラスト。
yg19n09
裏面は、でーじなとん!のイラスト。
律儀に、読谷村パワーアップキャラクターの文字も入ってます。
500円也。
しかし、どれもこれもカワイイなー。
もちろん3点とも、ゲットしました。
現在、観光協会で絶賛販売してます。
気になる方は、いってみよー!って感じ、ですね。

読谷村観光協会
  所在地 読谷村喜名2346番地1 地域振興センター1F
  電 話 098-958-6494
  営 業 9:00 〜 18:00

どうも、キタローです!
1月4日は、官公庁をはじめ読谷村内もいろんな所で仕事はじめ。
役場に行ってみると…案の定、あの御一行が来てました。
ssm1901
そうです。
恒例の読谷村商工会青年部の皆さんによる獅子舞。
オキナワンスタイルの獅子舞です。
そういえば、一昨年のこのブログでも紹介してました。
ssm1902
今年も、体中の剛毛を振り乱して大ハッスルしていましたよ。
踊りながら、お客さんに噛み付くフリなんかしたりして。
縁起物なんでボクも噛んで欲しかったんですが、それは叶わず…残念。
しかし、今年も良いものを見せてもらいました。
いい年になりそうです。
村内の各事業所(数十箇所?)を回って舞っているということで、中の人(?)は、体力的にかなり厳しそうですが…ほんと、お疲れ様です!
たいへんだと思いますが、読谷村にカリーを付けるための恒例行事。
ずっと続けて欲しいものですね。

どうも、キタローです!
新年会をするよ!って陶器工房壹 の壹岐さんから連絡があったので、ウキウキ気分で行ってきました。
ikinp1901
行ってみると、なんと囲炉裏で鍋じゃないですか!
いやぁ、いいですねー囲炉裏端って。
気分も盛り上がるってものです。
ikinp1902
一心に炭をくべる壹岐さん。
後ろに写っている生花も壹岐さんがいけたそうです。
いやぁ、さすがですね〜。
コレまた、正月気分を盛り上げてくれます。
そして器はもちろん、壹岐さんの器。
贅沢ですな。
ikinp1903
でた!すごく美味しそうなお肉。
徳島の 阿波牛 だそうです。
実際、すご~く美味しかったッス。
お皿は、もちろん壹岐さんちのもの。
ikinp1904
野菜たっぷりの鍋に、さっきの牛肉をしゃぶしゃぶして食べる…至福です。
美味しいお酒を飲みながら、最初は、陶器工房の新年会らしく、この間の壹岐さんが参加したシンポジウムの感想や民藝論なんかで盛り上がっていましたが、何故か結婚指輪論とかになって、最終的にはなんだか楽しかったけどよく覚えていない話で盛り上がりました。(たぶん…)
ある意味、理想的な新年会でした。(笑)
ikinp1905
こうして楽しい夜は、ふけていきましたとさ。
(写真を見ると、なんだか壹岐さんしょぼんとしているように見えますが、そんなことありませんよ。)
あ、そういえば!
囲炉裏にある自在鉤 は、壹岐さんがネットで探したモノだそうです。
シンプルですが、黒光りした鉄の雰囲気も含めてすっごく素敵なモノでしたよ。
ちなみに、びっくりするくらい格安だったそうですが、コレはラッキー!と注文して届いてみたら送料が1万円以上したと壹岐さんが嘆いていました。
壹岐のそういうところ、大好きです。(笑)
ごちそうさまでした!

↑このページのトップヘ