キタローのよみたんミーグルグル!!

よみたん中をミーグルグル。読谷村とその周辺のいろいろなことを、ボク(キタロー)が勝手にキョロキョロしながらウキウキウォッチング!?

カテゴリ: 工芸

どうも、キタローです。
この間、北窯が窯出しだったので、ちょっくら覗いてきました。
kkd240601
せっかくなんで、窯出しの夜の北窯四工房の様子をご紹介。
ちなみに、読谷山焼北窯は、3月、6月、9月、12月と年に4回登窯に火を入れるんです。
なので、今回は、今年2回目の窯出し。
kkd240602
まずは、與那原工房の様子、その1。
数は、まずまずですが、結構いい感じで焼けてるようです。
kkd240603
與那原工房、その2。
このタイプのマカイは、ボクはあんまり見たことがなかったので新鮮でした。
kkd240604
その3。
今回のペルシャの発色は、なかなか良かったような…。
kkd240605
その4。
湯呑みとコーヒーカップ。
kkd240606
続いて、宮城工房の様子、その1。
なかなかの物量でした。
kkd240607
その2。
宮城工房といえば、のイッチンのものもたくさんありました。
kkd240608
その3。
今となっては、貴重ともいえる灰皿。
やっぱり、それなりの需要はありんでしょうね。
今回は、注文かしら?
kkd240609
その4。
イッチンの湯呑みも、もちろんありました。
kkd240610
共司工房の様子、その1。
いつもながら、器のだらけの工房内。
生産量は、一番ですね。
kkd240611
その2。
kkd240612
その3。
kkd240613
その4。
kkd240615
米司工房その1。
kkd240616
その2。
kkd240618
その3。
kkd240617
その4。
kkd240620
與那原さんをちょっと隠し撮り(笑)
kkd240621
おまけのシーサー。

どうも、キタローです。
虫の音の個展を観に、那覇へ。
munk24amy04
場所は、那覇市松尾の miyagiya 。
読谷関係の工房の個展が度々開催されるところです。
でも、個展の初日に行くのは久しぶりだな。
munk24amy09
会場に行くと、開店からしばらく時間をたったところで行ったので、ちょうど第一陣のお客さんが引けたところでした。
しめしめ、ゆっくり観れそう。
munk24amy16
そして、初日だけあって当山友紀さんも、ご在廊!
なにげにびっくり顔(笑)
munk24amy02
そして、商品も豊富。
あの、フライヤーに写っていたピッチャーもありましたありました。
munk24amy03
ゆきちゃんは、自宅工房のガス窯と次郎窯の登窯の両方を使って器を焼いているんですよね。
munk24amy05
こちらのシックな色合いのお皿は、ガス窯だそうです。
ボク的には、初めてみたデザインですけど、かッちょいーじゃないですか。
いいねー。
munk24amy08
この大きな花器もいいですねー。
貫禄のある形に、色合いもステキです。
この微かに黄みがかった白い釉薬は、サトウキビの葉を燃やした灰から作った釉薬(ミーシルー)だそうです。(…たしか)
munk24amy10
かわいい蓋物もありましたよ。
しかし、蓋の部分の細工というか絵付けというか、凝ってませんか?
小さいだけに逆に大変そう。
特に鳥の絵のやつ…いいですねー。
munk24amy11
そして、お願いして先生(!)にポーズを取ってもらいました。
見込みに鳥が描かれた尺皿。
裏には、工房10周年の記念の書き込み(彫り込み?)有り!
これは、まさに記念の一皿。
munk24amy13
手前の尺皿には、アロワナをかたどった箸置きが。
これ、購入した方にプレゼントするって言ってました。
(数量限定かもしれませんが、この日は確実に貰えました…初日だけに)
munk24amy12
しかし、この尺皿唐草文かと思ったら、鳥がいました!
くー、いいじゃないですか。
遊び心ありますね。
munk24amy17
というような、虫の音の個展。
ほんと魅力的な器がてんこ盛りでした。
いろいろ欲しいものが有りすぎて…でも、安心(?)してください。
しっかり、幾つかゲットしましたよー。
それは、また今度ご紹介(自慢)したいと思ってます(へへ)

でも、もう一度行きたいなー。
最終日はどんな様子になっているか見てみたいし、もう一度行ってみようかな…なんてね(笑)

虫の音の沖縄初個展は、
miyagiyaで5月26日までやってます。

  期 間 2024年5月18日(土)〜 5月26日(日) 12:00 〜 19:00
                   ※5月22日、23日 休み           
  会 場 miyagiya ON THE CORNER
     所在地 那覇市松尾20-19-39
  電 話 098-869-1426

どうも、キタローです。
先日、ステキなフライヤーが届きました。
mnk24amy01
こちらでーす。
美しい器が2つ配置されています。
花器とピッチャーでしょうか?
陰影の具合が、まるで絵画のようです。
mnk24amy02
裏返してみると…個展開催のお知らせでした。
陶器工房 虫の音の当山友紀さん(ゆきちゃん)の沖縄初個展が開催されるそうです。
コレは、嬉しいな!

mnk24amy03
ゆきちゃんの器って、堂々としていて力強いんですよね。
それなのに、ちょっとキュートなところもあって、全然威張ってない(個人的見解)
使い勝手の良い、道具としての器っていうか…。
でもモノとしての美しさもちゃんと兼ね備えているし。
何年か前に、那覇の壺屋やちむん通りにあるお店のおばちゃんが、
「この人のつくる器は、すごくいいよー」と今後の沖縄のやちむん界を背負っていく人だっていうくらいの熱量でオススメしていたのを思い出しました。
もちろんボクも大好きです。
なので、行かなきゃ!です。
初日に、突撃しちゃおうかな。

虫の音の沖縄初個展は、miyagiyaで5月18日からですよ。


  期 間 2024年5月18日(土)〜 5月26日(日) 12:00 〜 19:00
                   ※5月22日、23日 休み           
  会 場 miyagiya ON THE CORNER
     所在地 那覇市松尾20-19-39
  電 話 098-869-1426

どうも、キタローです。
今日から、Gala青い海では春のやちむん市。
hyi24d101
天気も良くて、何より何より。
ということで、陽気に誘われ(そうでなくても行くけどね)散歩がてら行ってきました。
hyi24d102
会場入り口には、全体の配置図が!
いいねー。
コレで、お目当ての工房の場所も一目瞭然ですね。
会場マップは、総合案内で配布もしてました。
hyi24d106
午前中は、すごいお客さんだったそうですが、午後2時頃にはこんな感じで、ちょっとのんびりした雰囲気になっていましたよ。
このくらいなら、ゆっくり器選びができそうです。
よしよし。
hyi24d103
会場の様子、その1。
本部町のいずみ窯島袋工房。
hyi24d104
このピッチャー、いいなぁ。
hyi24d105
会場の様子、その2。
こちらは、南城市に工房を構える渡慶次工房。
hyi24d107
会場の様子、その3。
神谷窯の神谷くん。
こちらは、大宜味村。
hyi24d108
この小皿もなかなかキュートでいいな。
hyi24d109
会場の様子、その4。
恩納村喜瀬武原のツチノヒ。
スッキリモダンな雰囲気の器です。
hyi24d110
会場の様子、その5。
タコがいました、タコが!
コザに工房を構える369のブースにいました。
hyi24d111
会場の様子、その6。
うるま市石川の貳天(にてん)のブースには、フクロウがいました!
なんとも言えない存在感…思わず、連れて帰りそうになっちゃました。(堪えたけど)
hyi24d112
会場の様子、その7。
こちらは、sui(すい)。
北中城村で作陶しているそうです。
hyi24d113
会場の様子、その8。
このシーサーも、キュート!
確か、壺屋の高江州陶器所。
いい顔してます。

もっともっといろんな工房があって、素敵な器もたくさんありましたが、器選びに気持ちが行っちゃって、写真はこのくらいで…。
もちろんいくつかゲットしましたよ。
そのへんは、また今度ジマンしちゃおうかと…(笑)

明日も天気良さそうなんで、また行っちゃおうかなー。

◆ 第3回 Gala青い海 春のやちむん市
  日 時 2024(令和6)年4月20日(土)、21日(日)10:00〜18:00
  会 場 読谷村高志保915番地
  電 話 098-958-3940
  出展工房
 育陶園 (初)、いずみ窯 島袋工房(初)、uminomarimo(初)、榮一工房、eibouエドメ陶房、神谷窯 (初)、きら星工房 (初)、工房o-gusuya工房くばやー工房ことりの工房TAMA(初)、工房PEANUTこちクラフト眞正陶房仁陶器工房sui青陶舎高江州陶器所ツチノヒてぃーち工房陶芸工房てぃーだ、陶芸工房ゆうばる(初)、陶芸こまがた、陶芸JIN(初)、陶工房みちこのみ唐仙窯十九三窯渡慶次工房貳天、369(初)、森製陶所(初)、やちむんきゃっとう(初)、やちむん工房 與那嶺幸陶器
※ボクのわかる範囲でリンクを貼ってみました。

どうも、キタローです。
お待ちかねの方も多いと思うあのイベントが今年も開催されますよ。
hyi24c01
そうです、Galaで開催される「春のやちむん市」!
今年で、3回目の開催です。
今回は、なんと36工房が参加するそうです。
そして、そのうち12工房が初参加(!)
このイベントって、村内で開催される他のやちむんイベントと違って、あえて読谷村外の工房を集めて開催されるんですよね。
もちろん、読谷で修行した後、他の地域で工房を開いた方も多いので、おなじみの工房も多いと思いますが、はじめまして!の工房が多いのが楽しみなんですよね。
毎回、新しい発見があってワクワクです。
ついつい、スピッツの歌なんかを歌っちゃいたい気分になっちゃいます。
ちなみに、今回の参加工房は、

育陶園 (初)、いずみ窯 島袋工房(初)、uminomarimo(初)、榮一工房、eibouエドメ陶房、神谷窯 (初)、きら星工房 (初)、工房o-gusuya工房くばやー工房ことりの工房TAMA(初)、工房PEANUTこちクラフト眞正陶房仁陶器工房sui青陶舎高江州陶器所ツチノヒてぃーち工房陶芸工房てぃーだ、陶芸工房ゆうばる(初)、陶芸こまがた、陶芸JIN(初)、陶工房みちこのみ唐仙窯十九三窯渡慶次工房貳天、369(初)、森製陶所(初)、やちむんきゃっとう(初)、やちむん工房 與那嶺幸陶器
※ボクのわかる範囲でリンクを貼ってみました。

ベテラン(老舗)から若手まで、そして既に大人気の工房やスタートしたばかりの工房が一堂に会して開催されるのは、なかなか貴重だし、すごく楽しいやちむんイベントだと思います。
コレは、行くべしですゾ。

◆ 第3回 Gala青い海 春のやちむん市
  日 時 2024(令和6)年4月20日(土)、21日(日)10:00〜18:00
  会 場 読谷村高志保915番地
  電 話 098-958-3940

どうも、キタローです。
昨日は、北窯の窯出しでした。
kd240301
ということで、ちょっと様子を見にいってきましたよ。(と、いいつつ飲みにだけど…)
ちなみに、この皿とマカイは、米司工房。
kd240302
まずは、こちら、宮城工房へ。
カップ類や一輪指しなど、いろいろな種類の器がいい感じで焼き上がっていました。
kd240305
宮城工房の様子、その2。
kd240303
宮城工房の様子、その3。
kd240306
宮城工房の様子、その4。
シンプルな絵付けの皿は、使い勝手が良さそうだな。
kd240304
宮城工房の様子、その5。
お弟子さんたちも、焼き上がりに満足そう…たぶん。
kd240307
そしてこちらは、共司工房。
大量の湯呑みとマカイが並ぶ様子は、いつみても壮観です。
kd240308
共司工房の様子、その2。
kd240309
共司工房の様子、その3。
kd240310
共司工房の様子、その4。
ナチュラルでモダンなカップアンドソーサー。
こんなので食後のコーヒーを飲むと、整いそうです。
kd240311
共司工房の様子、その5。
この皿、かっこいい。
kd240313
そして、米司工房の様子、その2。(その1は、最初の写真)
kd240314
米司工房の様子、その3。
大小のチューカー…按瓶ですね。
手前の線彫りのヤツ、いいな…。
kd240315
米司工房の様子、その4。
kd240316
米司工房の様子、その5。
kd240317
そして、與那原工房へ。
今回の焼き上がりは、良好!のようでしたよ。
kd240318
與那原工房の様子、その2。
ふむふむいい感じですね!
kd240319
與那原工房の様子、その3。
與那原さんが、窯詰め前にササッと作ったという小さなシーサー。
獅子というより、小動物ぽくてカワイー(笑)
kd240320
與那原工房の様子、その4。
美しい…持ち帰りたい気分になっちゃいました。(持ち帰らなかったけど)
kd240321
與那原工房の様子、その5。
発色もバッチリ!
與那原さんも、上機嫌なことでしょう。
kd240312
そして、夜は更けていく。
今回の窯は、どの工房もいい感じで、良かった良かった。

そしてそして、この後は、與那原工房でお約束の宴会へ突入(笑)
楽しい夜が更けていったのでした。

どうも、キタローです。
北窯が火入れをしたという情報をゲットしたので、ちょっくら様子を見に行ってきました。
kghi240301
北窯に行ったのは、春分の日の午後。
北窯は、13連房の登窯ですが、まず焚き口でガンガン薪を焚いて、その後器が詰められた袋を順々に1つずつ薪を焚べて焼き上げていきます。
ボクが行った時は、ちょうど1袋目と2袋目の担当だった共司工房が焼き終わり、次の米司工房に引き継ぐところでした。
kghi240302
ちなみに、今回の窯焚きは164回目!
3月19日に火入れし、22日まで焚いた後、そのまま冷まして、27日に窯出というスケジュールのようです。
北窯は、火曜日に火入れをして、翌週の水曜日に窯出しするというサイクルで窯焚きを行っているんですよね。
kghi240303
中の様子をみながら、こんな風に横の小さな穴から薪を焚べていきます。
コレを13袋分繰り返すんですね。
1回目は、各工房1袋ずつ、2回目は1袋ずつを担当します。(担当する袋の中には、その工房が作ったものが入っていますよ)
kghi240304
米司工房は、午後4時にスタートして、翌日の午前1時まで。
お弟子さんたちが(時には親方も)交代で、作業をします。
薪も大量に積み上げられていました。
ホント、お疲れ様です。

どんなものが焼き上がる(生まれてくる)か…楽しみ楽しみ。

どうも、キタローです。
毎年恒例のあの展覧会が今年も開催されているということで、行ってきました。
yyt2401
コチラです!
読谷やちむん展2024。
世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアム(ちょっと長いので以下ミュージアム)で絶賛開催中です。
2月3日に開会したようですが、いろいろ有りまして乗り遅れ。
ようやく観に来ることができました。
yyt2403
場所は、ミュージアムの2階にある企画展示室。
コチラは、入場無料となっています。
嬉しいですね。
yyt2404
入口には、館長のごあいさつが。
そうですか、村内には70箇所以上の窯元があるんですね。
スゴイなー。
ちなみに、ミュージアムの公式Facebookによると、
「今年度は、47工房・56名の陶工の作品がご覧いただけます。また、辰年にちなんだ作品もありますので、よ~く観察して見つけて下さいね」とのことです。
楽しみ楽しみ。

展示作品の写真撮影OKだったので、写真もたくさん撮ったののですが、それは、また次の機会に!
毎年言ってますが、やちむん好きとしては、チェックしておいたほうがいいですよ。

  会 期 令和6年2月3日(土) ~ 3月20日(水) (毎週水曜休館)
      ※3月20日(水)は、公休日なので開館
  会 場 世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアム 新館2階企画展示室
  開 館 9:00 ~ 18:00(最終入館は17:30まで)
  入館料 無料(企画展のみ観覧の場合)
      ※常設展示室1・2・3を観覧する場合はチケットが必要。
       大人 500円、小中学生 300円

どうも、キタローです。
いよいよ、2024やちむん市が開催されました。
yi24d101
友達の工房のお手伝いのために、早めに会場へ。
yi24d102
気になっていた天気もまぁまぁ。
少し青空も見えるじゃないですか。
8時過ぎには、早くもお客さんが会場に集まってました(!)
yi24d103
人気工房の付近には、行列も!
さ、さすがです。
ちなみに、工房コキュは、8時半から整理券を配布していたようです。
yi24d104
こちらは、久々に参加の山城窯。
開始前のブースの様子は、こんな感じ。
yi24d105
そして、こんな感じ。
yi24d106
そして、10時開場のとたんに会場内は、こんな様子に!
いきなり大盛況。
yi24d107
そして、早くもこんな感じや
yi24d108
こんな感じ。
yi24d109
今年は、與那原工房も参戦してます。
yi24d110
井口工房は、午前中には、小皿がまだまだ残ってました。
yi24d111
会場内には、やちむんファンが開場後も続々と詰めかけて。
yi24d112
虫の音のゆきちゃんも、大忙し。
yi24d113
まるか陶工房。
yi24d114
180+。
yi24d116
山城窯。
午前中で早くもこんな状態。
開始前は、あんなにあったのに…。
yi24d117
dango
yi24d118
コキュ。
yi24d119
恒例のチャリティーオークションも大盛況。
與那原さんと耕助が解説で参加。

大盛況の1日目も無事終了。
ほぼ完売の工房がいくつかあったようです。
しかし、ご安心ください。
初日に商品が無くなってしまった工房も、ちゃんと2日目の分を用意しているそうですよ(笑)
2日目は、25日日曜日10時スタートでーす。

◆ 第31回 読谷やちむん市
   日 時 2024年2月24日(土)、25日(日)
   時 間 10:00 〜 17:00頃
   会 場 ゆんた市場前広場

どうも、キタローです。
皆さん(ボクか…)お待ちかねの読谷やちむん市。
いよいよ明日から開催されますよ。
yi24db01
やっぱりね、ちょっとソワソワ(遠足前の小学生か!←昭和…)
ということで、
会場の様子がどうなっているか…ちょっと覗いてきました。
yi24db03

会場に行ってみると、すでにテントも設置され、各ブースへのやちむんの搬入もほぼ完了してました。
おおお、いよいよ感がハンパないですね。
ワクワクしちゃいます(笑)

明日のお天気は、くもり予報。
気温も少し低めになりそうですが、寒いというほどではなさそう。
コレは、なかなかのコンディションになりそうですね。
いやぁ、楽しみ楽しみ!

◆ 第31回 読谷やちむん市
   日 時 2024年2月24日(土)、25日(日)
   時 間 10:00 〜 17:00頃
   会 場 ゆんた市場前広場

↑このページのトップヘ